コワモテ乙女くんとトキメキ王子

kowamote otomekun to tokimekouji

凶相的少女心少年与让人心动的王子

コワモテ乙女くんとトキメキ王子
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神17
  • 萌×28
  • 萌8
  • 中立5
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
11
得点
146
評価数
39件
平均
3.9 / 5
神率
43.6%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックスDX(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥629(税抜)  ¥679(税込)
ISBN
9784799715000

あらすじ

見た目が怖い俺・蛇塚ですが、実はカワイイものが大好きです。そんな俺は、「王子様」と呼ばれている橘くんに恋してます!
橘くんは俺のこと認めてくれて、一緒にいて楽しくて、カッコよくて。 みんなからもモテモテで、優等生で、もう 完 璧 です。
でも、男の俺に好かれてるなんて超キモいだろうから、この気持ちは絶対言わない。
橘くんが幸せになれるなら、俺は恋のキューピッドにもなってみせるっ! …と、頑張ってはみてるけど、橘くんの笑顔はずっとくもり気味…。
俺、どうしたらいいの――! ?

表題作コワモテ乙女くんとトキメキ王子

橘 王子様顔 高2の時に蛇塚と出会う
蛇塚虎太郎(へびちゃん)少女漫画が好き

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数11

可愛らしいけど

少女漫画のような恋をしていく過程が面白かったです。
可愛い小物などもたくさん出てきて、受けのヘビちゃんが一生懸命に恋愛している様子が伝わってきて良かったのですが、

ヘビちゃんが「オレも橘くんを守れるような王子様になりたい」→いきなり武道を始めるという展開がなんだかいきなりすぎて、あれれって思っちゃいました。

あとヘビちゃんと大学で好きなマンガを通して仲良くなった女の子がヘビちゃんの為とはいえ、トキメキ王子に王子に初めて会って「ほんっとに隙が無い、あたしそ―ゆー人嫌いなのよね」と、面と向かっていきなり言ったのが失礼に感じてしまったりと

細かい所で少しずつ気になってしまい萌えられませんでした。

0

大好きです!

どのページを開いてもすごくすごく可愛いです(´,,•ω•,,)♡
お話も表紙もキラキラキュートなエフェクトも何もかもめちゃくちゃ大好き!
あとファンシー雑貨もそれが似合う男の子も!
なのでへびちゃんは私の好み軽く120パーセントを超えた受けちゃんでした(*´○`)o¶♪。
お話ももう本当に可愛くておしゃれで癒されっぱなしで。
そんなへびちゃんを大好きな橘君も最高です。
「おれのリトルプリンス」に完全にやられたー。素敵すぎるー可愛いすぎるー(*´Д`*)
とにかく全部が大好きです。

0

見た目が怖い?いや、むしろ可愛くて萌えます

ギャップ萌えを求めて、手に取りました。見た目が怖いへびちゃんと王子様と呼ばれている橘くんの、大学生同士の可愛いラブストーリーです。

コワモテなんて表現されてるけど、最初から可愛過ぎてキュンキュンします。可愛いものや少女マンガが好きなのもツボです。おまけに、すぐ不安になるところや、でも真っ直ぐに気持ちを伝えちゃうところも好きです。
対して、橘くんの方が、小さい男だな~と感じることがあって、ホントにトキメキ王子?と思っちゃいました。
そんな2人の恋が、不器用ながら少しずつ進展していくのは、可愛くて萌えます。
絵もお話も少女マンガのようだけど、可愛くて楽しめました。

3

全体的に説明不足

コワモテ乙女くんは、絵柄なのかそれほど強面でもなく。
強面を気にしているのに、高校生でいくつもピアスを開けてたり。
トキメキ王子も、完璧”らしい”のはわかるんだけど、トキメキねぇ…

へびちゃんが、橘くんと高校から仲良くしてて、高校時代から好きだと自覚があったみたいなのに、大学になって自分がこんな気持ちを持っているのは迷惑だろうと距離を置き始めるのも、なんで今頃?
橘くんも、大したアプローチもしてないのに、好きな子に振り向いてもらえないって、どんだけ言い寄られるのが当然なんですか!
展開も急だったり、ゆったりだったり、端折られたり。

と、辛口で書きましたが、雰囲気は受が乙女なのもあり、ふわふわって表現が合うような少女漫画なので、少女漫画で育ってきた身としては、悪くは無い。
ただ、レビューするとなると、ね。

2

少女漫画みたいな恋愛

もちろんベースはBLなんですが、先生の可愛らしい絵柄と
雰囲気がまるで少女漫画を読んでいるかのような錯覚に
陥らせてくれます。

内容はありがちといえばありがちですが、
受けのへびちゃんがそれはもう可愛くて、
全然こわくないよ!可愛いの好きなの似合ってるよ!と
身悶えながら読ませてもらいました。
攻めは初めは紳士だと思って読んでいたら、
ところがどっこい。
意外と意地が悪かったです。
しかし、へびちゃんに翻弄されている場面は
いつもの余裕を無くして、年齢相応の表情や行動で
ついついにやけてしまいました。

えっちな場面は可愛い絵柄なので
直視するのが恥ずかしく、
でも、しっかりと萌えさせてもらえます。

そんなガッツリしていないので、ほのぼの、ふわふわ、
少女漫画みたいなBLが好きな人にオススメしたい作品です。

4

少女マンガのような胸キュン

Renta!にて1話無料をやっていて興味をもったので購入。
電子で見た時は気にならなかったのですが、紙媒体で1ページめくると
「あれ?掲載紙はマー○レット?いやいや、この可愛さはり○んか!?」
と突っ込んじゃったくらい可愛らしい漫画でした。
受ちゃんは周りから怖がられている設定ですが、全然怖くない可愛い顔で可愛いもの大好きなファンシー男子。攻くんは王道のなんでも出来る完璧(と思われるのが嫌な)男子です。

胸キュン出来たには出来たけど、BL萌えキュンではなく少女漫画を読んだときの胸キュンと同じでした。(私の中では別物となってます☆)告白シーンなんてそのもの。
萌評価でも良かったのですが、私はBL萌えキュンを求めているので中立にしました。
少女漫画が大好きで、その延長でBLが読みたいという人にはとってもオススメだけど
『男と男がぶつかり合うBLがよみたいんじゃああああ!』という人は避けるが無難かもです。

でも、少女漫画の雰囲気のまま受がお口でするシーンは見てはイケナイものを見た気分で良かったですw

4

応援したい二人

すごく癒されたお話でした。
個人的にせがわ先生の絵も、学生もののお話も大好きです。

自分の強面な顔がにコンプレックスだったり
可愛いものや少女マンガが好きだったりすることを人に知られたくなかった
へびちゃんですが、高校生の時に屋上で運命の出逢いをしたときから
王子様と呼ばれる橘くんに恋しています。

橘くんに好きな人がいることを知り、応援しようと
自分も前からずっと大好きだということを伝えたへびちゃん。
自分のことより相手のことを想っての告白なんて、なんともへびちゃんらしい。
大告白からまさかの両想いに、驚きをかくせずまさに少女マンガのヒロインのような
乙女のような気持ちに・・舞い上がるへびちゃん。
それがまた可愛く、「あ~わかるわかるその気持ち」と、すごく共感できました。

大好きな橘くんを、優しくてカッコ良くてなんでもできる王子様・・・と
自分のイメージで舞い上がっていたへびちゃんに
「本当の自分を見てほしい・・・」と言って離れて行ってしまう橘くん。
そんな時も、自分の何が悪かったのか一生懸命悩んで考えて、
なんとか橘くんに自分の気持ちを伝え続きたいと必死なへびちゃん。
もう、可愛いったらないです。
ひょんなことから、同じ少女マンガ好きとわかった女友達に背中を押され頑張るへびちゃん。
彼女、へびちゃんのことちょっといいな・・と思ってたみたい。
だけど、へびちゃんの気持ちを知って応援してあげるなんて人間できてる!

橘くんも、自分の王子様というイメージだけが独り歩きし
本当はそんな良い人間じゃない・・・と自分の中でイライラしたり
へびちゃんに、素の自分を受け入れてもらいたいと思ったり
橘くんになりの葛藤があって、二人共が恋に自分に悩んでいて・・・
若いときは、悩みなさいよ~回り道しても時間はあるのよ、若いんだから・・
と、おばさんみたいなこと(おばさんですが・・)言いたくなってしまいました。

お互いをさらけ出し始めてから、更に二人のラブラブ度は上がり
嫌になるどころか、良いところが見えてきて、自分ではいやなところも
相手にとってはそうでもなかったりして、今まで悩んできたことが
うそみたいに幸せに感じてしまう二人に、読んでいるこっちも幸せな気持ちにんりました。
この二人のHは優しさがいっぱいで、お互いを愛おしいと思う気持ちが
短いセリフやちょっとした表情に現れていて、すごく良かったです。

最後の扉を使った表現は、橘くん目線で描かれており
へびちゃんとの間に、高校のころからいろんなことがあっていろんな想いがあって
自分が今、どんなにへびちゃんのことが好きで
自分でもおかしいと思うくらい、へびちゃんでいっぱいで・・・
そんな、素直な正直な橘くんの心が描かれているようです。

この扉を開けると・・・二人にどんな幸せが待ってるのかな。

5

めっちゃよかった。

1冊目が好きだったから買った。
このデザイン、めっちゃ好きだぁぁあ!かわいい!
オシャレだけどかわいくて、すごくヒット。裏も可愛いし、中のデザインも面白かった。
まさか、初めに台詞が描いてあるとは…面白い。カラーがなかったです。

表題作まるっと1冊で読みごたえあり!
いやー…これがさ、へびちゃんがさー…コワモテなんだけどコワモテじゃないんだよ、可愛いよ。
あんたかわいすぎるよ!いじらしいしさ。
攻の橘くんはヘタレ!?と最初思った。なんか攻としてかっこよくなってよ!って思ったんだけど、だんだんキャラクターわかってきて、橘くんも大変だったんだなーって。
王子様だけどね!

中島さんがいい味出してた。女の子だけどあたし嫌いじゃない。
こーゆー子、友達に欲しいわ(笑)

5

完璧はいない

題名がコワモテって付いていて、本人もコワモテというのがコンプレックスなんだけど全然コワモテじゃないよ。
それは王子様の橘君といて素をさらけ出せて笑顔になれるからかもしれないが、
題名にするほどのコワモテならもう少しその特徴を出した顔にしてくれてもよかったかな~全然かわいいの!


ヘビくんは高校時代、屋上で大好きな少女漫画を読んでいるのを見られ、強面と恐れられる見た目と乙女チック好きな自分のギャップを認めてくれた学内で王子と呼ばれる橘君と仲良くなったのが二人の出会いのきっかけ。
そんな二人が大学生になり、互いの気持ちが「好き」であるということに気付いた事から友達から恋人の仲になり、そして恋人として更に成長していく
関係の進展と人としての進展という二つの成長を描く物語であったかな?と思われます。


それぞれのキャラクターについて
ヘビくんはもう、文句無しにいい!
ギャップを感じながらも、純粋で前向きで。
ちょっとコンプレックスもあって卑屈になったりする部分もあったりするけど、すごく素直なの。
自分で色々考えてそれなりの行動をして、彼の人としての成長は思わず応続き援したくなるほどにめっちゃいいんですよね~

ところが、王子と呼ばれる橘くん!!
コイツ全然王子じゃないよ~見た目だけかもしれない。
正確的にはヘビくんより未熟で不器用で、ヘビくん、こんな奴全然よくないじゃないかー!?って思う位に自分勝手かもしれない。
「好きな人がいるけど振りむいてもらえない」ってヘビくんに話した時
ヘビくんは大好きな橘くんの為に一生懸命になるんだけど、そりゃBLですから当然橘くんはヘビくんが好きなわけで・・・それを知らないからある意味すれ違いではあるんだけど。
橘、ヘビくんに考えさせて自分から来させるようにして自分は卑屈になってんの!
思ったよりヘタレで暗いよ!橘。
その後も恋人になって進展を迎える時、ことごとくヘビくんを悩ませて卑屈な発言してるの。女々しい~=333

ま、ね、コンプレックスがあってネガティブなヘビくんだったからかもしれないけど、買いかぶり過ぎ!
ヘビくんおかげですんごい成長してんだかんね(笑)
橘の女々しさが目立って怒れてくるやら笑えるやら。。。
裏を返せば、橘くんがヘビくんを好きすぎるってことかもしれない。
ひょっとするとこの女々しさの分、橘くんのほうが恋愛に関しては女性っぽい、乙女かもしれないデス!

さて、この話女性が登場します。
橘くんと恋人になった後、同じ少女漫画が好きだということがわかって話すようになった中島さんという女子。
女子が絡むのは地雷!という方には申し訳ないが、
あまりに橘が女々しいので、中島さんとへびくんがくっついてもアリとか、チラっと思ったよ(笑)
よほど彼女のほうがヘビくんを理解しているかもとか~
まあ、恋する男はアホになるってとこかもね♪

と、橘くんの悪口を書き連ねてしまったが、
それも個性で面白さをよぶのかもしれない。
何だよ、コイツと思いながらヘビくんのかわいさが際立っていたから!
橘、お前はヘビくんの引き立て役だーわっはっはっは。。。(爆)

そんなで、楽しめました☆
かわいい作品でした。
萌×2寄りの萌

9

笑顔が可愛い☆

まずは簡単な感想を。2人ともとても可愛かったです。受けの蛇塚君がとにかく良い子です。そして男前な発言もあったり、良いな~こういう子!!
橘君も普段も皆には本当に王子様ですが、蛇塚に出会って、空っぽだった心が嫉妬したりと埋まっていく。どんどん変わる表情が印象的でした。
絵もキレイで読みやすかったです。
(女の子(中島さん)がちょっと重要な役をしてる所もあるので少しでも女子が出てくるものが苦手な方は少しだけ注意!!)

ここからはネタバレ注意!!

見た目が怖く皆から怖い人認定されている蛇塚。でも本当は可愛いもの、そして少女漫画が大好き。
橘とは高校2年の時に屋上で出会います。少女漫画を読みながら泣いているところを見られバカにされると思った蛇塚。でも橘はバカにせず「好きなものがあることは自信を持っていい」とはげまされそこから2人の交流が始まり舞台は大学生へ。

蛇塚は橘の事が好き。でも橘に好きな子がいると知る。橘は「俺はからっぽな人間だからふりむいてもらえない」と。そこから2人はぎくしゃくしてしまいます。
同じ少女漫画が好きな女の子が話かけてきてくれて、自分の心からの続き言葉を隠さずに伝えなきゃいけない事に気づいた蛇塚。そして告白へ→

ラブラブかと思いきや、またまたすれ違いがあったり、嫉妬があったりとどんどん橘君の表情が変わっていく。最後の表情と表現が印象的でした。

受けの一生懸命さと、男前さと顔が怖いという始めの設定を忘れるくらいの可愛さ。
ちゃんとHもあり楽しめたので神にしたいと思います☆

4

超キュート

ネタバレ有です



1話
目つきの関係上、怖い人と思われている蛇塚。
が、彼はかわいいものが大好き。
ひとまず、序盤から私。この子が欲しいと思いました。
鏡の自分に、自分でびびるって本当に心と容姿が違う人。可愛い。
そして、橘への気遣い。なんていい奴なの。
高2の時のシーンもありましたが、
きっと過去にも、相当嫌な思いをしてきたんだろうなぁ。
でも、心が歪んでいない。
そんな彼 報われてほしいわ。色々と、心の中で迷いの出る彼は、人間らしいです。
そういう風に考えていたので、容姿上、何もしなくても人が寄ってくる橘。
しかし、心が空っぽという設定。これが、生きてくる感じがしました。
自分の望みがわからない彼。
1話終盤の、わかってほしいという発言。
ここでは、嫌らしく甘えてる感じはしませんでした。
このシーンの彼は、王子様タッチの顔をしていますが、
私は、心が空っぽという設定とうまくマッチングされていると思いました。
必死な感じも少しはあってもいいはずなんですが、その素振りがない。
が、この時点ではそれが、逆にいい。
彼の過去話から、そういう続き癖が、長年でついてしまったのかもと思いました。
いずれにせよ、顔の表情が豊かな蛇塚と正反対な感じが伺えました。

2話
橘の半ば強引なキス。顔には出ませんが、心は少し焦ったのかも。
自分からのアプローチに、慣れていない感じがしました。
何もしなくても人が寄ってくるという彼の設定とここもうまくマッチングしていました。
そしてついに、彼の必死な顔も出て、蛇塚への思いは本当で、
彼自身も成長していることを感じることもできました。

3話
蛇塚と、唯一の少女漫画友達、中島さんが、ひとまずいい人でした。
この方がいなければ、二人の関係は危うい方向になっていたかも。

橘は、蛇塚への思いを、言葉で表現できない為、体で…
ここで濡れ場。いきなりでなく、ちゃんと自分の今の状況を説明してからなので、
2話とは違い、今回の橘は、違和感を感じませんでした。

4話
橘の顔の表情が豊かになります。濡れ場の効果はあったようです。
蛇塚も、可愛い思考を大暴露。本当に欲しくなるじゃない。

5話
橘のポテトコロッケ。蛇塚の容姿と心をうまく表現している一品だと思いました。
大胆に料理に失敗しない橘(蛇塚は、おいしそうに食べている)
も、序盤の王子様キャラとうまくミキシングされて、
個人的に、キャラの崩れはないと感じました。

6話
扉を使った橘と蛇塚の演出。
濡れ場を使った、橘の自己分析の心理描写。
彼の成長物語が、一区切りついた感じがしました。

読みやすく、可愛く、人の成長も見られ 神になりました。






7

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ