うちの天使がケモノでした。

uchi no tenshi ga kemono deshita

うちの天使がケモノでした。
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神6
  • 萌×26
  • 萌7
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
6
得点
76
評価数
21件
平均
3.7 / 5
神率
28.6%
著者
 
媒体
コミック
出版社
KADOKAWA
シリーズ
あすかコミックスCL-DX(コミック・角川書店)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784041210789

あらすじ

萌えゲーム系原画師(超オタク)なミツルは、多忙のあまり家政夫を雇うことに。やってきたのは、ミツルの最萌えキャラ・レインに激似なにのまえ渚だった! キュートな家政夫の超・刺激的・激甘ご奉仕★

表題作うちの天使がケモノでした。

にのまえ渚,みつるの書くキャラに激似の家政婦,
佐藤みつる,萌え系ゲームの原画師でオタク,

その他の収録作品

  • 番外編
  • あとがき
  • カバー下表紙1【表】~カバー下表紙4【裏】:アメコミヒーローもの風表紙

評価・レビューする

レビュー投稿数6

可愛いケモノに萌えます

萌えキャラに激似な家政婦が、萌えゲーム系原画師に惚れて、リアルな愛情を教えてあげるお話です。今回も、可愛い年下攻めの一途さにキュンキュンします。おまけに、可愛いコスプレで攻める姿に悶えます。

原画師の佐藤は、人付き合いが苦手で、二次元が大好きです。もちろん、童貞で。
そんな佐藤の前に現れたのは、大好きな萌えキャラに激似な家政婦のにのまえです。料理も上手だし、オタクな自分にも偏見を持ってなくて。
本当の天使だと思ってたら、彼はとっても男前な性格でした。
ガンガン攻めてくるにのまえに、押されながらもなかなか受け入れられない佐藤。
でも、落ち込むとフォローしてくれるにのまえの存在が手放せなくて…。

今回の、佐藤のツンツンとデレの割合が、ちょうど良くて好きです。恋に不器用で口下手なのも、可愛く見えます。
そして、にのまえのような年下攻めも大好きです。
ホント、三島さんの描かれるドタバタラブコメ、大好きです。

4

ケモノ、お嫌いですか?

余裕こいてガンガン攻めてゆく姿勢…と
思いきやケモノかつ健気と言う攻め。
受けに対しての姿勢は強引な一面もあるの
ですが、それは一途の裏返しであり
まどろっこしい手段を効率的に省いている
だけにも見えます。
貪欲にネット含む今の御時勢を取り込みつつ
今に流されず、三島流にきちんと落とし込んで
展開を破綻させていないのは流石かと。

リア充って何なんでしょうね。
諸々に必死じゃないリア充と経験値も手伝って
ついつい熱血になってしまうオタク。どっちが
活き活きしてるんでしょう。
そう言う深読みもふとできてしまう様な味わいの
作品です。
帯に躍る一文はそう言う意味では逆説的かも。

1

萌え:キュン:スパイスの黄金比率!

大好きな作家・三島一彦さん。
好きすぎて三島さんってだけで若干ひいき目になってしまうのは否めませんが、
それでも、今回は今までの作品と比べても萌え率がドドーンとUPしてる!
そんな嬉しい作品となってくれたこちら。

超オタクの萌えゲーム原画師・ミツルは、多忙のため家政フを雇うことに。
彼が指名したのはなんと、ミツルの大好きな萌えキャラ・レインたんにそっくりな
にのまえ渚。
外見とは裏腹に、テキパキ仕事をこなす渚にミツルは――と進んでいきます。


こちらの作品、読むまでどんなストーリーかすら知らなかったのですが、
まさかココまで私のツボが詰め込まれているとは思わず、素敵な裏切りを
喰らって、ページをめくるごとに目の前がチカチカしたくらい。

三島さんお得意の、年下・キュート顔・ちょっとドSと三拍子揃った攻め。
それが渚なんですが、もう本当に可愛い!
ミツルのためなら進んでレインたんコスも着用(その上彼のためだけに
撮影会まで・笑)しちゃう訳ですが、これが何と言うか、
「好きな彼のためなら…!」
みたいな恥じらいの雰囲気というより、
「ほらほら、続きこれがすきなんでしょ?ホレホレいいの?もっと近くで見たら?」
という小悪魔加減が全面に押し出されてて、挑発的で男前な性格や言動に
私までもが撃ち抜かれました♪
こう、片方の口の端っこをニンマリ上げて、ちょっと悪そうな笑顔を見せたりして。

一見、チャラそうだったり、小悪魔全面に出して性格悪いかも?と思われそうですが、
実は全く逆で。
素直なイイコで、純粋で実直で、とにかくミツルを尊敬して大好きで止まない。
そんな真っ直ぐな彼だからこそ、引きこもりでオタクなミツルの心に変化を
もたらせたんだろうって思えます。


ミツルも、生まれて初めて自分の性格や、周りから見られる自分、というものを
恥ずかしいと思う。
私、これが凄く切なくて…。
二人が『自分のせいで相手がそう思われるなら』という思い合う気持ちに胸が苦しく
なりました(涙)
言葉に出来なくて、それでも伝えたくて、渚の背中に思い切り力を込めたミツルの
握り拳が男らしく見えました。

三島さんらしく、キラキラ可愛くて、デフォルメ画も素晴らしくって。
オタクの彼がリア充(っぽい)キラメキ男子に迫られていって、アワアワしちゃう
ドタバタコメディっぽいタッチは健在で。
更に、正反対だからこそ惹かれあう瞬間や、正反対だからこそ後ろめたく思う気持ちや、
小さいけれどハッとさせてくれるスパイスもあって、本当に面白かった!

ミツルのオタクくさい台詞回しも大好きだし、オムライスにケチャップで
『おち●ちん』と書いてしまう天然な渚も大好き(笑)
本当はもっともっと「ココがいい」「アレがいい」と書きたい気持ちでいっぱい!
そのくらい、益々三島さん熱が上がってしまいました♪

 ※女装や胸の大きな萌えキャラフィギュア等々出てきますので、苦手な方は
  お気をつけ下さいね☆

4

意外にキュンキュンするのです

ぱっと見は受け責め逆な雰囲気があるのですがそれもまた良かったりします。
オタク原画師と見た目チャラ男&原画師であるみつるが描くキャラと同じ顔の渚
見た目の可愛い萌えキャラでお料理上手で仕事も一生懸命だけどタイトル通り
ケモノさんだったりします。

仕事が忙しくて家事が出来ないみつるは家政婦派遣を依頼しに派遣会社に出向き
そこで魅せられた家政婦リストの渚の容貌に一目惚れ。
自分が理想とする二次元キャラが三次元へ降臨してきたくらいに似ていて、
俺の天使連呼しちゃうくらい興奮。

渚は見た目からチャラチャラしているイメージで見られがちだから、
初めて自分を必要としてくれて、コンプレックスにもなっていた容姿が大好きだと
言われた時からみつるのことが好きになり猛烈アタック。
オタク歴が長くて好きなんて言われたこともないみつるは流されるように抱かれるが
結構意地っ張りでツンデレくんなので自分の気持ちを認めるまで時間がかかります。

自分が大好きな萌えキャラの女装コスプレで襲われるなんてかなりコア体験もあり
見た目は受けキャラだけど、可愛い顔で攻めてる姿の渚はギャッ続きプ萌えします。
自身のどこかにコンプレックスを抱いている二人は似た者同士かも知れません。
テンション高めのラブコメだけど、キュンする切なさも感じて面白かったです。

3

萌えキャラ似の天使降臨☆ショタ風味【攻】

 可愛い顔に悪い表情を浮かべる渚(攻)に萌え、調子に乗ったりウジウジしたりするミツル(受)に萎える、シーソー感覚のオタロマン!

 萌えキャラ原画師のミツルが選んだ家政婦は、自分が描いたキャラにそっくりな男子・渚。ミツルのオタ仕事を「かっこいい」と純粋に褒め讃え、ショタ顔で「オレ佐藤さんにヨユーでガン勃ちっす」と迫り、作ってくれるオムライスには「おち○ち○」の文字。
可愛すぎる受けは好みじゃないですが、攻めとなると話は別。ギャップ萌え要素満載です。

 小悪魔弟キャラで一途に攻める渚は良かったですが、ミツルが中途半端にツンデレで、渚→ミツルの一方通行感が強かったのが残念でした。

3

かわいい攻めちゃん書かせりゃこの人は越える人いない。

二次元オタで、職業も萌えゲーム原画師。
かっこいいモテ男なんかは地味に滅しろとか思ってる薄暗い性格でもある。
そんなやつが、萌えキャラにそっくりな可愛い子(ただし男)選んだら、妙になつくどころか実は狼な話ですが、
こういう可愛い顔していい性格攻め書くの、三島さんうますぎです。
しいていえば、俺様Onlyでもなく、家政婦らしくつくすとこもあるんで、いじらしいんですよね。
思いが通じたらそれ故にお互いが一緒にいると相手が悪く言われないかと考えたりしだすこととか。

今回は年齢こそ大学生とやや大人ですが、やはり年下攻めはいいなあ、とつくづく思う一冊でした。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ