赤の原遊戯 アカノワシュピール

赤の原遊戯 アカノワシュピール
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
11
評価数
3件
平均
3.7 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
大洋図書
シリーズ
ミリオンコミックス CRAFT Series(コミック・大洋図書)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784813008385

表題作赤の原遊戯 アカノワシュピール

オットー、弟の同級生で部下
ゲオルグ、男爵家の長男

評価・レビューする

レビュー投稿数2

軍服好きの原点

大昔にビーボーイ版で一気に読んだ思い出。
新装版もやっぱり買っちゃった、という訳です。

この時代の他所の国の政治にどうこう言うつもりは毛頭ございません。
ただ、軍服のセンスは素晴らしいぞ!と。
ストイックをカタチにすればきっとあんなお召し物になるのね、と当時小娘だった私は妙に感動したものでございます。

物語はすっきりさっぱりいちゃいちゃとは程遠いむしろ少し薄暗い印象。
仕方がない、時代ですもの。
個人的にこの作者さんの絵柄ですと甘々よりはこういう少し辛いお話がぴったりマッチしていると思いますが、ハッピーエンド至上主義!なお嬢様方には決しておすすめいたしません。
淡々と、ヨーロッパの映画を見ているような、そんなお話。

もう一本、ガラリと変わって近未来が舞台のお話「ビショップ」は猫好きには辛いような最後ちょっと救われたような。

どちらのお話もBL!って感じではなく淡白な印象。
えろいシーンは皆無です、身内にみつかってもギリギリセーフなラインかと。

1

軍服に包まれた歪んだ高潔さ

『理想という大儀の下、潔癖に純粋であろうとするアーリア人
 体制への忠誠は血に勝り、死にゆく者にも祈りは与えられない
 完全なる純粋を求める故に生まれる孤独、衝動、愛情、罪
 ナチス政権下、時代に翻弄される少年、そして若き将校へのレクイエム』

…と、表紙の裏に書いてあります。
もともとはビブロスから出ていたものの新装版。
読み比べていないので、中身の違いは分かりません。
表紙は変わっているんですが、この大洋図書版の赤い表紙は大変美しいと思います。 

ある冬の休暇、エスターは士官学校の友人オットーを家に招く。
家には、両親と士官学校を主席で卒業した若きSS士官ゲオルグがいる。
ゲオルグを慕うポーランド人の小間使いの少女の無惨な死をきっかけに
エスターとゲオルグは決定的な破局を迎え、エスターは姿を消す…

残されたオットーがゲオルグに抱く、愛であり憎しみである執着。
「追いつかず… 追い越さず一生あんたより優れた忠実な部下だ。
自分の足にかかった影を… 見続けろゲオルグ!」

ナチの将校である彼らの軍服姿が、非常にカッコいい。
決してナチ賛美にも続きナチ批判にもならずに、
突き放した眼と無駄のないストーリーで描かれた、虚しさと切なさ。

もう一人の登場人物は、自分の両親を告発してヒトラーユーゲントに入った少年ヨアヒム。
彼の最後には切なさと共に、希望が見えます。

「赤の原遊戯」「1939 盲目のカイン」「泣かない人形」の三編がナチの連作。
最後の「ビッショップ」は生体脳を持ったバイオビスクドールの話。
巻末に6ページ程のスタイリッシュな後書きがついています。

好き嫌いは分かれるかなー、と思うのですが、私は好き。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ