桜花学園シリーズ最新作!

プロポーズは千年をこえて

propose wa sennen wo koete

プロポーズは千年をこえて
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
KADOKAWA(アスキー・メディアワークス)
シリーズ
B-PRINCE文庫(小説・アスキー・メディアワークス)
発売日
価格
¥640(税抜)  ¥691(税込)
ISBN
9784048664950

あらすじ

名門・安宮家の「お浄さま」として、幼い頃から神様にお仕えする特殊な生活を送る安宮。ある日、桜花学園で問題視される不良の西嶋に危ないところを助けてもらう。
長身で大人びたルックスだが、悪い噂が絶えない西嶋。けれど唯一安宮を特別扱いしない彼は、安宮の知らない色々なことを教えてくれる。
自由で力強い彼に惹かれていく安宮…けれど二人の接近に猛反対の周囲が西嶋を退学させようとし!?

表題作プロポーズは千年をこえて

西嶋宣之,不良と呼ばれているバイク好き,高校2年
安宮志津流,お浄さまと呼ばれる次期宮司,高校1年

その他の収録作品

  • 慕情
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

現世で実る千年前の淡く切ない恋

桜花学園シリーズの最新作は「雅に恋して!」のスピンオフ作にあたる内容です。
シリーズの平安時代と現代とがリンクしていて「雅に恋して!」の脇キャラだった
帝とその従者との秘められた恋心が現世で千年の時を越えて結ばれる運命的なラブ。

雅~の受けだった西御門左紀の兄が今回の攻め役で、雅~での帝との絆の深さを
思い出したりしましたね。
前作でそれとなく主役キャラたちが今回の二人を見てのもしかしたらの思いが
思い違いでなく、互いに思いを告げることが無かった秘められた思いが確かに二人には
存在していたという内容です。

過去の名前が西御門泰信で現在が西嶋宣之と過去が帝で親しい者からは泰宮と呼ばれ、
現在は安宮志津流で西御門流一族の氏神を祭る神社の次期宮司にして「お浄さま」と
今は呼ばれ神に仕える穢れ無き存在として浮世離れした環境で暮らしている設定。
この二人が互いに過去の記憶を持っていて、それでもそうとは気づかず惹かれあい
過去と現在を夢と言う形でシンクロさせながら描かれていました。

名前の音が互いに過去の呼び名と同じで過去の記憶を持った二人ですから、
ある意続き味生まれ変わりなのかも知れませんが、きっかけは千年前からの叶わぬ恋の
記憶なのですが、二人は現在のお互いを好きになると言うもので過去の記憶に
決して引きずられて現世で恋をする運命だというような話ではありません。

出会いのきっかけは過去の記憶、それはまさしく運命ですがやがて運命をも凌駕する
過去には決して叶うことが無かった二人が運命に導かれ必然の恋におちる。
なんとも甘くてロマンチックなラブストーリーです。
過去はどうにもならない身分違い、現世でも少しそんな雰囲気もあるのですが、
そこは現代版なので諦めることなく共に居る為に努力する内容ですね。

そしてちらっと出てくるのが「王子様はポリバケツに乗って」の攻めである王子くん。
時系列は現代版の桜花学園シリーズ1作目よりも前になるよです。
だって王子くんが高校入学を控えた中学生役でチョイと出てきていましたからね。
作品的にはふんわり甘めでチョイシリアスな作品ですが、作者のお名前のように
夢見がちなBLが好きな人にはお勧めですが、断然リアル系がお好みなら物足りない
内容に感じるかも知れませんが私は甘い作品が好物なので楽しめました。 

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ