MOFU MOFU

mofumofu

MOFU MOFU
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
小説(同人)
サークル
水上ルイ企画室 <サークル>
ジャンル
オリジナル(ジャンル)
発売日
ISBN
ページ数
28ページ
版型
B5

あらすじ

リブレ出版より発売中の「豪華客船で恋は始まる」シリーズ番外編。
エンツォ×ミナトのケモミミ本。
カナディアン・ロッキーで出会った白銀の狼のエンツォと、白いボブキャット湊の恋。
ケモミミのブルーノとアルベール、さらに人間のエンツォと湊も登場。

表題作MOFU MOFU

エンツォ,森を治める白銀の狼,
ミナト,純白のボブキャット,

評価・レビューする

レビュー投稿数1

これも夢オチか

「豪華客船で恋は始まる」シリーズのモフモフケモ耳番外編でした。
シリーズ自体にもふもふってあったかしら?
そんな風に思って読んでみたら、主役ふたりがモフモフになって登場。

ミナトはボブキャット、それも純白なのですよ。
きっとアルビノなんでしょうね、群れの仲間と違う毛色で孤独を感じていたミナトは
森の王である白銀の狼、エンツォに求愛され幸せに暮らしている。
でも、ミナトは発情期中でちょっとしたハプニングで別の♂に感じちゃう?

エンツォの為に巨大魚を捕まえようと奮闘して自分が食われそうになり
危うく溺れるところをエンツォの叔父のブルーノに助けられるが
そこは本編同様エンツォとブルーノが応酬的会話で終始します。
そしてブルーノ叔父さんと言えばアルベールさんですよね。

アルベールさんはそれは美しいクーガになって登場して、ミナトの濡れた毛皮を
グルーミングしてくれるのですが発情期中のミナトはちょっと危うい。
受け×受け風味のいけない雰囲気が流れて萌でした。
最後は夢オチなのですが、このシリーズのもふもふもやっぱり甘いですね。

1
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ