闇にあかく点るのは、鬼の灯か君の瞳。

yami ni akaku tomoru wa oni no hi ka kimi no hitomi

闇にあかく点るのは、鬼の灯か君の瞳。
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
0
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
小説
出版社
KADOKAWA
シリーズ
発売日
ISBN
9784041106907

あらすじ

少年の姿のまま、永い時を生きる不思議な存在・タケル。彼と「運命の相手」が出会うとき、凍りついた時間は再び動き出し、そこに事件が起きる――。少年たちの危うさと切なさを描く、ミステリアス・ミステリー。
「そいつを摘むと人が死ぬんだぜ」―曼珠沙華の花が好きだと話す秋彦に、そんな言葉を遺して幼なじみの武は消えた。四年後、成長した姿で「タケル」が帰ってくる。彼は本当に、あの武なのか?疑問を胸に秘めつつも、秋彦はタケルに惹かれてゆくが…。

表題作闇にあかく点るのは、鬼の灯か君の瞳。

タケル
雨月 高校二年生

同時収録作品曼珠沙華

タケル
秋彦

評価・レビューする

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ