大人気小説『楽園のうた』のコンビ最新作!

カーテンをノックして

curtain wo knock shite

カーテンをノックして
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×28
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
4
得点
67
評価数
20件
平均
3.5 / 5
神率
20%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
祥伝社
シリーズ
SPARK NOVELS(スパークノベルズ・祥伝社)
発売日
価格
¥830(税抜)  ¥899(税込)
ISBN
9784396460488

あらすじ

寮の壁は薄く、隣室の音はダダ漏れ。
そんな環境で、同室の二人の関係は発展できるのか?
寮生間の女をめぐるエロ話に調子を合わせられるのか?
クライマックスは、寮生仲間とでかける旅先での激H♪
イベント・ライアーウィークから始まる男子寮ラブストーリー

伊藤真尋(まひろ)がこの春から入学する大学の男子寮“芝寮”
入寮5日目、やっと同室となる新入生の顔を見た途端、真尋の頬の筋肉がいびつな形で固まった。相手の表情もどこかひきつっているように見えるのだが気のせいだと思いたい。
彼、梶本泰智(たいち)は高校時代に真尋が自らの性的思考を初めて自覚した初恋相手・今井紘史の親友だった……。

<登場人物>
受け★伊原真尋(いはらまひろ)
現役合格した大学一年生。人当たりはよく、性格は穏やか、中肉中背で軽い近視。

攻め★梶本泰智(かじもとたいち)
一浪合格した大学一年生。背が高くて茶髪。チャラい印象だが、寂しがり屋で一途。

表題作カーテンをノックして

梶本泰智,元高校の先輩で偶然同室で再会,
伊原真尋,性癖を気にしつつ寮生活に期待する新入生

評価・レビューする

レビュー投稿数4

ソフトなBL作品

大学の寮が舞台で同室の恋のお話。
主人公二人だけでない、周りの仲間も、それに伴う日常のガヤガヤもきちんと書かれているのがよい寮ものだと思います。
このお話はそのあたりもしっかりしていて、文章も好みでした。

泰智と真尋は出身校が同じで、大学寮で再開して同室になり、仲のよい友人になります。
お話は同室でよい友人から恋愛関係になるというなんてない感じです。
雰囲気がとても柔らかく、寮生の皆にも嫌な人がいなくて安心できる。
恋愛ものとしてはかなりスローペースですすみます。
表現もソフトで、私は少し物足りなく感じたのですが、BLを読みはじめたばかりの人やハードな表現よりソフトなものが好きな方にオススメな、初心者向けのお話だと思いました。

真尋はおっとりして、家族に愛されて育ったのがわかる癒し系のとてもいい子。でも家を出て寮に入ったのは、男の先輩に恋をしていたことに気づいて、自分の性癖に戸惑いを覚えたから。
男の人が好きかもしれない、どうしよう…と深く悩むというよりはそれに気づきはじめたばかりというソフトな感じが、大学生という年齢にしてはかわいらしい気がして、やはり普段ハ続きードなものを選んで読んでいる自分にはかなりゆるめに感じられる作品でした。

お話も、物語半場でやっと触れるくらいのキスをして、そこからゆっくり意識しはじめるという感じです。
オチまではわかりやすいのでじれったさも感じるのですが、苦しいさや悲しさは感じないので暖かい気分に浸りたいときにはよいかと思います。

攻めの泰智がカッコイイというよりはさみしがりでやんちゃな感じなのも普段好んで読むものと違い新鮮でした。
攻めが受けを抱きしめるシチュエーションはもちろん好きですが、受けが攻めを抱きしめてあげるというシチュエーションも好きです。
これは二人でベッドで身体を寄せ合ってぎゅっとする…という感じがかわいらしく対等でそれがよかったし、カーテンをノックして、という不思議なタイトルも中身とマッチしていました。
かわいいストーリーにぴったりの素敵なタイトルだと思います。
どちらかというとBL入門書のような作品。
濃い作品ばかりで気分を変えたいときに、たまにこういうのを手に取ってみるのも新鮮だなぁと思いました。

0

寮バンザイ!!

楽園のうた・背中合わせの恋と、みわ先生✕カズアキ先生の最強コンビの新作という事で即買いしました!
即買したのですが、その後一年ほど放置するハメに(笑)

前作品はとても切ないお話だったので、ほのぼのでイチャイチャな雰囲気にとても癒やされました!
元々寮という設定が好きという事もあるのですが、二人の絶妙な距離感やまだ付き合っていない二人の致し方など最高でした。寮バンザイです。
ほのぼのした話が好きな方はもちろん、寮設定が好きな方は二倍楽しめる作品だと思います!

0

神コンビ再来

カズアキさん×みわ先生の最新作。発売日にメイトへと走りました笑

楽園のうたと背中合わせの恋が有名な2人の最新作ということでワクワクドキドキしながら読みました。
今回は学園ものでしかも寮生活。もう萌えの宝庫ですよね笑
そして前回と比べると一冊でしたのでそこまでシリアスシリアスなシーンもなく(多少はありますが)さらりと読める一冊となっておりました。

なによりもカズアキさんの美しい挿絵♡
際どいシーンの絵の色気がやばかったです。
やはりみわ先生の作品の絵はカズアキさんが描くのがいちばんですね!!

みわ先生がお好きな方はぜひどうぞ♪

0

こうして恋は始まる

大学の男子寮で始まる恋の話でちょっと苦手だと思っていた元高校の先輩で
今は同室になった相手と過去のこだわりを払拭しつつ、新たな関係によって
次第に恋が芽吹いて幸せな恋人同士になる甘めのストーリーでした。

大学の集団での寮生活が青春している雰囲気がリアルな感じで若さと熱量を感じます。
主役二人の関係は元高校の先輩後輩ながらも接点と言うほどのものはないのですが、
1度だけ過去に受けになる真尋にとっては今後の人生を左右するような出来事で
攻めになる泰智と対峙していたのです。

真尋は高校時代憧れていた同性の先輩がいて、その先輩の親友が泰智。
泰智に過去に1度呼び出され初対面で泰智の親友のことが好きなのかと前振りなく言われ
そこで真尋自身も気がついていなかった先輩への思いがなんなのか、
自分の性癖を自覚してしまった過去があります。

自分の性癖に悩み、暖かい家族に後ろめたさを感じて進学と共に寮生活を選び
同室になる予定の相手と友達になり有意義な大学生活を送ろうと前向きに思っていたが
同室になった相手は過去に自分の性癖を気づかせた最悪な相手。
でもそんな杞憂は続き泰智と過去にまで言及したことで誤解が解けて新しく友人関係を
築けるようになるのです。

誤解や思い違いで長いこと心の奥底でもやもやしていたことが再会によって消え、
自分の性癖を自覚したときに恋なんて出来ないのだろうと思っていた真尋が
泰智に恋をするようになるのですが、読んでいると泰智が明らかに真尋が好きなことが
わかるので、真尋くんの鈍さが結構罪かもと思える雰囲気もありました。

誤解と思い違い切なさと甘さがいい感じで混在していて最後はバカップル気味に
甘い恋人が出来上がる、ふんわり甘さのある作品でした。

1

ココナッツ

marunさま

marunさま、こんにちは。
突然申し訳ありません。

こちらの作品、寮物大好きなために発売日からえんえん悩んでおりました、購入を。
次に買うリストにはずーっと入れてあったものの、受けの性格が情報登録には10代だけしかなく、ツンツンさんだと読めないしなあと悩みながら4ヶ月も経ってしまいました(^^;;
もう数ヶ月前で覚えてらっしゃらないかもしれませんが、受けの感じが記憶にございますようでしたら教えて頂けますでしょうか。

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ