Veuillez tel je vous aime aussi?

Veuillez tel je vous aime aussi?

Veuillez tel je vous aime aussi?
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
5
評価数
1件
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
媒体
コミック(同人)
サークル
海狸PLUS<サークル>
ジャンル
黒子のバスケ(ジャンル)
発売日
価格
ISBN
ページ数
12ページ
版型
A5

あらすじ

※黒子のバスケ【二次創作・R18】

『貴方はこのような私でも愛してくれますか?』

アラフォーになった日向と木吉。
ずっと一緒でたまに会って。
同級生たちはみな幸せを掴まえ過ごしているのに、
俺は日向のことを――。

木吉目線で進む、「日向×木吉」本。

表題作Veuillez tel je vous aime aussi?

日向順平(社会人、アラフォー)
木吉鉄平(社会人、アラフォー)

評価・レビューする

レビュー投稿数1

木吉が誘い受けでアラフォーで!

……この設定ってだけでもうもう……
オヤジスキーにはタマラナイッ❤

咥え煙草でちょっと無精髭生えてる木吉がセクシー!
目のトコとかくぼんじゃってる疲弊顔な日向がカッコイー!
この表紙の色気は、アラフォーだからこそ出せるというね。

とっても短いページ数でありながら、その中でも私の萌がふんだんに
詰まった1冊。
40手前。
ずっと一緒にいて、何度も寝て、戯れて。
申し訳ない気持ちを抱きつつ、木吉が日向に思うことは――と進んでいきます。

実際、木吉ってこういうことグルグル考えそうだよなぁ、と思ったり。
周りの環境、友達、仲間。
目の前にいる愛する人。
色んなことを頭に入れて、ずっと考えてグツグツ煮えてしまいそうで。
結果、たどり着くところは「そこ」しかない。
およそ40歳の木吉は、そんなことばかり考えていそう。

しかしね、なんだかんだ言って、一番離れられないのはきっと木吉本人。
だから、そこまで考えてたって絶対口にはしないし、答えを日向に
委ねない。
ズルいほど一途で純粋で執着が強そうな彼です。

致すシーンは数コマですが、大胆に描か続きれているのでドキッとしました。
(贅沢を言うなら、自分で足抱えてて欲しかったなーとか、
 空いてる手で自分のを扱いてて欲しかったなーとか。
 贅沢を言うなら、ですよ?はい〃)

個人的に『薄い本あるある』の1つで、表紙と中身の画が違う!というのが
あるんですが、ちえみさんの描かれるものはそんなに差がないのも
激しく萌えられた理由。
実は表紙がこれまた好みすぎでして、もうかーなーり木吉が日向を
誘ってるわけです!
それに応えるかのように眼鏡を上げてる日向も素敵。

私の萌え心にズバーーン!と入り込んできたこちら。
モノローグが多く、全体的に黒が多いせいで暗い雰囲気もありますので、
好みは分かれるかも?
しかし、私の評価は『神』一択で!

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ

この作品は、18歳未満の方には不適切な表現内容が含まれています。 18歳未満の方のアクセスは固くお断りします。
あなたは18歳以上ですか?