銀の匙のサンバ 富士見二丁目交響楽団シリーズ外伝

gin no saji no samba

銀の匙のサンバ 富士見二丁目交響楽団シリーズ外伝
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
5
評価数
3件
平均
2.3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
KADOKAWA
シリーズ
ルビー文庫(小説・角川書店)
発売日
価格
¥580(税抜)  ¥626(税込)
ISBN
9784041013069

あらすじ

久方ぶりに変人倉を訪れた圭。時の流れとともに変わりゆく人生を思い、圭は自分のオケを持つよう老人から啓示を受ける。珠玉の短編を束ねたアンコール外伝集。

表題作銀の匙のサンバ 富士見二丁目交響楽団シリーズ外伝

桐ノ院圭、指揮者、29歳
守村悠季、バイオリニスト、30歳

その他の収録作品

  • 母親たちの午後
  • わが道
  • 海辺にて

評価・レビューする

レビュー投稿数1

外伝という名で続く……

本編終了後、締まりの悪い蛇口よろしく
チョロチョロと外伝が続いている「富士見シリーズ」、その4。
そのやり方にムカつきながらも、ああ!やっぱり読んじゃうんだよねぇ。

表題作をはじめ書き下ろしの短編が3つ+小冊子からの再録が1つ。

「母親たちの午後」
桐ノ院が逮捕された時、彼の母と高嶺のマムが
サムソングループ総帥、妖婆ミランダを訊ねた時の話。
本編では具体的には明らかにされなかった、女性陣の尽力の中身。

「わが道」
「第五の運命」の後、久しぶりに変人窟を訪ねた桐ノ院。
彼が大人になったように、老師匠達にも時間が流れている。
彼らのそれぞれの人生、と、その終わり。
思わず涙が出そうになった。

表題作「銀の匙のサンバ」は、「わが道」での出来事をきっかけにして
桐ノ院が自前オケを作ろうと考え始める話。
飯田さん視点なのが、脇役達に愛着のある読者には嬉しい。

しかし、これって外伝でちょろっと描くような話ではなく
本流も本流の話に思えるのだが……
続きは次巻ということだろうか?

小冊子からの再録「海辺にて」は、フジミのメンバーで海に行続きく話。


2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ