やばいキスほどいい

yabai kiss hodo ii

やばいキスほどいい
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×28
  • 萌2
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
56
評価数
16件
平均
3.7 / 5
神率
18.8%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
心交社
シリーズ
ショコラ文庫(小説・心交社)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784778116378

あらすじ

世界規模のコングロマリットである「プレアデス」で社員の調査が主な調査部に所属する八重樫諒。 重役警護に当たる警護班も当然その対象で、職種柄、調査も一段と厳しいために調査部との仲は最悪だった。中でも班長の瀬尾迅は、自身の調査時に当時出入りしていた男性専門のバーにまで八重樫が潜入調査したことが分かってからは特に敵視していた。勘の鋭い瀬尾に対しての特例だったのだ が、仕事のためなら身体も使うと誤解され…。

表題作やばいキスほどいい

瀬尾迅, 世界的コングロマリットの警護班チーフ
八重樫諒, 同社の内部調査部チーフ

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

言い方が気になってしまいました;

職業柄、調査対象のプライベートまで明かしてしまって敵も多い八重樫は
綺麗だけれど非情で好きの無い男で
こういうタイプが乱れるってぞくぞくします!w

お互いを好きなのに素直になれないとか
憎たらしい気持ちになるとか好きなはずなのですが
なんかね、八重樫を貶めるような瀬尾の言い方に私が多少傷つきました;;
確かに、仕事とは言え八重樫の調査は結構厳しいし
瀬尾の部下を疑ってかかったとか
瀬尾が腹を立てるのもしょうがないと思います。
しかも、一緒のプロジェクトに参加する前に
瀬尾を騙して誘って革靴の底にGPSチップ埋め込んで
一度でも抱かれていたら話は別かもしれませんが
まるっきり未遂ってあたり瀬尾が気の毒ww
いい雰囲気でホテル行ったのにねぇ…。
義月さんは“大人のバー”ってイメージが勝手にあって
やはりそのあたりの駆け引きめいたものは素敵でした。

八重樫のピンチを瀬尾が救ったりハラハラな展開もありましたが
場面の臨場感というか…ちょっと私にはスッと入ってこなかったです;
たぶん私の理解力の問題です、すみません;
あと、瀬尾にあまり魅力を感じられ続きなかったんですよ(泣)

「ほんっと、淫乱だよねえ。誰でもいいんだ?
やってくれる相手なら誰でも…」って瀬尾は言うし
「ちょっと感じたふりしたら、すぐに自分のこと好きだとか勘違いして。
気持ち悪いったらねえよ!」って八重樫は言うし…意地の張り合いもほどほどに…;;

瀬尾の言い放ったヒドイ言葉に傷つく八重樫の表情がたまらなくて、だなんて
ホント子供じみてるよ;
言葉責めはもっとソフトにしていただきたい……。
これはただ私の好みというだけですが。

さすがに最後は素直になる二人ですし
八重樫があんなにすげなくてきっちりかっちりしているのに
トランクに荷物を収められないで四苦八苦していて
なんとホテルのバスタオルが挟まっていたエピソードは可愛らしかったですw

4

ラブサスペンスな雰囲気が最高

世界規模のコングロマリット、ちょっと聞きなれない横文字だけど簡単に言えば
大規模な複合企業が舞台のスケールの大きなオフィスものでした。
受けになる八重樫はそんな会社の調査部チーフでイメージするなら査察でしょうか。
そして攻めになる瀬尾は警護班チーフでイメージ的にはSPみたいです。

瀬尾は元刑事でトラブルから警視庁を辞めることになった過去があるのですが、
かなり有能な人材だということで会社の警護班にスカウト予定。
しかし大規模な会社だから採用する人物の身辺調査が半端じゃないんですよね。

瀬尾の調査を担当したのが八重樫なのですが、一般的な尾行が瀬尾相手では出来なくて
八重樫はハニートラップのような手口で瀬尾に近づき発信機を付けて身辺調査の
続行をした為に、後に入社した瀬尾にバレて可愛さ余って憎さみたいな感情なのか
瀬尾は事あるごとに八重樫に嫌味や揚げ足取りをしたりして表面的に非常にクールな
八重樫は心に痛みを持ちながらもスルーしている状態から始まる話です。

瀬尾は意地もあるしいじめっ子体質でもあるようでかなり素直ではありません。
話の流れだと八重樫の方続きが意地っ張りな雰囲気もありますが、意地っ張りと言うより
気になる相手、好きになってしまった相手から嫌われていることで臆病な感じです。

職務が非常にクールだから傍目にも誤解されるような感じで結構可哀想なんです。
それが好きな相手となればなお更な気がしますよね。
大人の意地の張り合い風でもあるけど、そこに社内で起きた大きな事件が絡んで
単なるラブに留まらないサスペンス要素も入り込んでいて、かなり面白いです。
好きな相手を守る仕事をする瀬尾と好きな相手だからこそ巻き込みたくないと一人
行動を起こして危険に晒される八重樫。
テンポもよくて読み応えのある作品で楽しめます。

9

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ