……弱ってるときにつけ込むのは、フェアじゃないですからね

強面の純情と腹黒の初恋

kowamonote no junjou to haraguro no hatsukoi

強面の純情と腹黒の初恋
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神15
  • 萌×219
  • 萌4
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
166
評価数
41件
平均
4.1 / 5
神率
36.6%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
二見書房
シリーズ
シャレード文庫(小説・二見書房)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784576140506

あらすじ

新任の後輩教師は「自覚のない素人を開眼させるのが趣味のゲイ」!?

高校で数学教師をしている双葉は素の状態が剣呑で誤解されやすいタイプ。そんな双葉の下に副担任として梓馬がやってくる。
双葉と真逆の爽やかで人好きするタイプの梓馬はたちまち生徒たちの人気者になるも、他愛ない日常のやり取りで双葉との距離
も縮めていく。酔った勢いでキスされたことも影響し、梓馬のことばかり考え挙動不審になってしまう双葉だったが、ある日梓
馬の正体――自覚のない素人を開眼させるのが趣味の生粋のゲイ――を知ってしまい……。

表題作強面の純情と腹黒の初恋

梓馬俊介,新任の英語教師,29才
黒沼双葉,いつも不機嫌に見える数学教師,29才

その他の収録作品

  • 三ヶ月目の憂鬱
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数7

「キャラじゃないだろ」

表紙が全てを物語っている気がします。
心を開かせるには 一筋縄ではいきそうにない 白衣で三白眼の双葉先生(受け)を、梓馬(攻め)が そっと優しく、でも決して逃げられぬ様 包み込もうとしている。
やっぱ良いなぁ。木下先生のイラスト、好きです。

この小説は お気に入りです。割と何度も読み返してしまう。
そして 双葉先生が、どうしようもないタイミングで 梓馬への恋心を自覚する場面では、毎回 涙がにじんでしまいます。

本当の自分と 他人が受ける印象とのギャップを面白がる梓馬。ほぼ諦めの境地で 甘んじて受け止めている双葉先生。
それぞれの対応は違っても、自分を理解してもらえない?させない?部分は同じだと思うから、そういう所は 二人、少し似ているのかも。
そして 登場シーンこそ多くはありませんが、物語の中で重要な役割を果たしてくれるのが、なかなか強烈なキャラの マチです。
脇役なのに 2度も挿絵に登場します(笑)

梓馬の過去の悪行の所為で 壊れかかった二人の関係を救ったのは、双葉先生の男らしい決断と 悪友マチのおかげだと、私は思います。

梓馬から飴玉をもらったら続き、その包み紙を後生大事に持っていたり、とりわけ Hの時の双葉先生は可愛いすぎるのです。
二人が体を重ねるシーンを読んでいて、こんなにも「よかった・・・本当に よかったね・・」と、涙があふれる小説は 今のところこの作品だけだなぁ。

「双葉先生・・全く あなたって人は・・・!!!」

0

双葉が可愛すぎてどうしよう!

双葉かわいい!
読後一言目に思った感想でした。
ツンデレ?デレツン?なのか、人との接し方を知らず生きてきたことで
初めての事が多すぎて戸惑いからの態度なのか、とにかく可愛かったです。
某少女漫画の同じ苗字の彼女とかぶる感じもあり、応援しっぱなしの1冊でした。
お相手の爽やかイケメン梓馬。
遊んできたわりに遅すぎる初恋で、こちらも段々と可愛くなっていくのですが、押すとこは押して、でも双葉を思いやって行動して、という
とにかく初恋を自覚する前後から素敵すぎるイケメンでした。

とにかくこの作品は主人公2人視点で描かれていて、2人とも好きになれるキャラで、内容も読みやすいので好きになりました。
欲を言えば2人がくっついた後のクラスの子達の反応も見てみたかったです。
絶対この2人は隠しようがないくらいらぶらぶオーラを無自覚で出し合ってるはずなので、それに当てられる生徒さん達視点も面白そう!!

強面受けデビューが双葉で本当に良かった★

0

強面の受もえ♡

強面の受って初めて読んだんですが新鮮でしたっ!
考えてることが伝わらないのがもどかしくて良かったです♪

受けと攻めの視点が両方とも入っているからか
お互いの感情も分かりやすくてもだもだしました(´>///<`)
途中まで梓馬が好きになれなかったけど
なんやかんや言いながら受けにはまってく感じが萌えました♡

挿絵の双葉が不愛想だけど可愛い感じが出ててイイッ(`・ω・´)b
タイトルも分かりやすくて思わず手に取ってしまったw

他にも強面の受けの作品が読んでみたくなりました♡

0

ギャップ満載の作品でした♪

強面で無愛想ってだけで普通なら遠巻きにされるって
すごくわかる気がしますw
人の見た目って何割でしたっけ??9割??w
人生に楽しいことなんてひとつもなさそうな数学教師の双葉が
副担任として現れた梓馬によって見も心も掻き乱されて…。

双葉なんて可愛らしい名前も似合わないし
甘いものが好きだなんて思いもしないけれど
梓馬だけは積極的に双葉へ近づいて双葉を否定せず妙な先入観も持たず
そのままでいても良いような錯覚にとらわれて
居心地良くなってしまうとか……無防備になりそうになるのも無理はないです!

ただ、梓馬は「無自覚なゲイを目覚めさせるのが趣味」という困った人物…。
恋愛はゲームでしかなく、相手を落とす過程が楽しいだなんて下衆の極み!!w
表の顔と裏の顔、全く違うというのに、
双葉の生徒へ対する情熱や優しさで徐々に変化が…。

梓馬に惹かれていた双葉が、梓馬の過去を知った時、ズッキーン!!としました!!
なんかもう双葉に共感しちゃってツラかったー;;
梓馬視点も交互に(?)あったので、わかっていつつも私まで傷ついたりして。
ただ、それを必死に弁続き解する梓馬も、不覚にも可愛く思えるんです。
ホントにホントに双葉だけは特別なんだな!?初恋なんだな!!??なんて
双葉の保護者にでもなった気分でしたww

なかなか素直に表現できない双葉が愛らしく、
結局は双葉を甘えさせたくて大事にしてくれる梓馬、
見た目はもしかしたら不釣り合いかもしれないけど
心はバランスがとれていてナイスカプだと思います♪

5

イラストが受け付けませんでした

海野さんの作品は『純情ポルノ』が可愛くて面白かったので購入してみました。
挿絵は木下けい子さん。
木下さんは好きです、好きですが!今回はなにゆえ?といった感じです。
表紙も中も、受けの目が…
いくら不機嫌そうなキャラとはいえ…眉をよせるくらいで良かったのでは。
黒目が小さ過ぎて、この人が受け?と驚いてしまいました。
ちょっと残念ですし、イラストレーターさん買いは控えようと思わされるイラストでした。
視点は受け攻めの両方からのものなのは、好きな形です。


受けの双葉は数学教師で29歳。
見た目の柄が悪く、名前とのギャップにコンプレックスを持っています。

攻めの梓馬は新任の英語教師、29歳。
数年間、塾で講師をつとめ、この春から高校教師として働くことに。


外見と内面のギャップに苦しむ双葉の前に、新任教師として現れた梓馬は、爽やかな外見の持ち主。
うーん、春風みたいな?
双葉とまた違う意味でギャップのある人物なのです。
あらすじにもありますが、ゲイで、恋愛をゲームのように扱っています。
そんな梓馬が、新たにターゲットにした双葉といるうちに変わ続きってしまうというストーリーです。

とにかく先にも書いたように表紙から挿絵まで、双葉の容姿が気になって気になって。
忘れようとしても頭にインプットされてしまい、内容に集中できず無理でした…
設定は面白いと思うのですが。
作者さんには申し訳ないのですが、挿絵の具合で『中立』にいたしました。
わたしの頭の中の双葉の顔が消えたら、また、再読したいと思っています。

6

暗い外見に反し、カワイイ純情キャラ

海野幸さんの作品は個人的に好き嫌いがあるのですが、この作品は凄く好きです!

受けの双葉、あらすじで「数学教師をしている双葉は素の状態が剣呑で誤解されやすいタイプ。」とあります。
双葉は外面が地味に怖いが、中身は乙女かよ!ってほど(いや女っぽくはないです)純情ー!!、という。それだけだとありきたりっぽいかも?ですが、

描写が容赦ないんです。
造作がすごくひどいってわけでもなく。体型もフツウ?受けより華奢っぽかったけ。
猫背だけど。
なのに…表情?
黙ってるだけで不機嫌に思われ、口下手なだけなのに不満げに見えるっていう。
周囲の人間からは人好きのしない、無愛想な、怒った顔をした、つきあいにくい人間に思われて。
地は悪いひとではないと理解しているのは家族だけ。
高校のなかでも、人をさけ、放置されてた部屋でほとんどをすごしています。

そこに現れた攻め:梓馬は人好きのする、さわやかな青年。
でも実はゲイで、かつ「自覚のない素人を開眼させるのが趣味」の下半身が無節操な男。
最初、梓馬は双葉をゲーム感覚で落とそうとするのですが、
双葉は生徒からは慕われているこ続きとなどから、だんだんと
「このひと、思ってたのと、ちがうんじゃないか?」双葉の内面にふれるうち、「このひと、かわいいんじゃないかー!」と惹かれ----という。

なんだかんだあって、結ばれます、が…。
騙されてたんだと思ったあたりの双葉の気持ち…共感してしまい、苦しくなりました。

そして告白シーンですら双葉は「一番凶悪な面相」をしてるんです。
内面がわかるのは梓馬だけ…。
最後まで、他の人には双葉のかわいさはわからないんです。
攻めだけ。攻めだけが可愛いと感じるんです。そこにキュンとしましたっv

作中、悪人ヅラで双葉が捨て猫に傘をかざすシーンなど、
「そうよ、これよ、そこまでやってくれなきゃー」とわたしは思いましたが、
ベタすぎる、と感じる人は感じるかもだし…評価はわかれるかも。
お話自体が、読む人によっては
「要するに遊び人だった男が内面純情な男に魅かれる話ね」のひとことで済むかもー;

でもわたしは好きです。
ここまで受けの外面の印象の悪さを容赦なく書いたものって、他にしらなくて(あるかもですが)、
表情に出ないのに、内面めっちゃあわてふためいていたりするのがカワイイ~vと読んでいて楽しかったです!

4

地味だけど味がある

互いに見た目ギャップを抱えてる高校教師同士のラブでした。
受けになる数学教師の双葉は受けキャラとしてはかなり地味、猫背で美形でもなく、
いつも不機嫌に見えてしまう人相なのに、実は人1倍優しくて生徒思いで情にもろい。

そこへ塾講師あがりの新任英語教師としてやってきたのが攻めになる梓馬なのですが、
これが見た目は双葉と正反対のさわやかオーラを振りまいている好青年。
誰とでも人好きしそうな見た目と態度だが、実は本来の性格は少々難があります。

恋愛に溺れるような人間を小ばかにしているタイプで悪いことにゲイだから余計に
気軽に遊べる相手を見つけて、さらに無自覚ゲイを探し出しては気を持たせるように
ゲーム感覚で相手に本来の嗜好を自覚させ気持ちが自分に向いたらゲーム終了みたいな
たちの悪いことをしていたりするのです。

そんな梓馬がターゲットにしたのが双葉なのですが始めは面白そうな好奇心だけだったが
双葉を落そうとするが思うようにいかず、さらに双葉に自分の悪事が露見してしまい、
そのときには既に本気の恋を双葉相手にしてしまっているという話なのです。
ミイラ取りがミ続きイラになるようなストーリーでした。
登場キャラが全体に地味なのですが、以外に読み進めると味があります。

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ