朧小路の恋の花

oborokouji no koi no hana

朧小路の恋の花
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神12
  • 萌×215
  • 萌15
  • 中立6
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
14
得点
171
評価数
49件
平均
3.6 / 5
神率
24.5%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
蒼竜社
シリーズ
Holly Novels(小説・蒼竜社)
発売日
価格
¥860(税抜)  ¥929(税込)
ISBN
9784883864294

あらすじ

告白されることには慣れている。
告白する「ふり」にも慣れている。
本気の恋なんてわからない。

光希は子どもの頃から顔見知りだった吉澤にばったり出くわす。
久しぶりに再会した吉澤は高級料亭の板前なっていたが、相変わらず無愛想で素っ気ない。
そのうえ光希に「そばに寄るな」とすげない態度だ。
男が姉の美代春を好きだという噂があったことを思い出した光希は、意趣返しに、姉に似ている自分の容姿を利用して、朴念仁の吉澤をからかってやろうと思いつく。
だが朴念仁はけっこう真摯に優しくて……。

表題作朧小路の恋の花

吉澤克也,高級料亭の板前,28歳
宮川光希,芸妓の弟でバーテンダー,27歳

その他の収録作品

  • 今宵逢う人
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数14

サラリとしつつ、また読みたくなってくる

以前読んで、評価も去年に入れていたものです。
接客上手な美人受けと男らしい板前の物語で、割とサラリと読んだのですが、何だか忘れられずに無性に読み返したくなってきました。
受けの光希はカフェバー「桜月夜」を一人で切り盛りしています。このお店は姉で売れっ子芸者の美代春のもの。攻めの吉澤は高級料亭の板前さん。
京都、祇園を舞台にさらさらと流れるように進む、再会ラブです。
改めて見ると、光希と吉澤のキャラクターの印象がやや薄い感じもあるのですが、コーヒーや料理の描写が丁寧でとてもお洒落で、また読みたくなってくるんですよね。
物語の序盤にもう、二人はエッチに至りまして、カラダの関係を持ってから互いに理解を深めていきます。
そこからの知恩寺の手作り市で初デートをして、光希は吉澤にソーイングセットを買ってもらう。ここが一番好きです。
かわい先生の作品は他にも「甘い水」とか「猫の遊ぶ庭」とか読んでますが、どれもお洒落なのです。
ちょっとした文章から、丁寧に暮らしている方なんだろうと感じられて。
それに脇キャラも魅力的なんですよね、この作品では美代春姉さんが良かった。
人たらしの一面続きもある光希は思い込みの激しい女性に好かれ、クライマックスではその女性が微妙に絡んだ男のストーカーに刺されてしまいますが、そこも光希の魅力故ですね。
全体的にあっさりとしてますが、良作だと思います。

0

ちょっと物語が粗いかな…

うー…評価の難しい作品でした。京都には数回訪れたことがある以上の縁のない身ゆえでしょうが、府外の人がやっかみを込めて言うところの「京都(人)のちょっと鼻に付く感じ」がそのまま反映されているような印象を受けました。

で…なんでそんな印象を受けたのかなぁと考えるに、二人が恋人になる展開よりも、その過程で描かれる「京都とは」みたいな描写ーー京の花街のお作法的な話や、攻の職業である京料理のことや、受の姉がいかに芸妓として素敵かというくだり、二人が出掛けるフリマの説明などーーに重きが置かれていたせいかなと思いました。

ご当地BLに対しては不当な評価になるのかもしれませんが、京都に関連する部分を除くとちょっと物語が粗い気がします。攻の葛藤が無さすぎるし、なんの苦もなく恋人同士になっちゃったな…と思いました。

とはいえ、京都観光をしている気分になれる描写の数々についつい「そうだ京都、行こう」な気分になったのと(チョロい)、作中で出てきた与謝野晶子の歌が素敵だったので評価は「萌」です。

0

京都が舞台

光希(受け)視点の表題作「朧小路の恋の花」と、吉澤(攻め)視点のショート「今宵逢う人」の2作品が収録されています。

二人とも京都弁ですが、料理人の吉澤は、水商売の光希ほど柔らかい方言ではありません。二人が違うというのが読みやすかったと思います。私は平気でしたが、光希の京都弁を女性っぽく感じて気になってしまう方がいるかもと思いました。光希の商売柄だけでなく、京都という土地柄、私生児という出生からくる性格で裏表があるのは読んでいて面白かったです。

十年ぶりに再会した二人ですが、どちらかが意図的に距離をとっていた等と特に理由があったわけではありません。ふわっと再会したのが作為的に感じず良かったと思います。

光希は吉澤が姉が初恋相手だから抱いたのだと誤解しています。表題作は光希の視点でしか語られないのですが、吉澤の言動でそうじゃないというのを感じることができますし、後日談ショートででも吉澤が惹かれていく過程があるので分かりやすかったです。

全体的にほんのりとした甘さで色づいた印象で、そう切なさを感じることなく、さらりと読める作品です。色っぽく誘惑する受け、いかにも職人と続きいう攻め、社会人カップル、方言や美味しそうな料理話がお好きな方にお勧めだと思います。鍋食べたくなりました!ただ、光希が他の男と関係した過去が出ますので苦手な方はご注意ください。

1

胃袋からぐっとつかまれて…

かわい由美子さんのホリーノベル初作品。

ビッチが書きたいというところから書き始めたのだそうです。
でもかわいいビッチですよ。

高級料亭板前吉澤 × 姉がオーナーのバーのバーテン光希

近所に住んでいて子供の頃から顔見知り程度の間柄のふたりが、大人になって不意に口をきくようになり、急激に親しくなりバイの光希が好みドンピシャの吉澤を毒牙にかけて行きます。
恋愛感情に鈍くなかなか乗ってこない吉澤の様子に光希と共にジレジレします。
初めは遊び相手の一人にいい感じだと軽い気持ちで寝た光希が徐々に気持ちが傾いて気付いたときにはとっくに恋に堕ちていたんですね。

そんな風に大きな事件もなくゆるゆると気持ちが重なってくるのかな、などと思っていたら、ストーカーや刃傷沙汰で急展開。

言葉少なく表情もわかりにくい吉澤ですが、短編「今宵逢う人」で、光希との再会から感情の変化がよくわかります。
素直じゃない光希の心の内をよく理解し可愛くて仕方ないんですね。

京都が舞台ということで全編京言葉です。
京言葉はのらりくらりと躱すのにぴったりな言葉だなあと思いました。
言葉尻続きを濁したり、ええわあ、そやねえなどとほんわかとしてるけど真意ははぐらかす。
お茶でもどうどすと言われたら、のうのうとお茶など飲むほど長居するなというのは有名ですが、ほかにもいろいろそういう意味か、という解説が興味深かったです。

修行中の板さんの吉澤が美味しそうなものをたくさん作ってくれるんですよ。
これを読んだのは真夏なんですが、フグだ地鶏だと鍋が3回も出てきたときはうっかり食べたくなってしまうくらいです。
ほかにも禁煙した光希が口寂しいと言えば生キャラメルとか、贅沢にカラスミのパスタ。
吉澤の友人夫婦が作るショコラにもグッときました。
光希がバーで出してる卵サンドの卵にはほんのちょっと砂糖と牛乳を入れるとか、それって常識?だったら知らなくて恥ずかしいなと思いつつ早速試したところいつもより美味しいような気がしました!?

なんだかBLと関係ないところでいっぱい楽しみました。

2

夜に読み終わったのでお腹がすきました(笑)

京都BL読みあさり中なので、「いとし」に続いて読みました。
しかし正直なところ、私にはいまいちでした。内容はともかく読みやすさは「いとし」のが読みやすかったと思います。
無口なノンケ×男女どっちでも誰でもいい美人で舞台は花街だったら、個人的には萌えツボ満載なのですが、そもそも受けが攻めに興味を持っていく展開が分かり辛かったような。
明確に「落としてやるぜ!」という訳でもなく、何か曖昧にアプローチして曖昧に攻めもなびいて、曖昧にまとまりました、というイメージです。
もっと受けがはっきり分かりやすかった方が読みやすい気がします。
あと、男女じゃないので、ノンケはこんなに葛藤なしで流されるかなというのが何となく引っかかります。
一応説明編もあったので、「ああ、うん」と思いましたが、ここらは本編(?)で匂わせて欲しかったですねえ。

カフェバーの店員と料理人の話なので、料理が沢山出てきてどれもこれも美味しそう。夜に読み終わったのでお腹がすきました(笑)

あと京都弁ですが、「いとし」よりも読み辛いのは、祇園界隈だから敢えて変えたのでしょうか?関東から離れた事がないので、そこ続きらへんはよく分からないのですが。

1

ほんとの京都弁ってこんな?

「いとしいとし~」とはまた全然違う京都カップル。
多くを語らず表情にも出さない吉澤の気持ちがよくわからないまま終わったな~と思ってたけど、最後にSSでこの物語の吉澤視点が用意されていました。
こういう手法も楽しいかもしれないけど、本編で吉澤の心の動きがわかるようにしてほしかったかな~。
刺された後の話があまりにもみんなあっさりしたもんだし、吉澤は事件を知らされなかったとはいえ見舞いに来るのも遅いし、なんだか釈然としないシーンが多く感じました。

かわいさんは 好みとそうでないのと分かれるなあと、つくづく・・・。

3

ただでさえ京都弁が色っぽいというのに!

いやーもう、名芸妓だった母の子で花街育ち、
姉のカフェバーを任されている光希がセクシーすぎてたまらんかったです!!
そりゃもう誰もが色香に惑わされるでしょうに…。
光希がお目当てで来店する常連さんも当然いるし
光希がちょっと良い顔をすると多大な勘違いをする輩だっているのに
板前の吉澤があまりにも職人気質で驚きましたw
10年振りくらいに顔を見て体格も好みだったから
どうにかして落としてやろうと目論んだものの
直接的に誘ってようやくなびいてくれたって…ある意味大物ですw

その真面目さと誠実さが吉澤の良いところなんですけども
光希にしてみれば焦れ焦れです!!
今迄簡単に落ちなかった男はいないというのに…。
ただ、初めて体を重ねた時から、
これまでの経験してきた中で一番相性が良いと感じるとか
朴念仁が意外と手慣れているとかがニヤつきました!!

カフェバーでのらりくらりと客の好意をかわしている顔を
最初のうちは吉澤にもしていましたが
どんどん素の顔も見せるようになって距離が近づくのです様子が愛おしいです。
かと思えば、自業自得とも言える事件に遭って
続き
せっかく見舞いに来てくれた吉澤に対してキツイ事を言ってしまうとか
もどかしさもありました。
それは取り繕えない心がさせたことなので
後日雨降って地固まる的な出来事で良かったです。

他の人には晒さない飾らない自分を見せられるのは
ちゃんと心を許せる吉澤だけ、なんて素敵!!
姉の美代春が吉澤の初恋で、光希が似ているからなんて心配もなんのその!!

『今宵逢う人』で吉澤の胸の内を知る事ができて嬉しかったです!!
最初は気の無い吉澤でも、光希の色気と普段は見せない素顔が可愛くて
優しくしてしまうのもわかるわ…。
つか、すごくお似合いです!!

美味しそうなお弁当、コーヒー、鍋、チョコ等色々登場してくるので
出来れば空腹時に読まない方が良いかもしれませんww

すごく失礼ですが、こちらの挿絵を円陣闇丸さんで見たかったです…!!!
宮城さんのイラストもとても美しいのですが
私としましてはちょっと線が細い印象がありまして…ファンの方すみません;;

大人の恋愛って感じでドキドキしましたし、やっぱり京都弁はええなぁ!!
萌ですが萌×2寄りです♪

5

マシュマロのようなふんわりとした手触りのお話。

言葉(方言)による印象って凄いですねぇ。感心しました。
お話の感じや主役達の性質としては「いとしいとし~」の方が好みで、
この作品のように曖昧な感じで関係が始まるのは少し苦手なのですが、
なにせとっても柔らかい優しい言葉で繰り広げられるので、
今回はそのまますっと入り込んでいってしまいました。
勿論、京都の言葉だからという以前に光希の性格付けも大きく関係していますが、
スタイルの良い人が相応しい服を着れば更に似合うように、
漂う雰囲気や綺麗な容姿を持つ光希のような子がああいった言葉を話すと、
相手もあれよあれよと流されてしまうのも解る気がします。
吉澤も最初はそんな風な感じで関係を持っただけのようでしたが、
最後にはちゃんと光希と向き合うようになってくれて良かったです。
色々な事を我慢してきた分、これから吉澤と末永く幸せになってもらいたいです。
そうそう、今回はお姉さんのキャラクターもとても魅力的でした。
華やかな分、お客様には見えない部分で苦労の多い世界でしょうが、
そんな中を自分の力量でしっかり泳いでいくお姉さんは、
なよやかながらも芯の強さを持つ素敵続きな女性でした。
人前では常に外見を凛と美しく整える事が仕事であるのに、
光希の急報を聞いてなりふり構まわず駆けつけてくれる姿は
肝っ玉姉さんそのもので、支えあって生きてきた姉弟の絆を感じました。

少し不満としては、なにぶんお話がほんわりと優し過ぎる事かな。
上記の繰り返しになりますが、個人的には「いとしいとし~」のように
攻に多少の毒もある方が好みなので、そういった意味では物足りなかったです。
が、そもそもコンセプトが違うので比べても仕方ないですかね。
それはさておき、これが標準語だとまた全然違う印象のお話になるのでしょうね。
ちょっと読んでみたいかも(^.^)
京都の言葉は私にとってはあくまでもよその地方の縁遠い言葉なので、
今作もそうでしたが読んでいても表現によってはたまに目が滑ってしまいますので
(文字を素早く情報処理出来ないと言いますか、音と結び付きにくいようです。)、
自分のものとして感じることが出来る方達が少し羨ましいです。
京都だけでなく、西日本全域の方言はみんなそう感じるのですが。
自分の地方にも特徴的な方言はありますが、物語にすると少々土の香りがするような、
素朴さと逞しさのある音の連なりの印象ですので、
少なくとも今回のかわいさんのようなお話には不適合です。
う~ん、逞しい大庄屋BLとか、誰か書いて下さらないでしょうか…(笑)

3

はんなりな裏に見せる強かさと弱さ

いいですね、久しぶりに京都弁の作品を堪能致しましたね。
活字にすると方言は伝わりにくいこともありますが、運よくと言っていいのか
京都は母方の実家でもありますので作品に出てくる場所に思いを馳せながら
懐かしいような気持ちで読ませて頂きました。

今までに付き合ったことがなかったタイプの親しくもなかった小学生の頃から知ってる
ご近所さん的な攻めになる板前の吉澤にちょっとした好奇心から意図して秋波を送り
自分が手ごまにことを進めるつもりがいつしか光希本人が吉澤にハマっているけど
素直になれないままにすれ違いながらも共に歩けるパートナーになる話でしたね。

京言葉の穏やかなのに裏に別の意味合いがある物言いがかなりいい味だしていて、
個人的にはとても面白かったですね。
劇的なラブストーリーと言う感じではないのですが、いつの間にか育っていた思いが
誤解や嫉妬、意地をはりながらも相手にいなされる感じはどこか甘やかで素敵。
寡黙な板前と愛に幻想しか感じていなかった光希との関係がほんのりした甘さで
最後まで楽しませて頂きました。

3

上品な京都弁萌えどすえ~

かわい先生の作品は『銀の雫の降る都』や『東方美人』等を拝読させていただきましたが、今回の『朧小路の~』はまさに私のツボにハマりました。

京男の色気と方言は萌えの宝庫とも言うべきものだなと…。特に光希の甘えた口調がものすごく可愛くて個人的にとても好きでした。
また、挿絵も多く、宮城先生の細い描線が儚げで、作品の雰囲気に更に花をそえられていました!

ストーリーも読みやすく、感情移入のしやすい作品でした。方言物は初読みだったのですが、違和感を感じることもなく、むしろ段々とクセになり、これを機会にかわい先生の京都弁作品である『いとし、いとしと~』も読んでみようかと思います。

4

古都の魅力

現代の京都を舞台に、タイプの違う二人の京男の恋をほのぼの描いた本作品。
キャラクターや町並みの描写にリアル感があり
京都生活を疑似体験しているような感覚を楽しめます☆


花街育ちでビッチなバーテン・光希(受)と
硬派な板前・吉澤(攻)。
性格は正反対でも不思議とウマが合う二人。
そしてカラダの相性も抜群…なのに
二人とも相手の出方をうかがっており
なかなかセフレ以上恋人未満の関係から進展しない。
光希も吉澤も、年相応の落ち着きと可愛さがあって
好感のもてるキャラでした。

光希の、言い寄ってくる相手をやんわり牽制する
処世術はいかにも京都人らしくて面白い。
実は甘え下手で、吉澤の包容力に少しずつ
心を許していく過程も微笑ましい感じでした。

また、この二人が意気投合するきっかけに
「料理」があります。
ジャンルは違えど料理人同士の二人は
ことあるごとに互いの腕前や努力を認め合っていて
そうしたプロ同士の対等感が描かれているためか
光希の中性的なキャラや、ラブシーンの艶かしさの割に
甘ったるさがなく
男同士のこざっぱりした雰囲気が良い続き感じです。


フリマの描写などからは
現代京都のアートシーンやものづくりに携わる若手職人の
活気ある様子が伝わってきて読んでいて楽しかったです。
キャラや脚本はややインパクトに欠けますが
舞台設定や演出、小物使いなどが素敵な作品でした。


★余談★
作中に出てくる「ガラムマサラのチョコレート」。
調べてみたところ京都にそういうショコラティエが
実在するようで、気になっております…(゚-、゚)ジュル
チョコレートに限らず、本書には和洋折衷様々な料理が登場し、非常に食欲をそそりますw

8

言葉の表記に関し…

†ネタバレなしで。
わたしには京言葉の表現(書き方)にひっかかってしまい、気になりました
お話はオーソドックスながらキャラはそこそこは立ってたと思います。
ただ、受けの宮川光希は花街の男、男女両刀で幾人かと関係を持ってるという、
わたしには少々苦手な設定でした。
攻めは黙々としたカンジの職人です。
花街に育ちカラダの関係は知ってても恋を知らない受けが、
無口な板前と気持ちより先に関係をもち云々----というお話です。

キーを打って変換が出なくて驚いたのですが、
花街は「はなまち」ではありません「かがい」です。少なくとも京都はそうです、…他の地域、東京とかは違うのかな…。

京言葉、
この作者さんは自信をお持ちです(以前の著作でそう書いてらしたと思うし、わたしも強調されてるなあと思いつつも納得して読んでたのですが)、

今回の作品は「にゃ」。
引用しますが、
「(前略)何言うてんにゃ、あんたわぁ」

…猫?みたい??
わたしは京都市在住ですが親の出身も他の地方で、イントネーションは埼玉あたりの出身かと聞かれたほど。関西人と話すときだけ関西弁にな続きる程度で、本格的な京都弁なんか知らないですが、関西イントネーションは多少聞きなれています。

でも「にゃ」という記述には、違和感を感じて。
話し言葉として発音したら「にゃ」に近いかもですが
はっきり「にゃ」とは言ってないとおもうんです、
そこを「にゃ」、ってハッキリ書かれてしまうと…
猫語?;と気になってしまい、回数多く出てくるわけではないんですが、
気になりました。

単にわたしが個人的にそうだっただけであって 。
京言葉にくわしい かわい先生はよいとおもってこう書かれてるのだから、
感覚はいろいろだろうとは思います;

方言の作品って、難しいのだなと思いました。
---------------------------------------------------------------

※5/29 コメント欄でご指摘を受け、補足しておきます。

>生まれも育ちも京都ですが、実際は「にゃ」に近い音だと思いますね
>「ねゃ」よりも、「にゃ」に近い
>特に祇園界隈というか、いわゆる京都の街中で暮らしてらっしゃる方の発音は…

>京都出身の方のエッセイや小説、漫画なんかは読まれないんでしょうか?
>よく、「にゃ」って表現されてますけど

「(前略)何言うてんねゃ、あんたわぁ」…だったのですね。
この書き方なら、わたしにも違和感はなかったろうと思うのですが、
「にゃ」という表現、
わたしは読んだことがなかったので、知りませんでした。
ご指摘いただき、もものすけさん、ありがとうございました m(__)m

4

もものすけ

生まれも育ちも京都ですが、実際は「にゃ」に近い音だと思いますね
「ねゃ」よりも、「にゃ」に近い
特に祇園界隈というか、いわゆる京都の街中で暮らしてらっしゃる方の発音は…

京都出身の方のエッセイや小説、漫画なんかは読まれないんでしょうか?
よく、「にゃ」って表現されてますけど

京都在住なのに違う!などと公言されるのはどうかな?
京都は住む地域、職業、年齢、男女などによっても話す言葉が違ったりします
かわいさんはその辺を非常によくご存じなので
ああ、年配の人達の言いまわしってこうだよね、おばあちゃんは確かに
こんな話し方するするっていうのも、ちゃんと書き分けてらっしゃいます。
今回も年配の方独特の言い方は、ちゃんとわけられてました。

なんですかね? snowblackさんみたいな、
ああ、京都の方も違和感感じるんだ!なんて、賛同が欲しいんでしょうか?
違和感? 感じないです。
逆に、ご存じないのにこんなこと無責任におっしゃる方がいるんだなーとしか

今回のレビューは意図がよくわかりませんでした

snowblack

ハイ爺さま、いつもお世話になっております。

「にゃ」についてですが、私も聞いたことないなぁ、猫みたい……wと思いましたが、
何分関東人ですので、そんなものなのね……と納得しておりましたが、
京都の方が違和感を感じるとは!

花街(かがい)については、「はなまち」という読み方は、
歌謡曲のヒットによって普及したそうで、
現在では「かがい」より多く使われて浸透していますが、
本来は「かがい」が正しい読み方で、「はなまち」は誤用である……と、
Wiki先生にありました。
東京では普通はハナマチというかなぁと思いますが、
カガイと読む事は知っていましたので、地域の問題というより
京都は伝統を守っているので皆がカガイという……
ということなのでは?と思います。

手堅い萌え

京都が舞台。
朧小路というのは架空の小路だそうだが、
「おぼろ」という言葉がピッタリの、独特の空気に覆われた物語。

芸妓を母として父の顔を知らず、花街に育った美貌の光希と
子どもの頃を知っている、一流料亭の板場で働く寡黙な職人吉澤。

光希は、いつも柔らかな口調と笑顔で人を遇いながら
その実一線を引いて、本音を見せずに生きている。
再会した吉澤に苛つきながらも興味を惹かれ、
身体の関係を結ぶが……

互いの気持ちはどうなっているのか、はっきり見えないまま物語は進み、
ある事件をきっかけにして、せき止められていた熱が溢れる……
そして、本音を見せる光希が、可愛くてたまらない吉澤。


京都弁、祇園の灯り、古都の佇まい、食べ物や飲み物……
光希の姉の売れっ子芸妓の造形もいいし、
大人だけれどどこか少年の気配を残す二人の不器用な恋は、
手堅く面白く、萌える。

が、同じ京都の古い世界を舞台にした「いとし、いとしという心」のような
登場人物の強い個性はなく、心引き絞られるような忘れがたさはない。


後半の『今宵会う人』は、吉澤目線。
続きを考えているのか今ひとつ掴めなかった吉澤の気持ちがわかり、
本編を補足しており、思わず本編をもう一度めくって読んでしまった。

ココナッツ様もお書きだが、宮城先生の絵はカラーの表紙と口絵の色合いは美しいが
中のモノクロの挿絵は、バランスが悪くてピンとこなかったのが些か残念。

6

今年のかわい作品の中で一番好きでした

京都弁で繰り広げられる作品。
かわいさんの京都弁作品は『いとし、いとしという心』がありますが、こちらの新刊も良かったです。
『いとし〜』よりは軽めですが、読みやすいですね。
書き下ろしとなります。
三人称で、本編は受け視点、SSは攻め視点です。


受けの宮川光希は、姉が持つ祇園のカフェバーを任される27歳。
美人芸妓だった母に似た、美貌の持ち主。

攻めの吉澤克也は28歳で、子供の時から光希とは顔見知り。
一流料亭の板前で、寡黙な朴念仁。


光希はあとがきで書かれていますが、ビッチキャラです。
自分の魅力も、相手がどうしたら思い通りに動くかも、花街で育ってきてよくわかっています。
ですので、その自分の思い通りにならない吉澤に最初反発を覚えます。

吉澤の方はなかなか男前で実直です。
それこそ女子が結婚したいー!と思うタイプではないかと。
光希とは何もかもが正反対で、かえってそれが引きつけあったのかな。

光希の方は最初にあしらわれたこともあって、ムキになるように吉澤を落とそうとしていて、体を繋げるのはけっこう早めです。
ただ、その後、吉続き澤の気持ちがわからず悶々とする光希はなかなかいい気味ですな(笑
吉澤自体は、もう初期から(というか、子供の頃から印象深かったのでしょう)惹かれていたんだろうなあと思わされますが、やっぱり言葉が欲しいですし、光希の気持ちもわからなくはないです。
ただ、「ええ子にして、おとなしぃしてろ」って、きゃー、悶絶う!でございました。
ラスト近くなると完全に吉澤が、光希が可愛くて可愛くて仕方ないさまが表されていて、もうこちらまで照れるーといった展開です。
京言葉も合間って、ひじょうに萌えました。
やっぱりかわいさんの京都弁作品は良いですー。
今年になって、かわいさんの再録本以外のものが発売されたのは三冊目?かなと思うのですが、その中で一番好きでした。

イラストは宮城とおこさんで有名な方ですが、個人的にはカラーは美しいですが挿絵の構図があまり…
わたしも昔は好きな作家さんだったんですが…

9

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ