教育係の甘い鞭にウサギ王子が啼かされて?

黒兎(クロラビ)王子 ~シークレット・ラブ・レッスン~

kuro rabbit ouji secret love lesson

黒兎(クロラビ)王子 ~シークレット・ラブ・レッスン~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌5
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
24
評価数
9件
平均
2.9 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
KADOKAWA(アスキー・メディアワークス)
シリーズ
B-PRINCE文庫(小説・アスキー・メディアワークス)
発売日
価格
¥640(税抜)  ¥691(税込)
ISBN
9784048663502

あらすじ

「相変わらず、敏感な耳だ」
 感情が昂ぶると黒兎になってしまう第7王子のシオンは、もし民の前で兎に変化しては命を狙われる原因になりかねないと、教育係のキリヤに獣化を制御するレッスンを受けることになる。淫らに身体を触られても獣化しないことが目標なのに、すぐに兎耳と尻尾が出てきてしまうシオン? 敏感な彼の反応に、キリヤの甘い攻めは止まらなくて!?
 ドS教育係×ウサギ王子の溺愛レッスン?

表題作黒兎(クロラビ)王子 ~シークレット・ラブ・レッスン~

キリヤ,シオンに拾われた教育係,(22)
シオン,黒兎に変わる第7王子,(19)

その他の収録作品

  • 黒兎(クロラビ)愛玩
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

ロップイヤーの愛らしい兎

うさぎ萌しちゃいそうなやんちゃで意地っ張りな兎に変化する受けになる王子と
その教育係でS気質がある攻めが出てくる幼馴染&主従関係のラブ。

大昔の先祖王が魔女と契約を交わし力を得た代わりに代々その身に獣を宿す国が舞台で
平和になった今ではその力も獣を宿す王族も出てこない時代に先祖返りみたいに
王子であるシオンの成人の儀式が近づいた頃に突然シオンが兎に変化してしまう。
真っ黒で小さくて可愛いロップイヤー風のうさぎちゃんになるのですが可愛いのです。

シオンは喜怒哀楽が直ぐに顔に出るようなやんちゃで素直な王子様で、
感情が高ぶると兎になってしまうのですが、そのきっかけが幼馴染で教育係のキリヤへの
恋心ありの欲情なのです。
キリヤは魔女が住むという森の近くでシオンに8歳の時に拾われてそのまま王宮で暮らし
年の近いシオンの遊び相手から現在の立場になったのです。

シオンは綺麗なキリヤが大好きで自分のものだという執着が激しくてでも最近では
いつもそばにいたキリヤから距離を置かれているのが寂しくて仕方ない。
なんでも顔に出てしまうシオン、感情を全て内に隠しているS属続き性のキリヤ、
主従関係もあるのでキリヤの本心が見えなくてシオンがジタバタしてしまう話なんです。

好きになった相手をどこまで信じきれるか、魔女の森でシオンは魔女に試されるが
一途にキリヤを信じ、たとえ騙されていたとしても構わない発言が男前でしたね。
シオンは兎に変化すると同時に癒しの力も手に入れているのですが、
その辺を使ったエピソードがもっとドラマチックにあればうるうる出来たかなと
軽く読み終えてしまえるのがケモミミ萌なだけに残念な気もします。

3

ちょっと意外(?)な『ケモ耳』←垂れ耳黒兎。

真崎さんの初めてのB-PRINCE文庫での作品ですね。

タイトルや表紙イラストからの印象のまま、ライトであまあまでラブラブなファンタジーです。


『魔女の呪いで獣に変わる王族が時折現れる』という王家の末の王子であるシオン(受)と、シオンの遊び相手から今は教育係で、さらに成人後の守護役として望まれているキリヤ(攻)。

2人は、約15年前に異国人らしい風貌の8歳のキリヤが5歳のシオンに拾われて以来の付き合いの幼馴染みになります。

満月の夜、キリヤを想って自慰をしたあとで、黒兎になってしまったシオン。
朝には元に戻っていたものの、様子がおかしいのをキリヤに悟られ、黒兎に変わったことも知られてしまいます。

獣化には『感情の昂り』が関係するそうです。
獣化を制御するには魔女の鉱石が必要らしいのですが、手に入れるのが困難なためとりあえず感情のコントロールができるように『理性を鍛える』特訓をすることになるんですね~。

それが、まあセオリー通り『ベッドの中でのシークレットレッスン』だというわけです。

『もふもふ』としては、完全に『獣(黒兎)化続き』する以外にも、途中経過で人型に兎の耳(ロップイヤー種の垂れ耳です)や尻尾が出るのもお約束です。←しかし、普通『ケモ耳』って頭の上だと思うんですが(まあ、よく考えたらそのほうが変だよね)、こちらはホントに『人間の耳の位置』からウサ耳がだら~んと・・・

ただ、この『獣に変わる』というのが最初から『あり得ること』という設定なので、それ自体は結構軽~く流されてます。

一応、クライマックスになるんだろう(魔女関係の)エピソードもあっさりさっぱりですが、まあここだけ深刻になるよりもストーリーの雰囲気としてはこれでいいんでしょう、きっと。

SS『黒兎愛玩』はキリヤ視点です。
シオンに拾われることになった成り行き(身の上)から、出逢って以来ずっとシオンを見守ってきたキリヤの心情。


レーベルからもタイトルやあらすじ・表紙イラストからも、いかにも『お手軽に読めるコミカルなケモ耳ファンタジー』って感じで、そういうものと承知の上なら甘くて可愛くて読みやすいストーリーです。

個人的に、キャラクターに特に魅力を感じない(好みのタイプじゃないからかも。でも別にダメではない)ので、すごく好き!とまでは行きませんけどね。

もともと『S気質攻』も所謂『(主にH系統の)レッスン』も大キライなので、あらすじの『ドSの教育係』の時点でほとんど期待せずに読んだんですが、レーベル的なものもあるのか『・・・これのどこがドSなんですか?』と思ってしまいました。Sッ気はあるんですが。←言い換えれば大変にヌルいので『ドS』を求めて読んだら肩透かしじゃないかと。もう単なる『あまあま』でいいんじゃないのか、これは。

ラブ面は、もう最初からお互いに想い合っているのはわかりきってて、特に葛藤というほどのものもないですし(イヤ、キャラクター本人にはもちろんあるんだけど)、ストーリーの山も谷もさほどないので何も考えずにさら~っと読めます。

ひとことで言えば、いかにも『B-PRINCE文庫のなんちゃってファンタジー』って感じでした。決して悪い意味だけではなく。
繰り返しになりますが 『こういうもの!』とはじめから納得していれば、お見事にお約束の王道を外さないので安心して楽しめます。
まあ、浅いと言えばこの上なく浅いんだけどね。

でも、確かに『すごく好きか・面白いか』と訊かれたら困るんですが、少なくとも『読まなきゃよかった』とは思ってません。面白かったんです。

実は、真崎さんの他レーベルの『もふもふ』シリーズは(現時点では1作を除いて)まったく好みじゃないのでこれもどうかな~とちょっと迷ったんですが、私はこちらの方が好きですね。


そして、イラストは(ちょっとぎこちないと感じる部分はありましたが)綺麗でキャラクターやストーリーのイメージには合っていました。特に『完全黒兎化』のシーンはコミカルな雰囲気が出てて可愛かった。
JIN-Iさん、B-PRINCE文庫の新人大賞受賞された方ですよね。結構好きな絵柄です。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ