あいされすぎコンフュージョン

aisaresugi confusion

あいされすぎコンフュージョン
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神32
  • 萌×236
  • 萌17
  • 中立5
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
15
得点
360
評価数
93件
平均
4 / 5
神率
34.4%
著者
 
媒体
コミック
出版社
竹書房
シリーズ
バンブーコミックス Qpaコレクション(コミック・竹書房)
発売日
価格
¥657(税抜)  ¥710(税込)
ISBN
9784812485804

あらすじ

潔癖症な持田の前に現われた同じ学部の同級生、武藤。
むやみに抱きつくわ貸したもの汚すわ、おまけに使ったAV押し付けるわでとっても不愉快!
ワンコ系男子のパワー全開でいつもいつもいつも、空気を読まずにじゃれついてくるくせに、ある出来事のあと、あまり触れてこなくなくなって……。さみしい、なんて思ってないし! ?
意外と腹黒(!?)ワンコ×ケッペキ君、ふたりの恋の行方は―――?

持田の幼馴染達のこそばゆかわいい恋を描いた「こんがらがりエモーション」も同時収録♥(裏表紙より)

☆収録作品☆
「あいされすぎコンフュージョン」
「こんがらがりエモーション」
「フェチも過ぎれば恋となる! ?」
「フェチが熟して愛となる! ?」

表題作あいされすぎコンフュージョン

武藤望,大学2回生,法学部
持田浩介,大学2回生,法学部

同時収録作品こんがらがりエモーション

澤田裕宜,大学生,経済学部
吉川瑛太,大学生,文学部

同時収録作品フェチも過ぎれば恋となる!?/フェチが熟して愛になる!?

崎川和輝,大学生,テニスサークル部員
柊木藤磨,大学生,テニスサークル部員

その他の収録作品

  • しょうらいもうそうマンガ~武藤と持田編~
  • しょうらいもうそうマンガ~澤田と吉川編&崎川と柊木編~
  • よしかわクンとひいらぎクン。
  • むとうクンのぎもん。+α
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数15

充分読めた気がします

初読み作家さんです。
この作品が初の単行本だそうです。
でも余り新人さんという感じはしませんでした。きっと描き慣れていらっしゃるんでしょうね。

収録されている作品は全部で3組のカップルが登場するのですが、同じ大学に通う学生さん達でリンク作といえます。
そのうちの2組は幼馴染同士。
カップルそれぞれ色は少しずつ違うんですが、一番好みだったのは崎川x柊木カプ。
崎川君のちょっと変わった性癖が、普通なら気持ち悪いというところなんでしょうが、彼のキラキラした瞳の輝きが可愛く見えただけでした(笑)。
全体的には片想いの切なさや、カップル成立後の甘々な雰囲気が楽しめた1冊でした。
185ページ程の本なんですが、描き下ろしやカバー下まで読みどころ満載で、各カップルのお話を十分読めたな~という読後感でした。

1

全体的に薄い印象

※すみません、ほぼ辛口です。
【こんがらがりエモーション】正直萌えも切なさも何も感じられないまま読み終わってしまいました。読み切りだから仕方ないのかもしれないけど、受けが明らかに勘違いしてるのに失恋したと思い込んでえーんと泣いてるのを見て「えー…」となって、それを見た攻めが受けと一緒にいたもう一人の幼なじみに泣かせるなよ!俺が何のために諦めたと思ってるんだ!と勘違いも甚だしくぶちギレしてるのを見て更に「えー…」となり、その後の濡れ場での早急な挿入にも「えー…」とn(以下略
話が予想通り中の予想通りで面白みに欠けました。そのせいか受けにも攻めにも全然愛着を持てなかったです。

【あいされすぎコンフュージョン】意外と計算高いワンコ攻めと潔癖症受けで、かみ合ってないようでかみ合ってる二人が可愛かったです。武藤の懐きっぷりと優しいところに萌えたんですけど(持田から借りたものにわざとよだれをつけるのにはドン引いたけど←)、自分の身近にガチの潔癖症がいるせいか持田の抵抗が思ってたよりも少なかったのがちょっと残念でした。特に濡れ場が!!好きという気持ちを自覚する前に体中○○まみれにされたら相続き当気持ち悪くなると思うんですけど…!?あれ意外とイケたなみたいなノリでいいの?個人的には嫌だ嫌だと攻めの心が折れかけるくらい思いっきり拒否してたのに攻めに惹かれてデレていく高低差みたいなのをもっと楽しみたかったです。

【フェチ~~なる!?】これも一つ目の時点では合わないなあと思いながら読んでたんですけど、2つ目の話は受けが攻めに自分の足に触れて欲しすぎて足フェチの攻めよりも足に執着してたのが笑えたし可愛かったです。逆に崎川はくっついた途端消極的になりすぎてておいどうした!?ってなったけど(笑)でもその分柊木が我慢できなくなって積極的になるのが可愛かったので結果オーライですね!(?)

どのカプも受けは線が細い美人さんで攻めはイケメンと眼福でございました。ただ、全体的に話の流れが軽く感じて特に主人公の言動にあんまり共感できなかったのが残念です。どのカプも話が始まった時点でどちらかがもう一方に好意を抱いてる状態から始まってたのもあるのかなぁ。どのお話も主人公が悩む割にその時間が少なくてあっさりと進んでいって個人的にどうしても物足りない印象が残ってしまったので中立にさせて頂きます。

0

みんなみんなかわいい男の子。

【こんがらがりエモーション】

好きだからこそ素直に甘えることができない男の子と、親友なら、と好きな人を諦めようとした男の子。
いい感じにこんがらがっています。実は両思い~というね。
かわいいお話でした。


【あいされすぎコンフュージョン】

↑上のお話でとんだかませ犬だった男の子が主役。
実は潔癖症だった彼は、もちろん人に触られるのも他人が使ったものを使うのも無理!なわけで…それでもなんだかんだと慣らされて惹かれていってしまうお話。
わんこな相手のさりげないフォローが好感度大でした。


【フェチも過ぎれば恋となる!?】【フェチが熟して愛になる!?】

足フェチの男の子と、その男の子に気に入られて(足を)しまった男の子のお話。
そうよね、いいもん持ってたら触りたくなるよね。
でもね、本当に触っちゃったらセクハラだから(笑)
なんだかんだと意識しちゃって、触ってくれなくなったことを物足りなく感じちゃったり、他の奴の足を触ってるのを見て嫉妬するところがかわいかったです。

1

強引な攻めがいい

『あいされすぎコンフュージョン』について

ちょっと強引で昔から受けのことが気になっていた攻めと、潔癖症な受けのお話。
潔癖症にしては簡単に受け入れすぎかな?とは思ったのですが、BLフィクションですしこれくらいでいいと思います!
攻めが純粋なワンコかと思いきやちょっと策士というか腹黒っぽかったのも好みでした。

あと、かわいいあっさりめな絵なのにちゃんとえっちなのも良かったです(´///`)同人でも読んでいた作家さんなので安心して読めました。

次回作も楽しみな作家さんです。

0

目の保養

持田くんの可愛さだけであらゆるツッコミどころがどうでも良くなりました(笑)

以前Qpaで1話だけ読んだ時に絵がすごく好きだったので購入。少女漫画系?の絵ですが、登場する男の子みんなイケメンで眼福。フェチ~に登場する女装男子カヤさんも美人過ぎです。


3CPのお話が入ってますが、やっぱり一番好きなのは持田くんかな。武藤くんに凄い勢いで流されて付き合って「はえーよ!!」って思ったのが本音ですが持田くんが可愛いのでもう気にしてないです。顔がしっかり男!って感じの受けがやられ放題なのが好きなのでw
Hシーンも結構あって、しかも絵が綺麗なので見てるだけで満足。

表題作の他に、お互い誤解があってなかぬかくっつかなかった幼馴染みCPの話と、脚フェチ×美脚CPのお話が入ってます。後者に対する、酒弱すぎやろっていうツッコミも、受けが好みなのでもう良いです。

全体的に甘い感じで、かるーく読むには丁度いいかも。じっくり煮られたお話が好きな方には合わないかもしれないですが、目の保養にはなると思います。

1

お前に触られるのは、嫌じゃない…

最初にむっつりクール眼鏡×人懐っこい泣き虫くん。
そして表題作わんこ攻め×潔癖症くん。
そのあと同じ大学のテニサーにて、脚フェチ×美脚爽やか君。
一作目は純粋に可愛くて、二作目の表題作は潔癖が陥落していく様が楽しい。実は再会ラブだったという展開も王道ですがときめきました。
三作目はテニサーというチャラそうな舞台で男が男の脚を熱心に撫でてるというギャップが(笑)変態な残念イケメン愛しいです。
潔癖症の浩太も美脚の柊木も美形なんですが、女々しいわけではなくしっかり男の体と男の思考回路として描かれていてのが良かった。

1

絵が好き…!

と、手に取らせて頂いた作品

潔癖症設定にも惹かれて購入させて頂きました!
でも思っていたより潔癖症状が重くなく、ほう…といった感想です。
幼馴染はだいじょうぶというのが可愛かったです!
瑛太くんが浩介くんにぎゅっぎゅしてたのがっ…!!愛しい奴めっ!!

一番初めのお話のこんがらがりエモーションは、
なんというか、話の展開がはやく、えちシーンがきたとき
え、え、ここで?この展開で?いまなの??おう?
となったのが正直な感想です。ただ瑛太くん可愛い。()

私が個人的に好きだなと思うお話ばかりでしたが、所々でうーんとなってしまったので、萌と迷ったが、中立

1

おしい!!

完全に表紙買いでしたが、当たりでした(^◇^)
1つ目の話「こんがらがりエモーション」はクール眼鏡攻め・アホかわいい系受けいつも一緒仲良し三人組の二人がくっつく話です!
攻めが無口なのですれ違いなどあり泣いてしまったりと可愛らしい話になっています。
2つ目は「あいされすぎコンフュージュ」
潔癖くん(3人組の1人)と遠慮しない大型ワンコくんの話です
なんか話もキャラも面白いのですが潔癖が中途半端と言うか、もっと抵抗して欲しかったかな~という感じですかね
全体的に萌えポイントが自分的におしい!という作品でした。

1

エロ可愛い☆

個人的に萌えツボが押さえられていたので萌②評価です。

「こんがらがりエモーション」
幼馴染のお話。1話のみでページ数も少ないためアッサリした印象。
受けの子・・・目が大きいね。そんで泣き虫設定で「うぇ~ん」と泣く。
ナイわー・・・とおもったのですが、
無表情むっつり攻め!しかも黒髪眼鏡!大好物!!(//∀//)
攻めのビジュアルが良かった―!無表情で攻めるの良かった―!

「あいされすぎコンフュージョン」
ワンコ攻め×潔癖症受け。表紙のお二人。
攻めが空気読めないかんじでガンガン押してるのですが、実はすべて計算だったとは!なんて恐ろしい腹黒ワンコ・・・!(激萌)
受けが潔癖症ゆえに最初は全て拒絶してたのに、攻めにほだされて段々受け入れく過程はアッサリしてたけど2話しかないなら仕方ないかな。‘排泄器官‘が自分の中に入って最初はおぞましく泣きだしたのに段々気持ちよくなってくところとかね!エロくて良かった!

「フェチも過ぎれば恋となる」
脚フェチ×理想の脚の持ち主が恋に落ちるお話。
同じサークルで同じ学生寮住みなので1日3回は脚をなでまわしにやってくる攻め続き
脚の間に顔をうずめ撫でまわし、膝に乗せて撫でまわし。
その間やられてる方は呆れて脚を触らせたままTV見てる。
このつきあってもない・恋でもない状態でイチャイチャするニアホモ大好物デス!!!(///Д///)(←序盤で恋心に気づいて終了ですが・寂)
こちらの受けは酒が入るとトロンとしたお顔でエロく誘ってグズグズになるのも良かったー!!!

今風の線の細い可愛らしい絵柄にマッチしたライトなお話ばかりで可愛くエロくサクッと読める1冊です。

1

キュンとさせられる話ばかり

初コミックとは思えない、綺麗な絵。表紙買いです。
内容もわりとしっかりとしており、読み応えはまずまず。
今後期待の新人作家ですね!

表題作を含め、同じ大学内のメンバーで片想いから恋人同士になるまでが描かれてます。いろいろなキャラがいるので、飽きることなく読み進めることが出来ました。胸キュンするシーンも多々あり、買ってよかったなと思います。

ただしいていうならば、やはり短編集だなという感想。本当に短いページの中でいい感じにまとめるのは難しいことであって、この作品も展開が早いなぁと思わせる部分がちらほらと。

ですがまあそこまで気にはならないかな。わざわざえちしーんを持ってこなくてもいいかなと思いつつ、出版社が出版社なので仕方がないかと思います。

甘甘が読みたくなった時には読んでみてください...♪*゚

0

ほんわか爽やか系

可愛らしいタッチに表紙と中との見劣りがなく読みやすい。
初コミックとしては完成度が高いなと思います。

「こんがらがりエモーション」での浩介のかませ犬っぷりは、冷静に2人を見守っていたんだなと思える好きなテイスト。

そんな浩介編ではイメージ通りに広く浅く、交友関係を築いている浩介の唯一の弱点である潔癖症が、武藤の押せ押せで気づけば許容範囲になってしまっている。
押せ押せすぎてどんどん進んでいくのですが、排泄器官が入っちゃう衝撃とか床に散らばる大量のAVとかほんのちょっと外されるゆるさがお気に入りです。
ラストのペットボトルのシーンがいろんな意味できゅん度を上げます。

他「フェチも過ぎれば恋となる!?」
オープン過ぎて清々しい程にエロさを感じられませんが、初お触りの衝撃と怖さはゆるく伝わってきます。
ただ途中でお付き合いにシフトチェンジしてしまいフェチがどこかにいってしまったような気が。

あと、レーベルが麗人なので。
それなりのエロは求めてしまいます。もしくは情念。

それなりを期待してしまったせいか、表紙から受けるイメージを裏切ってくれるようなギャ続きップを感じる事もなく。
レーベルに期待し過ぎていた分多少の物足りなさも感じてしまいました。

1

脚フェチ最高(笑)

■こんがらがりエモーション
幼馴染3人、王道の勘違いもの。
あっと言う間にエッチまで行ってしまった気がして印象薄いです…
泣き虫設定な割に弱弱しくもないし、そこまで泣き虫でもないよね?

■あいされすぎコンフュージョン
受が潔癖症さん。
攻に迫られているうちに段々平気になってむしろ触ってほしくなってモヤモヤ。
受の「排泄器官が自分の中に入るとか…!」って台詞(?)に個人的に衝撃を受けた。
確かに…普段SEXって凄いことしてるよね(笑)
性病云々の問題ではなくエッチ前のお風呂とかセーフセックスって大事よねって思いましたw
コメディ系だったので特にシリアスな気持ちにはならなかったけど、
他の某コミックスを思い出して、これ本当に潔癖症や接触恐怖症の人にやったらまずいよーって気持ちに。

■フェチも過ぎれば恋となる?!
脚フェチに萌えたw
えろい!かわいい!
脚フェチってよく指の間舐めたりは見かけるんですけど、太ももいいですねー。
ずっと顔を埋めていて欲しい(笑)
こっちも触って…!なんて言われちゃうとキュンキュンしちゃいます。
ただ攻が後半ただのアホっ続きぽくなってたのがちょっと残念。
最初からアホだったけどもう少しシリアスなフェチアホでいて欲しかった…!
欲求不満の純情少年みたいにデートの妄想はちと萎えた。

2

ほのぼの男子高校生ライフ

初の単行本ということでほのぼのと読ませていただきました。
詳しいレビューはお二人が書いてくださってるので感想だけ書きたいと思います。

「こんがらがりエモーション」(むっつり攻め×泣き虫受)
片想い→勘違い→両想いとBLの王道って感じで、ページの関係上展開が速い感はありましが読みやすかったです。こんな泣き虫の大学生いたら後輩みたいで可愛いんだろうなと思いましたw

「あいされすぎコンフュージョン」(意外と腹黒なワンコ×ケッペキ君)
潔癖症のため毎回スキンシップの激しい望のことが苦手。そんな浩介がどんどんほだされるお話なんですが、浩介はクールに見えて本当に優しい良い人なんですよ。
人の弱みに負けて望の家に行って掃除したり(結局襲われる)、潔癖症の事を皆に内緒にしたり。
かわって望は可愛いワンコ系ですが完全な策士の腹黒でした。「エッチをしたのが良かったのかな!一種のショック療法みたいな!!」って!!可愛いワンコ系なのに狙ってる気がして仕方なかったですww

「フェチも過ぎれば恋となる! ?」(脚フェチ残念イケメン×美脚爽やか君)
タイトルそのままです。どんどん触られ続きるのが好きになったのに触ってもらえなくなって、嫉妬して、最後には自分から誘い受けになってました!!中々エロかったです。
読んでて思ったのはフェチは極みすぎると大変なことになる?自分の趣味にとどめておかないとと思いました。

書下ろしは、少しですが妄想あり、嫉妬あり、おバカありと面白かったです。
個人的には裏表紙のマキちゃんと部長のお話とかも読んでみたいなと思いました。

たまにはほのぼのもいいなと思い、今後の期待も込めて萌え×2で♪♪

3

イケメン大学生たちの恋バナ

同じ大学に通う3CPの男の子たちのお話☆
もちろん共学の大学だけど、男同士という葛藤はほとんどなく、
イケメンくんたちが次々とくっついていくという印象の、軽めの可愛い本でした♪
絵が今風でとてもキレイだし、
適度にちゃんとエロも入っていて、読みやすい1冊だと思います~


■「こんがらがりエモーション」
小中高大学まで一緒~という、仲良し幼馴染3人組のうちの2人がくっつくお話。
片思いゆえに意識しちゃって~、
他の幼馴染2人がデキてるのか?と誤解しちゃって~~という展開。
外の通りからも見えるレストランの席で、男同士の大学生がキスしたりするかな?
幼馴染にも秘密にしてるのに??…そんなことをちょっと思ったけど、
そんな誤解をしちゃうところが、受けのカワイイところかな?w

■「あいされすぎコンフュージョン」
幼馴染2人がくっついて、残った1人(潔癖症)がワンコ男子にほだされるお話。
攻めが、純粋に受けを想うワンコかと思いきや、意外と強引で…自己本位かも〜??
受けが潔癖なのを分かってて、借りた物によだれをつけたり、
ベタベタ触ったり、ちゃんと片づけ続きてない部屋に呼んだり、そこでキス→エッチまで。
潔癖な人に、
アソコを舐めた口でキスをするのはいかがもんか~~
朝起きたら受けの身体が事後の諸々でカピカピ~~そこは拭いてあげようよ~~!!
なんて思っちゃったけど、
でも結局、受けはそんな攻めを好きになっちゃうのだから結果オーライなのかな☆
攻めが受けを好きな理由が語られる過去話は、可愛かったです~

■「フェチも過ぎれば恋となる!?」「フェチが熟して愛になる!?」
同じテニスサークルの、脚フェチ男子×美脚男子のお話。
ロッカールームで着替え中という初対面で、
即、生脚を触って~舐めて~~ってしちゃう攻めのフェチぶりがすごいw
でも、脚を触りながらその素晴らしさを語る攻めのキラキラ顔は、
うん、なんか憎めないかも…。
要はコチラも受けがほだされちゃった~という事なんだろうな、
受けが攻めに脚を触ってもらいたくて堪らなくなっちゃって、酔ってお誘い~~
自分でパンツをグッと持ち上げ半尻を見せてお誘いする、
受けのお姿はなかなかエロかったです~


イケメンくんたちがラブラブ、時々エロエロしてて可愛かったのですが、
ちょっと自分に若さが足りないせいか共感しにくかったな~とか、
もうちょっと切ない要素もあるといいのになぁ~~と感じた本でした。

6

たまにはいいわ こういうの

こんがらがりエモーション
幼馴染裕宜、浩介、瑛太の物語。
3人とも文系です。
瑛太は、二人に手を差し伸べてもらうとき、裕宜のことが好きで、
彼の手を取れないでいます。
そんなある日、裕宜と浩介だけが一緒にいるところを目撃し…
近くにいすぎたことで、お互いが勘違いしていたというお話です。
勘違いがわかってからの、濡れ場までの展開は早いです。
表題作に入る前の軽めなお話でした。
3人の中高生時代の描写が、あってもよかったかも。 

あいされすぎコンフュージョン scene1
何かと抱き付いて絡んでくる望と
触られたり、近づかれたりすることにぞわ~っとする潔癖症な浩介の物語。
ある日、望は、浩介の反応を試すため、男性用のAVを貸します。
しかし、潔癖症である彼は、開けた瞬間、気持ち悪くなり捨ててしまいます。
翌朝、望は早速、浩介を呼び止めて…
男性に興味がない彼が、積極的な望の行動により、目覚めてしまいます。
潔癖症である浩介が受けであることが、この作品の萌えるところかもしれません。
ノンケキャラでも、早めに勃つ事が多い中、勃たない所を描写している所がツ続きボでした。
失礼しました。

あいされすぎコンフュージョン scene2
嫌々ながらも、たっぷりと望と一夜を過ごした浩介。
潔癖があるはずなのに、望のことがとっても気になります。
そんなある日、望とは以前にも面識があることがわかり…

人の弱みに狙いを定め、たっぷりと時間をかけて料理する望は、腹黒策士です。
望のちょっとした描写でそれが伺えたので、とっても楽しみながら読めました。
ごちそうさまでした。

フェチも過ぎれば恋となる!?
超脚フェチ崎川とそれに付き合う柊木の物語。
ある日、柊木のアキレス腱付近についている細いベルトを見つけた崎川は…
崎川の、意外にまともな描写もちょっとあり、
ただの変態ではなかったので良かったです。
柊木は徐々に、M化していきます。
この話は、ダークではなく、割と明るめですが、
崎川が、一歩でも違った方向に進んでいたら、危ない人になっていたでしょう。
笑えもしましたが、あるシーンでは、恐怖を覚える作品でした。
人とのお付き合いには、やはり細心の注意が必要だと勉強になりました。

フェチが熟して愛になる!?
崎川によって、すっかりM化した柊木。
崎川に、触ってほしくて仕方ないのです(笑)
鏡の前で、例のプレイもお一人でされて…
今度は、触る、触らないを巡ったちょっとした嫉妬話。
ここまできたらたぶん病気?
そんなことを考えながら読んでいました。

すべての作品に、描き下ろし作品が、少しついております。
こちらも楽しめました。

嫉妬、フェチ、時には焦らしや放置に関連した、
少しマニアな面を持つ作品が、ギュッと詰まっておりました。
まぁいろいろ楽しめたので萌×2で




















5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ