強姦島~あえぐ夜~

goukantou

強姦島~あえぐ夜~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌8
  • 中立1
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
5
得点
34
評価数
15件
平均
2.6 / 5
神率
6.7%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイSLASHノベルズ(小説・リブレ)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784799714751

あらすじ

最高の「攻」を決めるため孤島 に集められた最高に美形で最 強に自信に満ちた男たち。 相手を抱き、翻弄し、イカせたら勝者となれる…賞金はなんと10億円!
非情なゲームとは知らず単身 参加した伊和本慧は最高の獲物としてあちこちの男たちから狙われることに…。 ゲーム開始直後、どろどろに犯されたのを皮切りに慧は逃げ惑うしかなかった。
砂浜で、洞窟で、森の中で、ひとりを躱してもすぐ別の男たちに捕まってしまい、媚薬を使って高められてしまう敏感な身体。 このままひたすら嬲られ犯されるだけなのかと絶望した時、何故か慧を最初に犯した男・渋谷が慧を救い出すが…!?
堪えても、突き上げられると押し寄せる快感…どうしてこんなに感じてしまうんだろう… 監視カメラだらけの島内で、あらゆるセックスを中継されながら荒々しく抱かれて淫らに惑乱してしまう…羞恥を忘れ最高に感じてしまう倒錯エロロワイヤル!

表題作強姦島~あえぐ夜~

渋谷耀一,自称教師で慧をいきなり襲った男,
伊和本慧,父を助けるためにゲームに参加した医大生,

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数5

さっくり読めます

1冊丸ごと表題作です。
彗の目線でストーリーは進んでいきます。
会話が多いので、さくさくと読めます。主人公・彗が犯されまくるイメージのある題名ですが、あちらこちらで強姦が行われるというだけで、彗がそう酷い目に合わないので受け入れやすかったです。

ゲーム参加者は13名。ここが微妙な所で、せっかく目次の前に、ルール説明と人物紹介を載せていて、ゲームさながらの様を呈しているのだから、13名全員の名前と簡単なプロフィールを列挙するくらいしても良いんじゃないかと思いました。作者様は作業にあたって設定されているでしょうし。

物語を読んだところでは、13名という少数な印象は受けなかったですし、全員が13名なら4名が組んで活動するというのも大仰な気がしますし、7日間という期間も長いと思いますので、40名くらいにして、上位10名だけラストのパーティに参加できるとかにした方が面白かったんじゃないかと思いました。

とはいえ、深く考えず、勢いに任せて軽く読むには楽しい作品だと思います。エロは無駄に入れられているのではありませんし、謎のぬいぐるみ達も登場して面白いですよ。

1

タイトルに騙されないで!笑

最初、タイトルを見たときはなんちゅう過激な!と思ったのですが。
うん。普通ですよ、内容のレベルは。
強姦?!複数?!と遠慮している方は安心して手にとってレジへGO!しても大丈夫です。
レジに持っていく勇気さえ出せば(笑)
逆に言えばバイオレンスを期待している方は、ガッカリするかもしれません。

父の病院をなんとかしたい、その一心で内容も詳しく知らずになんともまぁ胡散臭い内容のゲームに参加を決めた慧。
ゲームの内容は相手を『イかせたら勝ち』。
レイプでも逆レイプでも、最初にイった方が負けてしまうんですが。
初っぱなから襲われて大ピンチ!
そこに救世主登場?と思いきや助けてくれたのではなく、ソイツに奪われちゃいました。

と、軽く語っちゃうぐらい、内容は思いつめたものではありませんでした。
だって、嫌なのに感じちゃう、渋谷さんにだけは体が反応しちゃう、というご都合といったらご都合展開ですので。
しかも複数関係したりしないし。(慧は、ですが。渋谷はゲームを忠実にクリアしていってます)
守ってくれる存在ができて、その人だったら嫌悪感もなくて。
嫉妬して勘違いして続き、恋だと気づいて、最後はハッピーエンド。

なんだか現実でもないファンタジーでもない、エンターテイメントを楽しんだ気分でした。

2

ノミネートしたい

「中身はタイトルほどディープ・インパクトじゃないから」ー好きな作家さん、絵師さんなのに、購入する勇気がどうしても出なかったわたしにこの本を貸してくれたありがたい腐友のお言葉です。
 たしかに、タイトルと舞台装置は衝撃的でしたが、中身はエロもバイオレンスも、通常のBLの範疇に十分収まってます。というか、収まりすぎたからこそ、こちらの皆様のレビューでも「名前負け」扱いされているのでしょう。

 タイトルをしばし忘れて、中身だけ見れば、ごく通常運転の鈴木作品だと思います。そこまで不出来なわけじゃない。幾度も未遂はあれど受けの慧は最終的に攻めの渋谷としか致してないところも、私としてはプラスに評価したい。最初に慧を犯した後、攻めの渋谷がいろんな相手とやっちゃうのも、ゲームの性格上やむを得ないかと。ただ、前半は特に慧があまりにも被害者体質でやられっ放しな上、攻めへの依存度が高すぎて、共感や同情にまでいたらない。私は鈴木作品では、受けが攻めとガンガンやり合う喧嘩ップルが好みなので、そこはやや物足りなかった。

 攻めの渋谷は、見てくれはノーブルな王子様、ひとたび口を開けばお下劣この上ない続き、とてもギャップの激しいタイプ。潜入捜査官という立場にしては、レイプも躊躇なくこなしてたし、いくら賞金として手に入れたとはいえ、犯罪組織の金を持ったまま慧とクルーザーでトンズラって、あまりにもやばくないか?

 主役のふたりにはいまいち萌え切れなかった代わり、とっても気になったのが敵役の大河内。中学時代に慧をひどくいじめた過去があり、慧がこのゲームに参加するよう仕向けた張本人でもある。当然慧にはひどく恨まれてるのだけど、大河内自身は好きな子に素直になれなくてわざと嫌われるようなまねばかりしでかしてしまう不器用男の典型に見えましたね。ゲームにかこつけて慧を手に入れる気満々でしたが、あっけなく渋谷に撃退されて果たせません。渋谷が慧に奉仕させるところを見せ付けられたうえ、あろうことか自分が渋谷に犯される始末。しかもイキやすくするために慧の手でしごいてもらいながら。(慧は全く自分に対する大河内の想いに気付いてませんが、渋谷には見抜かれていたもよう)まさに天国と地獄に挟み撃ちにされた状態で、もう喜んでいいのか、嘆くべきなのかもわかんないー個人的にはこの彼の惑乱ぶりこそ、一番の萌えポイントだったかもしれません。イラストの高崎さんも大河内はお気に入りキャラだそうで、冒頭のラフ画でもかなりの男前に描かれてましたよ。

 そしてまた話はタイトルに戻るのですが、中身とのギャップはあれど、たった3文字でこれほど腐女子の皆様の耳目を集めてしまう吸引力には一定の評価をすべきではないでしょうか。「2014このタイトルがすごい」みたいな賞があれば、是非ともノミネートしたい1作だと思います。
 
 

4

タイトルに多大な期待をしませんように!

さてさて、なんとも書店で手に持って買い求めるには気恥ずかしさが募るようなタイトル
「強姦島~あえぐ夜~」ですよ?それに追い討ちをかけるような帯付きですから
思わずレジに行くのを躊躇したくなりますよね。

そんな過激なタイトル&帯がついた本の内容はと申しますといわゆる普通です(笑)
雰囲気としてはもっと集団的な複数レイプ描写が多くあると思っていたのですが、
実際は1×1ですし、受けと攻め主役もはっきりしていて本の読みはじめに
ゲーム参加者の一部紹介があるのですが、あまり意味が無いのではと思いました。

受け主役になる慧は医大生で実家の病院が経営なんで倒産の危機に陥っていることを知り
尊敬する父親の為に手助けしたいと従兄弟に教えられたゲームに参加します。
孤島で開催されるゲームで優勝すれば10億円が賞金で記憶力が優れている慧は
どんなゲームでもなんとかなるかもと参加。

しかし待ち受けていたゲームは男が男を犯してポイントを稼ぐと言うおぞましいもので
具体的なゲーム内容を知らなかった慧は唖然としてしまう。
でも変に真面目で父親思いなのでしょうね、童貞処女で絶対続き無理だと思うのですが、
なんとか頑張らないとなんて考えているんです。
ちょっと天然が入っているのかも知れませんね。

そして攻めは自称教師の渋谷で島に上陸した途端に砂浜で慧を犯します。
慧は初めてなのに素質があるのでしょう、初めから喘いで射精してポイントを取られる。
渋谷に犯される前に高校時代の同級生で慧を苛めていた男が慧を襲おうとしますが
その前に渋谷に撃退されて、慧を渋谷が犯すのを順番待ちなのですが結局渋谷一人に
犯されてなんとか逃げ切る慧なのです。

バトルロワイヤルならぬ、エロ・ロワイヤルですが慧は渋谷とコンビを組んで
守ってもらいながら渋谷が他の参加者を犯すのを協力してゲーム終了後に渋谷に
賞金の分け前をもらうことで仲間になります。
エロ描写は主役二人以外はさほど描かれていないのでタイトルほど内容は過激じゃ無い
強姦島ですが、二人が始めて関係を持った時でさえ強姦と言うイメージでも無かった。

渋谷が他の参加者を犯す手伝いをしながら渋谷が誰かを抱くと胸がモヤモヤして
慧が渋谷に好意を持ち始め、さらに渋谷と慧には過去にある接点があり、そのことが
理由で渋谷が慧を守っていると知った慧が自身への好意ではないのかとがっかりし、
渋谷に恋していると自覚するような流れですね。

そしてラストはハッピーエンドですが、渋谷の本当の目的とゲームの本当の意味が
急展開で繰り広げられるのですが、もう少しこのタイトルなら痛みや苦しみが
強弱のポイントに欲しいかもと思いますね。

15

色んな限界を感じました。。。

思いきりネタバレしてる上に、長く悪辣です。注意願います。

発売日前にあらすじをみて、
「バ○ロワみたいなサバイバル、たった一冊でまとまるのかな?ビーボーイだし深い内容になるとボカすかフェードアウトして内容の薄い中途半端な作品になるか、リブレお得意の[書いてないけど実は続きます]パターンじゃないの?」
と思っていました……

それでも攻×攻、しかもレーターさんも好きな方! 読まない訳にはいかない、と購入し一読しました。
思いきり前者で消化不良でした。

実家の病院が経営の危機になり、それを立て直すために賞金目当てで今回の催しに参加した受けは、催し(互いに犯し合い、そのポイントを競う)の内容を知らぬまま参加し、第一に攻め様に襲われて以降、延々と参加者たちから逃げまどうことになります。

とうとう四人がかりに襲われて、万事休すになったところで、最初に受けを襲った攻めに助けられ、賞金を分け合う代わりに共犯者になるように説得されます。
他の参加者より体格が小さいが記憶力が良い受けは、主にポイントの計算や、強姦する間のターゲットを抑える係、見張り役を担う…ことになるのです続き

実際に攻め様が他の参加者を襲うシーンは 、ボカシた上にフェードアウトしてしまうか、描写されない上に挿し絵もなく、
[○○が△△のレイプに成功しました]
とアナウンスが流れるだけで終わります。
緊張感に溢れ、もりあがるはずの優勝候補の元犯罪者と攻め様の勝負も、「信じろ」と攻め様が受け様のもとを離れたあと、アナウンスが流れておしまい。。
これが残念でなりません。

少しずつ攻め様の頼りがいのあるところに惹かれていく受け様は、ポイント数一位に上り詰めた攻め様と、「最後の勝負」を口実に抱き合い、攻め様が先に射精したことから優勝します。

そのすぐ後に参加者全員集められ祝勝会が始まるのですが、さらにその場で参加者全員が競売にかけられるオークションがはじまり、オークションに販売される「商品」の品定めとしてセックスによる競い合いが行われてたと皆知るのです。
オークションがはじまり・・少したってから警察達が押し入り一斉摘発を行い、事態は収集します。攻め様は潜入捜査していた公安のメンバーであることを明かし、あとは任せると同僚にあと始末を任せて受け様をさらっていき、改めて告白し合ったところで物語は終わります。

……設定負け以外のなにものでもないし、誰向けに書いたの?…というのが初見の感想です。

攻め様と受け様とのラブを楽しむには、潜入捜査官なはずの攻め様が他のメンバーを時には襲い、時には騙して思いきりセックスしているし。
一応受け様には攻め様とのある縁があったりはするのですが。。いまいち説得力がなく、二人が出会ってからの時間も、正直言って描写が甘すぎるせいか大したことがおこってない。二人が結びつくほどの出来事があるようには思えない。

サバイバル要素・攻め×攻め要素で楽しもうと思っても、
寝食の苦労だとか実際にべつの参加者を狙う緊張感のある場面は軽く流されるだけで終わり、そのうえ攻め×攻め要素はことごとく削られてしまい微塵も残っておらず。
もっと「濃い」作品になっていいはずなのに、内容がすかすかすぎて軽くあらすじをなぞっただけでで終わってます。倒錯・・?どのへんが??という感じ。
また、体格の違いこそあれ参加者達は皆美形な設定です・・・が、
本の最初の扉ページに攻め受け以外の、二人分の顔の設定イラスト(ちっさい)があるだけで、本文イラスト中にほかの参加者は一切でてきません。
せっかく美麗な絵を描くレーターさん担当なのに!!!

時代のせいで題材のままの倒錯的な要素を描ききれなかったのかな?と思ったけれどちょっと前に、ダ○ョウ攻めの某作品を読んだこと、その作家さんの某サバイバル作品を思いだし・・・
ビーボーイノベルズ・ページ数や冊数・失礼ながら作家さんや編集さんたちの限界なのかな・・・と思いました。

あらすじだけを鑑みるとワクワクさせる要素が満載なのに、サバイバルを描ききれない・あるはずの要素を一切描写・表現できず、楽しみどころのない物語のままで終わりました。

誰でも読める作品にしようとして薄い中途半端な作品にするくらいなら(それでも設定のせいで読む人を選ぶけど)、あるはずの要素・描写はしっかり詰め込んでほしかったし、ほかの参加者達ももっとイラストでのせてほしかったです。
題材はとても好きなのに!!
誰か同じ設定で、もっと内容濃くしあげなおしてくれないかな;;;

長くなりすぎましたが・・期待値が高すぎた私の失敗でもあります・・ごめんなさい。

35

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ