明日のエサはなにがいい?

ashita no esa wa nani ga ii

明天要吃什么

明日のエサはなにがいい?
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神6
  • 萌×216
  • 萌7
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
10
得点
115
評価数
29件
平均
4 / 5
神率
20.7%
著者
 
媒体
コミック
出版社
海王社
シリーズ
GUSH COMICS ~ガッシュコミックス~(コミック・海王社)
発売日
価格
¥620(税抜)  ¥670(税込)
ISBN
9784796405829

あらすじ

この無能! 役立たず! ! 怒怒怒
…たかが大葉を買い損ねたという理由で一流企業課長の俺を罵倒するのは、気紛れで拾った居候の黒江。
顔は可愛いが口はすこぶる悪い。ウリをやってぼろぼろになっていたところを拾ってやったら、毎日食事を作るようになった。
本当は飯なんか作れなくったって、他のセフレと同じようにヤリたい時にやらせてくれる方がいいし、
面倒くさい事を言う相手は苦手だ。だけど、こいつの作る飯は美味しくて―――。
ゲイのエリートリーマン×お料理男子のいびつで不器用な恋!

表題作明日のエサはなにがいい?

三枝,一流企業の課長
クロエ(黒江),元ウリの料理上手な居候

同時収録作品ストロベリーの唇から

片桐司,会社員
三村一朗,同棲中の恋人,会社員

同時収録作品可愛くねえよ!

篤,研究室勤務
諸角千慧,抱かれたい男ナンバーワンの俳優

同時収録作品オーダーメイドハニー

雨宮春作,地味で誠実な会社員
朝、隣に寝ていた理想の恋人像の男の子

その他の収録作品

  • 席をお譲りください
  • となりの必須栄養素(描き下ろし)
  • カバー下:あとがき漫画

評価・レビューする

レビュー投稿数10

不意打ちくらった表題作⭐

愛だ恋だ情などよりも、体の関係さえあれば満足していた三枝が、
クロエの毎日可愛く、甲斐甲斐しく、料理を作って帰りを待つ健気さに、心か満たされていく。
そんな描写が素晴らしくて、『三村と片桐』シリーズ目当てで購入した事すら忘れてしまうほど夢中になれました。
そして、二人の話はそんなよい話で終るわけでもなく、
第2話では三枝の愛ある変態っプリとクロエの可愛さ爆発。
たった2話だけど、濃厚な表題でした⭐

他、本来の目的だった『三村と片桐』シリーズ含め3作品。うん。最後の書き下ろしでまたクロエが見られて嬉しかった~♪

0

料理推し


おかん男子が好きで買ったんだったな〜と思い出しつつ再読したら、何だか良いお話が多かったように思えました。

王道そうなのに王道じゃない感じがいい。
絵柄も同じく。デッサンがおかしい!と思うところはあったのですが、それはカバー下の話なのでしょう笑
話毎の長さ関係なく、安定感は初読み作家さんながら流石だと思います。

諸角千慧くんは確かにちゃらちゃらしていないのにイケメン!本当に格好良いのに「抱かれたい男」ということで可愛さもあり。
オーダー~は、元気付けられていく工藤くんが愛しい。ウリ?の子ビッチな子が最近多いかと思うのですが妙にリアルで本当にさみしい、と思う雰囲気が出ていてよかったです。
痴漢の件もなかなか。

0

読者も餌づけ

 相変わらず、食に関する飽くなき情熱とこだわりが満載の一冊。一品一品がリアルに美味しそうってだけでなく、組み合わせの妙というか、明太子に青紫蘇、銀ダラに赤だしとかもう神!食卓を描くとちゃんと「献立」になってるし、あと郷土食!博多の水炊きとか栃木のイモフライとか。あ、「とちおとめ」も故郷がはぐくんだ綺麗で美味しい(片桐にとって)立派な郷土の味かも?!

 表題作は、遊び人のサラリーマンが気まぐれで拾ってきた黒猫が厨房にすみついちゃう話。猫って恩返しをするような義理堅い生き物っだったっけ?昔家で飼ってたポメは、自分が産んだ赤ちゃんを見せに来てくれたことがあったけど、あれも恩返しだったのか、それともただの自慢?
とはいえ、大切なものを見せてくれるくらいには信頼してたってことでしょうか。本作のクロエ君も、自分が持ってる最上のものを差し出そうと懸命な子。ただね、正直あんまり感情移入できずに終わってしまった。
 攻めの三枝がいまいち不誠実なせいもあるけど、お話としては殊更にBLでなくても成り立つ気がして。
 
 その意味では、後で出てくる三村と片桐の、高校の時からずっとつきあって三十路続きに突入して、夫婦同然でもいまだに親にもカムアウトしてないとことか、イケメンマッチョで「抱かれたい男ナンバーワン」なのに中身は乙女な諸角の葛藤とかの方が切実。あと絵柄的にも、「若くて可愛い」感を表すのにここまで瞳を大きくキラキラに描く必要があるのかと思えて。(どちらかというと標準モードでもこの作家さんのキャラは童顔気味なので、美少年というよりホントのお子ちゃまに見えてしまう)

 絵柄については単に自分の好みとは合わないってだけだけど、それでも次作もきっと手に取ってしまうのは、食の引力と、対話力。三村と片桐の栃木弁の掛け合いエッチはホント絶妙でした。いつか作品群に登場する食だけ集めたグルメ本とか出していただきたいものです。

3

安定した画力がナイス!!

安心して読めます。倫敦巴里子さん。

表題作タイトルで
ご飯をエサって言うのがなんとなくあまり良い印象ではなかったのですが
読んでみて納得!!
私は猫を飼った事がないのでわかりませんでしたが
猫なりの愛情表現、かんわいい…w
主人が望んでいないものとかそんなのお構いなしっていうのが
猫らしいというかねw
見た目が可愛いだけで引き取った男を抱けもせず
美味しいご飯だけは作ってくれるクロエ、
お使いを頼んでも買ってこられない三枝に暴言を吐きつつも
ちゃんと恩を感じていて
しまいには好きになってしまって…。

三枝が、本当であれば好みじゃない攻めなんですよw
現地妻(男)が何人もいるとか
後日恋人になったっていうのにまたリョウというプロと関係を持とうとしたり
(未遂だけど)
クロエが痴漢に遭っても守ってくれないとか
なんか誠意やら愛が足りなくないか!?ってネ。
でも、三枝ってこんな男だけどクロエと共に生きていくんだろうなって思うと
不思議なほど許せてしまいました。なんでだろう?w
クロエのストーカーをわざと当て馬に選んだくだりは笑ってしまいました続きよ。

あとね、紫蘇。苦手だったのにやたらと美味しく感じるようになったので
こだわるクロエに共感しました(そこ!?)

『ストロベリーの唇から』
出ました、片桐×三村!!
相変わらずしっくりきすぎるカプで安心しました…。
そして高校生の頃の彼部屋Hがあまずっぱ可愛くて!!
訛りって自分とこ以外だとなんでもラブリーなのですw
めっちゃ素が出てて気を許してる感じがいとおしいじゃありませんか!
「ああいうパッション忘れてやしませんかって話だよ!」の片桐の台詞がツボりましたw
ちゃんと三村の感じるてぃくびを愛撫してくれてて良かったー!!

『可愛くねぇよ』
俳優がイケメンなのは当然かもしれませんが
一般人で彼女に振られた篤さんが男くさくてすごく好みでした!!!
目つき悪いと言うか、無愛想というかw
イケメンだけど中身は結構乙女で料理上手の千慧。
で、てぃくびはピンクで筋肉質なカラダのギャップが可愛かった!
でも、個人的にはどちらかというと
篤さんが受けで千慧が攻めだったらもっと良かったデス。

『オーダーメイドハニー』
これまた隠れビッチ系の受けが攻めに尽くすお話。
でも攻めは優しいし、そんな攻めのあったかい気持ちに触れたくなって
犯罪まがいの事までしてしまったわけですが全然嫌悪感無かったです。
私も卵焼きは甘い方が好きw


それにしても……篤さんに喘いで欲しかった……。
もう、これでもかという程に千慧に啼かされて
ノンケなのに、年上なのに、というのを全部ふっ飛ばされて
感じて欲しかった───!!!
このやりきれない思いをどこにぶつけたらよいのやら。

萌ですが萌×2寄りです!!

2

にゃんこ

小さな黒猫が、毎日エサを咥えて運んでくる。
そんなの想像したらかわいくて悶えてしまう(ノ∀`*)ペチ
ウブなウリ少年とか悶えてしまう。
設定だけでご飯何杯でもいけてしまう。
強気に見せたり、かいがいしく見せたり、照れてみたり。
かわいいニャンコな表題でございました。ウマー

その他短編。
お馴染みの、三村&片桐カップルの初々しい時代がかわいい!
大きい受けとノンケさんのカップルが初々しくてかわいい!

ただ、短編が多かったせいなのか、ちょっと萌えたりないのも事実。ぐぬぅ

2

餌付け特集。

作家買いです。

表題作「明日のエサはなにがいい?」
リーマン・三枝×元ウリ・クロエ
受けのクロエが可愛いです。三枝さんのことが大好きで、一生懸命尻尾振ってるのがなんとも健気というか…。ツンデレちゃんで口は悪いけれど、全身で「好き好き」って言ってるんですよね。
一方の三枝さんは各地に現地妻がいるような節操無しさん。最初は顔が可愛いから、という理由だけでクロエくんを家に入れて、料理を作ってくれるよりヤラせてくれる方が良いなあなんて思いつつ、それでも自分に尽くしてくれるクロエくんにだんだんほだされていってしまいます。
帯にもある「一発抱かせるより毎日ゴハン作る方が大変なんだぞ!」。このクロエくんのセリフには深く頷いてしまった。
凄く不思議だったのは、クロエくんはウリをしていた、という前提でしたが結局誰ともしたことがなかった、ってことだよね…?エチはもちろん、普通に体に触れるだけでもびくついてしまうクロエくんですが、どうしてそうだったのか全然わからないまま話が終わってしまう。
性的な意味でなくても人に触られると嫌な理由や、ウリ(でも行為はしたことがない)をしていたのはどういう続き経緯だったのか、をもう少し掘り下げて欲しかった!そうしたらもっと話に深みが出たのになととても惜しい気持ちになりました。

「ストロベリーの唇から」
おなじみ「三村と片桐」の二人の話です。
いや~、方言って良いっ!なんとも萌えます。オッサンの二人も良いですが、高校生の頃の二人が何とも言えず可愛いです。あんなに初々しかった二人がこんなオッサンになっちゃって…。あ、自分もか?とかいろいろ思いつつ。
片桐くんのお母さんへの言いわけには爆笑!そりゃ三村くんに怒られるよな、と。
あと「とちおとめ」。これからスーパーで見るたびにこの二人を思い出しそうですw。

「可愛くねえよ!」
普通のリーマン・篤×イケメン俳優・諸角くん
誕生日に諸角くんがきっかけで彼女にフラれた篤。ゆえに諸角くんのことがキライ(←八つ当たりともいう)。なのに電車で痴漢に遭っている諸角くんを、彼と知らないまま助けたのがきっかけで彼になつかれてしまいます。
ガタイも良くイケメンで女性に圧倒的な支持を得ている諸角くんですが、実はゲイでしかも受け希望。助けてくれた篤に一目ぼれして、一生懸命尽くすのですが…。
というお話。
これ読んだら銀ダラがとても食べたくなりました。

「オーダーメイドハニー」
リーマン・春作×謎の(?)男
朝目が覚めたらベッドに知らない男がいて…?
というある意味王道なお話。
春作のことが気になり、彼の好みの男であろうとする受けちゃんが健気で可愛かった。このお話も餌付けでした。
ちなみに私は甘い玉子焼きの方が好きです!

どのお話も美味しそうな料理がてんこ盛りで、一生懸命料理を作って尽くす受けさまがいっぱいの、可愛らしいお話ばかりでした。

3

まさかここで会えるとは・・・

表題作
『明日のエサはなにがいい?』『席をお譲り下さい』

日本中にセフレがいるゲイのリーマン三枝と元ウリの顔は可愛いけど態度も口も悪い黒江。
そんな二人の同居生活は・・・
ウリをしていてぼろぼろになった黒江を拾った三枝。
毎日美味しいご飯を作ってくれるけど
そんなことよりやりたいときにやらしてくれる方がいい・・・
だけど、黒江はかたくなに拒んでいて・・・
そこにホントの黒江の気持ちがあって
それを打ち明けたとき、三枝自身も自分の気持ちに気づいて・・
しかし、電車の中のあのシーンはちょっとびっくり。
勘違いとはいえ電車の中であんなに感じてしまう黒江にちょっと驚き・・・
男の子も可愛いと痴漢の餌食になるんですね、かわいそうに・・・

『ストロベリーの唇から』
私個人的には、表題作よりこちらでした。
まさかあの三村と片桐の続きを読めるとは思っていなかったのでテンションあがりました。
久しぶりに栃木に帰省した二人が昔を懐かしみながら
方言Hをするところには萌えました。
長い付き合いの二人なだけに、どんなことも分かりあっていて
それでいて愛にあふれてる続き、まさに夫婦生活。
懐かしい気持ちで、学生時代を思い出し方言にこだわる二人。
「おっぱじめっかい?」には、笑えました。色気も何もあったもんじゃないけど
そこに二人の原点があり、二人の愛の歴史があって・・・
なんとも、良いHでした。
いつみても、この二人のいたすシーンは愛がるというか温かいというか
なんというかエロいけどエロくない・・・う~ん難しい
そんな雰囲気が漂うのです。
Hの最中に、普段と変わらない会話があるからかな。
そして感じてる表情が、エロさを超えて幸せいっぱいになってます。
しかし、片桐の最後のあの言い訳には、さすがの三村もドン引きでしたね。
よくもまあ、あんな嘘を思いつき、べらべらと次から次へと口がたつものだと
驚きを通り越して感心しています。

このほか、短編3作品収録されています。


4

各種袋をつかまれました!!

 せっせとエサを運んでくる健気なお料理男子が可愛すぎました。うちにも欲しいです。課長ですか? 課長になれば手に入るんですか? 
 お料理男子が出てくる3作品+「三村と片桐」のご当地H話が1本。ドリームとリアルが程良く混ざった萌えに全身の血管が膨張気味です。

◆『明日のエサは何がいい?』『席をお譲り下さい』
 罵られてもいい、むしろ罵って欲しい、職場ではデキル男のこの俺に、「無能」とか言っちゃうのはお前だけだぜ可愛いな!!!!! 
 って思ってるに違いないけど気のないそぶりで意地悪な事ばかり言ってしまう攻め。本当はメロメロなんです!可愛くてしょうがないんです!でもデレデレなんてできないんです!同僚に愚痴るフリしてのろけてますが許して下さい。かっこつけていたいんです。
 熟年離婚されちゃう典型的なパターンですよね…でももう少し甘えさせてくれ、仕事頑張るから!
 攻めになりきって尽くされるドリームを堪能しました。

◆『ストロベリーの唇から』
 倦怠具合が大好きな「三村と片桐」。今回は帰省先で学生時代を思い出し、久しぶりに燃えてしまう2人です。方言Hと片桐の嘘の下手さに続き萌え×2でした!

◆『可愛くねえよ!』
 「抱かれたい男」な細マッチョ受けに懐かれてしまった、ダメ男ぶりが滲み出るヒゲ面ノンケの主人公。
 …ない。ないない。可愛くない。
 でも何だか愛おしくなってしまう。手をつないでやっただけで真っ赤になって…何だそれ! もっと幸せそうな顔が見たくなってしまう、振り回されてる自分、嫌いじゃない。

◆『オーダーメイドハニー』
 攻めが爽やかでいい人だったので共感できませんでしたが、こちらも健気で美人な、尽くす受けです。

◆『となりの必須栄養素』(表題作後日談描き下ろし)
 ラーメン食べてたら「年考えろジジイ」と説教されて10秒で刻んだネギが出てくるとか…もうどうしたら良いか分かりません!!

4

三村と片桐が読める!


気持ち神評価ですが自分がファンなので甘くなるだろうことを差し引き前×2です。

倫敦巴里子さんのマンガはオチがあって好きなんです。
くすっと笑えて、でもうまいなーといつも感じています。

今回も早速購入し、読んでみると1話だけ三村と片桐がある!!
うれしい!!いつもよりエッチ描写がある!
でも、三村はひどい目にあってます。
あれはひどい・・・。

カバー裏で料理男子萌えを語っていますが、
そういえば腹ペコもそうだったしと納得しました。

4

栃木弁の三村と片桐~!!

「三村と片桐のつれづれ。」で、このふたりのお話は読みおさめかなぁ
そう思っていたので、また読めて嬉しい♪
(1話だけですけどね)
そして今回は栃木弁でしゃべってる&エッチしてるふたりが見れました~☆

■「ストロベリーの唇から」
おばあちゃんが入院したことで地元の栃木に一時的に戻った三村と、
それを追いかけるように帰省した片桐のお話。
10年以上ぶりにふたりで片桐の実家の部屋へ、そして思い出される昔のこと。
まだエッチ慣れしてない初々しいふたり……♡と思いきや、
エロいことしてたら親が帰ってきちゃって~な展開だったらしいw
そして、そのことを思い出して、
親が帰ってくるまでの時間でエッチをすることにした三十路過ぎのふたりは……

『大丈夫』を『だいじ』と言う栃木弁、可愛いなぁ~
正直、栃木弁でのエッチ、あまり色気は感じられなかったんだけど、
(乳首触って「美味しそうなとちおとめ」はないわーw)
展開も笑いに走った感じになっていたからいいのかな!
可笑しいんだけど、
それだけじゃなく、昔と今を対比させた三村と片桐の描き方はとても心温まる。
また忘れ続きた頃にふたりの話が読めるといいな~~~


■表題作「明日のエサはなにがいい?」「席をお譲りください」
沢山のセフレを持つ一流企業の課長のゲイの攻めと、
その家に居候している、顔はとても可愛いが口も態度も悪い元ウリの受けとの話。
美味しいごはんを毎日作ってくれるけど、
抱かれるのも触られるのも嫌がる受けの真意は……?

受けの作るご飯を、猫の持ってくる小鳥になぞらえてるのは流石~~
2話目は、
電車での痴漢やストーカーを通して、攻めの受けへの執着が見えるお話~かな。
電車の中で見せつけエロ、
これは無理でしょ~と思いつつ(電車Hってどうもそう思っちゃう)、
その時のふたりの表情はなかなかよかった~~


後は、
別れた彼女が好きだったイケメン俳優(受け)に何故か惚れられて!?というお話と、
(その俳優、気持ちは乙女~でもマッチョ~でも乳首ピンク~で、なんかエロいのw)
朝目覚めたら隣に美少年が寝てて、自分好みの朝食が出てきて、
前に同僚と話していた理想の恋人像そのもので……!?というお話。

あり得ないような設定と、
とてもありそうな心情とがうまく組み合わさって、素敵な作品たちでした☆

9

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ