ベイビードントクライ

baby don't cry

ベイビードントクライ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
23
評価数
8件
平均
3.3 / 5
神率
25%
著者
 
媒体
コミック
出版社
マッグガーデン
シリーズ
ビーツコミックス(コミック・マッグガーデン)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784800002723

あらすじ

俺の好きな人は――友達(ノンケ)。

女の子と付き合っては別れを繰り返す大学1年生の木内だが、友人・戸川への異常な愛情をカモフラージュするために、プレイボーイのふりをしていて…。

表題作ベイビードントクライ

戸川,大学1年生 ?
木内圭,大学1年生・カフェでウェイターのバイト ?

評価・レビューする

レビュー投稿数4

これで終わりじゃ足りない!

ちるちるのページで表紙の絵が紹介されているのを見た時、
(気付けばもう1年も前の話ですが…)
繊細な印象を受けて、青井秋さんの様な感じ?と思ったのですが、
実際に中を見てみると絵柄は、
線が少なめでスッキリとしていてとてもポップな感じでした。

だけれど、内容はタイトルから想像できる通り、切ないのです。

表紙に載ってるクール系イケメンのゲイが、
友達のノンケのことが好きで…というお話です。

そのノンケ友達のことが好きなのがバレないように、
女の子と付き合っては、別の子と浮気したり、
オカマの友人と愛のないセックスを繰り返してたりするんだけど、
でも、ゲイ本人はかなりそのノンケ友達のことが切実に好き。
だけれど、
友達に告白して手痛い言葉をぶつけられたという過去が、
想いが募るのを阻み、会うのを避けるようになってしまう…
でも、
そうしているうちに、
想い人の彼は女の子に告白され付き合うことになってしまって…

ゲイがノンケに恋をしてしまった辛い胸の内…
そんな友達に突然想いを告げられて心揺さぶられるノンケ…
ポップな絵だからこそ、活き続きる切なさがあるなぁと感じました。

ただ!ラストが!!
ノンケが、友人の恋心を受け入れることに決めた理由のセリフが、
あまりにもよくありそうな言葉で、
それは正に真理なんだろうけど、それだけじゃぁ…って感じがしました。
最後にエッチどころかキスもなしだし、
その後の恋人同士になった姿も描けないしで、
う~~これじゃ足りないよ…消化不良……

せっかく1冊まるまる使って描いているのだから、
しっかり最後はストンと納得できる終わり方にしてほしかったなぁ。
萌え寄りですが、萌えまではいかず…でした。

デビューコミックということで、次作に期待したいです。

2

うーん ネタバレ

ストーリーの流れ自体は嫌いじゃないけど、じゃないけど
何かが消化不良。

そもそも、女の子と付き合えるゲイって何だって感じで、微妙
バイではないらしいけど…。

一途に君が好きなんだ、でも、過去のトラウマのせいで言えない
そんな主人公の葛藤…なんだろうけど、ラストはどうも好きになれない。

結局、なに、付き合うの?それとも、一応、ゲイとして受け入れるけどってことなの?
とても大事な友達ってとこなの????

という、えーっと、で、どうなったんでしょうかという感じでした。
続きがあるのなら、この終わり方もありですが。

1

ん~なんだろうなぁ

ジャケ買い。

そこそこ女にモテてとっかえひっかえしてる木内は実はゲイで、本当は同じ大学の戸川に片想いしている大学生。気持ちを伝えたいけど過去の経験ですっかり勇気をなくした木内は同じバイト先のオカマのアキに慰めてもらう関係。戸川は戸川で彼女が出来たけど、一番仲が良いと思っていた木内のそばのアキの存在が若干気になりだして、そんな中木内に告白され・・・という風に物語が進んでいきます。

ぶっちゃけ話の流れの感じというか、構成?が趣味じゃないなぁと思いました。なんだか薄っぺらく感じる。オカマのアキちゃんのキャラもあまり好きじゃないな。最後の「男見せろって言ってんだよガキ」っていうセリフもなんかキモイ。別に戸川もまだ木内が好きかどうかわかってないのにそのセリフは間違ってる気がするし。結局最後も別に好きかどうかはわかんないけどいなくなるのは嫌だってことは、このまま友達続けるということにも、好きじゃないけど付き合ってみるとも取れるし、戸川の気持ちがあまり感じられないのでモヤ。全く受け付けないって程ではないので中立。

1

言えない気持ち。期待と、後悔。

 大学1年の木内と戸川。ノンケの友人に告白して傷ついた過去があり、戸川への気持ちを隠している木内。
 自分に懐いて泊まりに来たりベッドに入ってきたり手をつないで来たりする戸川に、言ってしまいそうになる。言ってはいけない、自分の気持ち。けれど言わずにはいられない、自分の気持ち。戸川、好きだ。何度も声にしてしまいそうになりながら、そのたびに戸川の何気ない発言に現実に引き戻され、言えなくなってしまう木内がせつないです。

 最終的に戸川は木内の気持ちを受け入れてくれますが、そこに至る戸川の思考と台詞が弱く、しっとりおしゃれにまとまったなぁ~という印象。付き合うことになった2人だけど、まだまだこれからな2人。続編があるなら、戸川が木内を好きになっていく過程をじっくり読みたいです。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ