小説Dear+ vol.53 ハル号(2014年 4月号)

shousetsu dear plus

小説Dear+ vol.53 ハル号(2014年 4月号)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1件
平均
4 / 5
神率
0%
媒体
小説
出版社
新書館
シリーズ
ディアプラス文庫(小説・新書館)
発売日
価格
¥714(税抜)  ¥771(税込)
ISBN

あらすじ

NOVEL
華の命は今宵まで 久我有加 イラスト 花村イチカ
恋は甘くない? 月村 奎 イラスト 松尾マアタ
カップ一杯の愛で 可南 さらさ イラスト カワイチハル
初恋ゆき 夕映月子 イラスト 金ひかる
契約から始まるものは 鳥谷しず イラスト 斑目ヒロ
まともな恋愛 瀬戸 楓 イラスト 神屋

SPECIAL
オール書き下ろしディアプラス文庫発売記念
書き下ろしショートストーリー
飼育の小部屋 ~監禁チェリスト~ 華藤えれな イラスト 小山田あみ
オール書き下ろしディアプラス文庫ためし読み
金銀花の杜の巫女 水原とほる イラスト 葛西リカコ

COMIC
over work 深崎 椛
ウルフくんとイナバさん 氷室 雫
探偵「男子専科」 立野真琴
キミがカッコイイからツライ 乃重塚タマ

ESSAY
シネマ☆バンディッツ 大木えりか ×山田睦月

評価・レビューする

レビュー投稿数1

神作品はあるものの、雑な1冊。

巻頭は久我有加先生、爵位返上の一歩手前でみつかった血縁男児(攻)が
お屋敷にやってきて、お世話係りになったピュアピュアちゃん(受)と
デキあがるまでの、華族さまお家騒動話です。
次号にも続けて掲載ということでいろいろと未解決な部分が多くあります。
隠し事をしているような攻やうさんくさい人物もいて、待て次号! なところで
終わってますが恋愛そのものはややあっさりと両思い成立。
はっきりと書かれてはないけどお互いに一目惚れのようなので男同士とか
主従関係という問題はたいしたことないんでしょうね。
久我先生といえば心の中でひたすらカワイイを連呼してどんなところが
好きなのか、どれだけカワイくて好きなのかを読ませてくれるんですが
今回は受視点だったせいかカワイイ攻撃がなく、ややさっぱりしすぎのように
感じました。


月村奎先生、Noと言えない流され人生の受がスパッとはっきり意見を言い切る
攻に惹かれていくお話です。
最初は攻のことが怖くて萎縮してたけど弱っているときにさりげに優しく
してもらって懐き、親友になれるかも…(攻には恋愛的な意味で好意を
持たれて続きいるかと勘違いされる)…ちょっと方向がちがったままどんどん
近づいていくふたりです。
流されまくって断れない受にいらっとしながらも、流された状況を
楽しんでいるならまぁいいとわかってくれた攻は男前。
童謡さっちゃんにからめてネタを仕込んであるのも笑えてよかった~。
残念だったのはイラスト、絵的には合ってていいんですが、各種デブが
どの先輩なのかを確認しようとしたら文と絵の座り位置が違っていて
ガックリ。
こういう間違いをされると、この絵師さん読まずに描くから読むの
やめよう…と絵師さんの評価が自分の中で一気に下がります。


初登場の可南さらさ先生、言葉を飾ることのできないまっすぐな美容師(受)と
トラウマ持ちのゲイ翻訳家(攻)のお話でした。
受のつんつんぶりが物凄く可愛くて、攻の一歩引きつつも受にかかわり
たくて仕方ない気持ちがよく伝わってきました。
最初は間に親友の子供がいたんですが、初めてふたりっきりになるかも
しれない食事のときに「ゲイ嫌い」を宣言した受を気遣ってまずは
家の外でふたりでも大丈夫かどうかを尋ねる攻…けなげです。
過去の苦い経験から気持ちを伝えることよりも友人関係でもいいから
つながりを絶たないようにしたいと自重するも、受のこぼした涙に
もしかしてとガマンしきれず恋心を告げにくるあたりはおまえのほうが
よっぽどかわいいよ! と悶えました。
文中の表現も挿絵もしっかりと男のふたりですがとにかく可愛くて可愛くて
きゅんきゅんしっぱなし、さすが可南先生です。


夕映月子先生、高校生とバス運転手の恋物語でした。
全体的にしっとりした雰囲気で、夕映先生の好きな京都の雰囲気を少し
感じました(設定では山間の集落~高校までのバス路線で場所不明)。
周囲の期待する「いい子」のままに育ってきた受と西のほうから
きたというバス運転手の攻。
田舎の寺が実家で、負けず嫌いな性格とあわせていい子でなければ
いけないという縛りのせいで弱音を吐けずにがんばりすぎちゃう受。
初めて攻を見たときのインパクトがすごかったと言う攻はきっと受に
一目惚れだったんでしょう。10年前の原稿をひっぱりだしてきたということで、10年分ピュア
な状態で書かれた作品、、、初々しいのは受だけじゃなかった(笑)


鳥谷しず先生、従兄弟と対立する相手に弁償を迫られ…、、、前編の
ため、とりあえずの状況説明しかない状態でなんとも評価しづらいです。
嫌なヤツと従兄弟から聞いていたけど話していくうちに相手の気持ちを
思いやっての言動も見えてきて人物評を上方修正しはじめたところで終了。
続きは9月20日発売のアキ号掲載だそうです。
半年後にいきなり続きを読むのは辛いし、かといってまた状況説明から
入ると一冊にまとまったときにくどい…いっそのこと掲載しないで
くれたらこんなもやもや感をくすぶらせることもなかったのですがxxx



チャレンジスクール期待賞、瀬戸楓さん。
恋愛に関してどこか壊れているふたりが身体の関係からスタートし
少しずつ普通の恋愛感情を学んでいくお話でした。
どっちも身体に関してはかなり緩い考えでいたけど、受には甘やかしてほしい、
焼きもちを焼いてほしいと思いはじめる攻。
受にとっては身体目当てで近づいたら実際に相性が良く、ずっとセフレ関係を
続けていきたいと肉体主体で攻を特別視する、ふたりの食い違いがキーでしょうか。
壊れっぷりは受のほうがあきらかにひどい状態で、人を好きになるという
気持ちがさっぱりわからないのです。
コミュ障なうえに初体験後のトラウマから心の成長をまったくしていない子供な受。
トラウマ持ちという本人の自覚もなく、下手するとこのまま別れても
おかしくないふたりだったけれど、自分の気持ちが恋だsf気づかないながらも
なりふりかまわず攻にぶつかっていく受の悪足掻きがよかったです。
今後も期待大で次回掲載を楽しみに待ちたい人です。






トータルとしては悪くなかったもののアラが目に付く号に感じました。
可南先生・月村先生(イラストは除外)は神、夕映先生は萌x2。
期待賞の瀬戸さんも萌x2でもいいくらい好み。
点数をつけるなら75点あたり、確実に鳥谷先生の中途半端さが足を引っ張りました。
休載になっていれば85点くらいつけてもいい号ですね。
編集部の方のチェックなどで改善できるはずのアラだけに残念です。
次号は砂原・久我・小林・金坂・碧井先生。
砂原先生がどんな路線でくるのか、久我先生はどれだけかわいいを
ぶっこんでくれるか、小林先生はどんな語りを展開するのかを期待。
金坂・碧井両先生はわりと安心して読めるので、前述の3先生次第で
当たり号になるかハズレ号になるかが決まりそうだという予想です。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ