神々の婚淫

kamigami no konin

神々の婚淫
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×28
  • 萌6
  • 中立3
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
5
得点
68
評価数
22件
平均
3.3 / 5
神率
13.6%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイSLASHノベルズ(小説・リブレ)
発売日
価格
¥850(税抜)  
ISBN
9784799715062

あらすじ

大学院生の朔弥は論文制作のためある島の秘祭を調べに行くが、その神社で「神」と祀られ監禁されてしまう!
祭は神が女役となり「雄」を受け入れる性交の儀式。そのため世話人として現れた精悍な容姿の神官・玉藻による禁断の調教が始まる。
毎夜淫らな性具で後ろを拡げられ朝まで犯され続ける屈辱。どんなに抵抗しても玉藻の巧みな手管で弄られ昂ぶらされ、朔弥の身体は官能と快楽に支配されていく。しだいに彼の指の熱さに調教以上の想いを抱き始め…!

表題作神々の婚淫

玉藻 離島の神社の禰宜
棚原朔弥 民俗学を研究している大学院生

評価・レビューする

レビュー投稿数5

続編希望です

奈良さんの素敵な表紙に、「離島の、その地ならではの秘祭」という設定が非常に好きなので購入してみました。内容はすでに書いてくださっているので感想を。

惜しい!
というのが読後の正直な感想です。

『よそ者(というと語弊もありますが)からは全く理解できない、土着信仰』のため、そこで神と祀られ、その土地の繁栄のために「マレビト」と衆前で性行為をしなくてはならない。

なんというか、既視感のある設定ではありますが、受けの朔弥の特殊な成育環境や外見によるコンプレックスから、自分の身を削っても良い論文を書き身を立てたいという彼の思いは理解できたし、攻めの玉藻の、神官としての立場と朔弥への想いの葛藤も良かった。

ただ後半の『やっつけ感』が非常に残念だったというか…。
朔弥の赤くなる瞳の謎。
親との離別の真相。
玉藻の、複雑そうな家庭環境。そしてナイスな刺青。

前半で出てくる謎の回収の仕方がざっくりしすぎていて、あっさりと終わらせてしまっていて何ともあっけない。設定自体はとても好みなこともあって、がっかり感が半端なかった。
朔弥が玉藻によって逃がされた、そこで一旦終続きわらせて、次巻へと持ち越して謎をじっくり解明させた方が良かったんじゃないのかな、とか思ったりしました。
最後の、玉藻が朔弥の前に現れたあのシーンは何ともご都合主義すぎて…。

あとがきで「使い切れていない設定や伏線があるので…」と書かれていらっしゃるので、ぜひともそのあたりを解明する解決編を出していただきたいなと思いました。

個人的な好みのあることではありますが、奈良さんの挿絵はとても好きですねえ。なんていうか、奈良さんにしか描けない世界観、が確立している気がします。
特に表紙がとても好き。
玉藻の神官姿は非常に麗しいし、朔弥の、色素欠損ゆえの色の薄い肌に赤い着物が映えて非常にエロティックでした。

2

ちょっと肩透かし

BLの離島物の名作といえば個人的には山藍さんの『堕天使の島』なのですが、とにかくこういう隔絶された舞台設定が大好きなので選んでみました。
砂床さんの作品を読むのは2、3冊目くらいだと思うので、まだまだテイストが掴めておりません。
他の作品はどうだったか覚えてませんが、『気をやった』って…男性向け官能小説風表現に感じます(汗

**********************
受けは民俗学専攻の大学院生、朔弥。
先天的にメラニン色素が欠ける体で、捨て子だった過去が。

攻めの玉藻は、離島の神社で禰宜の末席を務める男。
寡黙で、島での朔夜の世話係。
**********************

海神に護られた離島が舞台で、そこでとり行われる豊穣祭や人魚伝説、神の正体を修士論文の題材にし、調査するために上陸しようとする朔弥。
しかし船が座礁し体が海へ投げ出され、その後朔弥が意識を取り戻した時には海神と祭り上げられておりました。
祭りで選ばれた人間と同性同士であっても体を繋げなければならない役目を負った朔夜は、夜毎玉藻によって形代で体を慣らされて…

残念ながらど続きこかで読んだような…と感じさせられる展開でした。
どうしてもこういう設定は後発が不利なので仕方ないとも言えますが、多分個人的に朔夜のキャラクターが好きになれないというのも大きな原因かなと。
もともとがツンデレ受けが苦手なのですが、それに加えて手前勝手な部分が最初あってのめりこめず…
そしてラストに玉藻が助かった経緯があまりにも陳腐というか…もう少し何かなかったのかなあと思うところです。
もちろん助かってくれないと読後感が悪いのですが、あまりに都合が良く(たまたまが思い切り重なり過ぎ)て最後の最後に冷めるという…
あとがきに実は別の人間が攻めの予定だったということが書かれておりまして、玉藻も良いですがわたしはそちらの方の方が読んでみたかった!
歳の差、イケメン色男(と、勝手に妄想させられたキャラでした)攻めになりそうだったので。
脇なのにけっこう詳しく描写されているのが『?』と思っていましたが、そういうわけだったのですねえ。
出来ればスピンオフ希望です。

挿絵は奈良千春さんです。
デザインは本当に!素敵ですが、個人的にはどうにも以前の絵柄と比べて人物に魅力が感じられなくなっておりました。
申し訳なくも挿絵は見ないように読もうと思っておりましたら…こういう時に限ってかなりの挿絵枚数のある作品でした。
挿絵少ない!と文句を言うこともあるのに、挿絵が多くてがっくりするなんて贅沢だなあとは思うのですが。
でも、最後のキスシーンの挿絵は可愛らしくて好きだなあ。

4

夏の夜の軽いお話

秘祭がモチーフですが、ホラーでもファンタジーでもなく、あくまでサスペンスでした。
ついついファンタジーなんだから!と超展開になるのを期待してしまう自分を反省。サスペンスもいいですよね。うん。

交合の儀式のために密閉された空間でアナル拡張されてゆくうちに恋が芽生えます。夏で海で祭りで、と夏の夜に読むのが似合うお話かも。
萌えポイントとしては、色素欠損と刺青でしょうか。

あとがきに、神ものの次は魔ものとあるので、今度はどんなお話なのか楽しみです。

0

身を持って知る古き因習とルーツ

サスペンス要素があるオカルト風味の作品で受けになる民俗学を研究している朔弥が
修士論文作成の題材に選んだ古き因習と秘祭が残る島で好奇心は猫をも殺すと言うような
雰囲気で思いがけず捨て子だった自分のルーツと古き島に脈々と受け継がれている
忌まわしき因習を知り、実体験までしてしまいながらその島で海神と祀られ、
その神を秘祭まで世話を一手に引き受けることになった攻めの玉藻とのサスペンスラブ。

オカルト風味だけれど、一昔前には数多く残っていたのであろう日本の古き因習を
まるで島がオカルト集団に感じる内容で実際内容は違えど人柱や生贄などは
現実にあっただろうと思うと現代社会に生まれたことを密かに感謝したくなります。

島の秘密が外部に漏れないようにしている秘策には想像しただけでホラーそのもの
この1冊でホラー映画が出来上がると思います。
主人公たちの絡みは後半の秘祭がメインで、その祭りの為に朔弥が玉藻によって
肛接が出来るように拡張というなの調教をされながら進む話でした。
ホラーも大好きなのでかなり楽しめました。

2

ジャケ買いしました

もともと購入予定じゃなかったのですが、本屋で見て衝動的にジャケ買いしました。
砂床先生の作品は「一途な夜」シリーズと「情愛と不埒のトリム」シリーズしか読んだことがなかったのですが、それらのシリーズとは全然違いました。
現代日本のお話なのですが、閉鎖的な島の秘密の祭りの話なので、儀式とか、神様とか、オカルト色が強かったです。
笑いや、ハートウォーミングな要素が全くありません。
ドロドロとした閉鎖的な空間の中で、段々謎が解き明かされて行く感じが個人的には好みでした!
あとがきで作者さんも書いていたのですが、回収しきっていない伏線があり、一応完結しているのですが謎が残されている部分が幾つかあり。
ぜひ続きを読みたいです!

Hは調教系です。痛々しい方じゃなく、じっくり仕込む系です(笑)

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ