真夜中に恋の花

mayonaka ni koi no hana

真夜中に恋の花
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×24
  • 萌5
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
32
評価数
10件
平均
3.3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
KADOKAWA
シリーズ
あすかコミックスCL-DX(コミック・角川書店)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784041017289

あらすじ

夜の町で届け物を運ぶ藤は、花屋の店員・狛に惹かれて友達になる。ある日「憧れていた先輩に恋人がいた」と落ち込む狛をみて、思わず抱きしめてしまい…? 暗闇にきらめく男子たちのミッドナイト・ラブストーリー集。

表題作真夜中に恋の花

中村藤、口下手で友達がいない
若町狛、花屋店員

同時収録作品真夜中に酔わせて

寺山紺二、かけもちバイトをしている
椛、魔性のバーテンダー

同時収録作品真夜中の王子さま

如月宗悟、財閥の子息でNo2ホスト
幸太郎、No7ホストで宗悟の教育係

同時収録作品逃げないようにギュッてして

真木弥一、大学生
御幸明慈、ご主人様カフェでバイト

同時収録作品真夜中になったら

紺二、ホストクラブオーナー
椛、ホストクラブ店長

同時収録作品真夜中になったら

中村藤、口下手で友達がいない
若町狛、花屋店員

評価・レビューする

レビュー投稿数2

きらびやかな夜の街を舞台にして

初読み作家さんです。

短編集でした。
夜の街を舞台にして、それぞれちょっとずつ
人間関係がつながっている短編が3作。
全く関係ない話が1作でした。

夜の街のきらびやかな部分と、それを支えるところとを
描いてあって、なかなか作者の目の付け所も注目点でした。

   ◆◆   真夜中に酔わせて   ◆◆

椛【もみじ】(受け)は可愛いですねー。
紺二(攻め)じゃなくても、一目惚れしてしまいそうです。
バーテンダーという職業も手伝って、椛は相当モテてそう。
でも、椛が探していた恩人が紺二で良かったなぁ。
椛が酔っ払って致しちゃうエッチもまた良かったです♪
誕生日の朝、目覚めと同時に花束を送る紺二もなかなかの
ロマンチストですね。

   ◆◆   真夜中に恋の花   ◆◆

表題作です。
きらびやかな夜の街を支える裏方の運び屋として働く藤(攻め)。
キラキラした街にそぐわず、コミュ障というのも面白い設定です♪
でも、友達がほしいと切実に願っているトコロが
またギャップがあって、可愛いです。
受けのメールアドレスをゲットした時、
「親続き族以外のアドレスがやっと……」とちびキャラで喜んでいるシーンは
こっちまで頬が緩んでしまいます。

紺二に夜の街で拾われ、夜の花屋になろうと決めたという受け。
恋していたのかなーと切なく思う心情と、その背中をぎゅっと
抱きしめる藤のシーンは必見です。萌え!
しかも勢いで藤は受けにキスをしてしまいます。
拒まないまでも、さりげなく恥ずかしそうに距離をとる受け。
可愛いです!

そして、藤は受けに猛アタック!
夜の運び屋をしながら、無表情のコミュ障ながら、頑張ります!
ついに念願かなって、両想いにー♪
そして、雪崩れ込むようにエッチへ……。
思いが通じてよかったね、藤!

   ◆◆   真夜中の王子様   ◆◆

ホストクラブと財閥の子息というギャップの楽しい設定でした。
主人公の受けは、お人好しで騙されてばかりのホスト。
でも、見ててすごく同情して可哀想になっちゃいます。
捨て犬のようです。

それに対して、攻めは元財閥の子息で完全無欠のホストとなります。
主人公の受けは、攻めと仲良くなれた!と
思っていたのも束の間、攻めに実は騙されていたことが判明します。
落ち込む受け…。
しかし、騙されていたのが間違いということを聞かされ、
お人好しの受けは、「もう騙されたっていい」と
攻めの胸の中に飛び込みます。そしてエッチへ…。
うー、健気だ! そしてホントお人好し!
でも、これからはもう騙されないでね★

   ◆◆   逃げないようにギュッってして   ◆◆

夜の街シリーズとはまた違う物語です。
受けのケモミミ変装が、一番の主題になるのかなー?
あと、受けがご主人様カフェで働いているところとか。
ああいうところって、時給とか、通うための値段とか
気になる……(笑)
エッチもケモミミのままでした。
私はケモミミ属性はないので、淡々と読み進めた感じがします。

   ◆◆   ◆◆   ◆◆

以上4編でした。

オマケのページで、実は紺二がホストクラブの
影のオーナーで、ホストクラブ指名率ナンバーワンであることが
発覚!
えー、でも紺二はオールマイティだけど、
ホストには向いてなさそうな気が…。


夜のキラキラの街を舞台にしたストーリーで、
関連性も良かったと思います。


表題作が一番好きだったかな?

コミュ障でも、一途に想いを伝える姿って
可愛いですよね?

2

切なくて甘い、夜の仕事人たちの恋

夜の仕事人の恋を描いた短編集です。ホストやバーテンダーやバニーボーイ(?)など、色々な職業の恋模様が収録されてて、バラエティ豊かです。それぞれの話がリンクしてるのも面白いです。

『真夜中に酔わせて』
バーテンダーの椛と、客の紺二のお話です。
展開は分かるんだけど、正義のヒーローだった紺二にキュンとなります。この2人は『真夜中になったら』で、ホストクラブのオーナーと店長になっていて、イチャイチャしてる2人と、相変わらず椛を守ろうと従業員にクギを刺す紺二が萌えます。

『真夜中に恋の花』
口下手な藤と、花屋店員の若町のお話です。
ツンデレな若町と天然な藤の、恋が育っていく、不器用な感じが可愛くて良かったです。特に、藤が口下手なのに、ポンポン飛び出す甘い言葉に、若町と一緒になって赤面してしまいます。

『真夜中の王子さま』
財閥の御曹司の如月と、No7ホストの幸太郎のお話です。
すぐに人を信じて騙されちゃう幸太郎と、知らなかったけど嘘をついてた如月。幸太郎に信じてもらおうと、必死な如月がカッコ可愛くてキュンとなります。

『逃げないようにギュッてして』
大学生続きの真木と、ご主人様カフェで働く御幸のお話です。
何と言っても、無愛想な、黒ウサ耳とシッポをつけた御幸が可愛いです。その無愛想の理由も、顔が真っ赤になるのが恥ずかしいという可愛いもので。好きだから素っ気なくしてしまう御幸にキュンとなります。

どの短編も綺麗にまとまっていて、短い中にもキュンあり、甘々ありで楽しめました。

7

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ