GURI+GURA

guri+gura

GURI+GURA
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×27
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
7
得点
47
評価数
13件
平均
3.7 / 5
神率
15.4%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックスDX(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥629(税抜)  ¥679(税込)
ISBN
9784799714812

あらすじ

N.Y.の廃ビルで起きた殺人事件。
遺体からは無残に心臓がえぐり出されていた。
捜査に当たるのはホープ署のベテラン刑事・グランと新入り刑事の亜久里だ。
強引な捜査で報告書ざんまいのグランとは正反対で、亜久里は物がキチンと並んでいないと文句をつける細かい性格だが、実は触った物から前の持ち主の記憶を読み取る“能力”を持っており…。
特殊犯罪を取り締まる凸凹コンビが誕生!

表題作GURI+GURA

アイザック=グラン 刑事さん 勇人の先輩
亜久里 勇人 新人刑事さん グランの後輩 

評価・レビューする

レビュー投稿数7

これもBLなの?

これってBL?って言うくらい、イチャイチャのない作品でした。
お話としては特殊能力を持つ人達とかが出てくる刑事物。スペックみたいなもんですね。BLとはまだまだ思えませんがストーリーとしては映画みたいで楽しく読めます。
ただ、私としてははっきりわかるBLを期待していたので肩透かしでした。

0

でこぼこコンビは名コンビ

 事件現場に貼る「規制線」を真っ直ぐに貼ろうとする亜久里と、それをぶち破るグラン。
性格が違いすぎる二人ですが、彼らはeggという、規格外の人間が起こした事件を専門に調査する部署の刑事で「相棒」なのです。

 コースターの置き方もきちっとしていないと許せないという亜久里、力尽くでも事件を解決しようとするグランは、その性格や行動は正反対なのに、なぜか一緒にいると上手くいくから不思議です。

 禁漁区でラスティーという子どもを追ううちに、ブラックビーのゼロ=クレイスに協力を求めることになるのですが、彼も彼でまたいいキャラです。

 事件が核心に迫れば迫るほど、まるで海外ドラマのようなテンポになり、とても楽しく読み終えました。キスひとつでも二人の考え方は違うのに、なぜか最後まで目が離せなかった作品です。

1

NY刑事もの

真東さんの描く独特のNYが好きです。
FAKEの時と同じ感想ですが、ノリも世界もアメリカンテイストで快活なキャラクター達。ただ、FAKEと同じ刑事モノでもこちらは「特殊能力」を持つ人々が出てくるというちょっと違う味付けがなされています。

もともと糖度の低いお話が多い作者さんですが、この巻ではほぼ何の発展もありません。キスはするけど相思相愛でするわけでなく罰ゲームみたいなノリです。BLじゃなくても読める感じの作品も好きですが、このへんは続刊に期待します。

主人公のグランは軽快で威勢が良い主人公らしい主人公。
もう1人の主人公、亜久里は最初見たときは珍しい個性的タイプな気がしました。もともと無口で暗いキャラにしようとしていたのを変更したとありましたが、こっちの亜久里のほうが断然面白いと思います。
今後2人が相棒としても恋人(になるのか)としてもどうなっていくのか楽しみです。

1

ワクワクします

FAKEにめちゃくちゃハマった私としては、嬉しくて仕方がない新作です。
舞台もNYで、海外ドラマや映画を思わせるようなポリスストーリーになるんでしょうか。特殊能力(egg、と呼ばれています)を持つ人が普通に存在する世界観の中で、グランと亜久里、という二人の刑事が颯爽と自由に動き回る。そういう作品になるのかな。この二人には”コンビ”よりも”バディ”って言葉がぴったり合うような気がします。

この1巻では二つの事件を通して「GURI+GURA」という舞台の最低限の説明がされています。二人が所属する部署について、eggについて、禁猟区について、BB(ブラック・ビー)というギャングについて、などなど。
もちろん全部じゃないのでまだまだ謎に包まれているところも多く、風呂敷を少しずつ広げている感じがして次への期待を持たせてくれます。
それから、背景をしっかり書き込んでくれているのもすごく嬉しい!室内だけじゃなく、屋外の風景もしっかりと描かれていることで、この舞台や世界観をよりリアルに想像できるんじゃないかな、と思います。

ただ、BL作品だと思って読むとちょっと物足りないかも・・・
続き
FAKEの時も思ったのですが、恋愛ありきで事件が付随されているのではなく、あくまでも主軸は「GURI+GURA」という舞台であり世界観で恋愛は添え物程度、なんだと思えます。少なくとも現時点では。なのでそういう意味では評価が分かれる作品かな、と。
個人的にはそのまま突っ走ってほしいところです。いっそ、恋愛要素なんて皆無でも全く無問題!な勢いなのですが・・・
どうなるかなー掲載雑誌が雑誌だけに・・・

FAKEはバタバタと物語を畳んで終わらせちゃったっていう印象だったので、今回は最後まで描き切ってほしいな、と切に思います。

2

勘繰りたいタイトル

まったくたまらないですね、この疾走感は。
本質が重たい話でもスピードで読ませるのは
正に才能です。
…などと手練れの方に対して今更の褒め言葉では
ありましょうが実際酔ってしまったものは
仕方がない。不可抗力と言う奴です。

今のところの展開ではタイトルはこれで正解って
所ですね。あとは巻を重ねる毎のお愉しみって
所でしょうか。
たとえばタイトルが物語の中で有効活用される
展開ってのも期待される訳ですね。
あと注目したいのは同僚の姐さんの立ち位置ですが…
その立ち位置を譲って戴くのに袖の下は
いくら要りますかね?

4

続くんですね…?

「あ、これは私の好きそうなやつだ!」と本屋さんで表紙に一目ぼれ。
勘は当たっておりました。
ただ誤算は、どうもこれがシリーズの第一巻っぽいというところ…(涙)

主役のふたりが『規格外』な人間だから、海外刑事ものとはいえ、すんなりとお話に入っていけました。
ようするに、特殊な能力を持った人たちのお話なんですね。
だから普通ならありえない事件でも、この世界ではありえるし、それに対応する部署もある。
亜久里(受?)の特殊能力はあらすじにあるとおり。
グラン(攻?)の特殊能力は…まあ読んでたらすぐにわかるのでここでは伏せ。

ふたりとも最初からキャラが立っていて、ぐいぐい読ませられる。やり取りが楽しいんですよー。
相棒で対照的なふたりというと、やたらいがみ合っていたりとか、互いが操作の邪魔をしがちだとかになりやすいと思うんですけど、このふたりはそんなことないです。
とくにグランなんかは亜久里の能力を無条件に信用してるし。
(そこはやはりグランも規格外だからか?)

ただ最初に言ったとおりこれは続くようなので、ラブ面はまだ少ないです。
謎の刑事サリバンやグランの続き幼馴染クレイスなど、気になるキャラクターなどもいる。
早く…早く続きを読みたい。

絵柄は表紙のとおり。少年漫画みたいといえばいいでしょうか。そんな彼らがドカドカ軽快に動いてる。
個人的に好きなのは、おっきい口。眠たそうな目。
あと脇役のおっさんがちゃんとおっさんなところ。
キャラクターが間違いなく萌えなので、萌×2なのです。

特殊能力持ちな主人公が好きな方におススメしますー。

4

絵との相性

ネタバレ有です。
ストーリーのシチュエーションは、
キャラクターの立ち回りやストーリーの持って行き方等を見ていると、
刑事物海外ドラマ+ファンタジー要素有 洋画劇場でもやっていそうなお話 
というのが第一印象でした
小説では、刑事物って結構多いですよね
が、コミックでは、個人的にはちょっと少なめな感じがするので、
絵で楽しみたいと思っている方にはお勧めです
私は、絵が、物語の世界観にぴったりに感じました
ニューヨークの裏の顔も、リアルすぎない絵で、読みやすく、
表現されてるなぁとも思いました
結果、楽しみながら読めました そして絵の重要性を改めて感じました 
最初のカラー挿絵、素敵です

二人とも、ちょっとした能力を持っている刑事です
最初はよくある、凸凹コンビかと思っていたんですが、
お互い何かと抜けているんですよね
この人たち刑事さんだけど、大丈夫かなぁとちょっと心配になるところも
凸凹感も出ていて、尚且つちょっとした共通点もある 
凸凹感って下手するとしつこさにつながる事もあるので、
このあたり、作者の方、うまいなぁと思いました

ちょ続きっとした怪奇事件を解決しながら、関係を徐々に深めていき、濡れ場は無いですが、
最後の展開で、グランは亜久里の性格を見抜いていることも分かり、
これからもうまくやっていきそうなカップルでした 

個人的に気になるのは、クレイスとグランの過去 
腐れ縁ですが、クレイスの台詞でかなりの信頼関係であることも伺えるので、ちょっと見たかったかも

普通に楽しめたので、萌で

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ