きみが恋に乱れる(2)

kimi ga koi ni oboreru

きみが恋に乱れる(2)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神6
  • 萌×213
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
8
得点
94
評価数
23件
平均
4.1 / 5
神率
26.1%
著者
 
媒体
コミック
出版社
KADOKAWA
シリーズ
あすかコミックスCL-DX(コミック・角川書店)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784041210796

あらすじ

ままならない大人の恋を描く「きみ恋」シリーズ、ここに完結! 

惹かれあい身体を重ねた鬼島と弓月。だが弓月は、金沢で師事した先生への想いを断ち切れずにいた。そんななか、金沢時代の弓月の同僚・蒔田の嫌がらせから弓月を守ろうと、鬼島はある策を講じ…? 注目の完結巻!

表題作きみが恋に乱れる(2)

鬼島彰悟,呉服屋勤務
市川弓月,友禅染め職人

評価・レビューする

レビュー投稿数8

恋に乱された二人

『きみ恋シリーズ』の第3弾です。『きみが恋に溺れる』で、陣内に振られた鬼島が主人公の、すれ違って絡み合う大人たちの恋模様の2巻です。

身の危険から、鬼島のマンションに泊まっている市川。時々見える甘い雰囲気にニヤニヤします。おまけに、鬼島が市川を名前で呼ぶ時の甘ったるいことと言ったら!!鬼島の甘いマスクに、市川が拒めないのも納得できます。
そして、身体を張って市川を守る鬼島がカッコ良くて悶えます。そうかと思えば、嫉妬で自分を抑えられない鬼島は可愛いし。
その不機嫌な鬼島に気付いてフォローできた市川は、成長したのと同時に、ホントに鬼島が好きなんだと分かって嬉しくなります。
シリーズ通していろんなカップルが楽しめたので、これで終わりかと思ったら寂しいです。最後の、駅のホームで市川を見送る時のお別れのキスで、人目を気にしないところがやっぱり鬼島はカッコイイです。

1

ほんとに完結?と、つい思ってしまう・・・

えっとこの表紙の子、誰だっけ?とページを捲れば捲るほど、えっと。となる健忘症の私。
あ~なんかちょっと薄らぼんやり思い出したけども、そもそもがこう、モブっぽい人ではあるよね(言っちゃだめか?)というか地味な女子っぽいというか・・・
この巻だけ読むと、鬼島さんには幸せになってもらいたかったけど、やっぱどこか陣内に心残してて、あてつけで弓月とくっついたような気がしてならず。
1巻から通しで読み返してみてやっと、なるほど鬼島はきちんと弓月と恋愛してたんだなと納得いたしました。
マイフェアレディは使い古した感じかなあ。

0

鬼島の魅力満載!!

恋も『攻撃は最大の防御!!』

鬼島の男前っぷりが引き立つ一冊でしたね~言葉攻め最高ッス!!

鬼島は大人で世知にたけています。
営業としても有能で自分が惚れ込んだ友禅デザイナーの市川弓月を口説きおとしプロデュースするまでにこぎつけます。
市川の抱く自分への想いに気づいてもうまくかわそうとしていました。
あくまでも自分が主導権を握り、気弱で引っ込み思案な市川を仕事ごとコントロールしようとするんです。
これは弓月の気持ちに応えられない、という彼なりの気遣いなんですが。
ところが失恋した鬼島を市川が体を張って慰めようとしてから変化が…というのが前巻まで。

市川というキャラクターがとても愛らしいんですよ。
初(うぶ)ですぐに顔を赤らめたり鬼島を意識してドギマギするのに仕事には真摯。
人にも仕事にもとても素直で誠実です。

師匠との関係をめぐるやっかみから窮地に陥った工房を逃げ出しても絵は棄てられなくて唯一、自分をを信じて肯定してくれた鬼島の強さと護られる心地よさに傾いてしまうのは無理からぬことですよね。

お互いに相手に『他に想う相手がいる』という状態で体続きを重ねるふたりですが、弓月を目の敵にしているストーカーが起こす事件がキッカケとなり繋がりは強くなります。

鬼島がいつの間にか弓月に夢中になる姿が良かったです。
自分を好きだと思っていた弓月が師匠を想っていると知り、ちょっと落ちて面白くなさげな顔をする鬼島。
思ってもみなかった自分の感情にビックリして葛藤したり、羞恥心を覚えたり。
そんな感情に戸惑う可愛い姿を見せたかと思ったら強気に出たり。
この人は仕事だけじゃなく恋も『攻撃は最大の防御』なんですねぇ(笑)

お風呂エッチも素敵でしたが言葉攻めloveな私は鬼島さんの悪いオトコ風味な余裕の微笑みと言葉攻めがたまらんかったです!!

その人のすべてが投影される作品。
市川の描く図案に一目惚れって、、クリイターとしたら本当に幸せなことだと思います。

シリーズ通して鉄板展開というか無理なくまとまっているので安心して読めます。
【堕ちる】から随分、時間がたっていますが受チームは皆さん、健気で芯が強い人たちでした。
このシリーズを読むまでコメディの印象が強かった高永ひなこさん。
『シリアスっぽいのもイケる!』と思わせてくれた作品でした。

1

表紙がとても美しいです。

鬼島さんは前作から好きでした。
前作より大人な雰囲気でおとなしめなストーリーでした。

弓月の性格、控え目で純粋で大人しいキャラも素敵でした。むしろ好きです。
が、鬼島さんのS度が前作より落ちて、わんこ攻めよりになっていて魅力が減。
わんこ攻めは好きなんですがね、ここは前作のようにSで余裕綽々なキャラで攻めて攻めまくって欲しかったかな。
そんな余裕やSさが乱れるからこそ、このタイトルなんでしょうが…。

でも最後あたりのヤキモチを焼く鬼島さんは可愛かったです。
弓月もエッチに不慣れな所とかウブな所が見ていて可愛かったです。

礼一郎や陣内も登場していて、楽しめました。

蒔田の真意が謎のままだったので⁇となりました、なので星マイナスです。

1

きみ恋シリーズ完結!

帯に最終章と書かれていたので、この次の巻で完結するのかと思っていたら、今作で完結でした(笑)

お互いが前に好きだった人(先生と陣内)に嫉妬したり、ストーカー薪田による事件が起こったり。
そう言った障害を一つ一つ消化して行き、最後はお互いの気持ちを確認し合ってのハッピーエンド。

相変わらず鬼島さんが良い男で、茶目っ気もあり、格好良かったです。
だからか、弓月が少し女々しく見えてしまうこともあり、少女漫画っぽく感じてしまうことも……。

「きみが恋に溺れる」の陣内と礼一郎がちょくちょく登場するのは嬉しかったです。
礼一郎のキラキラ具合が何だか懐かしくもあり、愛おしくもありました(笑)

またどこかできみ恋シリーズのキャラクターたちに出会えることを願いつつ、高永先生、お疲れ様でした!

2

きみ恋シリーズ完結.。゚+.(・∀・)゚+.゚

増税前に滑り込みでフラゲできました(((o(*゚▽゚*)o)))

基本的にBL作品は受けキャラにハマるのですが、鬼島さんは攻めキャラで唯一好きな人です!
私のベストオブ攻め様に認定されました(≧∇≦*)

今作はえちシーンも結構充実??
お風呂での2人がめちゃくちゃ可愛い(*´`)
特に私は攻め様のお尻が出てくるのが好きなんですが、今回バッチリ出てました!d(^-')
そしてまたお風呂に誘う鬼島さんのイケメンなこと!!!
これはトキメキMAXなので是非皆さんに読んでいただきたい(`・ω・´)
弓月さんのことを名前呼びしたり苗字呼びしたり、ほんとこの男は弓月さんを振り回すワルイ男だわ(笑)
鬼島さんが最後までカッコ良すぎたので、もっとヘタレ全開な鬼島さんも見てみたかったなぁー(^O^)

きみ恋シリーズは完結したけれど、全キャラ総出演の番外編とか読んでみたいなぁ(><)

1

シリーズ完結!

蒔田のの件があり、鬼島さん宅に居候中の市川さん。
今回は、ストーリー展開が早かったです。

蒔田は結局なんだったのだろう…鬼島さん曰く、蒔田は市川さんのコトが好きで、好きな子ほどいじめたくなる的な感じでしたが、蒔田は認めることなく連行…。
なんだか、この部分だけがスッキリしませんでした。

しかし、鬼島さんいい男だわ…!
大人の余裕ってやつですね!って思いながら読んでましたが、途中から、あれっ!?鬼島さん!?余裕なくなってません?って場面が…。
いつも余裕な感じの大人の男が余裕ないのって、キュンってなっちゃいます♡

市川さんもちゃんと過去と向き合い、晴れてお互いの気持ちを伝え合い恋人に♡

最終的には、遠距離恋愛になりましたが、ここで市川さんがこのまま住みついちゃう流れよりよっぽど好感がありました(私の中では…(笑))

このシリーズで受けの市川さんの表情や反応が本当にエロ可愛いので、鬼島さんがちょっと意地悪な言い方したりしちゃうのが納得できました。
シリーズ通して皆お似合いカップルでした♡

1

完結です

きみ恋シリーズ、「堕ちる」「溺れる」「乱れる」と長い間続きましたが
とうとう最後になりました。
「乱れる」1。2巻だけでも十分楽しめますが、できれば「溺れる」からもしくは最初の「堕ちる」から読んでいただけるとより堪能できると思います。

「~乱れる」は
呉服屋に勤める鬼島さんと友禅染め職人弓月とのストーリーです。

1巻の最後にお互いの気持ちに気づき、体を重ねた2人。
心のどこかに、まだ金沢でお世話になった先生のことが残っている弓月の気持ちを
理解しようと気遣う鬼島さん。(優しい~)

ただ、弓月が名前を出したくなかった原因となった、金沢の先輩蒔田とのことが
まだ解決していない状態で、今までとは正反対のやりかたで弓月を売り出す鬼島さん。
新ブランド発表会で、蒔田に襲われる弓月を助け鬼島さんは怪我を負いますが
それをきっかけに、弓月も自分の気持ちにけじめをつけ過去の自分に決着をつけます。
1人黙って先生のところへ行った弓月を追って来る鬼島さん。
金沢での夜、初めて「好き」と言葉にする2人。
お互いの愛を確かめ合った熱い夜となりました。

新ブランド発続き表会準備で陣内さんと礼一郎さんが出てきますが
その2人を優しい目で見ている鬼島さんは、弓月に自分がふられた相手だと教えます。
弓月も、なんとなく気づいちゃうんですけどね・・・(礼一郎さんだと勘違いだけど)
今が、とっても幸せだからこそ過去のことを打ち明けられるんですね。

私は高永先生の絵が大好きです。
身体のラインとか横顔ちょい下向き加減とかもうゾクゾクするくらいです。
なので、お風呂で立ったままHシーンなんかもう最高でした♪

遠距離恋愛となる2人ですが
最後のsurpriseを読むと、心配しなくていいんだな・・・
とアツアツぶりに恥ずかしくなります。
久しぶりに会えた鬼島さんに弓月が
「ぼくも、ずっと・・・すごく会いたかったんです・・・」と、とろけるような表情で言うところは、キュン!ときました。
それにしても、お互いに一目惚れだったとは・・・
弓月はそうだと思いましたが、鬼島さんもだったのか・・・

大好きな作品がまた1つ幕を閉じましたが
また、素敵な作品に出会えることを期待しています。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ