世界一初恋~横澤隆史の場合 5~

sekaiichi hatsukoi

世界一初恋~横澤隆史の場合 5~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神17
  • 萌×210
  • 萌2
  • 中立2
  • しゅみじゃない5

--

レビュー数
7
得点
133
評価数
36件
平均
3.9 / 5
神率
47.2%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
KADOKAWA
シリーズ
ルビー文庫(小説・角川書店)
発売日
価格
¥580(税抜)  ¥626(税込)
ISBN
9784041012499

あらすじ

丸川書店ジャプン編集部の敏腕編集長・桐嶋禅と営業部所属の暴れ熊・横澤隆史は、桐嶋の実の娘・日和にも会社内にもナイショの恋人同士。
ところが日和の同級生の叔父・五百川にバレた上に告白までされた横澤は…! ?

表題作世界一初恋~横澤隆史の場合 5~

桐嶋禅,漫画雑誌「ジャプン」編集長
横澤隆史,丸川書店営業部

その他の収録作品

  • comic side
  • あとがき(中村春菊)
  • あとがき(藤崎都)

評価・レビューする

レビュー投稿数7

もはや「受」にしか思えないね

今回は横澤が、丸川書店の冬のフェア準備に奔走するとともに、プライベートでは五百川に迫られるというお話。
桐嶋と付き合うようになってから、異性も同性も惹きつけるようになってしまった「暴れ熊」…
案外脇は甘いらしく、天然に思えた五百川の突然の言葉と行動に揺さぶられます。
小野寺律に毒舌吐いていた頃の横澤は「攻」に見えたけど、今ではもうツンデレで心配性の「受」にしか思えませんね。
(しかも今作、桐嶋はけっこうSで攻めているのでドキドキした)

私が引っかかったのは、桐嶋が
「俺の娘だからな。もしかしたら好みが似てるかもしれないし、お前のこと好きになったりなんかしたら……」
と横澤に言っていたこと。
確かに日和ちゃんはあまりにも懐きすぎている。
BLとしては邪道だろうけど、本当にそうだったら面白いなとついつい考えてしまいました。
まぁ、書下ろし漫画の方でバッサリと切ってはいます。
でも、これからどう展開するかは神と著者たちのみぞ知る。

1

当て馬が若干弱い

 横澤さん自身、~小野寺律の場合~では、当て馬のポジションでした。高律における彼は、大学の同級生で会社の同期、律が知らない高野さんの顔を知っていて、何より高野のことを深く想っている、ということでかなり高スペックな当て馬役だったと思います。でも、今回の当て馬・五百川は、なぜ横澤さんに惚れたのか、どのくらい横澤さんに惚れこんでいるのか…という点で役者不足な感じがしました(それだけ横澤さんが健気で尽くすタイプのキャラクターで、桐横の絆が強いということかもしれませんが…)。その分、新キャラで美形だという安田さんの今後の活躍に期待大です。
 当て馬である五百川に不意打ちでキスされたり手を握られたり、強面なのに隙だらけな横澤さんですが、拒みながらも結局流されて車内でHしてしまったり、今巻でも暴れ熊がかわいすぎました。

0

はまりきれなかった

出版社のやり手編集長×営業暴れ熊の恋も5巻目になりました

前巻もレビューを書きましたがその時に『かなり肩透かし食わされたけどまだ退場してないか何かあるかも』と書いた五百川が本当に退場しておらず、今回はわかりやすい当て馬として立ち回ります
前回ただのエロい人になってしまっていた攻めの桐嶋が今回は横澤のことをちゃんと考えて振る舞い大人で格好いいすごくいい攻めに変身していました
桐嶋と横澤の関係や距離感が今までの中では一番好きかもしれません

一番好きと言いながらなぜ中立かと言うと…
当て馬に魅力皆無だったことと話に矛盾を感じたから
今回の当て馬である五百川は横澤に告白した上、子供を抱える桐嶋との恋愛における世間体などのリスクをついてきます
その事で横澤は桐嶋と日和に迷惑をかけたくないと人目を気にしたり二人と少し距離をとるわけです
でも、前の巻で横澤は桐嶋と二人で日和の学校の運動会に参加しさらに父兄として競技にまで出ちゃってたのに、当て馬に言われて急に人目を気にして悩むなんて、後先見えずに暴走してしまうキャラならまだしも大人でやり手の営業マンの横澤だし流れに違和感があり続きました

また当て馬の五百川がよくわからない
軽い当て身を食らわせては逃げるみたいにとにかくアプローチも印象が薄く弱い
あげくのはて少し前まで付き合っていた彼女について
「彼女といるときは楽しかったし、イベント事もやった。でも今思うと義務感でやってたのかも」
お互いにお互いをよく知らないと思われる状況で、自分を好きだと言う相手にこんなこと言われたら好きになるどころかドン引きして終わりだと思います
勤め先も違う同業でたまたまマンションが一緒だったノンケの五百川が横澤になぜ惚れたのかよくわからないまま終わってしまいました
まだ、横澤の部下の逸見の方が仕事もできて部下思いの横澤の姿をみているわけで惚れる要素があるような気がします
当て馬の印象薄いし魅力皆無すぎて、せっかく素敵なメイン料理があるのに付け合わせのソースつけたらソースが何の味もしなかった、そんな感じです

最後に…
この本をアニメイトで購入したわけですがレジで
「SSのペーパーが付きます、2つのうちどちらか選んでください」と
片方しか貰えないのかと聞くと「既巻もフェアの対象なのでもう一冊買えば2つとも渡せる」とのこと
この世界一初恋シリーズはいつも発売日に購入し揃えているくらいのファンですが、こうした既存ファンに優しくないフェアは本当にがっかりします
SSは読みたいしファンならお布施のつもりで既に持っていても買うものなのかもしれませんが、正直同じ本2冊はいらないです
テンション下がりながら帰って本編を読むと横澤さんが一生懸命『どうしたらお客さんが喜んでくれるか』とフェアのために走り回る描写があり、読んでいて思わず「へっ」と乾いた笑いがもれました

メイン二人は最高だったのですが、結局はまりきれず読んだあとモヤモヤしてしまったので中立評価にさせていただきます

1

そろそろ安定期。

5巻です。
他シリーズがかなり進行したあたりではじまったにしては
ハイペースでの刊行、それだけ人気作ってことだと思います。



今回のテーマはずばり迷い。
暴れ熊は表面的なあだ名で精神とは真反対。
不安だけど見ないように考えないようにしていたことを五百川という
キャラが表面化させてひっかきまわしてくれました。
攻・桐嶋はお口は上手なんですがいまいち心に響かないというか
垂れ流し的な言葉のせいで受・横澤は自分の足元に自信がまだ
持てていないようで。
そこをうまくついた五百川ですが気持ちの固まっている横澤は余所見を
することさえありません。
まぁスキだらけの熊さんなのでうかつな接触はされちゃいますが(笑)



収録二本目では桐嶋の同期、安田という人物が出てきます。
初対面で付き合ってるんだろうといわれて横澤ぐるぐる。。。
態度に出ているのか、気持ちだだモレなのかと激しく動揺。
短編なのでさほどひねりもなく「バイだからなんとなくわかった」と
いう程度で終わっちゃいますが、横澤の心労をおもうととにかく
かわいそうな1冊でした。



続き藤崎さんの作品はさらっと読めて毒も余韻もないという印象です。
特にロマンチカ・エゴイスト・初恋はBLのド真ん中を歩いて
腐女子の萌えツボを外さない作品。
Hのバリエーションよりも心のシチュエーションをいろいろと展開して
くれるこのシリーズが大好きです。

0

次巻が楽しみ!

看板漫画、ジャプン編集長・桐嶋禅×強面営業・横澤隆史です。
早いもので5巻まで発売されていて本当に人気なんだなぁ~と思います。

アニメ映画化もされましたしね!←もちろん観にいきました!
ていうか1巻が発売されたときは、横澤が受けですごいびっくりしたのが
今では懐かしい気がします(*'ω'*)

今回は横澤がずっとグルグルしていた話でしたが、私はこういうのが
大好物なので、たいへん美味しく頂きましたw

前巻ではマンネリ化してきて「萌」評価でしたが、ここまできたら日和と
高野にカミングアウトするところまでやってほしいと思いますね。

あと五百川ですね。前回はなんか中途半端でしたが今回はいい具合に
かき乱してくれました!
おかげで桐嶋が、ものすごいい攻めになりました。やっぱり大人げないけど。。。

次巻がいつ発売されるかはわかりませんが、楽しみに待っていようと思います。

0

まさしくツンデレ

横澤さんの、まさしくツンデレなところがてんこ盛りで
高野さんや律ちゃんと絡んでいた時とはまた違う横澤さんに会える作品です。

今回は「将来」がテーマです。
桐嶋さんを大切に思いながらも心の中でこの先に不安を抱えていたところに
当て馬の五百川さんに確信をつかれ、益々思い悩んでしまいます。

桐嶋さんのことは誰よりも大切、同じように日和ちゃんのことも。
大事な人とは一緒にいられればいい・・・そう思いながらも
2人の幸せな未来に自分が一緒にいるところは想像できない横澤さん。
根が真面目なんだね~。
でも、そんな横澤さんの複雑な胸の内も何もかもお見通しなのが桐嶋さん。
やっぱり大人だわ~。横澤さんのことはよくわかってらっしゃる。
好きだから不安になる。その気持ちは誰しも同じような気がしました。

そんな横澤さんの心配も何もかも受け止めた上で、
桐嶋さんは優しくすべてを包み込んでしまいます。
その優しさに、さすがの横澤さんも素直に「愛してる」って言っちゃうんだよね。
やっぱり、ツンデレの横澤さんには桐嶋さんくらいの人でなくっちゃ・・・
と、つくづく思わされて続きしまう作品でした。

0

横澤さんが可愛い

横澤さんの場合ももう5巻目ということで大分2人はいい感じになっています。横澤さんも結構デレていました。

以下ネタバレ含む
今回は、主に「将来」への不安や迷いが話のキーワードでした。男同士であるということ、ひよの存在、それらを見据えた「将来」は果たして幸せなのだろうか…そういった簡単には答えを出せない大きな問題を目の前に突き付けられ、思い悩む横澤さん。そしてそんな横澤さんの心中なんてとっくに察してる桐嶋さん。彼の言葉で直接的な答えは出せずとも、困難なことに立ち向かっていこうという覚悟を持てた横澤さんはその問題を無事解決することができます。横澤さんシリーズの当て馬キャラ、五百川の当て馬キャラぶりも必見です笑

正直ワンパターンというか、ザ・王道という感じなので読んでいて新鮮さや衝撃はあまりないかもしれませんが、徐々に徐々に縮まって行く2人の距離や横澤さんの大胆なデレ、桐嶋さんのキザなセリフなどはやはり読んでいて楽しいです!
また、最後の漫画が萌えました!

展開なんて全部読める、それでも王道が好きだ、っていう方はこの小説を買っても損はしないのではないでしょうか!

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ