僕はすべてを知っている (3)

boku wa subete wo shitteiru

你的一切我都知道

僕はすべてを知っている (3)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神26
  • 萌×238
  • 萌7
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
11
得点
304
評価数
72件
平均
4.2 / 5
神率
36.1%
著者
 
媒体
コミック
出版社
徳間書店
シリーズ
Charaコミックス(キャラコミックス・徳間書店)
発売日
価格
¥630(税抜)  ¥680(税込)
ISBN
9784199605888

あらすじ

…包茎医としての進路問題や、歩への片想い──
  心が千々に乱れて、実習に身が入らない和倉。
  そんな和倉の指導に悩む金沢の前に、
  理想の相談相手が現れた!!
  若くして病院を経営する、遅漏患者の歯科医・加賀だ。
  診察後の相談をきっかけに、二人は飲みに行くようになり…!?
  イケメン眼鏡の医者同士──加賀×金沢編v

表題作僕はすべてを知っている (3)

犀川千博,男性治療の専門医
浅野歩,携帯電話会社勤務

同時収録作品僕はすべてを知っている(3)

加賀,歯科医・受の患者,28歳
金沢悠二,男性治療の専門医

その他の収録作品

  • 和倉くんの診察日誌(描き下ろし)
  • ごあいさつ(描き下ろし)

評価・レビューする

レビュー投稿数11

ついに加賀×金沢編(ネタバレ)

まず最初に表紙を見たときに、二人のイケメンがのっているのを見てびびりました。よく見たら、手に眼鏡を持っているのが金沢先生で、歯医者の制服を着ているのはもちろん加賀先生だと分かりました。
いや~金沢先生って眼鏡とると結構印象が変わるんですね。イケメンさが増したというか、こう、第一ボタンをはずし、ネクタイを緩めた姿ってなんか色気があると感じるのは私だけですか?
それにその体制。すごく萌えました。Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

表紙についてはそれぐらいにして、中身について。
今回は私的には前半と後半に分けていると思います。前半は2作目に出てきた和倉くんが主役ですね。随分とかわいくなった気がします。根は素直なんですね~
そんな和倉君は歩を好きになってしまうんですが、そこで、千博さんと歩が恋人同士だということを知ってしまうのです。・・・

さて、後半はついに待った加賀先生と金沢先生カップルです!一番期待してました。お二人の距離はぐんぐん近づいていくんですが、最後にすれ違ってしまうのです。

続きが楽しみです。

0

新展開!

超いいところで終わった(≧Д≦)ノシ
こんなことなら次回作が発売されてから読むんだったとちょっぴり後悔な読後ではありますが、面白かったです。
新しいカップルはまだまだこれから。
ようやく助走段階というところではありますが、
これは面白くなってきた!なワクワク感がたまらない1冊です。
前作までのカップルは相変わらず愛をはぐくんでいるようでまた思わずにやけてしまうわけですが。

にしてもです。
にしても。
お坊ちゃまがかわいいじゃないのよ!!
失恋のきっかけが、ガッツリ合体シーンを目撃っていうのが
なんだかちょっとかわいそうな感じではありますが(笑
紆余曲折あってのワンコ攻へ成長とかおいしいと思います。
見た目的にはネコっぽいからそっちでもおいしいんですがww

さて、サブカップルのお話ですな。
うってかわってのアダルトっぽさがいい。
若人たちの青っぽいラブもおいしいですが、ちゃんと大人の二人の駆け引きというのもなんともおいしいと思うのです。
たとえ攻が遅漏治療で医者に一時間もナニをこすられていようともww

とにもかくにも。
次回が早く来ることを続き祈りたいと思います。

4

どっちと?!

表紙からして今回は加賀と金沢がっ?!
と思いながら読んでたのですが、もう1人実習生の和倉が入ってきて…

いや~すんなりと加賀×金沢になりませんねぇ(^^;)
実習生の教育や悩みとかを聞いてどうすればいいのか悩んでたところ
加賀に相談することに。
何度も飲みに行ってるうちにいい雰囲気になってきたかなぁ。
加賀の方はなんとなく金沢に向いていってる気がするのですが
金沢の方は、まだか…

そんな時、和倉が完全に失恋して、それを慰めてた金沢なんですが
和倉がその金沢にキュンし始めた?!
もちろん金沢はその気持ちに気付かず…
案外鈍感なんですよね。
結構無意識にフェロモン出してますこの男(笑)

そうこうしてる間に加賀はなんだか金沢の周りの男に嫉妬してる感じも出てきて
最後にはプライベートで会うのは控えたいと…
あああっ、いいところで続きでなのすね。

たぶんこれで金沢は何故?と悩むとは思うのですが
全く勘違いな方向でグルグルしそうな気が。

次巻では2人の初エッチで加賀の病気が治ることを期待!!

2

いや~次巻が気になる!!

歯科医:加賀×包茎外科医:金沢です。
と言っても、まだまだ恋愛にはなってなくて、ほとんど和倉編みたいな感じでした。

が!!

めっちゃ気になる終わり方をしてですね!!
ていうか加賀も金沢もノンケなイメージがあったんですがどうなんだろ?って
思います。そこんとこ気になりますね。

でもまぁこの2人の話ということは、何らかしら加賀の遅漏が治るってことだと
思いますので、マジで楽しみです(●´∀`●)

今回は犀川×歩は少なめでしたが、和倉に2人の関係がバレました。
歩に恋しちゃって告白するも見事に玉砕してしまったので、どうか彼を救済して
やってください・・・。
個人的に和倉は髪くくっていない方が好みだったりしますww←どうでもいい

1

繰り返し読んでると壁の標語が気になるよねっていう(笑)

『あなたの下半身は僕が治してみせます!!』
私、結構ヘタレなんで、この帯文句がデカデカと書かれたこちらはお店で買うこと出来なかったなぁと。
今の時代、通信販売があって良かったなぁとしみじみ感じた今作(笑)

今回のメインは、浅野くんに片思いする和倉くん。
それと、担当患者である遅漏歯科医・加賀と仲良くなりつつも…な金沢さんのお話。

コミックスに収録された中で、偶然雑誌を買った時に、和倉くんが浅野くんに手術室で美チンを見せて貰う回が掲載されていて、改めてその回を読んだ時ちょっとテンション上がりました。
何せ歩は、美チン。しかもただの美チンじゃない、絶世の!美チン!な訳ですから(笑)
そりゃ果物みたいとか言っちゃいますよね…(私は笑っちゃったけど

歩が犀川先生とお付き合いしていて、真っ向から振られちゃう和倉くんですが、今回は彼の素直で頑張り屋なところが出てきて、とても好印象♪
それもこれも、応援してくれて励ましてくれて、刺激を与えてくれる周りの人たちのおかげなんだけれど、…まさか和倉くん、金沢先生にトキメキを覚えたんじゃ…!?
彼は彼で、なーんか不憫な空気感漂続きってますよね…。


そして金沢先生。
理想の相談相手として、遅漏歯科医の加賀先生と仲良くなっていくのですが――と進みます。
これ、ヤキモチ的な感じもするんですが、加賀先生はそれだけじゃなさそうな…?
しまいには距離置きたがるし、彼の意図は何でしょう。
金沢先生ってヒネクレず素直そうな気がするので、加賀先生は彼を振り回していくことになるのかな?

相変わらず、読み返すと壁の標語が気になりますね(笑)
特に気に入ったのが【ナチュラル・ペ●ス党】。
いやもうコレ、最初はスルーで漫画に夢中だったんですが、何度か繰り返して読んでいる内に「あ!」と気付いて、ソコからはもうダメ。
思わずページをめくるごとに、ここにはないかと確認作業をしてしまいました〃

次回は、眼鏡を外した姿で乱れてくれるんでしょうか。
和倉くんとの展開に期待しつつ、続刊を待ちたいと思います♪

2

次巻が気になる!!!

表紙見た瞬間の正直な感想を言えば「あれ、誰だ、コレ?」でした。
あらすじを読むと気になっていた加賀と金沢なんだなってちゃんとわかったんですが、自分の中の金沢と髪色が違ってたので。
中身のコミックを読んでも金沢は髪色白抜きで描かれてるのでもう少し茶系のイメージだったのかも。
あと、メガネ外してるし、表情というか雰囲気も少し違うような…。
というか、これから、こんなふうになっていくってことなんでしょうか?

今回は加賀×金沢編がメインといえばメインですが、まだまだ始まったばかりというか始まりかけみたいな。
ずっとこの2人どうにかなればいいのに…とは思ってましたけども、なかなか難しそうな?
金沢がどこかそういう面で疎そうというか鈍感な部分がありそうだからかな。
なんとなく加賀の方は思うところがあるようだし、気持ちが向いてるのかなと思える部分もあるんですが。
金沢が自覚して行かないとなかなか難しいのかなぁ。
この後、加賀がどんな金沢と付き合い方をしていくのか気になるところ。
きっとちゃんと両想いになって結ばれることで加賀の遅漏も治るんじゃないかと思ってます。

あと続きは和倉くん。
この子、若くて可愛いですよね。
まだ、なんていうか恋に恋してる感はあるんですけど。
浅野とも恐らく金沢ともダメだとは思うんですけど、この子には幸せになって欲しい。
誰か相手…野町か!って思ったけど、野町Mだし、和倉も受っぽいから無理だろうなぁ。
ちょっぴりパパとのシーンでいいなと思ったりもしたんだけども、パパ、お金にガメつい感じだし…。
誰かステキな大人の男が現れてくれることを祈ってます!!

そういや、ふと思ったんですけど、登場人物の名前って石川県の地名とかからとってるのかしら?

1

待っていました~

まさか3作目が読めるとは思っていなかったのでかなり嬉しいですね。
院内標語の隠れファンでもありますので本編読みつつ標語にニヤケますが
作者も書いているように院内標語は今回少なめでしたが満足な内容でもあります。

いつもの犀川×歩のカプはもちろん出てきますが、今回の話のメインキャラは
研修医で歩に下半身を見せたこともある和倉くんの恋と失恋が収録されていて、
和倉くんの歩への目覚めたばかりの恋心と同時進行で指導医である金沢先生と
その患者である歯科医師の加賀とが何か始まるかも知れない雰囲気の話になってます。

加賀×金沢に果たしてなるのか、それとも失恋したばかりの和倉×金沢なのか、
はたまたダークホース的に加賀×和倉・・・否々これは流石にないでしょうが。
はっきり言って、1作目2作目はそれぞれ単品で読んでも完結風で面白いが
今回の作品は続編が必ず出ないと気になって仕方ない展開かも知れません。
じれったいくらい待ちどうしいのですが、本当に心から愛する人と結ばれて
加賀の遅漏が治ることを願っていますが、果たしてどうなるのか?
かなり期待大の面持ちで読み終えました。続き

3

これからですね!

3巻目ですが、どんどん続きそうですねw
表紙からしてこれは何かある!と思ったのですが、
いい感じの所で次回へ続くでしたw 気になります!

金沢先生中心で話が回っている今回
1巻ではまあ良い役回りでしたが
粗いキャラだったのが3巻では凄い逆転劇!w
実習生の和倉くんと1巻目からの登場していた加賀さんと
なんか3人で微妙にごちゃごちゃしちゃってます

金沢先生の今後も気になりますが、
本編の二人組も まわりのキャラに振り回されながらも
けっこうなラブラブぶりで歩くんは相変わらずの美チンぶりですw


2

和倉くんにも幸せになってほしい

大好きなシリーズです。

相変わらずモテモテの歩くん、一巻で歩くんが振った加賀さんにはいつか幸せになってほしいと思っていましたが、三巻でその兆候が!
お相手は金沢先生で、医者と患者の二人がこれからどう恋に落ちていくのか楽しみです。そして加賀さんのお悩みは治るのか?!
気になるところで以下続刊なのですが、いろいろ妄想しながら待ちたいと思います。
和倉君は歩くんに振られてかわいそうでしたが、いい男になるステップということで、目指せ犀川先生!の心意気で頑張ってほしいです。
彼が幸せになるお話も見たいなあ。

このシリーズは男性下半身の医学的な話もあり興味深く、院内の標語など真面目に笑わせてくれるところもあって、安心して楽しめます。
そして出てくる登場人物みんながお互いのことを思いやっていて、読んでいると優しい気持ちになれます。
これからも期待しています。

4

新カップルのお話中心です

待ちに待ってた三巻です!

高久さんは連載中、絵がひじょうに美しい時とそうでない『お疲れなの?』という時がある作家さんですが、この三巻は若干お疲れな感じが漂う作画でした。

二巻まででかなり出来上がっていた、攻めで包○専門医の犀川と受けでサラリーマンの歩。
二巻までで波は出尽くした感のあった二人でしたので、これからは別カップル中心になるご様子です。

やー、始めの前書きのような書き下ろしページに、加賀×金沢とありまして…
受けが金沢先生なの!?と軽いショックを受けました。
二巻まで読んでいてしっかりわたしの中では金沢は、『きっと優しい攻めね…』なーんて思っていたので、ゲゲゲー!でございました。
まあ、しかし、加賀が受けってのはかなり無理ですし(見たくないですし…)、彼のキャラは救済が必要でしょうし…仕方ないのですね。
ただ、金沢は二巻の歩の診察風景ですっかり攻めだと思っていたんですけどねー、残念。
あきらめて、今後を見守って(?)いきたいと思いますー。

2

金沢先生いいねぇ

表紙は金沢先生と加賀さん。
今回のメインは金沢先生です。
金沢先生と実習生和倉くん。
そして今回はなんといっても、患者である歯科医師の加賀さんとの間が急接近します。

今回、犀川先生と歩の出番が少なく2人のラブラブもあまり見られなかったのがちょっと残念かな。

一生懸命加賀さんの治療をする金沢先生。
あんなに仲良くなった加賀さんと金沢先生ですが、ちょっとしたことから
なんとなくすれ違いが・・・

加賀さんと金沢先生、どうなっちゃうの~??
一度は歩に告白したを加賀さんだけど
いろいろあって今は金沢先生が気になる存在・・・なのかな
でも、金沢先生はまだ自分の気持ちに気づいていない?みたいで・・・

加賀さんが金沢先生と付き合うようになって病気が治る・・・
なんて展開だといいなぁ~

この二人がこれからどうなっていくのか、楽しみ♪

そして、相変わらず院内標語のポスターがウケます。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ