団地妻黒子と火神君

danchiduma kuroko to kagamikun

団地妻黒子と火神君
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1件
平均
4 / 5
神率
0%
媒体
コミック(同人)
サークル
Nb<サークル>
ジャンル
黒子のバスケ(ジャンル)
発売日
ISBN
ページ数
20ページ
版型
B5

あらすじ

【黒子のバスケ】二次創作・R18。
配送業者として働く火神君が、団地妻である黒子に惚れているお話。
黒子が通販で買ったものの箱を破損した火神は――。

表題作団地妻黒子と火神君

火神大我(配送業者ドライバー)
黒子テツヤ(人妻)

評価・レビューする

レビュー投稿数1

結末は意外とダークな裏切りで◎!

表紙の黒子っち。
裸エプロンからチラリと見えるソレに私が大興奮、というお話(笑)
(本編に裸エプロンシーンは出てきません。一瞬そうは見えるけれども)

あっさりとした白背景に、裸エプロン。
そして【団地妻黒子と火神君】というタイトル。
『人妻の黒子っちが火神にホレタハレタでオイタするお話かな~』
と思いながらページをめくっていきました。
すると、1ページ目からいきなり、

「この本は、旦那がいる黒子を運送会社の火神君が寝取るお話です」

の一言。
…何だか、タダゴトじゃないような雰囲気…?


配達する先のお宅の人妻に惚れてるドライバー。
届けてくれる配送業者をイイナと思っていた人妻。
とある日、荷物の箱が少し破損したから、中身が無事か確認して欲しいというと――と進んでいきます。

開いてまさか、電動のアレが入ってるとは思わない火神ですが、
箱のツブレも、中身が偶然アレだったのも、すべてが必然だったような巡り合わせ。
二人の逢瀬は頻繁になり、二人を繋ぐ配達物も、人妻の黒子は旦那に怒られる。
時折彼が見せる旦那の影に、火神は「俺は一番じゃない続き」と思い知るのだけれど…
と、展開がお昼のメロドラマのようで、かっっなり個人的なツボを押されました!

電動のアレを買った理由だって、人妻のインランさを垣間見たし。
電動のアレだったと知って、ここぞとばかりに男の本能を見せ付けたし。
もうお互いがお互い、酷く惹かれあっていた、という感じ。

人妻人妻言ってるけど、最中の黒子の、
「はい…ボクっ、男ですから…っ」
の台詞はかなり悶えました。ソコでソレ言ってきますか、という。
(多分状況を考えると、好き嫌いが分かれるところではあると思いますが)

何度も重ねた逢瀬。
最後、最中に帰宅した、黒子の旦那。
彼に見つかった時、
「おかえりなさい、あなた」
と言った黒子に、鳥肌が立っちゃいました…!

はじめは内緒で、絶対バレてはいけない関係だったのに。
いつの頃からか、バレてしまった方がいいと思い始めていたかのような、
そんな雰囲気が。
自分の口からいうのではなく、既成事実を見てもらいたい、みたいな。

もう出会った時から、人妻の心はドライバーの彼に奪われていた、というお話。
ラスト、少しグラッと暗い感じが来て、凄く良かったです!

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ

この作品は、18歳未満の方には不適切な表現内容が含まれています。 18歳未満の方のアクセスは固くお断りします。
あなたは18歳以上ですか?