新入社員のしつけ方

shinnyushain no shitsukekata

新入社員のしつけ方
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×25
  • 萌13
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
11
得点
70
評価数
22件
平均
3.3 / 5
神率
9.1%
著者
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784832288928

あらすじ

「人事部のひとって
そんなことも答えられないんですか?」

マジメが取り柄の人事部5年目・水守(みずもり)(童顔)は、
今年度の新人研修が憂鬱だった。

就活セミナーの時にとんでもない失礼発言をした
態度もカラダもでかい新入社員・槇村(まきむら)がいるからだ。

でも、なぜか水守だけにつっかかってくる槇村が
ヤキモチ…みたいな態度を取りやがるから、
男同士だっていうのに何かが生まれてしまいそうで──────!?

クーデレ新入社員×マジメ人事部先輩編ほか、
ドS眼鏡上司×空気が読めない新入社員編も収録! 仕事もデキるサラリーマン達の社内恋愛事情★
描き下ろしあり

表題作新入社員のしつけ方

槇村,不遜で生意気な新入社員,
水守,人事部5年目の研修担当者,

同時収録作品新入社員のしつけ方-社内恋愛研修中-

室井聖一,厳しい上司,
今城,広報部の新人

その他の収録作品

  • アレと眼鏡
  • 漢のロマン
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数11

今城のキャラが好き

秋葉東子さんは小説イラストしか拝見したことがなかったので、不躾ながら「漫画も上手なんだ~!」と嬉しい発見でした。さっぱり目の画風と、コマ割や話の展開のクドくなさがマッチしていて、エロさはなくても楽しめる作品です。

お仕事の描写もしっかりあってサラリーマンBLとしてもなかなか読み応えがありますが、メインの二人(年下×年上)とそれぞれの同期に当たる二人(年上×年下)が近い場所で恋愛しているのも面白かったです。

私は、なんと言っても脇カップルの受・今城のキャラクターが好きでした。前後不覚で上司と寝てしまった…と思われる翌朝の態度が非常に良かった。泣いたり、ショックを受けて否定したり、相手を避けたり殴ったり…なんてことはせず、これぞ男子!!という反応が新鮮でした。

表紙イラストはケンカップルな雰囲気ですが、全体的には甘めだと思います。さっぱりしたラブをさくっと読みたい時にオススメの一冊です。

0

室井がツボでした!!

「楽屋裏」シリーズを読み、秋葉先生の他の作品にも興味を持ったので今少しずつ読んでいるところです。
このコミックスには3組のカップルのお話が収録されています。(2組のカップルに関しては相互に関連性有。1組目の受け様と2組目の攻め様が会社の同期、1組目の攻め様と2組目の受け様も同じく会社の同期)
個人的には2組目のカップルの攻め様である室井がツボでした。キャラ的にドストライクだったんです。しかも、カップルではなく、室井と同期の水守との会話ややり取りがツボで・・・もっとこの2人の同期ならではのやり取りを見てみたいと思いました。なので、巻末の描き下ろし「漢のロマン」や、カバー下漫画での二人のやり取り、嬉しかったです。

3組目のカップルのお話は「アレと眼鏡」はショート漫画です。本当に短いのですが、高校生・同級生・幼馴染み・・・と、個人的に好きな設定のお話でした。

0

新入社員の響きが好きだ

エロは弱め。
ストーリーもどちらかといえばあっさりなのですが
読後が微笑ましく、ほっこりしてしまう作品でした。
ここ最近の秋葉センセの本では一番すきかな。

お話は2つ。
新入社員の教育を任された人事担当さん。
平成生まれとのギャップに悪戦苦闘。
最初こそなめられていたのだが、徐々にみんな「大好き!」に
変わる様がまたよかったですww
生意気な後輩君。
上から目線で生意気で。
知ったような口をぺーぺーはいて。
そんな子がぐぅのねも出ないシーン。
顔を真っ赤にさせるところの受の表情が好きでしたw
ま、なんだかんだという終わり方。

個人的にはこっちの方が好きな後半戦。
希望した部署じゃなく落ち込んでる新入社員。
上司は意地悪で厳しくて。
「辞めたい」なんて泣き言。
そこから紆余曲折が面白く、こわもてで厳しいイメージだった
上司さん。
「好きな子にはトコトン尽くすタイプ」
何それ、美味しすぎるじゃないwww
クールで厳しい男が好きな相手にだけは甘々とか。。。。キュン

全体的にエロ欠乏気味ではありますが
ゆるっと読みたい時には悪くない続きのかなと思いました。

0

あるよねー

後半に入っていた室井×今城カップルが良かった!
前半もそうでしたけど、最初の印象が悪かった人の意外な一面とか誤解がとけたときってポイントが倍増します。でも、それを素直に態度に表せない感じとか好きでした。

0

実はオカンな攻めが好き

 そこそこ大手の某企業に、難関の就活を突破して入社してきた新人君たち。彼らとそのお世話をすることになった先輩社員の2組のカップルが登場します。ひと組目のデキる新人槙村×面倒見の良い人事部水守CPは、水守があんまりいい子すぎてつまんないのと、クールで優秀なはずの槙村のときどき見せる暴走の方向性が意味不明なために最後まで乗り切れず・・・もうひと組「社内恋愛研修中」の広報部CPの方が断然好みでした。

 なみいる新人の中でも群を抜くKYっぷりでナチュラルボーン失言とあだ名される今城。配属1週間目にして「もうやめたい」と弱音を吐く。もともと営業希望だったのに広報に行かされるし、上司の室井はやけに厳しいし、テンション下がりっぱなしなのだ。人事の水守に「広報の人がお前が欲しいって指名してきたんだから」ととりなされ、何とか思いとどまるが・・・

 今城にすれば理不尽きわまりないシゴキか、いじめのようでも、指導する立場の室井から見れば突っ込みどころはそれこそ山ほど。先輩だろうが上司だろうがあいさつは「あざーす」「さーせん」。取引先との電話に「はいはい」と軽く相槌を打ち、字を書かせればお子様以下続きの汚さ。こういう輩を、とにもかくにも社会人として外に出してみっともなくない程度に、限られた時間で躾け直さねばならない。そりゃ読む側としたら室井に肩入れしたくもなりますって。

 厳しい指導の甲斐あってどうにか広報部員として格好のついてきた今城。広告代理店との初顔合わせで、いつものKY発言をぶちかますが、逆にそれが幸いしていい方向で懸案がうごきだす。お祝いの飲み会で、弱いくせにいい気になって泥酔した今城は、室井が最近彼女に振られたと知って盛大にからかうが、次第に「室井さん、かわいそぉ・・・」と妙なスイッチが入ってしまう。それに対する室井の返答は「慰めてくれるのか?」・・・

 そっからの展開は異常に速い。てか次のページはもう一夜明けてるし。見知らぬ部屋、マッパで目覚めた今城。二日酔いの頭痛とともにあり得ない箇所の痛み。そこにセットしてない前髪に普段着姿で、いつもより若く見える室井が顔を出す。「俺たちやりましたか?」「逆に聞くが、やってないと思うか?」動揺も一瞬、そんな状況でもうじうじ深刻に悩まないのが今城の強み。「結局元気出たんスか?」と室井に訊く。出なかったらただの掘られ損じゃないかと。そのあっけらかんとした立ち直りの早さ。シンプルな思考回路。自他共に認める策士で、仕事でも、前カノとの関係でも、互いに腹の探り合い、狸のばかし合いになるのに少々嫌気がさしていた室井にとっては、時に暴言も吐くけど、口に出したら出した分が全て掛け値なしの本音、かけひきも腹芸も無縁の今城が、なによりの癒やしになったようですねえ。実はこの室井、クールな顔してなかなかのオカン体質で、一度寝ただけの相手に対しても「朝メシ」「着替え」「身体つらくないか」とお世話やきまくり。どうもわたしは面倒見の良い攻めに弱いようで、高度な家事スキルとこまやかな気配りを併せ持つ室井のようなタイプは大好物です。逆に受けはどんなに生活無能力者でも無神経でもOKです。本作の今城も、大手を振ってお世話を焼かれ倒していればいいと思いました。


 

1

新入社員……

こんな上から目線な新入社員は好きになれかった。
確かに仕事出来ない先輩はいるだろうけど、その態度はないよね。
自分が間違っていたとわかって謝ったりするけど、切り替え早すぎ。

先輩で水守の同期である室井がいきなり槇村に敵対しはじめと何事?って感じだった。
室井が嫌われそうなキャラで描かれていて可哀想だ。
槇村が室井の胸ぐら掴んで、「水守さんに手ぇ出すんじゃー」(ねぇって続くんだろうけど、室井に言葉遮られてる)って怒るんだけど、頭良さそうな槇村だったからもっと冷静に怒って欲しかったな。

あとは、どっちのカップルも好きになったきっかけが分かりにくい。

0

なんだかんだ良い関係。


働く人嗜好な為、丁度新刊だった秋葉さん初読み。

前後編で絡みのある二組のカップルに分かれていますが、ま〜新人の苛々といったら!笑 偉そうなことこの上ない。
槇村を可愛いと思い、恋愛に発展する水守さんの懐の深さ…感服します。槇村も仕事出来るのは格好良いですが…。やきもちは可愛いですが…。

個人的にはどちらも上司勢が可愛いです。
好感が持てて。

それから、BLでなくてもあそこまで上司とてんやわんやできるのかと思うと凄い。関わりが深いというか押しが強いというか。漫画ならではだと思いつつ、周りはしっかり固められているのでそう感じました。普通は年上にああも押せないかなぁと。新人が。

それと突然で驚いた、本編終了後に挟まれる短編は本編とは何の関わりもないのでしょうか。

その後の四人が集まった時が面白いです。
ポジゲットには笑いました。
先輩勢がいとおしく、カバー下も最後のコマがいい!

水守さん室井さんは男としても後輩女子にモテそうなので、ぜひ後輩勢はあの手この手で捕まえていてほしいです。
室井さんが今城ラブなのが納得いかない…!笑

先輩にほし続きい水守さん。
能力は羨ましい槇村。
兎角格好良い室井さん。
性格が羨ましい今城。

一晩で今城抱いちゃうのもすごいけど、室井さん、まさか面接で今城のこと好きになったの…?ん…?

1

全編スーツ男子。

秋葉東子さんの久々のリーマンもの。最近は学園ものを多く書かれていた印象だったので、期待して購入。同じオフィスの二組のカップルのお話が収録されています。

【新入社員のしつけ方】
こちらはクーデレ新入社員と可愛い先輩とで年下攻め。皮肉屋で生意気なばかりだった新入社員槇村くんが、先輩である水守さんに落ちた瞬間からの攻め方がなんともあざとい!見当違いなヤキモチを妬いたり、付き合いだしてからも四苦八苦している槇村くんがとても良いです。手をだしかけた槇村くんをぶん殴ってしまう水守さんの童顔とのギャップもまた萌えます。

【新入社員のしつけ方‐社内恋愛研修中‐】
先のカップルのスピンオフ的お話。こちらは眼鏡上司と空気の読めない新人というカップル。時系列は先のお話とほぼ被っていて、内容も相関性があります。最初はマイナスな印象だったのが、だんだんと好感度が上がり近づいていく様子は恋愛シュミレーションさながらです。ずけずけとものを言う空気の読めない今城くんと、意地悪をしつつも今城くんの全部を受け入れている室井さんに終始にやにやしてしまいました。中でも今城くんの事後の「でないと俺掘られ損じゃな続きいですか!」という台詞は破壊力抜群です(笑)

スーツ、眼鏡、煙草、上下関係、お酒…と、やはりリーマンものは萌えの宝庫。同時収録の学生カップルもかわいらしく、秋葉ワールドを堪能できる一冊でした。

1

いるいるw、やっかいな新人君たち

新人君に手を焼くのは世の常でありますが、
作者が人事部所属のご友人にリサーチされたようで
今どき感たっぷりな気がいたします。

新人君・槙村×人事の入社5年目・水守篇ですが、
この槙村の可愛くなさといったら!(笑)
身体は大人で頭の出来もいいけど、中身はおこちゃま。
目上だからという点で相手を尊重することはなく、あくまで相手の実力をみての判断。
唯一、自分が間違っていたとわかれば、すぐ反省できる可愛げがあってよかったです…。

見下されてしまっていたのに、一転して尊敬されるようになったことで、
水守もほだされたというか、ギャップ萌えしてしまったのだけど、
槙村を苦手にしていたわりにはくっつくまでが早くて、
もう少し水守が槙村に惹かれる部分を描いてくれたら同調しやすかったのになと、
残念に思ってしまいました。


2組目は厳しめ上司・室井×思考回路が単純な新人・今城。
今城は可愛げはあるとはいえ、槙村とは違い、分かりやすい困ったちゃん。
一週間で会社辞めると言い出すなんて、ないわwと思ってしまうけど、
今どきはこういうコ、多いんだろうなぁ。
けど続き、素直でいいヤツな部分もあって、なにやら憎めないところが今城のいいところ。
単純明快な今城に、考えすぎな室井が癒されていくのは、よくわかる!
しかし手が早い(笑)
でもこの二人ならば許容範囲な気もします。
実は先のCPよりこちらのほうが好み♪


しかし一番好きだったのは、たった4頁の学生ものでした。
眼鏡かける・かけないのすったもんだが、やったら可愛い!
こういうコミカルなセンス、いいと思います!

1

空気読めない新人が最強でした。

 毎年4月は未知との遭遇の時期。新入社員・槇村と入社5年目・水守のファーストコンタクトから心を通わせるまでの話です。

 童顔で頼りなく見える水守に対し生意気な態度をとっていた槇村。水守の仕事ぶりを見るうちに尊敬できる先輩として一目おくようになり、いつの間にか気になってしょうがない存在に。
 生意気な新人・槇村に苦手意識を持っていた水守も、真面目で素直な槇村の一面を知って可愛いと思うようになります。
 いつの間にか両想いになっている2人ですが、嫉妬に振り回される槇村がまだまだお子様。個人的にはもう少し躾けてから餌を与えて欲しかったです。

◆社内恋愛研修中
 後半は水守の同期・室井(ドSメガネ!)と空気読めない新人・今城の話です。室井のクールな心臓をも揺さぶってしまう今城のお馬鹿っぷりに笑いました。
 皆が未知との遭遇で浮足立っている最中、唯一マイペースな今城。空気を読まない素直で単純明快な発言で場を和ませたり凍りつかせたり。ある日酔っぱらってさらに怖いもの知らずとなった今城が室井に絡み、成り行きで一夜を共にすることになります。

 朝起きて動揺する今城に「慰めてく続きれるっていうから甘えたんだ」と室井。
今「結局元気でたんスか?」室「でたでた」今「それならいいんですけどね」
た…単純!! 効率重視しそうな室井さんが何故今城なんかを…と思いましたが、結局はシンプルイズベストだったということでしょうか。

0

初っ端から萌えしました

生意気な新入社員と人事担当の先輩社員とのオフィスラブ。
新人研修でいきなり生意気な新人に答えにくい質問をされ、そんなこともわからないの
かとバカにされてしまった研修担当の水守。
ファーストコンタクトから仕事が出来ない先輩だと思われたようで態度も新人には
思えない落ち着きを見せて可愛くないのです。

それが初めの質問に答えられなかった理由を偶然知って新人の槇村は己の言動が
いかに調子づいていたか気づかされ、羞恥で顔を赤らめる。
仕事が出来そうで生意気そうな男が顔を赤らめる姿に萌えましたね。

そのことがきっかけで和解したように思ったのですが、それが思わぬ方向へ進みます。
新人研修が終わって1週間後に突然水守の前に現れた槇村がいきなり水守のことが
頭から離れないと言い出すが、それをゆっくり聞く暇も無く別の新人の助けてコールに
飛び出す水守。

まるで人事の神様みたいな水守さん、新人のケアをしてる姿はこんな人に研修担当に
是非なって欲しいと思わせるくらい、だからなのか槇村は他の新人に嫉妬してしまう
くらいにいつの間にか水守が大好きになってます。
タイプ的に続きはクーデレ系なのにいつしか見た目よりしっかりしている水守に
意外にあざとい言い回しで告白なんてしちゃって水守ほだされる流れですね。
あっさり社内恋愛することになってしまいます。

それでも所詮新人君と5年目の社員では色々経験も違うわけで水守の同期に宣戦布告され
きな臭い展開になってまいります。
なんてドキドキの展開を期待していたら、あらら~勘違いですか状態。
それも何だか攻め同士が似たもの同士っぽくてメガネ萌えしちゃう。

槇村が勘違いで宣戦布告された相手である室井と槇村の同僚今城とのラブも収録
こちらは新人がおいしく上司に食べられてしまう話ですね。
そしてショートが2編、最後のダブルデートみたいな話は面白いです。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ