「甘美なる愛罪」After Story 「甘美なる愛罪」番外編ペーパー

kanbi naru aizai

「甘美なる愛罪」After Story 「甘美なる愛罪」番外編ペーパー
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
小冊子
出版社
オークラ出版
発売日
付いてきた作品(特典の場合)
「甘美なる愛罪」

あらすじ

「甘美なる愛罪」の初版限定封入番外編SSペーパーです。

本編後日談。2人は同居を始めましたが…
 

表題作「甘美なる愛罪」After Story 「甘美なる愛罪」番外編ペーパー

嵩峰蓮児
咲本京

評価・レビューする

レビュー投稿数1

お熱いわ…!w

本編後、新築した住居兼オフィス兼アトリエで
二人が再会した季節が巡ってくる6月の頃、
蓮児の隣で毎日のように穏やかに眠れる事が幸せすぎて
仕事が多忙でも、腕を伸ばして抱き寄せてくれる事に
胸がいっぱいになる京なのです。

正月には京の実家である九州へ三年ぶりに帰省し
カミングアウトをしたけれど
家族には受け入れてもらえず悲しい想いと
蓮児に申し訳ない気持ちでいっぱいに。
ただ、ばあちゃんだけは、蓮児が過去に一度会った事があり、
ばあちゃんがくれた翡翠をタイピンとカフスボタンに作って
蓮児にプレゼントし、身につけていたのを見て
「よく似合っていますよ」と言ってくれたから、
今は焦らずいようと年下ながら頼もしい蓮児です。

5月には、蓮児の、イタリアにあるアトリエに同行して
ずっと憧れていた中世の石畳を一緒に歩いて貰い、
それだけでも嬉しかったというのに、
その足で連れて行かれたのは教会で
その祭壇には、かつて蓮児のスタッフとして『ランフラット』にいた美貴が。
蓮児との仲を誤解していた時もあったけれど
野上専務の子息・忠行との挙式だったのです。
続き

イタリア人神父の「永遠の愛を誓いますか」に
蓮児が「はい」と小さく答え、京の手を握る……。
ベタといえばベタですが、こういうのロマンチックで良いです!!!
勿論、京も誓い、手を握り返します。

その疑似結婚式の一か月後の幸せな朝が冒頭なわけですが
ベネチアングラスが朝日に照らされ光っているなんて
さぞかし美しいでしょうね…。

紆余曲折あったからこその幸せ、
これからは何があっても守っていけるはず!!
ご馳走様でした♡

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ