なか、ごりごりって……、だめ、だめえ……っ!

暴君王子の奴隷花嫁

boukunouji no dorei hanayome

暴君王子の奴隷花嫁
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神8
  • 萌×213
  • 萌10
  • 中立3
  • しゅみじゃない6

--

レビュー数
8
得点
125
評価数
40件
平均
3.4 / 5
神率
20%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
二見書房
シリーズ
シャレード文庫(小説・二見書房)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784576140643

あらすじ

全寮制セレブ御用達学園の特待生――しかし実態は一般生のための性奴で……。


物みたいに抱いて欲しい。立場を叩き込んで、性具として扱って――。
エーグル・ドール学園。生徒の情報を徹底的に秘匿し保護するセレブ御用達のボーディングスクールへ「特待生」として入学した潤也。
しかし特待生の実態は、一般生たちの欲望のはけ口となる性奴だった。限度を知らない凌辱の中、意思を裏切って開発されてゆく体。
そんな潤也を独占したのが某国王子のバースィルだった。支配者然とした態度と強い精力に被虐の悦びを覚え、悲しみ戸惑う潤也だが、
同時に別の感情が芽生えてきて――。

表題作暴君王子の奴隷花嫁

バースィル=ヴィン=シャムディーン,第二王子,高三
神宮寺潤也,特待生,高二

評価・レビューする

レビュー投稿数8

エロシーンまみれ

永世中立国にある、各国の富裕層の子息が通う全寮制の学園、エーグル・ドール。
潤也は、腹違いの兄によって特待生としての編入を薦められます。
寮生活なら家賃もいらないし、特待生なら返済不要の多額の奨学金が支給され、努力次第で特別手当も出るらしい。そうすれば潤也の病気の母を入院させることも出来る・・・そう言われて編入した潤也でしたが、「特待生」とは他の生徒の性欲の捌け口、つまり性奴隷だったのです!
病気の母のためにと覚悟を決めた潤也でしたが、転校してきたシャムデーン王国の第二王子・バースィルに自分の専属の性奴隷になれと言われ・・・物語が進んでいきます。

初っ端から作者さん手加減無しのエロシーン、しかも次から次へと息を吐かせぬ程にエロが続きます。
本当にエロシーン満載!もう思いつくエロ全部やったんじゃ・・・というくらいです。
さらっと挙げるだけでも、輪姦・強姦、陵辱、媚薬、拘束、玩具、排泄強要、異物挿入、公開レイプ、全裸で首リードでお散歩などなど。潤也以外の特待生へのプレイも入れたら、もうやってないのは獣姦ぐらいなのでは?
ここまでいろいろエロシーンがあると、エロってファンタ続きジーなのね・・・と苦笑してしまいました。
エロは大好物なのですが、さすがにお腹いっぱいです。胸焼け気味です(笑)
この一冊内で、とんでもない量の精液がぶちまけられてますわ・・・服もシーツも白濁塗れですよ!
エロがお好きなら、読んで損はしないと思います。

ただ・・・私は残念ながら、あまり潤也のことが好きになれなかったんですよね。
バースィルが、性奴隷としては擦れていない、潤也の純粋で初心なところに惹かれたのは納得。
だけど潤也は、カイ・ヤンの助言通り「好きな人としてると思って」バースィルとエッチしたから、その王族の風格に呑まれ、見目が好みなことや状況の異常さもあって、刷り込まれるようにバースィルへ執着していったようにしか思えなかったんです。
母親のことを持ち出されたり、バースィルに嫌われようとして行動すると、何だか考え無しになる部分とか・・・話の展開上のお約束なのは分かるのだけど、あまり好きになれませんでした。
愛人の子として肩身の狭い思いをしながら育った潤也の性格上仕方ないのかもしれないけど、ちょっと潤也が受身で流されやすくて・・・バースィルのものになる、というラストの選択は、そういう意味では潤也らしいと思います。
「不要になったら殺して」と約束させる辺り、学園を離れ特殊な環境じゃなくなって、ちょっと冷静になったらこの二人大丈夫か?と心配になります・・・が、まぁそこは知ったこっちゃねぇよ、と(笑)
この二人は冷静になったりせず、エロエロなプレイを続けていくのでしょう。そう思っておきます。
エロを堪能したい方にはオススメだと思います。

1

エロ好き痛いのOKなら楽しめる

1冊丸ごと表題作です。
がっつり陵辱系・SMもある複数プレイなので、攻め以外とエッチしないで欲しい方、痛いのが苦手な方、他のキャラのエッチ場面は読みたくない方にはお勧めできない作品です。ただ、ハッピーエンドにはなります。

序盤から陵辱シーンです。
潤也(受け)は、兄の企みで、学園の特待生になります。それは、一般生の性奴隷になるというもので、潤也はユーリという生徒に責められて医務室の常連になっています。そんな中、転入してきたバースィルが潤也を自分の専属にしたいと言い出し…。

バースィルは潤也に最初から優しいわけではありません。怒ると酷い仕打ちもしますので、最初から最後まで潤也は陵辱強姦されているといっても過言ではありません。

ただ、潤也は快感も得ているので、それで緩和されている部分もあります。保険医カイ・ヤンと、特待生を楽しんでいるキリルが潤也に優しいので、読んでいてほっとします。

重く暗い雰囲気ではないですが、陵辱強姦が苦手な方は避けた方が良い作品です。私はそのへんの場面は斜めに読んでしまいました…。ルカとか他の特待生はどうなったのか、せめて増員したような話続きがあればもう少しマシだったかもとは思いました。でも、エロ好きで陵辱強姦が楽しめる方には最適な作品なのかもと思っています。

0

痛い方のエロ

学園もの…とはまた趣が違います。
表紙は攻めがかなりアラブっておりますが、作中にはそのカホリがするくらいで大して登場しませんのでアラブ苦手って方でも大丈夫です。
ただ、受けがかなり酷い目にあうので、それがダメな方は難しいかもしれません。
わたしはあまり陵辱系は読まないので、みんなこんななの?とちょっと驚きました(苦笑

********************
受けの潤也は愛人の子で、高校二年生。
本妻の息子である兄の策略により、セレブが通う全寮制の学園へ特待生として編入させられてしまいます。

攻めのバースィルは、アラブの某国の第二王子。
国で起こった事件のために、潤也の一学年上に数ヶ月後編入してきました。
********************

編入先はエーグル・ドール学園という名前で、意味は金の鷲だったか鷹だったかと記憶しているのですが、わたしは『えぐい・人形』からとったのだと思い込んでおりました。
そんなギャグみたいなことあるわけないんですが(汗
花嫁育成学園という設定は意外にあると思うのですが、それどころじゃなかった!
特待生枠というのが学続き年に二人あって、特待生=性奴隷ですってよ!
ひゃー、凄すぎる。
担当さんにエロ路線でと言われたとのことで、これならもうヤリまくりでも違和感ありませんよねえ。
とにかく潤也は特待生枠なので、初っ端から痛い。
そして、兄もえげつない。
この兄は後半にも登場し、さらにえげつなくなります。同情の余地なしです。

内容は、特待生として入学させられた潤也が、生徒みんなの性奴隷からバースィルの登場により彼の性奴隷として格上げ(?)するというものです。

最初こそ性奴隷とされていた潤也を見下していたバースィルでしたが、彼の人となりを知るうちに惹かれていっているのがこちらには伝わってきます。
けれども潤也は入学後の数カ月で、すでに性奴隷としてあることに諦め納得してしまっている節があり、バースィルのことも皆と同じなのだと思い込んでいるんですよね。
そして「好き」という言葉を口にすることで、相手も気持ち良いし自分のメンタルもそれで守られるというアドバイスにより、なんだか刷り込みのような…
そんな二人がなかなか噛み合わずジリジリしつつ、さらに潤也に今の現状を迷わせることが起きたりと、なかなかにえっちだけでなく飽きさせないテンポの良い展開です。

ストーリー的には不満はあまりないのですが一点。
同じ特待生のためにバースィルと離れる離れないを繰り広げたわりに、結局仕方ないねという方向で〆てしまい、解決していないことでしょうか。
ちょっと消化不良でした。

作者のかわい恋さんは初読み作家さんで、どうやら初文庫化らしいのですが、文体は癖がなくひじょうに読みやすかったです。
答姐でお勧め頂いたのですが、その時はあらすじの加減から見てもエロエロで、このままエロ路線を書かれる作家さんとして突っ走っても良いのでは?と思っていましたが、もっとキュンと切ない内容でかつエロも充実というものも期待できるのではないかと考えが改まりました。
次作が楽しみです。

最後に、このレビュー二回目です。
一回目のものが消えてしまったことに気づいたのが今日で、読んでから数日経ってしまったので細かい設定がうろ覚えです。
違う箇所がありましたら申し訳ありません(汗

3

性的に

純粋にエロいと聞いて衝動買いですヽ(・∀・)ノ
不順すぎる動機に乾杯!
そんなわけで久しぶりの活字BL。
面白かったです。正直期待して読むと体外ハズレくじを引いてしまうんですが
存外満足な読後であります。

お話の方はといいますと
外国の金持ち高校に特待生として留学。
が名目だったのだけれど、これまたていのいい性奴隷
学校黙認のやりたい放題。
そんな中に放り込まれてしまった受は、本日もたくさんの男たちに
嬲られ嵌められ~というところからのスタート。
陵辱ものといっても結局受は攻にしかカラダを開かずというのが
なんだか多い中、ちゃんと不特定多数に嬲られる姿は良い。
描写はないものの、受がちゃんとほかの男に突っ込まされているという描写も
個人的には嫌いじゃない。
リバとまではいかないが、受のチンコが役立っているというのは
なんだか嬉しいものなのである。サンドイッチとかおいしいともうんだけど
そういえばあんまりないよね。特に小説・・・

入学して陵辱され続け
そんな中に現れた、王子様。
これが後に攻なるわけなのだが~という後半。
自分専属にして続き、結局やることやっちゃう攻なわけですが
正直ラブ・・・恋愛面に関しては感情が乗せずらい。
受に関しても、攻が自然に好きになるというよりも
自ら「好き」の言葉をマインドにして、事故催眠的な流れに感じてしまった。
結局のところ終わりよければ私てきには満足なのですが
そこがもう一工夫あるとさらに良かったかなと思ってみたり。

この学園の性奴隷制度。
これ結構シリーズ化とかもある意味できるのかなと思っていたり。
先生の双子プレイとかも、ひとつの話として読むとまた面白いのかなとか。
個人的には楽しく読ませていただきました。
兄様との合体が未遂だったのがちょっぴり残念ではありますが。

4

もこ

ココナッツさん
こんにちはヽ(*´∀`)ノコメありがとうございます!

この作品
結局やっつけてきにくっついた気がしなくもないですが
いつか二人が本気になれば
それはそれかなと今は思います(笑

淫らな秘め事!
サンドイッチなのですねwwジュルリ
チェックしてみます(〃艸〃)ムフッ

ココナッツ

もこさま

もこさま、初めまして。ココナッツと申します。
いつもアイコンでもこさまだ!とすぐにわかり、レビューを参考にさせていただいております。

この作品、エロが読みたいと思った時に購入に迷いました。
これって一応のハッピーエンドものなのかな?と悩みまして。

ちなみに最近読みました受けのモノが役立ちサンドイッチだった作品は、いとう由貴さんの『淫らな秘め事』でした。
既読かもしれませんが、ご参考までに。
でも、確かにこの手のシチュは少ないですね。

暴君王子の奴隷花嫁

タイトルとあらすじからわかるように、濡れ場が寄せては返す波のように激しく襲いかかります。少々激しめでもエロ好きだよ!って方には大満足の作品だと思います。
様々なエッチシーンが書かれているので、こんなに色んな種類のエッチを書けるなんてすごいな…!と思いました。

かわい恋先生の文章の不思議となところは、完全に嫌な奴として登場するキャラがいるのですが、最後まで読むとどうしてかこの子達にも幸せになって欲しいよ~と思わせるところです。根っから悪い子じゃないのよ、その歪んだ愛情表現を正しく伝えられればすごい一途な子になるんだよ…!と思ってしまうのです。

主役のふたりはタイトル通りで安心して読んでいました。受けが精神的に痛めつけられる作品はどうしても苦手ですが、この作品はエロは盛り盛りですがそこまで痛くないので安心です(個人差はあると思いますが…)。

そして散々濡れ場が…エロが…と書いてきましたが、私はそちらよりも潤也のような状況に置かれた人間が考え方ひとつで地獄にも思えるしそれほど悪くもないと思えるということに気づかせてくれるラストに、ただエロに特化しただけの作品ではないと、大続き袈裟に表現すれば感動しました。自分が辛いときって客観的に自分の状況を見ることなんて出来ないけど、こういう人がまわりにいてくれたらいいなと思う素敵な脇キャラがおりました。自分の人生をどんな風に生きるのか決めるのは自分自身なんだと改めて実感できます。
そして脇キャラにスポットをあてたスピンオフに期待してしまいます。カイ・ヤンとキリルは脇役には惜しいキャラです。彼らの物語が読みたい!

こんな感想ですが最後にぜひとも言いたいのが攻めの受けへの執着具合に激しく萌えました。攻め様の独占欲丸出しなのとか嫉妬してるところとか、萌えますよね…!

8

陵辱すれ違いもの

激しい陵辱複数プレイありで、人前プレイや玩具に媚薬とエロ三昧な1冊です。
受けになる潤也は愛人の子供で父が急死してから本妻や義兄に蔑まれ
今まで済んでいた家を病気の母親と共に追い出された後に、義兄の罠で
ブルジュアばかりが通う学園に特待生と言う名の性奴隷として編入させられて
生徒たちのストレスのはけ口に日々陵辱されて、途中編入してきた中東の王子に
専属奴隷にさせられながらも愛を育むエロストーリーでした。

陵辱系が苦手な人にはお勧め出来ないと思いますが、どんとOKなら普通に楽しめる。
王子の専属になって初めはかなり手痛い形で抱かれますが、次第に甘やかな感じも
してくるのですが、潤也が自分一人が専属になったために、他の特待生が自分の分も
日々多く抱かれ手ひどい目に合っていると知って、王子と心が少し通じるかと言う時に
自分のせいで誰かを犠牲にしていると罪悪感にさいなまれる潤也がとった行動で
王子と溝が出来てすれ違う内容です。

さすが中東の王子は独占欲も強いので、潤也が他の男を誘い込んだと知り激怒し、
あらん限り潤也を陵辱していきます。
さらには義兄が再び現続きれたことで、潤也に再びピンチが訪れる。
もっとも王子や特待生仲間の一人と保健医によって助け出される展開ではありますが、
被虐の限りを尽くされた潤也にとって普通の恋人のようなラブにはなりえないけれど、
相手が中東の王子だからこんな被虐ハッピーなのもたまには良いのではと思えた1冊。

3

エロい匂いぷんぷん

表紙からして囚われた奴隷の匂いがぷんぷんしますwww
そして初っ端からの、いたしてるシーン連続で
受け様いろんな方々に、いたされちゃってます(;^ω^)

病気のお母さんのために(お金もらえるから)、腹違いの兄の指示で学園へ・・・
受け様は回されてかわいそうでしたが、
攻め様が自分のものだと、かこって行くのですが
今までひどい目にあわされてた受け様は、攻め様が何気に優しい事に気づきます
そしてエッティをしていく中で引かれ合いますが
受け様の葛藤とすれ違いwww
受け様はモノとして扱われてるのではと悲しみます・・・

最終的には、受け様はめでたく飼われる事になりますがw

エロで受け様も半分のノリノリですが
冷静に考える部分も多くて楽しめるお話でした

1

エロい…

愛人の子が、正妻の子に陥れられて、全寮制の男子校で性奴隷にされる…という割と王道の設定かもしれません。
ただ、この正妻の子、お兄さんが冒頭から本当にやな奴〜って感じがして、個人的にはそこまでありきたり感を感じませんでした。
そして、プロローグが終わるとすでに学園での凌辱が始まっているシーンになります。
かわいそうで痛いシーンがどんどん展開していくので、苦手な方は気をつけた方がいいかもしれません。
全体的にちょっとSM寄りな感じのハードなプレイが多いです。

可哀想なシーンが続くので、受け様の潤也の純粋さ健気さが引き立って、攻めのバースィルも結構ひどい奴だったりするので、王子様に見初められて…っていうこれまた割と王道の設定も、ありきたり感をそこまで感じずに読めました。

プレイ内容は複数、緊縛、媚薬、排泄、強姦、異物挿入、お散歩…って感じですが、緊縛も軽く後ろ手に縛るとかじゃなく、片足を吊り上げて…みたいなのが多くてハードです。
バースィルとのプレイは潤也が感じていたのでエロとして読めましたけど。

ただ、自分個人的にはエピローグがどうしても好みじゃなかったです。
続き
ハッピーエンド…なのか?
それでいいの?と思わず言いたくなるような…。

がっつりエロくて、少なくとも前半は楽しめたので中立とさせていただきましたm(_ _)m

8

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ