不測ノ恋情(3) 小冊子付初回限定版

fusoku no renjou

不测的恋情

不測ノ恋情(3) 小冊子付初回限定版
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×24
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
41
評価数
11件
平均
3.8 / 5
神率
27.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
フロンティアワークス
シリーズ
Dariaコミックス(ダリアコミックス・フロンティアワークス)
発売日
価格
¥980(税抜)  ¥1,058(税込)
ISBN
9784861346941

あらすじ

初回限定版小冊子は、コミックス未収録の「純情」20Pと新作描き下ろしを収録予定!

出版社デスクの宮田は、仕事相手のレザーブランド社長の伊倉に交際を強要されるが、交流の中で過去と決別し正式につき合うことに。素のままを受け入れてくれる宮谷二度目の告白をした伊倉は、衝動を抑えきれず宮田を抱いてしまう。らが得なかった宮田は混乱から伊倉を避けるように。しかし、変わっていく自分と向き合う決意をし、再び伊倉と身体を繋げ??。

表題作不測ノ恋情(3) 小冊子付初回限定版

伊倉絢都,レザーブランドデザイナー
宮田一臣,雑誌編集者

評価・レビューする

レビュー投稿数4

もう少し読みたかったな~

ブランドデザイナー:伊倉絢斗×雑誌編集デスク:宮田一臣です。
「純情」のスピンオフ第3弾です。完結です。

確かに、今までタチだったのにネコにされて抵抗がないわけないですもんねー。
こういうのが読みたかったんですよ~!!

あとは絢斗が良介と仕事のことで強く言ってしまったときの宮田がめっちゃ
かっこよかったり!やっぱりリーマンもの大好きですね!
あとがきにもありましたが、結局宮田は好きとは言っていませんが今はまだいいかな
とあったので、完結はしましたがもしかしたらどこかのコミックスで、
そこらへんの描きおろしがあるかもしれないという期待を抱いてしまいますw

あと、前作の「純情」では見れなかった宮田の表情が色々見れたような気がします。
トロトロの顔がクソ萌えたww

お互いの家族のわだかまりも少し解消できたみたいですし、この2人は本当に
幸せになっていただきたいですね!

あと少しだけ「純情」CPの戸崎が出てきます。
宮田が同棲のことについて聞いていました!戸崎可愛かったですw

1

本領発揮の兆し

誤解に誤解を重ねていく伊倉には申し訳ないのですが、宮田にとってはアイデンティティの一大事なので。

落ち込んでは浮上する。
ようやく宮田の甘やかしが見れたような気がします。
やっぱりデレには程遠いのですが。

伊倉の消化しきれないしこりに宮田の家族間の問題などそれぞれのターニングポイントに背中を押してくれる人がいる。
そして帰る場所でただ待っていてくれる。
たったそれだけの事ですが、それだけの存在にお互いがなっているという。

言葉でなく態度でなく、ほんとにゆっくりと煮詰まって密になっていく。
バイな伊倉に対する不安を取り除くことはできませんでしたが、信じるしかないというこれからの課題が大切なアクセントになります。

2人の気持ちの落ち着く先に読み手としては消化不良な感じもありますが、ようやく宮田らしい本気混じりからかい混じりの笑顔が見られ、これからも続いていく2人の現在進行形を考えては心がくすぐられるラストでした。

0

男達のプライド

純情が好きだったので、スピンオフのこの作品も1・2巻読んでいて。
3巻でようやく完結、おめでとうございます♪
純情の良さが「付き合うまで」と「付き合ってから」のゲイ&ノンケカップルの苦悩を丁寧に描いているのなら。
不測…は「理想と違う相手と付き合う」事への苦悩を描いた作品という印象です。

タチ(攻)専門のゲイと、タチ(攻)専門のバイの男。
そんな二人が付き合うまでも大変なら、ラブラブになるのはもっと大変ですね!
タチ同士である二人が付き合い、悩みをわかち合い、Hもする。
このHが、二人にとって大きな壁で。

宮田がネコ(受)をようやく容認するまでの二人の葛藤。
しかし宮田の、女扱いされる事への強い抵抗。
それが理解出来ずに悩むタチの伊倉。
終始タチで通したバイの伊倉の悩みは、共感しがたい。
タチ同士なんだから、宮田の気持ちを理解したいなら、伊倉もネコを経験すればいい。
そうすれば、宮田の気持ちが少しでも理解できる。
しかし、それは頭にさえ浮かばない。

宮田は宮田で、女扱いへの抵抗とか、バイ嫌い病から脱け出せないとか。
どうしてもHの後はドライな続き態度になる。
カラダは許しても、心はタチ(攻)のままです。
私個人の気持ちとしては、宮田のこのかたくなさが好きでした!
男のプライドは大事だよねぇ。
純情から読んでいたから、宮田が妙に女っぽくならなくて良かったと思いました。

対して伊倉にはどうしても愛着かわかず。
リバを考えもしないとか、バイである事が相手に与える影響を考えつかないとか。
男のプライドを持つのはいいけれど、相手のプライドの事も考えたれよ…と。
伊倉の気持ちはわかるけどわからない、といった感想でした。
あと、伊倉がHの最中にやたらといらない一言を言うのが、1巻から気になっていて。
最後まで伊倉が好きになれず、残念。

それでも、ゲイやバイ、タチやネコを丁寧に描く作品のあり方は、とても好きです!
純情みたいな夫婦カップルとはまた違った、男のプライド対決カップルというのが楽しかったです♪


関係ないですが私、このタイトルがいつまでたっても覚えられなくて☆
不規則…いや、不義…なんやっけ?
作品が手元に無い状態でレビューしようとしたら、ちいとも思い出せない。
不測、にカタカナのノでしたね、そして恋情ね。
でもまた忘れるんやろうなぁ☆

3

3巻に期待していましたが

「純情」のスピンオフ、完結編です。

 仕事相手という立場を利用し、伊倉(攻)に押される形で付き合うことになった宮田(攻)。きっかけは強引ながらも、2人の心の距離が縮まって行く過程が丁寧で、大人の恋愛の雰囲気が楽しめた1巻。丁寧すぎて焦れったくなってきた2巻。3巻での新たな展開を期待していましたが、相変わらず拘りから抜け出せずにいる宮田がいました。

 攻×攻の話というよりは、何故か宮田が受ける側になることが2人の間では決まっていて、それをいつまでもスッキリと受け入れられない宮田の心境の変化がゆっくりと描かれていきます。掘られるのが嫌なら掘ればいいのにと、リバ推進派としては宮田の葛藤がとにかく焦れったかったです。
 受ける側に回って即快感に目覚めるのも味気ないですが、いつまでも重たく考えすぎている宮田に、伊倉まで引きずられています。2人で理屈ばかり並べての会話シーンは2巻で終わりにして欲しかったなぁと思います。

 最後までスッキリしない宮田の表情。1巻での強引さと優しさのバランスが崩れてただのヘタレに見えてしまう伊倉。身体を重ねても2人が気持ち良さそうには見えず萌えられ続きませんでした。じっくり問題と向き合う話ではありますが、もう少しサービスが欲しかったです。

 同じく大人の雰囲気で仕事を絡めながらも甘さがあった「純情」の方が断然好きです~。

 

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ