「秘密の猫耳レストラン」発売記念SSペーパー

himitsu no nekomimi restaurant

「秘密の猫耳レストラン」発売記念SSペーパー
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
3
得点
11
評価数
5件
平均
2.6 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
小冊子
出版社
笠倉出版社
発売日
付いてきた作品(特典の場合)
秘密の猫耳レストラン

あらすじ

恋人になって何度目かの週末。
透也は、仙堂の自宅に飾られたフォトフレームに目が留まり…。

表題作「秘密の猫耳レストラン」発売記念SSペーパー

実業家で恋人・仙堂隆宏
レストランの店主・秋庭透也・28歳

評価・レビューする

レビュー投稿数3

だって猫だもの

猫種の透也が仙堂がかつて飼っていたペットのニャンコにちょっとした
嫉妬を覗かせているショートペーパーでした。

休日を二人で過ごしていた時に透也が部屋でふと見つけたのが仙道が映った
フォトフレーム、自身を飾っているなんてと思って見て気がつく仙堂の膝に抱かれた
上品な美猫の姿、やはり猫族だからなのか、愛猫に注ぐ優しい仙道の視線にジェラシー

本編で自分が猫に変身できるから仙道は好きになったのかと疑心暗鬼したこともあり、
やはり穏やかではいられない雰囲気の透也。
でもそこに仙道が現れ、透也はペットじゃないだろうと・・・
ペットの猫にまで嫉妬してしまう透也の仙道への溢れんばかりの好きが感じられる
そんなショートペーパーでした。

1

あの愛猫とご対面

仙堂が昔飼っていた猫の写真を見て、
ちょっと嫉妬してしまう透也。

きれいで上品で、仙堂に似合っている…。
「可愛かったんだ」という仙堂の一言にも
『あ、褒めた…』なんて反応してしまいます。

いくら仙堂がペットと恋人は違うといっても、
半分猫な透也にしてみれば
対抗心を燃やしたくもなりますよね。

「…でも、俺が猫になっても喜ぶじゃん」
「当たり前だろう。どっちもおまえなんだから」

そんなことを言われて、キスされて、たちまち機嫌を直す透也w
相手のどんな面も愛しいという気持ちは、透也も同じなのでした。


本編を読んでいたときは、
仙堂は昔飼っていた猫を、透也に重ねている(だから透也が猫と知っても引かなかった)のかな~などと少し疑っていたのですが、全然違うようで安心しましたw

仙堂が純粋に透也を愛していることが伝わってくるお話です。

1

嫉妬w

攻め様の昔飼っていた猫ちゃんと攻め様の
仲のよさそうな写真を見つけて、受け様がしっとしてしまうという話です。

写真からするに攻め様が飼っていた猫を溺愛しているさまが
写真からにじみ出ている感じに見えて、受け様ちょっとショックの様でw

その昔の猫がきれいで上品そうな猫でさらに嫉妬が!

攻め様は「昔飼ってたペット」だと言いますが、妬いちゃいます
「おまえはペットじゃない」とはっきり言ってくれる攻め様ですが

猫にも嫉妬しちゃうのはかわいいですね

1
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ