鈴にまつわる5つの物語

suzu ni matsuwaru 5tu no monogatari

鈴にまつわる5つの物語
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神6
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
30
評価数
6件
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
イラスト
 
媒体
小冊子
出版社
フロンティアワークス
発売日
付いてきた作品(特典の場合)

あらすじ

ラフイラスト集
「花蜜酒抗争」
「鈴にまつわる5つの物語」

入手方法
5人の王各巻帯についている応募券3枚(コピー不可)
3巻についている応募台紙(コピー可)
読者負担金800円

表題作鈴にまつわる5つの物語

青の王(アジュール)本名:アージェント
緑の王(ヴァート)本名:セージ

評価・レビューする

レビュー投稿数2

なぜ読まずに放置していたのか・・・

届いてすぐ読まず、ずーっと眠らせてきた今作。
本編を再読した流れでようやく読むことができました。
再読した本編は、最初に読んだときよりもずっと青の王の愛が
感じられて、先を知ってるのに号泣してしまいました。
大事に大事に。

近作は、そんな本編のその後、過去含めたお話の詰め合わせ。
相変わらずポンコツの緑の王と戯れる姿が好きです。
ただ、青に能力が残っていることを隠している緑に対して
じつは・・・・な青の王の真実にすごく胸が痛くなってしまった。
命を縮めることを知っている。
でも緑がうれしそうにするから。
自分に必死にかくそうとするから。
だから。
ただ、きっとこれからも二人はずーっとこんな感じんだろうなと
思うとほほえましくも感じられる作品でした。

シアン+ウィロウのお話もありますが
こちらは外伝を読み終えてから再読予定。
なんだかんだでこの二人の掛け合いが私は好きなのです。

2

物語の続き

絵歩先生によるラフスケッチに、書き下ろし漫画、恵庭先生の書き下ろし小説5編からなるボリューミーなこの小冊子、なんとブックカバーまでついた豪華な装丁となっています。
書き下ろし漫画がすごくコミカルで楽しかったです。そして、絵が綺麗!!2014年冬のコミカライズが早くも待ち遠しいです。

恵庭先生書き下ろしの「鈴にまつわる5つの物語」とてもよかった!!
本編でひっかかりのあった、青の王のルリへの考えや、ティンクチャーがなくなって王の力もなくなったふりをしているセージへの想い、冷ややかな態度を取りながらも優しい青の王が、とてもあたたかな光に思えました。
本編最後では、5人の王の世界のその先を見たような感覚で読了しましたが、こちらは、青の王とセージの永遠を見たような感覚になりました。
ほんとうにこの小冊子を申し込んで良かった〜〜。

5つの物語のなかに、シアンとウィロウ、カゾンとウィロウがらみのお話も入っていますが、ウィロウ絡みはコミカル路線になるので読みながらほほがゆるみっぱなしな状態になりました。特にシアンの全裸はちょっと・・・(笑)

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ