この身は、愛しい犬に喰われる贄──

渇命

katsumei

渇命
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神34
  • 萌×214
  • 萌13
  • 中立10
  • しゅみじゃない10

--

レビュー数
12
得点
275
評価数
81件
平均
3.6 / 5
神率
42%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
プランタン出版
シリーズ
プラチナ文庫(小説・プランタン出版)
発売日
価格
¥620(税抜)  ¥670(税込)
ISBN
9784829625736

あらすじ

「犬になりたい」と縋りつく人気俳優・達幸の恋人兼、飼い主となった明良。
他の雄に奪われることを危惧した達幸に監禁されたものの、どうにか解放され、マネージャーとして公私ともに彼を支えようとしていた。
だが、そんな明良に達幸の独占欲と執着は増すばかり。
隙あらば二人きりの“完璧な楽園"に閉じこもろうとする。
日に日に、達幸の双眸に揺れる仄暗い光は強くなり……。

表題作渇命

青沼達幸,人気俳優で幼馴染の明良に執着いる犬,25
鴫谷明良,達幸の恋人で飼い主でマネージャー,25

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数12

超執着攻

受に話しかけるだけで、殺意を持ってしまう攻。執着攻は好きだけど、ここまで凄いと引いちゃいました。でも受に話しかけるのが女性だったらいいって、、、受がゲイならわかるけど、ノンケなのに本来だったら受に寄ってくる状況にも敵意を見せてもいいのに、それは別にいいの?って不思議でした。

ストーリー的にはエロエロなんだけど、なんだか濡れ場がエロく感じませんでした。なんて言ったらいいのかわからないけど、とにかくエロいシーンなのに、エロくかんじませんでした。

あと私のイメージする攻と挿し絵の攻が違いました。挿し絵の攻はクールで俺様な感じがしました。

でもあまり萌えなかったけど、途中で読むの飽きないで早く続き読みたいってかんじでした、

0

だめだった。。

「渇仰」の続編。
これ、レビューしようかどうか迷ったのですが、”しゅみじゃない!”もやっぱりレビューしておくべきと思い直し、書き込みます。

本当にだめだった。渇仰で宮緒葵さん初読みでしたが、この続編を読んでもう今後は無理、と思った次第。

イケメン俳優が、特に取り柄もない受けにひたすら執着するという、設定としては受けに感情移入すると気持ちいい系の分かり易いものでした。
しかし、この犬の執着がホラーになっちゃう。それがひたすら気持ち悪かった。
ストーリーが流れていくようにみえつつも、とにかく全エピソードがエロと執着の繰り返しで、もう後半おなかいっぱい。
この流れでどういう結末にするのかなあ、と思いながらどうにかラストまでたどりつきましたが、完全にホラーでした。

特に、攻めの犬の執着に全く自分というものがなく、仕事にも何にも自らとりくむことなく、ただひたすら受けに愛されたい、Hしたい、というだけの人物であるところが全く共感できなかった。

0

実はシンプルな話

ヤンデレっていうんですかねぇ……これ。
うーん、病んでるっていうより
清々しいほどのシンプルな行動原理。

ホラーとして読むべきなのか?
それともいっそ笑うべきなのか?って感じですね。
喰らっちゃいますか、はぁ!


宮緒さんのとんでも変態ぶりはわかっていたつもりですが
達幸のあまりに駄犬ぶりに、呆れながら読んでいました。
あーちゃんのいい犬になりたいなら、ちゃんと言うことききなよ!と
説教したい気分になるんですが、
当のあーちゃんが一緒に堕ちてもいいみたいだから、
まぁ、お好きにしてください、という感じです。

口絵がなんとも好みに美しいです。
作中で演じる舞台の神父姿の達幸……
なのに、ダメ犬達幸はまるで幼児みたいなおバカ口調ですからね。
そのギャップを私は好きじゃあありませんが、
この摩訶不思議などこか斜め上に突き抜けた世界には合っているのかも。

他の追随を許さない個性的な世界は興味深いのですが、
個人的には萌えはま〜ったくなし。

3

どこまでいっちゃうのかハラハラ

渇仰がすごくよかったので、続編も。今回は、「そこまでしなくても‥
」の連続。達幸の、明良に対する執着が、もういっそ怖かった。

明良が、他の男としゃべったり、名前を呼んだりしてだけでもうアウト。ずっとあーちゃん、あーちゃん、あーちゃん。

前回同様、エロがエロくて満足です。というか、今回は、前回に輪をかけて中出しの回数が増えてました。明良、大丈夫?と心配してしまうほど。純粋に、エロを楽しむなら、もってこいの作品だと思います。

そして、前回同様、松尾さんがいてくれてよかったなと。松尾さんがいなければ、二人は死んでいたと思う。

0

アイモカワラズ

ぶっ飛びすぎて評価を「笑」にしたい(゚∀゚)アヒャ
まともな作品だと思って読まなければ存外楽しい一冊かもしれません。
前作も、「犬になりたい」願望むき出しの攻。
大好きな大好きな大好きな、あーちゃんの犬になることを渇望し。
大好きなあーちゃんの為に。あーちゃんあーちゃん。
な一冊だったわけですが
どうやら両想いになったらなったで、見境がなくなるんだなというな。
エロス多めで個人的には満足な一冊です。

二人での生活・・・もとい、性活が始まってからの
淫欲の日々。むしろ受の穴が開きっぱなしで
将来が心配になるくらいにw
ある意味「おいおい;」な作品ではあるのだけれど
受は受で、ちゃんと攻の事を好きだから眠っていても~な部分に
思わずイイジャナイノと思ってしまったのも正直なところ。

嫉妬心むき出しの、仕事現場~も今回は多く描写されており
おそらくその舞台の内容と心理状態がリンクしてるのかなと思いつつ
さらっと読み飛ばしてしまいましたことをお詫びしたい。

歪であっても愛はある。
たまには趣向を変えて。という方にはお勧めかもしれませんな。

3

とうとう此処まで行ってしまったかという続編。

とうとう此処まで行ってしまったかという続編。
わんこ攻め、美人受け大好きー!と気楽に読み始めたのですが、私が期待していたものよりも重かったようです。

監督絡みのオチは何となく見えていたのですが、まさか二人がこんな事になろうとは。
一応、平穏な毎日に戻りましたという事でしょうけれど、狂気がいつ芽吹くか分からない事態は少々恐ろしいです。
嫌いじゃないのですが、手放しで大好き!というには、期待しない方向に重過ぎるお話でした。
続編、出そうな感じですがどうなりますでしょうか。
出たら、買うと思います。

こういうどん底な話は好きな筈なのに、何が引っかかるのか考えてみたのですが、「胎内」「孕む」という単語が駄目みたいです。
あと、常に中出ししまくって腹にためた状態だったら、いつか明良は腸やられて死ぬよな……と気になって仕方ないのもあるかもしれません。
ここらへんはファンタジーなんでしょうが、自分の中のファンタジーとリアリティの境界線が見えた気がします。

5

これもひとつの愛のかたち

前作の「渇仰」に輪をかけて達幸が狂ってます。
明良の思考も結構いくとこまでいっちゃってますが。
ラストまで読んで、この2人はこれで良いのかもしれないなぁと思いました。
愛の形はひとそれぞれですし・・・。
とりあえず2人が幸せそうでなによりです。

そして、前作同様2人をフォローしまくっていつもハラハラさせられている松尾さんには幸せになってほしいとつくづく思います。
もしかすると、もう既に・・・?
松尾さんの幸せを見守り隊。

2

よかった~とはならないけど。

BL系の小説で珍しく読むのに時間が掛かった気がする本作品。

前作が好きで読むという方にも今回の内容は好き嫌い分かれると思いますが、
前作はまあまあ、と思った私は2人がどうなっていくのかというのが気になり続編も読んだ次第です。
最後まで読み終わった後も私自身彼らが選択した先の未来はこれからどうなっていくのかな~とそこがどうしても気になって気になって。
2人一緒に狂うならそれはそれでいいのかなと思いますが、それが完全に閉じていくのかそれともつながったまま閉じていくのか…どう考えても開いていくとは思えないので
どう変化していくのか……

何というか……達幸は本当に人の姿をした獣(文字通り)だと再実感しました。
ヤンデレ…?とも違う感じだと思うのですが、あれを何て形容したらいいのか私のボキャブラリーでは言い表せません(笑)

何はともあれ事務所の人たちや松尾さんの存在は大きいな~と。あの人がいるから道が繋がっていられるんだろうなって思うし。
話の意味でも存在の意味でも今後もいいバイプレイヤーでいて頂きたいなと思う次第です。

万人受けするとは到底思えないけど前作を続き凌駕して突き抜けた……感じを受けました。
続きが出るのか同人でなのか…この後書かれることがあるのか判らないけど出たら気になって買ってしまう…のだろうな~(笑)

4

雰囲気が変わった?

続きものというより
雰囲気が変わったので別のものと考えた方がいいと思います

相思相愛になっったはいいけど
それはそれで大変っていうお話
いちゃいちゃしてます
個人的には前作の渇仰のほうが好きです

2

執着愛がいくとこまでいくと…

執着愛、大好きです。前作『渇仰』、大っっっっ好きです。
前作、『渇仰』を読んだあとは、執着愛最高!犬攻め最高!!とニヤニヤしてテンションが異様に高くなったりしたものでした。
今回、待望の続編である『渇命』を呼んだあとは、しばらく言葉を失ったというか、顔色を失い、たぶんこういう→(((;゜Д゜))))顔になっていたかと思います。
発売日に買って、読んだらすぐに感想書こうっと!とか決めていたのに、気力を取り戻すのになかなか時間がかかりました…。
なにが言いたいかというと、大変衝撃的な読後感ですよ、という話です。
流血が苦手な方には辛い展開があるので、ご注意ください。

前作で十分エキセントリックで犬だった攻め、達幸は、もう犬に申し訳ないレベル、人が人に執着するどろどろした気持ちを異様に研ぎすましたらこうなるのかというような、本能そのものの存在になってました。
達幸はますます明良に執着し、執着すればするほど、明良を他人の目にさらすだけで耐えがたい苦しみを覚えてしまう。
本当は明良を監禁して、不安がない二人だけの世界に閉じこもりたいが、明良が望まないことはできないので、なんと続きか自分を抑える毎日。
もう、達幸の欲望・欲求は、普通の人間には受け止めきれないようなものだと思うのですが、明良は全部受け止めようとして、達幸が一番幸せになれる方法を考えこみます。
達幸の望みは2人きりで閉じこもること。明良自身はできるだけそれは避けたいし、なにより達幸には俳優としての天賦の才能がある。でも達幸が苦しむのは見てられない……どうすればいいのか?
2人の出した結論(というか、明良が出して達幸が嬉々として従った結論)は、あえて書きません。
とりあえず、2人はラストは幸せそうでした。
執着愛がいくとこまでいくと、こうなるしかないのか…と、納得。
ただ、大好きなカップルが、王道のわかりやすいハッピーエンドを迎えなかったことで心がヒリヒリする。同時に、このカップルは他にどうしようもなかったんだよな、とも思います。

達幸がすごい攻めだな!突き抜けてるな!と思って読んでいたシリーズでしたが、今となってはそれを受けとめ愛する明良も、とうに常軌を逸してたんだな。


評価は神にしようか迷いましたが、大好きだった達幸のキャラが、ラスト研ぎ澄まされすぎてかわいげを失ってたので、それを惜しんで萌え×2で。
おろおろして、びえびえ泣く余裕がない達幸が好きだったので(笑)


読み終わって、『渇命』というタイトルと共に表紙を見ると、ぴったりすぎて……またぐるぐる考えちゃいました。
代表作の続編で、ここまで振りきった宮緒先生はすごいと思います。執筆中に、五キロ痩せられたとか。さもありなんの力作でした。
万人受けする作品ではないですが、多くの方の感想を聞いてみたい作品です。

7

えも言われぬ読後感

渇仰の続編です。渇仰が大好きだったので、続編が楽しみすぎて、この肌色の多い表紙の本をレジに持って行くこともあまり抵抗がありませんでした(笑)
あの駄犬達幸を、どんなふうに躾ていくのか…それが楽しみでもあったわけですが、とてもラブコメ感覚で楽しめるような展開ではありませんでした。渇仰では、可愛い奴だなぁと思えた達幸も、続編ではドン引くような暗い部分を見せつけてきて、ハラハラする場面が何度もありました。同時発売のパンツ本は完全にラブコメとして楽しめましたが、私はパンツ本を先に読んで正解でした。これ読んだ後ではとてもパンツ本で楽しめなかったと思います。明良への愛情は並外れているだけに、負のパワーも半端ないのです。読んでいる私も達幸の負のパワーに巻き込まれてしまい、どうすれば良いのか悩む明良の心情も共感できました。そして己の暗い欲望と明良への愛情の葛藤で苦しむ達幸が可哀想で可哀想で…あの真夜中でクローゼットに籠るシーンには胸が痛みました。ラストはなんとなく、明るい未来が想像できず、釈然としませんでしたが、二人が幸せなら、それでいいのでしょう…。達幸が余裕を滲ませるようになったとあったので、あ続きの泣き喚きながらゴネる達幸が見られなくなるのかと思うと、寂しい気もしましたが… (笑)私はあまり相手の体を傷つけるような行為は好きではないので、愛情表現やプレイの要素としても、最後のそういった行為に納得できず、いや…萌えられなくて(笑)…二人が暗いところへ堕ちて行くのではと心配せずにはいられないラストでした。

11

とうとうここまで来ちゃったのね

「渇仰」の超ヤンデレ超執着もの続編はここまで突き抜けたか達幸!!
そこまで受け入れたのか明良!!と読みながら絶句致しましたね。

サスペンスもホラーも大好きだけど唯一苦手なのがスプラッター系な私。
完璧なスプラッターでは無いけれどそんなに遠くない未来に達幸の狂気な愛が
明良の全て、文字通り生身の肉体までもむさぼり食べつくすのではと思わせる
作品の後半部分の描写で、ここまで来てしまったのかと遠い目になりました。

愛する人を食べつくし一体となるなんて獣的感覚と思うのですが、
やはり達幸は生まれてくる種族を間違えたとしか思えない内容ですね。
狂気なワンコが人気イケメン俳優に擬態している。
今回の内容は本当に達幸にしてみればそうなのだと感じます。
それにエロ狂いで明良が傍にいれば年がら年中時間も問わず発情してての
あーちゃん孕んでセリフとともに合体しちゃうのも前作同様。

本来なら明良を誰の目にも触れさせたくない達幸ですが、明良の意思と
前作では明良を命の危機に晒したことがあるのでひたすら閉じ込めることを今回は我慢。
いくら言葉で達幸が1番だと愛していると告続きげても心の底から信じきれない達幸。
明良が誰かと話しただけでも、達幸以外のことに目を向けるだけでも不安になり
前作同様のほの暗くギラつく獣の目を宿してしまう達幸なのです。

それが今作でトラブルに巻き込まれた明良が達幸を止めるために言った言葉が
達幸にとっては何よりの精神安定剤になったようです。
読んでいる私は、明良なんてことを言っているのと止めたくなりますが、
達幸に注がれ続けた狂気の愛情が明良をもまたその狂気を心の底から受け止めるような
被虐的な答えを明良が出していることに驚愕です。

でもこの二人はきっとこのくらいのことでなければ一瞬でも離れていられないのだから
致し方ない愛の形なのだろうとも思うのです。
実際にそうなったらかなり怖いし、ヤンデレなんて言葉で解決出来ない次元ですが。

読み終わって思うのがこの作品が続編だったのですが、同人誌や番外編などで
目にして読んでいるからなのかもっとシリーズが続いているような錯覚もあるのです。
出来れば最悪な愛の昇華にならないように祈るばかりなのです。
神評価したいところなのですが、スプラッターを匂わせられた怖さでチョイ控えめです。


13

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ