真夏の愛人

manatsu no aijin

真夏の愛人
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
竹書房
シリーズ
バンブーコミックス 麗人セレクション(コミック・竹書房)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784812454640

あらすじ

政略結婚を嫌って海里の双子の姉・帆波は家を出てしまった。代わりに弟・海里が大富豪・御門台家に融資を頼みに行ったのだが、なぜかその場で花嫁に仕立て上げられ初夜を迎えることに……? 表題シリーズ他、全5作品を収録。

表題作真夏の愛人

御門台俊之
海里

その他の収録作品

  • 輝くハニームーン
  • ブルーな季節
  • 優しい隣人
  • 花嫁の条件

評価・レビューする

レビュー投稿数1

攻の印象が全部同じに見える件

キャラクターの書き分けは大事ですよね。ま、違う話だから良いのですが。
今回表題の『真夏の愛人』は、嫁ぎものです。
幼い頃、海里は双子の兄妹ホナミと、ばあちゃんの話をきいた。
婆ちゃんは、相手の顔もしらずに嫁いだのだと。だから、自由な今の時代本当に好きな相手と一緒になりなさいね。という言葉をいまだ覚えている。
そんな中、海里の父の経営が傾き窮地に。
そんな折、ホナミの結婚話が盛り上がっていたのだが(取引)、逃げてしまった。
そこで海里に白羽の矢が立てられて・・・!?というお話。
よくある、借金のかたに嫁に行かされるというお話ですね。
到着そうそうに、白無垢に着替えさせられて、その晩のうちに美味しく頂かれてしまう。
身体に覚えこませてやると淫らな行為を続けられて~と続きます。
王道といえば王道。よくみるシーンです。
お手伝いさん達も男としっててもひるまないのが可笑しい。
身体から入った関係も、過去に実は・・な話だったり、惹かれていく受でうまくまとまっていたのではないかと思います。
濡れ場のアングルがとりあえず好きです(゚∀゚ )アヒャ

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ