したたかに甘い感傷

shitataka ni amai kansho

したたかに甘い感傷
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
3
評価数
2件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
フロンティアワークス
シリーズ
ダリア文庫(小説・フロンティアワークス)
発売日
価格
¥620(税抜)  ¥670(税込)
ISBN
9784861346958

あらすじ

大学生の沢野英実は何かと自分をかまってくる先輩、津曲弘明が苦手だ。彼の父親は英実たち家族が経営していた老舗旅館を奪った企業の関係者で、逆恨みだと頭ではわかっていてもどうしても拘ってしまう。そんな英実の態度にもかまわずなにかと構ってくる弘明がわからず戸惑うが、反発しつつも次第に彼に惹かれていく。けれど彼が自分に優しくするのには理由があったのだと知り……

表題作したたかに甘い感傷

津曲弘明,因縁ある弁護士の息子で先輩,23才
沢野英実,家族思いの大学1年生

その他の収録作品

  • 怖くて甘い
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

ホントすみませんっ!!

津曲弘明×沢野英実の大学生ものです。

英実は旅館が家だったのですが、諸々の事情により閉めることになってしまって、祖母から津曲弁護士は悪魔だなんだの言われており、その息子である弘明が嫌い(?)みたいな感じになっていたのですが、話を読むにつれて、それは誤解だということが分かるのですが・・・

正直、読むのにすごく時間がかかりました。特に萌えるところもなくて・・・。ホントすみません。

自分の兄が宿敵と思っていた、津曲弁護士とデキていて、自分はその息子とデキてるとか複雑すぎでしょって思いました。
もしかしたら、お互いカミングアウトしていたら少しは面白かったのかもしれません・・・。

弘明も弘明で英実に甘いというか、なんか恋人じゃなくてヒモ扱いしたいのか?って思いました。
大学生風情が、携帯を持っていない英実に携帯を買ってあげるとか、ないわーって・・・

それに初Hシーンは特に何も思いませんでしたが、2回目のHで結構、会話をしていて、すごく萎えました。弘明めっちゃ余裕だなぁ~ってww

で、なんか話が古いなぁ~と思ったら2004年に発売されていて、妙に納得しました続き。今作では加筆・修正+書きおろしだそうです。

1

懐かしかったですね

10年前の作品の文庫化再販ものですね、まったく気がつかないで読み始めて
あれれって思いながら20Pくらいで既読だと気がついたお間抜けさんです。
今読み返してももあまり古さは感じられなかったですし懐かしい感じで再読しました。

潰れた老舗旅館の次男とその旅館を買い取った企業が雇った弁護士の息子が攻めで
ある意味敵対している間柄かもしれません。
次男の英実はあまり詳しいことがわからないけれど、最後まで旅館のことを思いながら
亡くなった祖母が憎んでいた弁護士の息子だということで出来れば避けたい人物が弘明。

それなのに、旅館を継ぐ予定だった兄が弘明と友人関係になると知り複雑な英実。
7歳違いの兄は過保護でバイトするにも門限があり、家族を助ける為に少しでも
生活費の足しにして欲しいと健気に思っている英美にとっては頭痛の種。
そして酒を出す店でのバイトは禁じられていたが、酒を出す店でのバイトがばれてしまい
バイトを続ける為に接点を持ちたくない弘明に相談し大学でサークルに入ることが
バイトを続ける条件だと言われ困惑。

弘明は優しいながらも強引でいつしか弘明のサーク続きルに入れられて日々なにかとかまわれ
次第に苦手意識がなくなり好意へと気持ちがスライドするが、
そんなときに見たのが兄と弘明の父親との逢瀬で今まで弘明が自分に優しくしかまって
きた理由が二人の仲を認めて欲しいが為だと英美が思い込んでしまう。

実は弘明は英美が思っているような父親思いで面倒見の良い男ではなく、
自分が欲しいものを手に入れるためには軽く脅しもかけちゃうタイプなんです。
そんな男に惚れられた英美くんは非常に甘やかされていたりします。
英美が誤解して弘明の優しさが父親の為だと思ったときにはかなり必死になっていて、
自信家な男が英美のことになると必死になる姿は溺愛そのものかも知れませんね。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ