傷だらけの恋情 コミコミスタジオオリジナル特典番外編小冊子

kizudarake no renjo

傷だらけの恋情 コミコミスタジオオリジナル特典番外編小冊子
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1件
平均
4 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
小冊子
出版社
笠倉出版社
発売日
付いてきた作品(特典の場合)
傷だらけの恋情(但コミコミスタジオ購入時のみ)

あらすじ

ノベルズ発売記念・コミコミスタジオ購入限定特典書き下ろし小冊子
攻様視点での本編の始まりを含んだ後日談。
笹子のマンションに引っ越した日のお話です。

表題作傷だらけの恋情 コミコミスタジオオリジナル特典番外編小冊子

笹子、小説からルポまでこなすライター
河北亮司、笹子の隣に住んでいた居酒屋店員

評価・レビューする

レビュー投稿数1

大人のエロズルさがたまりません。

本編ではまだそこまで大人のズルさを感じさせなかった笹子さんですが、
我慢に我慢を重ねて手に入れた可愛い子供を甘い拘束で縛り付ける短編です。

本編直後で笹子の手持ちのマンションへふたり揃って見に行った日の出来事ですね。
笹子が亮司を食指が動くくらいには可愛いと思い始めたことや、亮司の生きることには
前向きだけれど、生真面目すぎて己に自信がなくてネガティブで人に甘えることも
遠慮がちな子供を甘やかしたくて仕方ないと思っている気持ちがエロ心も伴って
感じられるのがいいですね。

きっと目に見えない甘い鎖で何重にも亮司をぐるぐる巻きにして逃がさない。
亮司はそんな意外に怖い一面を持っている笹子に気がつかないまま一生幸せになる
そんな予感を感じさせる番外編で良かったです。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ