やっちまったら・前途多難

やっちまったら・前途多難
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
0
評価数
1件
平均
1 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸文庫(小説・白泉社)
発売日
価格
¥476(税抜)  ¥514(税込)
ISBN
9784592872085

あらすじ

両親が海外赴任のため、叔父・葉月の愛ある(?)モーニング・セクハラ・コールで毎日目覚める藤代鮎は、仙堂学園に入学して半年がたつ。本人にとってはコンプレックスでしかない低い背と可愛い顔で、密かに学園のアイドルとなっていた。そんな鮎の前に憧れの理想体型を持つ転入生が現れた。その名も高科季里。そして、突然のディープキス攻撃にパニックの鮎。そこに親友の北本大介もからんで…。

表題作やっちまったら・前途多難

高科季里 高校生 転入生
藤代鮎 高校生

評価・レビューする

レビュー投稿数1

頭空っぽ主人公が好きなら

通学途中に見ず知らずのイケメンと目が合って、また会えたらいいなと思っていたらまさかの学校で再会。主人公が動揺している間にイケメンは唇を重ねてきて、放課後流されるまま身体を奪われて…。
翌日、主人公の様子がいつもと違うことに気づいた親友の大介は…。

男に突然キスされたのにも関わらず「あいつと俺はキスした仲だぜ?」と、葛藤することもなく当然のように受け止めて周りに嫉妬したり、その日のうちに身体を奪われたのに(タイトルからして仕方の無いことだけど)深く思い悩むことも無く…。
結果いまいちな読後感でした。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ