MOMO

momo

MOMO
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神26
  • 萌×230
  • 萌14
  • 中立9
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
20
得点
301
評価数
82件
平均
3.8 / 5
神率
31.7%
著者
 
媒体
コミック
出版社
日本文芸社
シリーズ
KAREN COMICS(カレンコミックス・日本文芸社)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥668(税込)
ISBN
9784537131505

あらすじ

とあるフレンチレストラン「エトワールフィラント」。
ここの超ド級のドジッ子オーナー流星とワインアドバイザーで超美形フランス人・モモはラブラブな恋人同士。
しかし、モモにはある秘密が…。
実はモモは、興奮するとライオンに変身しちゃう「獣種」と呼ばれる人間なのだ!

表題作MOMO

モモ,ライオンに変身するフランス人
流星,フレンチレストランのオーナー

その他の収録作品

  • カバー下表紙1【表】~カバー下表紙4【裏】:流星幼少時萌えエピソード

評価・レビューする

レビュー投稿数20

続編を読んでから好きになりました。

動物に変身する獣種がいる世界。
ライオンに変身するフランス人のモモは、周りから持ち上げられ高慢になっているけれど、日本でレストランオーナー流星と出会い、流星のドジッコぶりに惹かれ、大切なものは何か気付いていく。

ライオン×人間の獣姦はエロいなーと思いつつ、ドジッコ設定なのに流麗にヒゲがあるのに違和感があって、あまり読み返さない作品だったのですが、続編『Hachi』がすごく良くて、ピアスいっぱいのこのシェフはあんな想いを抱えているんだとハチを見る目が変わり、作品の世界観が大好きになりました。

いまは流星のヒゲも気にならず、虎の着ぐるみも着たままの俺をプレゼントの流星がかわいく思えます。

今作でも流星に執着してるモモですが、続編『Hachi』では流星オンリーに磨きがかかっていて微笑ましいです。

0

32歳はおやじじゃないよ!

私のなかでは。

32歳でおやじは可哀想。
おやじな32歳もいるだろうけど、この受けはね32歳に見えないし。
おやじ受けってのはちょっと違うかなと。

どじっ子、32歳可愛いよ。
(現実は別として)
ちょっと、泣き虫だけどワインをストローで飲んでるの可愛かったな。
どじ過ぎてグラス割っちゃうから、グラスには触れないようにストローで飲んでるんだって。

でも、流されて付き合わされた感があります。

シェフのハチ君が好きだ。
ピアスいっぱいついてるけど、ぜったい受けだと思う。
双子に責められても良いんじゃ?感。

なんか、流星のミニマム率多いけど相手はライオンだからね。
可愛いから良いか。

他の獣種も見てみたかったな。
流星に惚れるライバイルとかいても楽しかったかも。

カバー裏の流星4歳の可愛さは異常。

2

フカフカがいいんです

頼りなくて可愛くてどう見ても32歳に見えないフレンチレストランオーナーの流星と、興奮するとライオンに変身する美形フランス人モモの可愛いラブストーリーでした。

モモは、獣種のために子供の頃から特別扱いをされてきました。その世界は、傲慢で貴族意識が強くて優越感に浸れる場所で、モモもいつの間にかおごった人間になっていたのです。そんな時に知り合ったのが流星でした。流星の傍は、見下されたり見下さなくてよくて、居心地のいい場所だったのです。
確かに、流星は、純情で一生懸命で正直で可愛いです。モモも、ライオンの時はフカフカで可愛いし、人間の時は皆が振り向くぐらいカッコイイです。でも、私はモフモフ好きだけど、流星の方が可愛くてキュンとなりました。(初めて読んだ時は、流星が頼りなくて好きじゃないかも…と思ったのですが、2回目の時は可愛いと思ってしまったんです。不思議…)

お話全体としては、甘くてサラサラと読めます。ライオン姿でのエッチを見ても驚かない自分に、どれだけ獣姦に慣れてるのかと呆れました(笑)

4

もふもふ!

エロもストーリーもキャラクターも
可愛くて可愛くてどーしてやろうかコノヤロウヾ(*´∀)(∀`*)ノ゙
バナー広告でちらっと見てから気になっていたこの作品。
これぞ理想の獣姦と言えるのではないでしょうか。
リアルでモフモフで大きなライオンと
ちっちゃくてお髭な受がラブラブで、あまあまでトロトロで。
なんだかんだにほだされちゃう受が可愛くて。
そんな受が好きでショウガナイ攻が好きで。
エロを重ねてもクドクナイのがまた良くて。
虎の気ぐるみを来ての獣プレイもおいしかったですwww

ちょっと残念だったのは、人型での交合が少なかったことですかね。
もちろんライオン様プレイは美味しい。
よだれジュルジュルなのですが、ちゃんと人型でのプレイも美味しいのかな~と思ってしまうのでした。
シリーズなり、続編なり。是非是非書いていただきたいものです。

1

獣のままで…を評価


珍しい中でも好きな動物ものということで即購入。
ら、ライオン…!//

興奮するとライオンになってしまうというモモ、フランス人設定というお洒落付きですがそれ抜きでも堪らない斬新設定…!
流星さんもおじさん受に値しますが、ちょっと珍しい。
ツンでも捻くれでもなく甘えた。
おじさん受にしてはかなり珍しい印象を受けました。自然におじさん受の印象のみで読み始めたので初めは驚き。
この流星さんがま〜流される流される笑

プンスカな流星さんは確かに可愛い!
モモの幼い時の子ライオン姿にもきゅんきゅんでした。目を瞑ったり正座したりぼろぼろだったりも可愛い〜。

シリアスなトーンもあります。
読み手からしてもモモがライオンでないとちょっと不安があったりしました。複雑…。
モモと流星さんの想いの大きさが違うと知ったときも、そうだったんだとショックで。けど、よくよく考えてみたら、想いの大きさがぴったり合うことの方が難しいのかと思います。確認していないだけで、そこに差があることは当然に近く、作中で出したことで気付くこともあったかも。
自分の方が相手を好きだ、で競い合えたら甘続き々なのだろうけど。このちょっとの切なさがいい。

映画館の件も、そういう考え方ができる流星さん素敵だなぁと思いました。自分が誰かに迷惑を掛ける先、そういう自分を自分が嫌わないように〜って。

シェフの子もとても良い子でほっこりしました。

3

これは・・・・・・

個人的にはとても好きです!!!!!!
なんか恋人感も出てはいるけどオーナーさんが子どものようにかわいいいいいいいいいいいいいいいwwww

えちなシーンももう萌え萌えラブラブマニアックと盛りだくさんです。
あまり激しかったり濃いのがちょっとという人は考えて買ったほうがいいかもしれませんね、しかしこれはケモナーにはたまらないと思います。

オーナーさんは誰からも愛されているキャラでおまけでも幼少時代の話や甘やかされているシーンがでてくるので最後までおいしいです!

2

う・・・んんんん?(;一_一)

ちるちるさんをブラブラしてると、Renta!さんの広告バナーにこの作品がちょくちょく出てて見かける度に興味がムクムク。広告バナーあなどれなかし。

皆さんのレビューを読み覚悟をもって読みはじめたのですが、受けがホンット子供過ぎてツラカッタ・・・。周りが8頭身に囲まれて1人だけなぜ2頭身のチビッ子絵にしてるのか違和感が。(しかもヒゲ)

と文句を垂れつつ腹黒攻めもグズグズ受けも好きなのでエロ濃いなーと楽しみつつ読み進めたのですが、終盤いきなり指輪だの親へ挨拶だの結婚だのと話が飛んでビックリ!「こいつらエッチしかしてなかったやん!そんなエピソードどこにあった?ないよね!?」と話の付いていけなさにプチパニックになりました。
正直モモの子供時代の話よりそっちが見たかったな(^^;)
まあ作者さんが入れたい話と読み手が求める話が噛み合わなかっただけなんですけどね・・・。こんなに置いてきぼり感を味わうのは初めてでモヤモヤ。
(※レビューを投稿した後によくよく読み返したら結婚の伏線は一応ありました。ライトな流れでギャグかと思って読み流してたよ・・・orz)

評価は限りなく中立より続きの萌で。深く気にせずエロだけを楽しめば満足でした。

3

受けが好きませんでした。

設定も絵も素敵なのですが、受けだけがネックでした。
ショタか美少年系設定なら良いのですが、ヒゲ蓄えててけっこうな大人でどじだったり乙女で泣き虫って、もっとごついモノホンのおっさんでそれならギャップ萌ですが。( ̄~ ̄;)

3

好き路線には間違いなかったが…

本作は受けさんが「何も出来ないけど攻めさんから溺愛される」系のお話です。
よくあるパターンですが好きです。
攻めさんが獣人化するという特殊設定を除けば、よくあるあまあまラブラブものという感じです。
攻めさんが鬼畜とかではない、安心路線の作品が好きなかたは、獣人化が苦手でなければ読んでみても良いかもしれません。
受けさんがヒゲとか、作家さんの萌えポイントがかなり濃く反映されているなと感じました。
安全パイを狙うなら受けをヒゲにはしないだろうな…と思うので、
まぁ…見事に私は受けさんには萌えなかったけど^^;
でも作家様のチャレンジ精神は素敵だと思います。

獣人化は甘めが好きなので、この作品は大変自分の好きな方向の作品でした。
ダークファンタジー系も読んでいたけど俄然好きなのはあまあまの擬人化もの。

獣人化した攻めさんと受けさんが絡んでいる場面も、受けさんが気持ち良さそうで安心して読めます。
ライオンをはじめネコ科の動物はあそこがカギ状になっていて、挿入されると痛くてメスが怒るって話を聞いたことがあって、
獣人化したモモのあそこの部分はどうなっているんだろう続き?とどうでも良いことなんですが、そんなことが気になって食い入るようにアレの画面を見てしまいました。
どうやら獣人化してもあそこは人っぽかったです。これならきっと大丈夫…ってナニを見てるんでせうw

この作品、獣人化した攻め×受けさんとの絡みがウリだと思うのですが、もう一つの特徴的な部分は、BLで「やってはいけない」セオリーの一つ、攻めのケツ見せがある作品という所です。
攻めさんが実にナチュラルにお尻を見せています。
九重さんのほかの作品でも攻めが惜しげもなくお尻をどどーんと見せている作品はありまして、
これは九重さんのこだわりというか、萌えポイントなんだろうかと思ったりします。

さて、とっても好き系の作品だったのですが、個人的に少し気になる部分がありました。
攻めさんが受けさんに「指輪」を渡す場面です。
指輪をはめるシーンがばっさりカットされているんです。
朝チュンのごとく、次のページではすでに指に「指輪」がはまった状態で描いてあります。
思わず「指輪をはめる場面、どこ行った?落丁?」と前後を探してしまった。
攻めのキャラがいかにも指輪交換的なイベントごとが好きそうなキャラだったので、
(というか本気で好きになった人のためなら今までしたことも無いようなイベントも喜んでしそうなのに)そういうベタ場面がばっさりカットだったのがちょっと残念に思えました。
せっかくファンシーな方向に揃えているのに…なぜ…?という。

限られたページ数の中で「何を取るか」ということで、絡みのシーンのほうにページを割いたんだろうというのは分かるんですけどねwそれはそれでグッジョブですw

あとは受けさんの見た目があんまり萌えない姿だったのでちょっと評価低めになっちゃいました。
どういうわけか見た目は別に嫌いじゃない・苦手じゃないんだけど「萌えない見た目」というのが存在するんですよね。
すっごくフツーの気持ちで眺められる姿が…。なんでしょうかね。自分の嗜好が謎です。
見た目が萌えるドジっ子だったらもうちょっと評価上がっていたかな~とか。

しかしとっても好き系統の作品ではありました。

6

__モコ__

初めまして、__モコ__と申します。

咲人さんのレビューを読みまして、指輪シーンバッサリと、見た目が萌えないというところに激しく共感致しました!
自身でレビューを書いている時は、どうしても萎えてしまった部分が頭にチラついて気付きませんでしたが、特に見た目の話に何度もウンウン言ってしまいました。
私自身、ドジっこ好きですし、流星の見た目もフツーに嫌いではないのですが、確かに『ドジっこ』として見た時の萌え感が皆無。
ドジっこならばドジっこなりの萌えポイントが必要なのかなと、咲人さんに気付かされた思いで思わずコメントしてしまいましたw
(何回ドジっこ言えば気が済むんだw)

とは言え何度も読み返すくらいには好きな作品ではあるので、もう少し流星を愛でられるとイイなと思っています〃
突然のコメ、失礼致しました★

満たされかけたけど、満たされなかった。

初読み作家さんのこちら。
実は、九重シャムさんのお名前も知らなかったという無知ぶりなんですが、表紙の可愛さやライオンのリアルな感じが私の萌え心をくすぐってくれて、電子書籍にて購入しました。

息をするくらいしかできることがないと言っても過言ではない流星と、
流星がオーナーを務めるお店で働く、獣種で年下の超絶イケメンの恋人・モモのお話。
モモの押しかけ愛が実を結び、着々と愛を積もらせている筈の二人だけれど――という展開。

男前な恋人は、興奮するとライオン(しかもリアルな感じの)になってしまう、とか。
”獣種”というものが当たり前に認められている(好奇な目があるかなしかは別として)現代、とか。
興奮してライオンのままセックスすることもしばしば、とか。
『ライオン』の部分を切り取るとかなり斬新で新鮮。
ライオンのままだとモモのアソコが大きいから流星のお尻をオモチャでほぐす…という流れが、まるで普通のことでしょと言わんばかりな感じがまたいい。

二人の恋愛を眺めると、設定こそ目を惹くものの、特段何か物凄いことが起こるわけでもなく。
ただひたすら、きっとそこら中の恋続き人が思ったりすることを、徐々に徐々に明らかにする感じ。
どれだけ愛し合ってはいても、結局は他人同士なので、どんな風に思うかを天秤にかけて量るのは違っていて、でも自分と同じである方がいいとも思っていて。

モモの方がきっと、根深い愛し方をしているのでしょう。
流星の方がきっと、素直な愛し方をしているのでしょう。

例えば比重が違っていても、それでも繋がる先はきっと絶対一緒だと思える二人。
だからこそ流星は必死に一生懸命伝えるし、流星からだけじゃなく彼の家族からも、自分がどれだけ必要とされ愛されているかを知れるモモ。
ようやく自分の居場所を見つけ、流星の強さをも感じられた彼の気持ちが、もっともっと満たされるようにと思います。


……しかし。
流星のドジっこ加減。
私、これ自体は嫌いじゃないのですが、彼を取り巻く家族の彼への対応。
これが正直とても萎えました。
溺愛するのはイイんですが、何ていうか、ちょっと異常に感じたりして…。
彼、もう30過ぎてるんですよね? あぁそうだ、ドジっこは嫌いじゃないけど、彼の年齢も少しネックだったかな。
「セックスは結婚する相手とじゃなきゃしちゃいけないって父さんが」
ってセリフが出てきた時は二度見してしまいました。
彼がオーナーをしてるレストランで働く双子の男の子や、劇的味オンチのピアスだらけのシェフ等、いい味出してるキャラがいたので、もっとそちらとの絡み等で、流星のドジ加減をアピールしても良かったんじゃないかな~と思ったりしてます。
わざわざ家族を絡まなくても。

ライオンのまま致すところとか、流星がトロトロになるところとか、時折ギャグが挟まれたりしてメリハリもあって楽しかった!
けれど、魅力的な要素が多かったのに、個人的に萎えるポイントも多かったのが残念でした。

6

咲人

__モコ__さん初めまして!コメントありがとうございました*^^*
私もモコさんと同じく、流星さん嫌いじゃないんですよ~。
ドジっ子もこれぐらいなら全然平気です♪
でもドジっ子苦手じゃないのになぜか萌えないなぁ…。と思っていて。
もしかして、流星さんがヒゲじゃなかったら?とか、黒髪じゃなかったら?とか、
もっと若かったら?とか色々考え出すと、あぁ!
もしかして同じドジっ子でも、萌えるドジっ子と萌えないドジっ子があって、
自分の中に見た目とか色々条件があったのかな…と思い当たりまして。
受けに対しては許容は広いほうだと思っていたんですが、案外受けにもこだわりがあったんだな~と自分の嗜好の再発見しましたw
モコさんがおっしゃるように、私ももう少し流星を愛でられるといいなァと思います(*´∀`*)
(あ、私もいっぱいドジっ子言ってるw

ケモノと可愛いおヒゲさん

モモくん、基本的に濡れ場では完全なケモノです。
獣種というわけで、日常生活は人間で過ごせていますが、興奮材料があると完全なライオンに変身(と言うのかな、あれはあれでモモ自身であるから、変化? トランスフォーム?)しちゃう性質をもっているんです。特殊設定ですが、きちんとお話に馴染んでいますし説明もされていますから違和感はありません。
ケモノ独特のふわふわ感や、九重先生特有の汁感があるエロスは一冊にぎっしり詰まっています。半獣×人間というよりは、獣姦寄りです。……獣姦というと割と鬼畜なパターンが多々ありますが、そんなことは全くなく表紙通りのあまーいあまーいふたりが堪能できます。

ここで好みが分かれるのが、受けの流星さんがハイパードジっ子ということなんですよね。黒髪の髭男子という見た目ながら、感受性が豊かすぎるウルトラドジっ子。
かわいい、たしかにかわいいというのはよくよく分かるんですが驚異的なドジっ子っぷりとすぐにぐじゅぐじゅになっちゃうところが、可愛すぎて私は流星さんを受け入れきれませんでした……。
思いやりのある優しい一面も、そうしてモモのことを受け入れる姿や心も、素敵だ続きと思うけれどもいかんせん可愛すぎて髭でも可愛いというところまで至れませんでした。
エロもストーリーも良いのに、そしてモモの獣種設定はすごく好きなものであるだけに、読み終えるまで己のなかで萌え如何がせめぎ合いました。ネコ科動物が鼻先をスリスリ~ってするあの描写はすごくすごく モエ!!! なのですが……。
(エロシチュ萌えは山ほどございました。冒頭お道具もですが、密室トイレありーのご奉仕ありーのコスプレありーので大放出だと思います!)

かと言って流星さん、なんにもできない人ではないんですよね。ちゃんと努力もするし、お片付けの面では役に立てなくてもオーナーとして味をみたりすることはこなせるわけで。
ワインだってもちろんテイスティングできるようですし、ドジッ子だからってただのダメっ子なわけじゃない。モモも理解しているし、エトワールフィラントで働く面々たちも分かっているから、成り立っている。
なによりそうして愛らしい姿があるからこそ、モモは彼に惹かれたんですよね。そこも分かる! 分かるのだけど、どうしても可愛らしさがひっかかるため中立とあいなりました。

描き下ろし漫画での神様のことは、それこそモモと流星さんが初めて出逢ったときの『お酒の神様』エピソードに掛かっているのかなぁ。このお話が添えられていることで、一冊がキュッと締まるように思いました。

3

シリアスなのかコメディなのか…

受がドジっ子設定、というより幼児か…って思う程に泣き虫で甘えん坊タイプだったのでちょっとげんなり来ました。
前半はそれでも甘々コメディとして処理すれば、萌だったかな。
後半はモモ視点のシリアスに入っていきますが、正直この受にそんな夢中になる魅力があるのかな…と、私には伝わりませんでした。
受も怖がってたけど流れでSEXして同棲してそこからもう愛が芽生えたの?!と、回想が急展開過ぎてついていけず。
年下の見た目王子甘々いじめっ子攻、アホな受ってストライクはずなのに…
萌重視のアホエロなのかシリアス系なのか、もうちょっと分けてくれた方が分かりやすかったです。

4

ほぼ『神』寄りの萌×2

いや~~~~~良かったです!!!
思わず久しぶりにレビュー!!

ケモナーはもちろん、獣(の姿)×人間(の姿)に開花しかけている方、新しい境地に至りたい方
皆さんにお勧めです♡笑

ワインアドバイザーの獣人間(ライオン)×30歳越えの天然店長(人間)
のほのぼのエッチな一冊です。
ライオンってのがまた、まんまライオン!!笑
こう別に”獣っぽい”とかではなく、興奮すると本当にライオンの姿になっちゃって
そのまんまエッチ☆
モフモフな体に”ポフッ”と抱き付ついて喘ぐ店長がまあカワイイ!!

基本的にほのぼのなタッチなんですが、シリアスな場面もあったり、
とっても感情移入しちゃうお話です。

ただ、ライオンの姿になるとどうしてもエッチシーンの大事な部分…
フィニッシュ部分がぼーんやり大雑把に描かれている気がして…
ナニシーンにうるさい私にはちょい物足りないw (十分エロいんですけどねww)

漫画自体は非常におすすめの一冊!!

あ、トラのコスチュームで売り子さんしてる店長は鬼カワイイです。
これも必見☆

4

受けが。。。

ドジっ子と言えば聞こえがいいのですがそれをも超越している不器用さが自分的に読んでいてイライラしました。
ライオン攻めの超絶ドジっ子受けです。
獣姦ときいて面白そうだと手を出してみたのですが
うーーーん
自身にはひたすら合わない作品でした。
唯一の救いが絵柄がふわふわしているので表だってエグみが出ていないところでしょうか。
セックスシーンはだいたい獣姦でした。
テンションが高くなると獣になってしまうという設定だったので仕様がないと言えばそれまでですが。
自身は人同士でのセックスの方が好きだということがわかりました。
そういう意味では新発見かもです。

5

獣姦がすごく愛に満ちて見える!

獣姦って、そういえば読んだことがないかもしれません。
でも、なんとなく無理やりで酷いことのようなイメージだったのですが、
いやぁ、ステキな獣姦もあるんですね!

コチラの本では、
ライオン(中身は人だけど姿はちゃんとしたライオン)と人とのエッチが見れます。

普段は普通の人なんだけど、
興奮すると獣化するという獣種と呼ばれる人が稀に存在する、
そんなファンタジーなお話、でも話の舞台は普通に現代の日本です。

ライオン化する獣種のフランス人(攻め)が、
すごくドジで可愛い年上の日本人男性(受け)に出会って恋をして、
ライオンの姿でも、人間の姿でも結構たくさんヤってます♪

鋭い爪はしまってライオンの太い腕で優しく受けに触れ、
厚い舌を絡ませながらキス、
口で器用にズボンを脱がせ、
牙が当たらないように上手に厚い舌を使ってフェラ、
そして大きくてふかふかな体で抱きしめつつ、激しく突き上げる…
このセックスが、
気遣いと優しさに溢れてて、すごく気持ちよさげだし、とても愛を感じました。

結構エッチシーンが多いけどほのぼので、
個性的な脇役たちや続き、笑っちゃうくらい何にもできない受けが、
人としての関わりの大切さや、愛の温かさを教えてくれる、ハートフルな本でした。


神に近い萌え×2です♪
九重さんの本はこれが初読みですが、他の本も読んでみたいです!

8

御伽噺の半歩先

正しい感想なのかは自信がありませんが、
相当絶妙なバランスをとりながら成立している
物語な気がします。
端々に垣間見える醒めた視点が妙にリアルなのですね。
かといってそれが水を差す様な事になっていない。
むしろ柔らかなトーンの裏打ちになっている。

垣間見える対照的なふたりの過去。
そして交錯し、やがて重なるふたりの現在。
形通りの御伽噺は箱に収まってしまえば
そこでお終いですが、恋愛は素直に箱に収まってくれない。
新しい何かを増やしながら、しなやかに形を変えてゆく。
ああ、そうか。裏返しの御伽噺かも知れませんね。

4

服着たライオン

興奮するとライオンに変身!!
というイラスト付きの帯で興味津々。

こういう擬人化ものを読むと、
ついついほかの作家さんの作品を思い出すというか…
今回は「虎穴ダイニング」を思い出したんですけど
あちらは顔はトラでも身体は人間。
まだエッチまでの流れになってないので、
どういう感じのエッチ展開になるんだろう?と思っていたところで
今回の「momo」

正直「アリです!!」

興奮するとライオンになる。
じゃあライオンのままエッチなのか?
それともエッチの途中で急にライオンになるのか?
顔はライオンだけど身体は人間のままなのか?
と、いろいろ想像しながら読み始めましたがライオンでエッチだ!!
そりゃ興奮するとライオンになるんだから当たり前か?

でもそのライオンが人間ポイので
いくら顔や身体がライオンでも、エッチシーンを可愛いと思ってしまう(^^;)
勿論人間の姿でエッチしてる場面もあるのですが
逆にあまり興奮してないのかなぁと変に疑う自分がいる…
私の中ではエッチの時はライオンで希望!!

後は受けとなるキャラの可愛らしさに萌。
続きビキャラになる確率が高く性格も含めほっとけないオーラが!!
私も獣種ならすぐに変身してしまいそう。

8

ライオンはS属性なのか。

32才でヘタレ気味のあごヒゲ受けと24才で年下の獣種キラキラ顔のライオンさんとの
エロ萌え&甘くて器用な獣姦ありの作品は意外にクセになる面白さがありました。
仏料理店の経営者なのに接客一つ皿運び一つ出来ない流星となんでも完璧こなす
イケメンライオンモモとのラブはただエロくて甘いだけでは無いところも良かった。

エピソード1は既に二人が同居して恋人同士になった日常の様子から始まり、
その後に二人が出会った経緯、そして獣種と言う特別な人間であるモモが
どんな風に生きてきたのか、流星と出会うまでのモモがかなり嫌な奴分類の人間で
流星と出会ったことで世界が変わったようなお話です。

興奮すると人間からライオンに変わるモモですから、Hも基本ライオン姿なのも
かなりマニアックかも知れませんね、それが普通な設定は珍しいかも。
流星の年齢にそぐわない子供言動がわざわざ32歳の年上設定にする必要って
無いのでは?そんな風に感じてしまうこともあったし、個人的にあごヒゲ受けって
あまり好みじゃないのだけれど、相手がライオンさんだからお似合いなのかも。
可愛い系のもふもふではない続きけれどライオンの大きな手が意外に萌えました。
甘さとちょっぴり切なさを感じられる作品で面白かったです。

8

marun

こんにちは、すっぽんぽん。さま
コメントありがとうございます。

そうなんです、興奮するとライオンさんになるのでHも基本ライオン。
でも、あまりケモノ臭さは感じませんで、普段目にする獣姦ものとは
一線を画する雰囲気でもありますよ。お試しあれ♪

すっぽんぽん。

marunさんこんにちは!
いつもレビュー参考にさせて頂いております(*‘ω‘ *)
Hも基本ライオン…なのですか??
最近ケモナーBLにも開花してしまったため興味津々。(変態)
marunさんのレビュー見て購入決定です。

獣好きにはおいしいw

興奮するとライオンになってしまうフランス人・モモ×ドジっ子オーナー・流星 
の年下攻ですね。

獣になってしまう…とか某作品に似てる?と一瞬思ってしまいましたが(笑)
これはこれで面白かったです。

モモの美形なのに腹黒い感じとかよかったです。ただ流星さん可愛いことは
可愛いんですが、ちょっと子供っぽすぎないかなーと思ったり。
でもヒゲ生えてるのにこの子供っぽさがギャップ萌えになったりするのかな?

モモの昔の描写とかもうちょっと見たかったです。

6

ラ…ライオン、えろっ…

 読まなければ一生味わえない新世界が、またひとつ誕生してました。百聞は一見に如かず、です。

◆舞台
 フレンチレストラン
◆トーン
 フカフカ、ザリザリ、みちみち、ギッギッ、ブル…
◆モモ
 ワインアドバイザー。美形なのでエロい事言っても許されるフランス人24歳。興奮するとライオンの姿になる「獣種」。
◆流星
 頼りにならないオーナー。よく泣き、しょっちゅう小型化するヒゲオヤジ。本当に32歳かという違和感はこの物語の中では些細な事。
◆モモ×流星
 店内公認のカップル。×××の時モモはライオンなのか人間なのかが最大の関心事。
◆プレイ
 おもちゃ、着ぐるみ、□姦
◆切なえろいシーン
「…モモ興奮してないの」
「ライオンの姿じゃないと物足りませんか」

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ