媚の凶刃(1)

bi no kyoujin

媚之凶刃

媚の凶刃(1)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神89
  • 萌×235
  • 萌7
  • 中立0
  • しゅみじゃない6

--

レビュー数
18
得点
606
評価数
137件
平均
4.5 / 5
神率
65%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
スーパービーボーイコミックス(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784799714843

あらすじ

梅崎組を継ぐよう、実父である組長から告げられた加賦だったが、どうも気が進まない。
一方、周囲から跡目だと目されている佐川は、加賦の忠誠を測るため、彼の稼ぎ頭であるフロント企業、もしくは韮沢を、自分に寄越せと言ってきた。
加賦にとり韮沢は、使える手駒であると同時に、可愛くて溜まらない情人だった。
果たして加賦は彼を手放してしまうのか…!?
加賦&韮沢の激甘番外編と出会い編も収録♥

表題作媚の凶刃(1)

加賦
韮沢 

その他の収録作品

  • 怖い怖いも好きのうち?

評価・レビューする

レビュー投稿数18

カッコ良すぎる受け

やくざものが苦手な方でもギリギリOKなレベルの血なまぐささなのでお勧めします。絵もとても綺麗でお話も素敵です。でも読みすすめていくうちに受けの韮沢さんのかっこよさが凄すぎて受けじゃなくて攻めでもいいんじゃないかと頭の中で勝手に転換してしまいそうになります。攻めの加賦さんも男気は十分にありますがそれを上回る男気がある受けが凄い!最終的に逆に落ち着くのも有りです。というか希望します。攻めの韮沢さんが見てみたい!

0

韮沢に惚れ込んだシリーズ2冊目!

どの作品もキャラに萌えて仕方ない池玲文さんなのですが、このシリーズの受キャラ〔韮沢〕だけは前作「媚の椅子」を読んだ時点では全然好きになれなくって、なんでこの作品が一番人気なんだろう?と凄く失礼なことを思っていました。
が、本作より先に買って読んだ「PINK GOLD 5」収録の番外編で韮沢の印象が180度変わりまして。
続けてこちらも読んでみれば、なんだよ韮沢めちゃくちゃカッコいいじゃないか!と。
「好きな相手の為なら死んでもいい」っていう自己犠牲型の人間は嫌いなんですけど、「欲しいものは命と引き換えてでも絶対手に入れてやる!」っていう自己中気味に貪欲な人間は大好きなんですよね。
前者かと思った韮沢は気持ちいいくらいに後者で、むしろ行き過ぎているくらいの執着心に一気に惚れ込んでしまいました。

キャラさえ好きになれば、あとはもう萌えて萌えて仕方ないのが池作品。
今では理想のヤクザBL第1位に君臨しています。
1月に2巻が出て完結しましたが、結末まで含めて理想的過ぎます!
大好きなシリーズです。

結末に関しては2巻のレビューで思いの丈をぶつけるとして…
1巻の見続きどころは、韮沢のことが可愛くて可愛くて仕方ない加賦さんのダダ漏れ感と、ジタバタするような甘さと胸がぎゅーっとなる切なさがジェットコースター並に激しくアップダウンを繰り返す展開と、韮沢の七変化でしょうか。
ダダ漏れの加賦さんのセリフには何度萌え殺されかけたことか…(悶絶)
韮沢の七変化は単純に見た目に楽しいというのもあるのですが、深読みするなら、これもまた韮沢の「目」を際立たせるためだったりもするのかなと。
見た目を変え、サングラスで目を覆い、全く別人のように見せていても、加賦の前でグラスを外した目の描写が入った途端に「韮沢」になるんですよね。

本編は緊張感を残しながら2巻へ続きますが、最後に入っている番外編がこれまた殊更に甘々で最高に萌えました。

1

​ キャラに萌えて仕方がないのです

​ 本日『媚の凶刃2』が発売ですね!楽しみで楽しみで帰省の旅行中に何度もこちらを読み返しました。ここにきて加賦はメロメロを隠さなくなってきましたね。帯に堂々と「畜生・・・可愛い。」って(//∇//)

 二人の出会い編が来ましたー!いいです、ものすごくいいです!加賦のラフな服装や韮沢の長めの髪とか見た目も楽しめるし、なによりも壮絶なまでに加賦を好きになってしまった韮沢の変化する姿にきゅんとしちゃって「馴れ初め描いてくれてありがとーっ」て叫びたくなっちゃう。
 韮沢の変化に動揺する加賦が更に萌えで、やくざモノなのに純で甘くて、読みながら赤面してしまうぐらいたまらない気持にさせられます。
 甘いだけじゃなくてストーリーも目が離せません。すわ「まさかのリバ!?」と驚愕したシーンに、韮沢の幼い頃の回想、そして組の跡目争いとグイグイ読ませる展開に、二人の情交が挟まれて読みごたえのある一冊になっています。
 池先生のファンタジーが大好きなので、やくざモノは『神』にはならないかなーと思っていたけれど、加賦の「しがらみ全部忘れて」から「笑ってる顔が好きなんだ」の告白が聞けるベッドシーンには何続き度読んでも涙が・・・。池先生の描く攻めの台詞は本当に萌えるんだよなぁ。なんでこんなに可愛くて愛おしい台詞が似合うんだろう。好きだー!
 番外編の加賦の甘やかしっぷりも最高です。浴衣を着せてあげたり、お弁当を「あ~ん」してあげたり、若頭の肩書とのギャップに韮沢じゃなくてもデレデレになってしまいました。2巻早く届け―!
 

4

強面のイチャイチャにキュン♡

続編と知りつつ前編は痛そうで読まないいまま
甘い甘いと聞いてたこちらを先に読んじゃいました。

前編を読んでいなくても困ることはなかったのですが
もし前編の痛さの上にこの甘さが成り立っているのなら
更に萌えまくったんだろうなー(Φ∀Φ)と思うとチト失敗??

読後の印象は
甘ーーーーーーーい!!!(///Д///)ニヤニヤ
強面の厳ついヤクザなのに、ラブラブイチャイチャしまくってた!
という感想しか出てこないくらい、甘いシーンが印象的でした!

跡目問題や薬の売買、殴られまくって顔を腫らすシーンもあるんですけどね
(むしろ、それが本筋)
そんなハラハラと命のやり取りをしてるシーンよりも
2人が想いあって相手を欲してる甘さの方が上回ってて
キュンキュンさせられました!

裏世界的なお話は苦手なのですが、読んで良かったです(=´∀`)人(´∀`=)
もっと甘さを堪能する為に塩も必要だとシミジミ感じたので
前編も読んでみようと思えました!痛いの怖いけど・・・

これ1巻なのですよねー。痛い展開前の糖分なのでしょうか。
2巻以降はハードになるんじゃ続きないかとちょっとビクビク(T ^ T)


1

究極の選択

『媚の椅子』の続編です。加賦と韮沢の出会った頃の話とか、甘々な二人が楽しめます。シリアスなヤクザものは好きじゃないんだけど、池玲文さんのこの作品は好きです。

韮沢の過去の話では、父親が最低過ぎて。優しくされた加賦に傾倒するのもしょうがないかと思えます。
そんな加賦が今回は、韮沢を溺愛してます。

そして、組のために迫られる究極の選択。しのぎを譲るか、韮沢を譲るか…。

苦悩する加賦に、韮沢への愛情が伝わってキュンキュンします。
韮沢も、加賦のためなら命さえも惜しくなくて。
相変わらずの危うい二人にドキドキします。
これから佐川との抗争も控えて、続きがとても気になります。

5

番外編までオイシイ

本編については皆様書かれているので、番外編の個人的な萌えポイントを。

番外編は本編で韮沢に話を切り出す前の二人きりの離島旅行のお話ですが、とにかく韮沢をとびきり甘やかす加賦がすごく良いです。

特に印象的なのが、韮沢が露天風呂の岩場でことに及ぼうとするんですが、「そこじゃ背中が痛いだろう」と言う加賦と、「どうせ傷だらけですし」とキョトンとしている韮沢の対比。

韮沢の答えに興醒めな加賦さんが愛おしい…!
可愛い情人を気づかっているというのに、当の本人が全く分かっていないという。
その時の表情が何とも言えないんですよね。

後は風呂上がりに浴衣を着せてあげたり、夕飯で「あーん」してあげたりと甲斐甲斐しい若頭が素敵。
もうず~っとこんな風に韮沢をドロドロに甘やかして欲しいと思ってしまいます。

でも、この後二人が離れ離れになることが分かっている読者サイドとしてはすごく切なくもあって。
そのさじ加減がたまらなくイイんですよね。

本編ではようやく韮沢が加賦の想いを受け止めて、幸せにほわほわしている所で終わっています。
もちろん、心はほわほわしていても頭では続きしっかり自分のやるべきことを考えていて、どこか幼いのにクールでクレバーな所に惚れ直しました。

本当にこの二人はどちらもそれぞれに魅力的で、読み込む度に惹きこまれてしまいます。

今は「媚の椅子」「媚の凶刃」「PINKGOLD5」を交互に読み返しながら(笑)続きを待ってます!

4

仕事と韮沢どちらが、と聞いたところで


あー依存愛。いい。
攻受だからか韮沢は恰好良く見えるし逆に加賦さんは可愛く見える…。
過去編では、ちゃんと加賦さんも若いことに再読で気付いてむふふとなっていました。

加賦さんの話す言葉に韮沢の価値があるのもいいし、おもすぎて痩せてしまう韮沢のいじらしさといったら…。加賦さん困っちゃうよね、いとおしすぎて。

余談だけどコウキくん?恰好良い。
彼サイドの話欲するくらい。

池さんのはもう一つ読んだものもこういう押しの強い従順な年下受だったけどおいしい。ちょっと加賦さん受も見たかったというのが本音。
溺愛で、溺愛すぎて、それに生きる為の仕事が纏わり付いているから動くのが、息をするのが苦しそうに見える時があります。それでもどちらもやめられない。
愛することも、生き方も。そう映りました。
どちらかやめたら楽になるのかといったらそういうわけでもないのだと思います。結局、どっちも欲しい。
だから苦しむ。それでいいのだと。
韮沢は加賦さんだけでいいのだろうけど、それじゃ自分の生きている意味にならないと思うし、加賦さんには今の仕事が生き方として在ると知っている気がする続き
知っている分、韮沢がいれば。それでいいと思っているのにって悩みつつある加賦さんより見るものは一点で楽なのでしょうか。加賦さんにはそれ以外もあるから…

最後もストーカーぽい韮沢再来で終わっています。
次巻のいちゃいちゃも楽しみ。不幸訪れませんように;;

1

はやく次巻を早くっ!!

ヤクザの若頭:加賦成晃×ヤクザ:韮沢柊です。
「媚の椅子」の続編です。今回は加賦と韮沢の出会いから始まります。
ていうか、韮沢が意外に若かったことにびっくりしましたね~。
まぁヤクザになるくらいでしたから幼少時も大変な目にあってたみたいですね・・・。韮沢の父親は最悪だな~ってホントに思いましたよ。

そして現在の話になって、上の命令で加賦と韮沢が離れることになります。
初めは韮沢も嫌がって、加賦を襲うくらいでしたが、結局離れることに・・・。
個人的にはその時の加賦の慌てぶりが少し・・・少しだけ萌えましたw

でもねぇ~。離れたあとの韮沢のやつれようがマジで可哀想でした。
早く佐川をつぶして加賦のところに戻してあげて!って思いますね。
そしてぶっちゃけ早く金髪から黒髪に戻してほしいし、次巻も出してほしいです・・・。続きが気になって仕方がないですねぇ~。一体どうなることやら・・・。

2

のっけからエロエロじゅるじゅる。
正直なんのこっちゃい・・と思いながら読んでおったわけですが
「媚の椅子」の続編なのですね・・・先に言うてくれ(´∩`。)

ともあれ、ヤクザ~な世界の抗争含めで
ひと波乱ありそうな、序章的な1巻でしたな。
相変わらず攻にどっぷりな受と、そんな受がかわいくて仕方ない攻。
だけれども周囲はそんな二人に甘いわけもなく。
完結してからガッツリ読み返したほうが面白いのかな。な読後でした。
うーん・・前回の「椅子」の自分の感想を読むとかなりハッスルしてたようですが
今回はそれほどでもなかったのが残念。

エロさは満点だったわけですが。。。

2

続くのね

前作というか、「媚の椅子」読んだのずいぶん前だし、多分もう本残してないな。
まあ、とりあえず「媚の椅子」が思い出せなくても、あまり問題なさそう。
それよりも、この話、まだまだ全然導入部って感じ。
これだけだと、ただひたすら加賦と韮沢がいちゃついているだけとしか、、、。
ヤクザ物としての組の継承を巡る丁々発止みたいなストーリー展開は、ほんの片鱗。
せっかくいい感じに悪渋い敵役の佐川の出番があんまりない。
池さんの緻密な絵が充分活かされた、佐川のようなBL美化されていないオヤジキャラは
結構貴重なので、次巻での活躍に期待したいわ。

3

美しき極道

『媚の椅子 』既読。
最初の方で、主人公二人の間の経緯のあらすじ程度の振返りがあるので
前作を未読でも分からなくはないが、読んでいた方が面白く読める。


韮沢の狂おしいまでの盲目的な愛は、前作でもよく分かっていた。
前作では、最後あっさりデレちゃった加賦が不満で、
もっと苦悩しながらジリジリいけばいいのに……と思った私。

今作は、そのデレちゃった後の話なので、基本両想いの甘い展開……
と思いきや、跡目相続に巻き込まれ、二人の間柄も揺るがす。
実は自分が愛されている事を理解していなかった韮沢。
加賦と離れなければならなかった時の、ご乱心ぶりは切ない。
加賦は自分のもの!と襲おうとし、更には殺して欲しいと願う韮沢。


「執着愛」は基本それほど好みではないのだけれど、
韮沢は、なんとも可愛くて抱きしめたくなる。
彼の過去と絡むのであろう、不安定さや純粋さ、
自分の命は加賦のもの、加賦の為ならば命を投げ出す僕でありながら、
一方で「加賦は自分のもの!」と燃え上がるような所有欲を抱えている
その激しさが好き。

そして、自身の立場故に愛のみに生続ききられない加賦の姿、
その強くてストイックな姿もまた好き。


二人の出会いも描かれ、番外編では
ご乱心の直前に当たる、離島への甘い小旅行の様子が描かれている。
両想いになったあとなんだけれど、一筋縄でいかない本編も好きだけれど
甘々エロエロ、でも本編の展開を考えると根底に切なさを秘めた番外編もいい。

ああ、はやく2巻が出ないかな!
評価は途中ということもあり、神よりの萌×2で。

2

過度な優しさが逆に不安を煽る

とにかく加賦が優しくて甘くて、どれほど韮沢を大切にしているのか。
ヤクザものなので分かりやすくはないのですが、韮沢の扱いに戸惑うちょっと溺れ気味な姿がキレキレの雰囲気とのギャップになって癒されます。

韮沢との出会い。そして「媚の椅子」以降の2人の在り方。
ナイスミドルな父親の鶴の一声によって発生する新たな問題。
隙を見せたら刺される。
取り巻く環境が殺伐としているせいか。ちょっとの優しさに重みと意味があるような気がしてなりません。

韮沢の加賦に対する執着が、距離が離れれば離れるほど狂気じみた不安定さに苦しくなります。
アバラの浮き出た姿が殴る蹴る以上に痛ましく。
韮沢自身がようやく加賦の心に触れた。と実感できた。
1巻全てでようやく報われたなと思う、苦痛のない次巻までのお預けにホッとしました。

1

ハードなヤクザもの

いいですね、BL外と同時発売になっているこの1冊も狂おしいほどの恋情と
ハードな雰囲気のヤクザモノでしびれます。
イラストの雰囲気が暗部的でエロイのも最高です。
可愛いものは好きだけどヤクザものも大好きなのでとても面白かったです。

受けになる韮沢のどこかピュアにも見えるヒナの刷り込みのような執着が切ないほど
苦しく感じますが、始めはヤクザものとしてぬくもりを求める相手に欲しがるものを
ちらつかせるうちにいつしか自分がハマってしまう加賦の苦悩も感じられて切ない。
韮沢は手放せないほど可愛い、でもヤクザとしては手離さなければならない選択。
それを知った韮沢の狂気的な反応は抱きしめてあげたくなるほど希う姿で切ない。
次回作が非常に楽しみでたまりません。

8

続けて読んだ方が面白かったです

媚の椅子からの続編。
これは絶対続けて読んだ方がいいです。
前作は煮詰まった韮沢が切なくてめっちゃ萌えたので、大喜びで読んでみたら、あら??
こんな話だったっけ?と、もう一度前作から通しで読んでみた感想です。

韮沢の思いにほだされた加賦との蜜月からはじまります。前作は韮沢がかなり可哀そうだったので、幸せになってよかったねぇとほっこり。
そこに跡目問題が絡んできて、いろいろと起こります。今のところ韮沢と組との板挟みな加賦がどう決着をつけるか、という流れのようです。
加賦に何をされてもうれしくなってしまう韮沢がかわいい。加賦も落ちてるくせに素直になりきれないところがかわいいwほんとは可愛がりたくてたまらないのをぽろぽろ出してくれるところが萌えポイントでした。

今回は1ということで、加賦が跡目争いに参加し、韮沢取り戻すことを決意して終わっているので、これからどうなるのか楽しみです。
・・・でもなぁ二人ともヘタレっぽいんで、気持ちよく勝利はないんだろうなぁ。既にお互いデレデレなのはわかってるんで、いっそ激甘の愛の絆で勝利してほしいです。

3

待ってました!

私にとって実は、池玲文さん作品のなかでもダントツにキャラ萌えしてしまう、加賦と韮沢。
無事2冊目が刊行されて、嬉しいです!
しかも1冊まるまる二人の話なんですもの、内心小躍り状態です。

メインが『媚の椅子』の後の話になるので、基本は甘々。
痛いシーンも前作よりかは減ってると思います。
加賦がどんな無体なこと言っても、可愛がってるのは丸見えだし、
韮沢の加賦への気持ちはさらに加速w
準備万端だわ、時として襲っちゃうわ、加賦相手だと韮沢がめちゃエロ可愛くてたまらない!
ヤクザの主従関係でありながらも、部下である韮沢の盲目的な愛に翻弄される加賦、
という図式が相変わらずあって、
やはりこの二人はずっとこうであって欲しい!と思ったりします。

また何故韮沢が加賦に執着するのか、という過去話もちらり。
出会いの話と韮沢の父親のことが語られる場面があるのですが、
正直そこをもっと掘り下げて描いて欲しかった、と思います。
池さんのことなので、きっとBL作品としてのことを考えた結果なのかもしれませんが、
私としてはBLであること以上に人間ドラマをみたいのです。
続きけては見えるけど、もっともっと深いところが見たいのです。
それゆえに気持ちの面は盛り上がっても、どうしても-1という評価にせざるを得ないのでした…。

ラストにやっと気持ちの上で通じ合えた二人。
覚悟を決めた加賦と、初めて"愛されている"という実感を持ちえた韮沢が
どうこの抗争に決着をつけていくのか、2巻がとても楽しみです。
…あっさりとこの話を終わらせないで欲しいと思っているのですが、さてどうなるでしょうか。
敵役にはぜひ足掻いてほしいですね。

そしていつか、加賦が韮沢の想いを恐ろしく感じた時や、韮沢のことを愛おしいと思い始めた時点の話を出してくれることを期待して待っています。

4

甘さ大幅UPの新章です☆

『媚の椅子』続編。
冒頭に二人の出会い編があるので、前作未読でも入りやすいのではないかと思います。


ヤクザ若頭の加賦(攻)と、
加賦の右腕で彼にベタ惚れな韮沢(受)。

加賦も韮沢が可愛くて仕方ないのに、
次期組長候補の佐川に韮沢を差し出すよう言われたら
立場上断れない。
せめて一緒にいられる間だけでもと、
韮沢に目一杯優しくします。
誕生日を祝ったり、温泉で浴衣を着せてくれたり…。
優しくされドキドキしている韮沢が可愛く、
とても切ないです。

捨てられると知った韮沢はショックで逆上し、
加賦を犯そうとします(未遂)。
まさかのリバ!?とかなりドキドキしましたw

下着を切り裂かれ、尻を露にされた加賦は
思いのほかエロい!
元々、ギャグシーンで韮沢に怯えてたり呆れてたりする顔が色っぽいな~とは思っていたのですが、案外ガチで受け身もいけるかも?(ないかw)。

「うるせぇ!!テメェは俺のモンなんだよ!!」
と、韮沢が加賦の首筋に噛みつくシーンには
狂おしいほどの情念が表れていて息を呑みました。
でも結局挿入できなくて、
「独り続きにするくらいなら殺して下さい」
と泣き崩れる姿が捨てられた子犬のようで(;_;)

加賦のためならと佐川の組に入った韮沢と、
佐川を失脚させるため不正を暴こうとする加賦。
離れていても以心伝心な二人に萌えました!
久々に会い二人が愛を確かめるシーンは
韮沢がやつれていることもあり、大変切ないです!

前作よりラブ度が増した分、
ときには恋人をも駒として使わなければならない
ヤクザの世界の厳しさが浮き彫りになり、
その中でもがく二人が哀しくも美しい新章。
続編への期待が高まります。


番外編は、本編の切なさを中和して
お釣がくるほど甘甘エロエロですv
韮沢のちょっとストーカーじみた一面に
ドン引きつつも、結局そばにおいてる加賦に萌え♪

本編でも、今の問題が早く片付いて
二人のこんなシーンが沢山見られるといいなと思います。

3

ぐっと読みやすくなった任侠ラブ!ラブです!

 ドロドロ優位で痛々しい話は苦手ですが、甘々優勢な任侠ものは大好きです。絵とストーリーがシリアス調なので任侠の雰囲気が十分に堪能でき、なんちゃってダークな世界に浸りながら純愛ドラマが見られる、美味しいとこ取りな作品でした。
 よくばっちゃって、いいんですね! あとがきで作家さんご本人が「シリアスなのかギャグなのか」とおっしゃってますが、このさじ加減が大好きです。

 シリアス色強めだった『媚の椅子』の妖しい美しさはそのままに、明るいラブコメ要素が増えた『媚の凶刃』。期待以上に2人がラブラブで喜ばしい展開でした! 
 韮沢が意外と若かったという事実も判明。シリアスな雰囲気にそぐわない「好き好き」攻撃にも納得できてしまいました。カブの方が可愛いと思ってましたがニラもまだまだ子どもで可愛かった! そしてリバ大歓迎(まだ至ってませんが)!!

 いつも怖い顔してるけど韮沢(ニラサワ)にメロメロな加賦(カブ)。
 痛みや生に無頓着で狂気をはらんだ眼を持ちながら、カブに対する愛情表現は子どものように純粋な韮沢。
 ひとコマひとコマの表情について語りたいところですが自粛しておきます。続き

 『媚の椅子』の続編と言われてますが、2人の出会いから現在の話が収録されている今回の『媚の凶刃』のほうが本編と言って良いかもしれません。
 間に起こった出来事が『媚の椅子』で描かれていますが、少しハードな2人の番外編のような位置づけに思います。

 以下、『媚の椅子』(☆)と『媚の凶刃1』(★)に収録されている話の流れです。

★親から虐待されて育ち、11歳で家を出、裏社会で生きて来た韮沢。
★カブが若頭を務める組のシマを荒らし、半殺しにされた韮沢(当時17歳)。
★カブに拾われ躾けられ、カブのために生きることを決意した韮沢。

☆組の一部を任された韮沢が、元・手下の過失をめぐりカブから拷問を受ける。
☆韮沢の疑惑は晴れるが事務所はたたむことになり、再びカブの元に戻される。
☆2人のL♥DK(ラブ♥同居)再スタート。

★跡目争いに巻き込まれていくカブ。
★カブ×ニラの下剋上未遂事件(奮死寸前。2巻以降への期待が高まります)
★後継ぎを狙う佐川の下で働く韮沢(チンピラに扮した韮沢が可愛すぎます)
★カブ×ニラのラブラブ温泉旅行番外編(上目づかいにゴムを差し出す韮沢! 3個? 3個なの? 3個使えよっておねだり…命令ですか!?)

 最後はラブラブ旅行で締めくくられていて続きが待てない展開ではないのですが、カブが「ニラのものになる」日が待ち遠しくてたまりません。
「――やるよ 全部終わったら」というカブの言葉にどうしても期待してしまいます!
 萌え所はたくさんあったのですが、リバの可能性をほのめかす予想外の展開に頭が真っ白です(笑)

8

あえて

あえて、既刊を読まず、続編から読んでみました 
1って書いてあるし、なんとかなるかなーと
視点が変わるところはわかりやすく読みやすかったです
ひとまず、韮沢って人 性格歪んでるなぁが第一印象
なんで主の加賦に対して”欲しい”という感情を抱くのか
子供時代に、父親からの愛を一切受けなかった描写が、
加賦との誕生日祝いの日に、描かれていたので、加賦本人ではなく、
父親という役割の部分だけが欲しいのかなぁと思いました

そういう意味で、心だけは子供時代から成長できていないのかも
しかし、アンダーグラウンドな世界を生きてきた韮沢は、
常に、人の心の動きに対して敏感 人を簡単に信用しない
加賦の心の変化も読み取ります
韮沢のここの部分だけが、少し行き過ぎてる所もありますが、一様大人的感覚
韮沢は生きてきて、このギャップで苦しんできたんだろうなぁと思ったりもしました

こんな感じで考えを巡らせて読んでいたので、
濡れ場でリバになっていないのも、あくまで親に最終的な主導権のある、普通の親子関係をBLなりに表現しているのかなぁと思いました 捨てないでって言ってるし
続き韮沢が加賦に一発殴られた後、すぐに反省するあたり 加賦ってかなりの教育者?

終盤で、実体のあるものに重きを置き、分かってるけど分からないと言っている韮沢ですが、少し二人が距離をあけていたこともあってか、加賦だけは信用することができた辺り、騙されているかは別にして、少し成長したのかなぁとも思いました
が、温泉での濡れ場を見ると、自立までは程遠いなぁと思ってみたり 
ストーリとは別に、どんどん違う方向に私の想像は膨らんでいました 
想像ってホント怖いわ
加賦は立場上、色々迷いがあるみたいなので、続きも気になりました
ひとまず、父親の重要性を考えさせられる作品でした
いろいろ想像させてもらい楽しかったので、萌×2で







3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ