花音 2014年4月号(雑誌著者等複数)

hanaoto

花音 2014年4月号(雑誌著者等複数)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
7
評価数
2件
平均
3.5 / 5
神率
0%
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥733(税抜)  ¥792(税込)
ISBN

評価・レビューする

レビュー投稿数1

【ワルイコトシタイ】シリーズ新連載!

前回の予告を見た時、まさかの二人が並んでいたので、
「これは絶対買う!」
と心に決めて、今号の発売日を待ちわびました。

ということで、表紙は【ワルイコトシタイ】シリーズ新連載のあの二人。
(桜賀さんのお描きになるカラー画って、いつも唇が赤すぎませんか…)
巻頭カラーは、松本花さん【蜜の王国】。ななちゃんが可愛いー♪

数ある中から、特に気になる作品を。


◆桜賀めいさん【性悪オオカミが恋をしたらしい】
永遠を気に入っている元生徒会長・紅城と、東雲のことを好きだった風紀委員長・香坂のお話。
くえない人だと思っていた香坂はある日、ファストフード店で紅城の裏の顔を知ってしまい――と進んでいきます。
……えーー!まさかのこの2人がくっついちゃうんですか…!?とドキドキ。
まだ連載1回目という事もあり、ラブのラの字も展開していませんが、ラストが次回への期待感でいっぱいになりました。
香坂目線で進んでいくのですが、大人しく感情の起伏が少なそうな彼なので、モノローグもおとなしめで、三点リーダが結構多用されています(笑)
素性がハッキリされていない2人なので、今後続きの展開が楽しみです!

◆桜庭ちどりさん【意地悪ボイス】
新人声優の因幡と、彼が憧れる先輩声優・水嶋のお話。
ちょっと天然で素直な頑張り屋の因幡は、同期に差をつけられ始める。
ある日、大好きな水嶋に「悔しくないの?」と言われるが――と進んでいきます。
こちらは【俺様ボイス】のスピンオフ、航にちょっかいを掛けてた水嶋が出て来ます。
主人公である因幡は、本当に素直でいいこ!という感じで、読んでて心がホワホワ♪
好みじゃないのに因幡を弄る水嶋は、彼の受け答えに飲みに誘う。
狙いをつけられたかと思いきや、翌朝の因幡ったら……やっぱり天然!
私自身、声優さんが好きなので、桜庭さんのこのシリーズが大好き♪
もっともっと描いて欲しいです!

◆藤河るりさん【シカとして】
これ、表紙裏1ページにのみ毎回描かれてる、藤河さんご自身のお話なんですが。
今回は藤河さんの『兄弟萌え属性』が短いコマの中で描かれていて爆笑しました!
「この小さいチ○コが将来大きくなって悪さをするのね…」
「(ねぇお兄ちゃん、弟の)どこがどういう風に大好き?」
と、実の甥っ子さんにハアハアしながら聞いてるであろう姿が想像出来て(笑)
そりゃ弟さんも止めますよね!でも分かります藤河さん(笑)


猫野まりこさんの【同人】シリーズも、オタク臭と色男が入り混じってクラクラするほど好み♪(今回は女装もあった!最高!)
真山ジュンさん【五十嵐医師と愛の劇薬】も、かなりの色気漂っています。
(絵柄はあまり好みではないんですが、何故か読んでは惹きこまれてしまうんですよね)
体中の体液に毒が……という設定だけでもどきどき。

次号は、一気に紅城と香坂の関係が進むのでしょうか!?

3
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ