月下の涙~鬼と獲物の恋~

gekka no namida

月下の涙~鬼と獲物の恋~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神17
  • 萌×26
  • 萌2
  • 中立3
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
8
得点
118
評価数
30件
平均
4.1 / 5
神率
56.7%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸文庫black(小説・白泉社)
発売日
価格
¥741(税抜)  
ISBN
9784592851233

あらすじ

★花丸文庫6月刊特典★
HLBでは、今月の花丸文庫に新刊4点の書き下ろしSSペーパーの内容がすべて含まれた、特製蛇腹ペーパーを封入しています。
各作品にお付けしている該当のSSペーパーの他に、他の3作品のSSも読める超お得特典! 初回入荷分のみの特典となりますので、ご利用はお早めに♪
(*注意*SSペーパーと蛇腹ペーパーに含まれるSSは同じ内容です)
★★★★★★

鬼が見える柳谷潮と、人を食べられない優しい鬼。幼い頃に出会い一度離れ離れになった二人だったが、潮が18の年に再会を果たす。深く慕い合い、身も心も相手に溺れきる傍ら、近づく8年ぶりの伝統の祭り――豊穣祭。大祭の満月の夜、潮は大好きな鬼とずっと共にいられるよう篝火に願う。しかし、運命は残酷だった。なぜか鬼が急激に痩せ衰え始めたのだ。詰め寄った潮に鬼は答えた。潮の息の根を止める、その衝撃の事実を。新月までに潮を食べなければ、鬼は霧となって消える……。
己の命か相手の命か――迫られる究極の選択。和風幻想シリーズ第2弾!!

表題作月下の涙~鬼と獲物の恋~

鬼, 美しく優しい半人前の鬼
柳谷潮, 鬼が見える高校生 18歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数8

コレ!という印象が残らなかった

あれー?私は別の作品を読んだのかな…。というほど皆さんのレビューとは違う感想になりました。

最後まで鬼を「あんた」って呼ぶ潮をどうも可愛いと思えず…。う~ん。なんと言えばいいのか。小さなアップダウンが沢山ありすぎてコレ!という印象が残りませんでした。精気を食うためという初エッチも唐突だし、神様が見える同級生とか、竜神とか、鬼が消えるって話も、腫瘍のことも、何もかもが唐突でツギハギな気が。

ホラーでグロちっくなシーンは、個人的にはそこまでショッキングではなかったです。

1

グロ注意!そして、ネタバレ注意!

涙が止まりませんでした。
前作『青龍の涙』のスピンオフということですが、竜神が出てくるだけで続編というわけではないみたいなので、これだけでも楽しめます。

グロやエロはありますけど、夏○友人帳や蛍○の杜へなんかと似た雰囲気で、切なくて心温まる物語でした。しかも、露神様が出てくるんですよ!残念ながらこの作品の露神様も消えてしまうのですが、鬼と潮の幸せを守ってくれていた優しい神様です。

残酷な描写が苦手な方には申し訳ありませんが、鬼が潮を食べてしまう場面は、必要な描写だと感じました。
愛する人を泣きながら引き裂き「美味しい」と食べる鬼の姿と、自分が食べられるのを意識を失わず眺める潮の姿は衝撃的で、本当に胸が痛くてボロボロ泣きました。
でも、このシーンがあったからこそ遺していく側の辛さより、遺される側の辛さの方が圧倒的に大きいんだな、と思い知らされました。
今回彰は出てきませんでしたが、竜神はまだ彰と共にいることを匂わせるセリフがあったので安心しました。
彰と潮が長生きできる方法をみつける続編とかないのかなぁ。

1

ごめん 無理。

うーん怖すぎた。
いいお話なんだろうけど、怖すぎたので、百万歩譲って中立が精いっぱいな私を許して・・
身体損壊シーンが無理な方は、お止めいただいた方がよいかと。

陸裕先生の挿絵目当てでget。
美しい表紙。。。。中の挿絵もほんとに美しい。
ただただあのシーンさえなければ・・・・・
あのシーンがあるが故に、長らく読み終えることができず タンス預金ならぬ
タンス本と化してしまった。
本棚整理の合間に気力を振りしぼって、手に取り、あのページの後から
読み直し・・・
でも怖いもの見たさ?でついついあのページをちらっと見てしまって
ひゃーーーーーーーーーーー やっぱ無理ーーーーーーーーーーーーと
思った次第です。
先生、あそこさえ書かずにいて下さったら、
すごく好きな本になったかもしれないのにー
しくしく。
鬼を集めてくれたばあちゃんの話なんか号泣ものなのにー。

まあ本は先生のものなので、私ごときがきゃーきゃー言っても詮無いのは
承知の上ですが、いちゃもん言いたくなっちゃいました。
すいません。

1

涙腺が決壊します!

前作を読んだ上で読みました!
単独でも楽しめるとのことでしたが、より竜神様の事情などが分かるため、前作を読んでから読むことをお勧めします(^-^)

途中までは、花丸BLACK文庫らしいエロや、鬼と潮がお互いに惹かれていく過程があって、そこまでは『青龍の涙』と似た感じかな?と思っていたのですが、後半涙腺が決壊しました。
切なくて切なくて、鬼と潮がお互いを思うが故の選択がすれ違ってしまい、二人の愛する人を失った慟哭がすごく胸を打ちました。
涙が止まりませんでした。
こんなに泣ける作品には久しぶりに出会いました。
大好きで大切な作品の一つになりました!!!!!!

1

ちょいグロ&ホラー

潮の態度が鬼には生殺しなんだろと思います。
自分の理性と一生懸命戦ってる鬼に対して、潮は大好きと連呼します。
その気持ちを包み隠さず正直にぶつける潮が可愛くも見えます。

んで、潮と比べたら鬼はヘタレかなと思うんだけどそこまでヘタレって感じでもないです。

潮を食べたくないってのもわかるし、優しい鬼です。
泣き虫なのはヘタレとは違うなとも思うし。

鬼が潮をバリボリと食べちゃうんでグロいシーンもあります。潮はとても甘くて美味しいらしいです。

切なくてうるっときました。
自分は犠牲になっても良いから相手を助けたいという気持ちが裏目に出てしまうのが悲しいです。

でも一番悲しいのは祠の神様が他の鬼に食べられていたってことです……。
そんな、あっさりとという衝撃でした。

前作より、こっちの方が好きです。

1

何度読んでも号泣です

『青龍の涙』のスピンオフになります。竜神や、彰の弟分の息子が登場しています。この作品は、鬼と人間の恋なんだけど、お互いを想い合う強い心が切なくて、読み返す度に号泣しちゃう大好きな作品です。

高校生の潮は、小さい頃に出会った鬼と神様が大好きでした。地元に帰ってきた潮は、またあの時の鬼に会いたいのですが、なかなか会えません。やっと会えたと思ったら、他の鬼が潮を狙っているから、守るためだと傍にいてくれるのです。
どんどんお互いに惹かれ合う二人。離れたくない、そう想い合った時に、二人に危機が訪れるのです。鬼の命を取るか、潮の命を取るのか…。
二人の選択に涙が止まりません。
鬼なのに心優しくて、子供の頃の人間とのエピソードや、潮を大切にするのにキュンキュンします。
竜神もホントイイ神様で。潮との会話で、彰への愛情が伝わってくるのも、微笑ましくて良かったです。
潮も、健気で我慢強くて好感が持てます。自分の願いは傲慢だったと気付いてからの我慢と努力の日々には、心が打たれます。
念願叶って再び会えた時には、嬉しくて嬉しくて感動します。
花丸ブラックだけど、全然エロくなくて、とっても続き素敵で心温まる和風ファンタジーなお話です。

3

切ない愛にウルウル

素敵でした!久々に萌えツボ刺激されたし涙腺決壊させられたしと大満足の作品。
花丸文庫blackなのでエロが多くて食傷気味になるかと思って望んだ作品が
まさかのピュアな異種族恋愛でその設定も捕食する側とされる側の恋。

主人公の潮は鬼が見える能力を持っていたようで幼い時に母を事故で亡くしたときに
亡き母が子供がなかなか出来なかった時に村の山にある社にお百度参りをして
自分を授けてくれたことからよく母親と共にその社にお参りに行っていて、
母親は見えない美しい鬼の姿や社の神様の姿が潮には当たり前に見えていて
母親が亡くなった時に悲しさと寂しさで社に出向き初めて神や鬼と言葉を交わす。

幼いながらにつかの間の鬼との触れ合いで母を亡くした悲しい心を癒してくれた鬼が
潮にとっては無くてはならない存在になります。
しかし、父親の仕事の都合で村を離れなければならなくなり、必ず戻るからと約束し
10年ぶりに村へ帰ってきて、約束の相手が待つ社に出向くが待ち人は居らず、
社に約束を果たす為に行った潮に逆に危険が迫ってしまう。

それでも会いたい気持ちが報われて鬼が潮の元へやっ続きて来て再会は叶うのですが、
潮は大好きだった神が既に悪鬼に消滅させられ、潮自身が鬼が見える存在な為に
悪鬼共に狙われる事態になり、潮は大好きな鬼に用心棒よろしくお願いしてしまう
かなり猪突猛進的なやんちゃと無鉄砲さを発揮して鬼と共に過ごす日を手に入れる。

悪鬼との戦いはかなり簡単に終わりますが、実は鬼には潮が想像もしていなかった
鬼としての業を背負っていました。
幼い日の出会いから10年後の再会で二人の関係は大きく変わっていきます。
内容的には襲い受け気味で、鬼は優しい草食系の泣き虫さんなのも萌えました。
鬼の過去のこだわりを行動的な潮が枷を取り除いたり、二人の仲は恋人みたいに
むつまじいのですが、村の祭りがターニングポイント。

お涙恋愛にありがちな自分の全てを、命まで犠牲にしても相手を守り救いたい。
互いにその思いが強くて、それ故に片方が居なくなったことまで逆に考えられない。
そのことが切なく悲劇的な展開になるときは、切なさだけに留まらずグロさもあるが、
まるでそのことが夢だったような流れは見事です。
後に残る後味の悪さは一切なくて、潮には頑張れと応援したくなる展開でした。

久しぶりにファンタジーで心打たれる素敵な作品に出会うことが出来てかなり満足。
機会があるのなら神になった鬼と潮のその後なんかも読んでみたいと思いました。

6

純愛です

母が子宝を願って百度参りをして授かった潮は、異形の姿が見える高校生。
小学生のときに母が死に、そのときに慰めて見守ってくれたひとりの鬼との思い出を、その土地から引っ越した後もずっと大切にしてきました。
ようやくその土地に戻り、鬼と再会したのが物語の始まり。
ちょうどそのとき、そこでは豊穣祭の準備が進んでいました。

子供の頃の刷り込みのように、鬼が好きでたまらない潮。
鬼も、異形の自分を怖がらずに懐いてくれた幼い潮をもともと可愛がっていたし、今になっても好意を全身で示す潮が可愛かったのでしょう。体も心もどんどん距離が近くなり、べた甘モードが全開になったところで、とんでもないどんでん返し。

鬼がどんどん痩せていくのです。
そして、問い詰める潮に、自分は豊穣祭終わりとともに霧になって消えることを告げます。それを防ぐ方法はただひとつ。鬼が見える人間――潮を食べること。

だけど鬼は潮を食べようとしません。食べるつもりもありません。
鬼はそもそも、豊穣祭の間、どの鬼にとっても極上の餌である潮の命を守るために、潮の前に姿を現したのですから。鬼は、潮を守りきって消えるつも続きりだったのです。

でも潮は諦めません。
自分も鬼も死なないで生きられる方法を模索し始めます。
ですが、そこでまた次のどんでん返し。
潮が不治の病にかかっていることが発覚します。
「灰になるより、あんたの血と肉になりたい。だから俺を食べて」と潮は懇願します。
「嫌だ。お前を食べられるものか」と涙ながら拒否する鬼。

ここでちょうど中盤あたりです。
この先は、もうずっと泣きながら読んでいました。
鬼が潮に託した願い。「幸せになれ。生きることを諦めるな」。
潮が鬼を想い、復活をただひたすらに願って、必死で足掻く様子。
このにっちもさっちもいかない運命を、二人はどう乗り越えるのか。

潮は子供っぽいです。素直で無邪気といえば聞こえはいいですが、言い換えれば能天気で考え無し。そのために、途中で一回、大きなミスをおかしたりします。
鬼は鬼で、ものすごく強いくせによく泣くし、餌である人間すら食べられないくらい穏やかで優しい、鬼としては完全なる出来損ない。
二人とも不完全です。だけど、だからこそ愛しくて、はらはらして「頑張って」と目が離せずに見守ってしまうのです。子供だった潮が、鬼を助けるために涙を堪えて奔走する姿は、本当にけなげです。ある意味、潮の成長物語とも言えます。

ラストはちゃんとハッピーエンドです。
途中が苦しかったから尚更、「良かったね」と幸せすぎて涙が出ました。
想い合う二人が幸せになれて、本当に良かった。よく頑張ったね、と。
現代版日本昔話。読み応えはたっぷりです。

『青龍の涙 ~神は生贄を恋う~』からのスピンオフとのことですが、読んでいなくても全く問題なく楽しめます。
ただ、竜神や真吾の子供が出てきたり、竜神の台詞にちょっと思わせぶりなところがあったりするので、読んでいたなら尚楽しめると思います。

7

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ