この恋いくらで買えますか?

konokoi ikura de kaemasuka

この恋いくらで買えますか?
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
15
評価数
5件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784832288997

あらすじ

大学生の誠人は、従兄弟の晶くんの 結婚により失恋してしまった…。 ヤケになった誠人は、ゲイバーで出会った 同じ名前の『アキラ』という男に、10万円で “恋人みたいにしてほしい”とお願いする。 優しく紳士的なアキラに甘い夢を見せてもらった 誠人だったが、一夜限りの関係だと思っていた アキラが自分を探し出し、再び目の前に現れて!? 「“最後はちゃんと好きな人と” それまでは、私が仕込んであげますよ――」 いたいけな大学生が、策士なセレブ経営者の 毒牙にかかるまで★ 独占欲たっぷり描き下ろしあり!!

表題作この恋いくらで買えますか?

浅野晃,セレブ経営者
大学生柴崎誠人,

評価・レビューする

レビュー投稿数2

お金の関係でつなぐライトコメディ

初読み作家さんです。

タイトルと表紙通り、ライトタッチで
明るく楽しく読める作品だと思います。

「BLが読んで、萌を補給して元気を出したい。
 でも重苦しいのは嫌だし、軽くてサッと読みたいなぁ」
とか、思うときには、最適な作品だと思います。

   ◆◆   ◆◆   ◆◆

初恋に破れた誠人(受け)は、長年片思いしてきた従兄弟に
失恋してしまいます。
ヤケになった誠人は、ゲイバーで出会った晃(攻め)に
「10万円で、恋人のようにして欲しい」と
なけなしの10万円を払い、頼み込んでしまいます。

その後、直行で誠人と晃は、ラブホテルへ。
押し倒されてしまう誠人(受け)ですが、
「最後は、好きな人としなさい」と言われ、
晃(攻め)は、最後までしませんでした。

ここまで読んでれば、晃っていいやつなのかなぁと思いますが、
もう、表情からして、腹黒!ってことを
物語ってます(><)
「好きな人ができるまで、仕込んであげますよ」って
どういう意味ー!? 
なんか不穏な言葉に聴こえるんですけどっ!


そして、誠人は晃が実はセレブな続き経営者であることを知ります。
超豪華な食事に誘われたり、
また、高そうなお酒を飲ませてくれたり……

誠人はそれらが全て「10万円の効果が続いているから」と
信じ込みます。
10万円の効果が切れたら、この関係は終わりだと……

しかし、当初言われたとおり、
晃は誠に対し「恋人のように」振る舞います。
お金の関係だと分かっているのに、どんどん晃に惹かれていく誠人…。

これは切なかったでしょうね。
誠人の心の中は、多分、
「いつ10万円の効果が切れてしまうんだろう」ということで、
考えがいっぱいだったと思います。
でも、そうではないことは、晃の態度をみていれば、
絶対そうではないことは、分かるはずなのにね。
お約束とはいえ、誠人の鈍感め★


コメディとはいえ、エロシーンは、バッチリ何回も出てきます。
挿入まで至ってしまうのは、最後に両想いになった時だけですが、
それ以外のページでも、結構なエロシーンがでてくるので
そういった意味でも楽しめると思います。

最後は、両想いになった二人がちゅーするところで終わりです。

   ◆◆   ◆◆   ◆◆

かるーい感覚でサクッと読めました。

コメディを探している方にはオススメです♪

2

恋の値段はプライスレス

失恋してヤケになって男を買った大学生が、新しい恋をするお話です。

誠人がヤケになって10万円で買った男は、「最後はちゃんと好きな人とするのがいい」と最後までしない紳士的で優しい態度でした。もう会わないだろうと思っていたら、誠人のアルバイト先に、客としてやってきて再会するのです。

知らない顔をしたかったのに、その男・晃は「探していた」と言ってきて、誠人を翻弄します。
表面上は紳士的なのに、嫉妬で誠人を苛めてる晃の大人げのなさが、可愛くて萌えます。
誠人も、晃が自分に付き合ってるくれているのは、お金で繋がってるからと思って悩んでいて、それが切なくなります。
まぁ、両思いなのは読んでいて丸分かりなので、安心して読めます。
あとがきで、誠人が失恋した相手にも迫られる案もあったと書いてあったけど、そのお話だったらもっと面白かったんじゃないかと思ってしまいました(笑)

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ