桜、舞う

sakura mau

桜、舞う
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1件
平均
4 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック(同人)
サークル
海狸PLUS<サークル>
ジャンル
黒子のバスケ(ジャンル)
発売日
ISBN
ページ数
12ページ
版型
A5

あらすじ

※黒子のバスケ【二次創作】
日向順平と木吉鉄平のお話。

卒業の日。
バスケ部の部室に向かうと、そこには木吉の恋焦がれる男がいた。
「言ったら多分、お前驚くぜ?」
木吉がその言葉のあとに続けたのは――。

表題作桜、舞う

評価・レビューする

レビュー投稿数1

咲くか散るかはその先に。

誠凛高校、卒業式の日。
木吉や日向、リコなどが巣立っていきます。

本当に高校生活最後の日。
卒業式も終わり、木吉は部室に行くと、そこには日向が立っていて――と
進んでいきます。

『卒業』を中心に、とっても爽やかな木吉の思いが描かれていて、読後感も
本当に爽やか。
言わなくては後悔する。
そんな気持ちで伝えて、でも受け入れて貰えるなんて微塵も考えていない、
「3年間、お前だけが好きだった」という言葉。
ストレートでシンプルで、それでいてずっしり来る非常に重みのある彼の
言葉に、日向の答えは……
というところでEND!
クゥゥゥッ…余韻と妄想がー!

しかし、その先には少しだけ続きが。

1年後、久しぶりに集まることになった木吉たちOB。
コガと待ち合わせした木吉の元に、リコから『早く来い』と連絡が入ります。
木吉のスマホを覗いたコガが観たものは――?

結局。
木吉と日向はラブラブですよーという安心感を貰って、ぱたりと本を閉じました♪

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ