好きになったらホントのこと、言えない…。

ナイショのシンメトリ

naisho no symmetry

ナイショのシンメトリ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神5
  • 萌×225
  • 萌7
  • 中立1
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
10
得点
147
評価数
40件
平均
3.8 / 5
神率
12.5%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
KADOKAWA(アスキー・メディアワークス)
シリーズ
B-PRINCE文庫(小説・アスキー・メディアワークス)
発売日
価格
¥640(税抜)  ¥691(税込)
ISBN
9784048664172

あらすじ

雪の降る公園で、ダンスを踊る青年に恋してしまった小鳥遊航。
一年半後、おたふく風邪をひいた双子の弟・翔の身代わりとして大学の講義に出席した航は、その青年――若手イケメン俳優の藤堂櫂と再会する。
自分を翔だと思い込んでいる藤堂に「ずっとおまえが好きだった」と囁かれ、臆病で超奥手な航はどうしても真実を言い出せないまま、甘くとろけるファーストキスに溺れて……。
切ない思いが紡ぐ、甘い恋のシンメトリv

表題作ナイショのシンメトリ

藤堂櫂, 人気上昇中の俳優で大学生 21歳
小鳥遊航, 大学生 21歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数10

店長(サブだよ)…素敵すぎ!

佐々木さんの作品でこういう普通の子たちのお話を読むのは、もしかしたら初めてかもしれません。
裏稼業のようなものはあるのですが。
まったくイメージ違いました。

**********************
受けの航は、片想いのベテランと自負する21歳の大学生。
体は細く小動物系。しかし分厚いメガネをかけ悲観的な性格が難点なゲイの青年で、正反対の双子の弟・翔と東京で二人暮らし。

攻めは売れ始めの俳優、櫂。
国立大に通う理系男子でありながら、190センチ近い恵まれた体躯で容姿も良く人目を惹く存在。
翔とは同じ大学で、実は知人。
**********************

以前一度だけ冬の公園で見かけた櫂のことを、忘れられずにいた航。
そんな櫂とは今後の人生交わることはないと思っていた航が、おたふく風邪を患った翔の代わりに行った大学で再会します。
そして櫂は翔に扮した航へ好きだと言うのですが…

視点は受けではありますがどちらかというと神視点のように感じる作品で、さすが小説道場出身のベテラン作家さん、淀みなく安心して読んでいられ、久々に文章だけで心地よ続きい気持ちになりました。
やはり実力のある方って違うのだなと、実感いたします。
ワンセンテンスが短いことで、ハッキリわかりやすく描写されています。

読んでいて一番良いなあと思ったのは、攻めが受けへ対して告白と同時に「つきあおう」ということ。(そこ?)
なんというか男女だと当たり前の、告白とセットであるはずのこのセリフ。
実はあまりBLではお目にかからないのですよ。
好きの後は体の関係へ一直線!(好きですが…苦笑)というパターンがやはり多いので。
当たり前のことを当たり前に書かれる佐々木さん、好きですわー。

皆さまも上げられてましたが、この作品のお勧めはやはり航と翔の関係。
お互いがブラコンなのですが、これがけっこう言うことが可愛いんですよ。
特に翔ですが、航からうつされた風邪なら愛しいみたいな(苦笑
実際存在したら寒くなりますが、このイマイチ噛み合ってないイチャイチャ兄弟がすごく良かったです。癒し系です。まさか攻めキャラよりも何よりも嫌味でなくこのラブっぷりが繰り広げられるとは。
そして翔なんですが、これはアレですか、バイト先の店長とアレですか!年の差!美味しい!読みたいー。
というか、わたしは櫂よりもだんぜん店長の方が好きな攻めタイプなんですが!
まさかこんなところで大好きなタイプにお会いするとは…
スピンオフとかないのかなあ、リクエストしたいですよー!!!!
ちなみに電子で購入しましたが、挿絵付き口絵付きでした。
挿絵はともかく口絵がついているのは嬉しい誤算です。

2

ホンワカ、可愛いお話でした

初読みの作家さまでしたが、ムクさんの可愛らしい表紙に釣られ手に取ってみました。

自称「片思いのベテラン」の大学生の航。好きな人ができても、「友だち(あるいは先輩)」の関係を崩してしまうより片思いでいい、と告白すらできない。そんな彼が新たに恋したのは、航の双子の弟・翔の大学の友達で俳優の藤堂。ところが藤堂は翔のことが好きで…?

というお話でした。

一言でいうと、すんごく可愛らしいお話でした。

航の好きな藤堂は翔が好きで…、と聞くとちょっとドロドロなストーリーなのかなと思うのですが、航も翔も、お互いが大好きなブラコン。とっても仲良しなんです。お互い、自分よりも相手のほうがハイスペックと感じ劣等感を抱きながらも、こんなに可愛いのだから仕方ない、とお互いに思ってる、そんなブラコン兄弟です。
そして航はちょっと、というか、かなりの天然さん。
ゆえに、航は翔に対して黒い気持ちを持つことはない。

航のゲイならではの葛藤やコンプレックスについてもきちんと書きこまれてるし、彼の切ない恋心も切なくて良かった。翔の恋の行方も非常に気になりました。翔と彼の恋人のスピンオフも書続きいてほしいなあなんて思いつつ読みました。

ただちょっと残念だったのが、藤堂の素敵さがいまいち分からなかったこと。長身で甘いマスクのイケメンさん、というのは分かりましたが、内面的にどういう人なのか、いまいちつかめなかった。ので、そこまで素敵な人かなあ、なんて思いつつ。

いくら双子って言っても、さすがに親しくしている友達は騙せないんじゃないのかなあ、とか。
いやいや、航と翔は別人なんだから、さすがに何回も会えば藤堂も別人て気付くんじゃない?とか。
お母さん、おたふくの予防接種は受けさせてあげようよ…。とか。

突っ込みどころはそれなりにあれど、全体を通してほんわかと可愛らしいお話で、甘々で優しい雰囲気がお好きな方にはお勧めのストーリーでした。

甘々な雰囲気のお話に、ムクさんの優しい絵柄がとても合っていて、それもとても良かったです。

3

いい意味で身代わりものらしくない

身代わりものの特有な切なさが好きで購入したんですが、いい意味で予想と少し違います。
顔がすごく似ている双子の兄弟航と翔だが、二人の性格が真逆で、兄の航はちょっと天然な文系で自分に自身がない。一方弟の翔は理系で明るい人気者。
かなり自信のない航はゲイであることで告白の勇気もなく、21年の人生のなかで全ての恋は片思いで終わってしう。小説の中は「片思いのベテラン」と書いているのが面白くて…
少し話逸らしますが、ストーリーとは別として、佐々木先生の言葉のセンスが面白くて好きです。冒頭から主張した「片思いのベテラン」もそうなんですが、攻めが告白するときのロマンティック欠片もない口説き文句も最高に面白かったです。
電車で読んでいたら笑いが止まらなくて必死に押し殺しました。先生の超絶の言葉遣いだけで萌が萌×2に…
切ないと予想していた身代わり話なのに全然切なくなくて、逆にすごく楽しく読み終わったのが印象深かったです。
攻めと受けの会った回数はそんなにないのにラフラフになるのがちょっと違和感を覚えるんですが、恋というのが理屈じゃないと思えば突っ込むのをやめました。楽しいお話、という感じて読続きめばちょうどいいと思います。

1

双子ちゃんに癒されます

初読み作家さんです。1年半前に出会った、恋した相手との再会愛になります。片思いベテランくんの、切なくて可愛いお話です。

双子のお兄ちゃんの方の航は、ゲイで、好きな人と上手くいったためしがなくて、片思いのベテランです。そんな航が好きになったのは、弟の翔と同じ大学のイケメン俳優の櫂です。
翔の代わりに弟の大学に行った航は、櫂と仲良くなれるのですが、櫂は弟が好きだと気付いてしまうのです。

航と翔の仲良しぶりが萌えます。お互いに好きで、お互いに心配して、お互いに過保護になって…。双子ちゃん達の溺愛ぶりが一番好きでした。

航の恋愛のお話では、切なくて何度か涙ぐみました。純粋でちょっと鈍い航と、明るくて優しくてグイグイ引っ張っていく櫂は、お似合いのカップルで、読んでいて気持ち良かったです。
店長さんもイイ人で、弟たちカップルのお話も読みたいです。

4

安心の王道

ひさびさの自分的ヒットでした!

読みやすくて、キュンキュンしながら
サラっと読み終えてしまった!
双子ちゃんの性格がとにかく可愛すぎる!
兄ちゃんの方は、いままで
よく独り身でいられたな(笑)ってほど可愛いー!

攻めの藤堂くんも普通の男の子でよかった(芸能人なのに)
兄ちゃんはうぶなのに展開早くね(*^^*)?とも
思ったけどエロかわいいし
エチのシーン好きだからありでした(笑)

ムク先生のイラストの雰囲気が
物語ととっても合っていました!

4

片思いのベテランである受けに共感しました。

新刊チェックで粗筋を読んで少し気になっていたのですが、
特典ペーパー付きですが、今回は購入を諦めていました。
しかし、いつもの書店で新たに特典つきフェアがあり、
フェアの機会に新本で購入しました。

受けの航くんがいつも好きになってしまうのは、
彼女がいる男の人ということですが、
私も、好きになった人は いつも既婚者や彼女が既にいる人ばかりなので、
自称、「片思いのベテラン」である航くんと境遇が似ていると感じ、
航くんの気持ちが痛いほどよく分かり、痛いほど共感しました。
最終的には航くんの片想いが実りましたが、
まるで自分のことのように嬉しかったです。
航くんをずっと応援しながら読んでいたので、
無事に恋が成就して本当に良かったと、感無量な思いになりました。
読後は、私の分までこれからは幸せになってほしい
という思いで一杯になりました。

攻めは優しいイメージでずっと読んでいたので、
最後の濡れ場で急に俺様な性格に変わった時は、
まるで別人みたいに感じて、違和感を覚えました。
読み返してみても慣れないです。

航くんの双子の弟、翔くんと、店長続きさんとの馴れ初めや
恋愛関係に至るまでの過程などが気になりました。

翔くんの、航くんへの溺愛ぶりや、
双子ならではの二人の遣り取りが微笑ましく、
読んでいて癒されました。

今回は、あまり迷うことなく「萌」評価です。
物語の内容や展開、人物設定など適度に萌えました。
全体的な評価は「萌」ですが、航くんに共感した所は「萌×2」評価です。

4

双子ちゃん

双子って、性的嗜好もやっぱり同じになっちゃうのかな?

無自覚フェロモン系のお兄ちゃんと、ブラコン弟。
美人双子の入れ替わりストーリー。
この作品の主人公はお兄ちゃんの方。
ど近眼でもっさり眼鏡のお兄ちゃん、男しか好きになれない自分の事を弟にも知られたくなくて、自分は一生片思いを繰り返しながら一人寂しく生きていくんだと、かなり悲壮に決意しているのですが、そんな決意も虚しく、バレバレのダダ漏れでまわりを振り回しちゃう。
甘あまで、カワイイお話。
このフワフワお兄ちゃんとノンケだったはず俳優くんのお話も、これはこれでかわいかったけど、しっかり者弟くんとゲイのやり手オヤジのお話も読んでみたいな。

2

双子萌え

双子萌えするし全体的に可愛くてハートがちりばめられた甘いストーリーでした。
恋する苦しさとか辛さを感じる前の作品と申しましょうか、
片思いしていた相手と相愛になって今まさに幸せの絶頂にいるという話は好きです。
続編が出ればこれから喧嘩したり嫉妬したり相手の立場に振り回されたりするのかもと
思える設定ですが、この作品はその手前の出来たてラブなのです。

受けである航は黒縁ビン底メガネで自分では冴えないネガティブタイプだと思っていて
ゲイゆえに片思い歴生きてきた歳という奥手さんです。
そして双子だけど自分とはまるで違う明るくて可愛い弟がいるのですが
その弟が自分が移してしまったおたふくかぜになって大学の講義単位が足りなくなると
弟が可愛くて仕方ない航は替え玉になって大学へ。

そこで出会うのが、過去に1度だけ会ったことがある攻めの藤堂で第一印象は
変人だけど不思議に印象に残る人で藤堂をTV画面で再会したときから密かにファンに
なっていたので、弟の身代わりで再会したときはかなりびっくりしファンだと知っている
弟が何故自分に教えてくれなかったのか違和感を覚えること続きから始まります。

全ては過小評価しがちでどこか危なっかしい兄を思っての弟があえて藤堂のことを
言わなかったと後にわかるのですが、航はどんどん藤堂に惹かれるけれど、
藤堂は弟が好きだと思い込んでしまう展開になりますが、それもせつなさ辛さよりも
どこかほんわかふんわりした甘い王道的なラブに感じるのも不思議です。
作品自体に大きく出てこないけれど弟と年上彼氏も登場し、兄は天然純情タイプで
弟はツンデレタイプ、それぞれのラブも甘いのですが、双子兄弟の仲良しぶりも
身びいき全開な感じでほんわかするストーリーで楽しめました。

5

ただ、ただ、かわいい・・・

きっと本格派小説をご希望の方にはまったく物足りないと思われるお話。
でも、個人的にはこんなお話が好きなのでおおむね満足の内容でした!

よくある双子の入れ替わりもの。
個人的にはこういう入れ替わりもの好きなんですよね~。
双子の兄 航くんが主人公。
双子の弟 翔と大学進学を期に上京して二人暮らし。ものすごく仲の良い双子で顔そっくりなのにお互いを一番可愛いと言って憚らない、傍から見たら『大丈夫!?』って感じなんだけど、かわいい。
翔は友達も多く、陽気で勝気の明るい性格でブラコン。始めは兄ちゃんが好きなのかな?って思うくらい。主人公の航は真逆の性格で全体的にポワポワしてる。でも、イラっとさせられる感じではなかったので読みやすかったです。
攻めは駆け出しの俳優で翔と同じ大学に行ってる藤堂櫂。
物語は航と藤堂がであった一年前から始まってて、双子(航と翔は違う大学)が入れ替わったのをキッカケに動き出す、けど・・・読んでてだいたい想像つくラストです。
私個人は安心して読んで、わかってるけど切ない時にキュンとさせてくれるお話大好きなのでよかったです。

今度は翔バージョンもあ続きるのかな・・・店長気になるけど、もう出来上がってるCPだから・・・どうだろう。
ヤンチャ受は興味ないから、私的にこっちのCPでよかったです。

4

双子ですよw

受け様は双子の兄で、男性しか好きになれず
ノンケの人にいつも恋していて、何もしないまま失恋してしまう
片思いタイプ

双子の弟として受け様は攻め様と友達として付き合っていくのですが
攻め様から「好きだ」と言われ、弟の事が好きなんだと
受け様は打ちのめされちゃいます(;^ω^)
キスまでされて、やっと弟ではなく兄の方だと打ち明けるのですが・・・

「雪だよ」という告白のいい方いいですね(*´∀`*)印象的でした
今回は兄バージョン・・・次は弟バージョンですかね??

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ