「触っちゃいけないなんて、知らなかったんだ――。」

青年発火点

seinen hakkaten

青年着火点

青年発火点
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神61
  • 萌×256
  • 萌21
  • 中立7
  • しゅみじゃない5

--

レビュー数
17
得点
599
評価数
150件
平均
4.1 / 5
神率
40.7%
著者
 
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
Dear+コミックス(コミック・新書館)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784403664281

あらすじ

超草食系の見た目に反して、高校生ながらエロ雑誌でライターのバイトをしている学。 ある日同級生に絡まれていたところを下級生の山隈に助けられる。 モテるのに恋愛ごとに疎い山隈は、姉が夜の店で働いているのが気に入らないらしい。学のエロ文章にも過剰反応 する山隈に、免疫をつけさせようとするうちに……?
ふれる手の熱さは、青春のあやまち。にがくてあまい初恋ダイアリー。

表題作青年発火点

山隈武文 エロ系に免疫が無い 目白の後輩
目白学 エロ体験ライターの高校生

評価・レビューする

レビュー投稿数17

読む度に評価があがる!

初めて読んだ時は、
この作品の面白さに
あまり気づけませんでした。

二度読んでみて、あれ?
けっこう面白いんじゃない?
と気づきました。

そして三度、四度読んでみて、
面白いじゃないか!と気づけました。

たまに読み返してみると、
また違った感想を述べられるかもしれません。


どんどん面白く感じることができたので、
続編を読むのもありかな?と思いました。
(機会があれば読むことがあるかも。)

絵の感じは柔らかくてやさしくて、
ほのぼのすることができました。

0

意外と萌えた!

良い意味でですよ!!

こう見えて商業BLに本格的にハマったのは今年になってからのワタクシ。
ちるちるさんでスピンオフの評判が良かったので、スピンオフより先にこちらを読まねばと思い、購入してみました☆

高校生ながらエロ雑誌でライターのバイトをしている学は、気が付けば妄想をしているような男の子。
同級生にカツアゲされている間も、自分が美少女だったらヒーローがそろそろ助けにくるベタな展開が…なんていう始末です。
でも本当に現れたヒーロー、それが山隈。
山隈はモテるのに恋愛ごとにはとんと疎く、学のエロ文章にも過剰反応しちゃうレベルです。

そんな山隈に免疫をつけさせようとあれこれと世話を焼く学ですが、ある日理性を抑えられなくなった山隈が学を押し倒します。
そんな興奮する山隈に興奮を覚える学。
乳首を舐められながら、黒ヒョウに舐められてるみたいだなぁ…なんて相変わらず別のことを考えている学ですが、気持ちの良さと楽しさで愛とも恋ともつかない関係をズルズル続けてしまう2人。
だって、この2人すれてないから!
学なんて知識だけ豊富で頭でっかちなだけで、恋愛免疫レベルなん続きて山隈とほとんど変わらないからね!!

しかし、そんな曖昧な関係は、ある出来事をきっかけに呆気なく終わりを告げます。
いい感じに気持ちの上でも近づきつつあった2人だから、いきなり「高校卒業してから会っていない」なんて学のモノローグには本気でドキッとしました。
急に現実に立ち返って山隈を拒絶する学。
学への気持ちを自覚しつつあるのに、追いかけることができなかった山隈。
心は完全に離れていないのがわかるだけに、胸が締め付けられるような思いでした。

2人が本当の気持ちをぶつけ合い晴れて恋人同士になった時は本当に嬉しかったなぁ☆
「ああいうことは好きなやつとしかしないから」っていう山隈の言葉が決定打ですよね!
やっぱり言葉にしないと気持ちは伝わらない。
そういうことなんです。

書き下ろしは、晴れて付き合いだした学と山隈の後日談。
いちゃエロで大満足♪
一緒に開発してくれないかな…とか、もう!!

これで晴れてスピンオフが読めます☆
楽しみー♪

2

よく解んなかった…汗

雨隠ギドさん初めて読んだんですけど、
決して難しいお話じゃないんですけど、

色々よく解んなかったです。

なんだか不思議な感性の作家さん……

「僕の好きなものは
だいたいいつも
僕から遠いところにあったので
肌に直接ふれるものが
何なのかわからないまま
はじめてしまった」

始まりのこのモノローグからして、なんでこんなモヤっとした言葉選びをするんだろうって思ってしまいました。
あと、中盤で唐突に出てくる豹の夢で泣いてしまうエピソードも何を言わんとしてるのか今ひとつ伝わらない。豹=山隈って解釈でいいんかしら?

主人公の目白も不思議ちゃんというか、別次元で生きてる感じでちょっと取っ付きにくかったです。
(でも書くの好きなのに友だちのメールの返信には悩むってくだりはコミュ障だからよく解るw)

何を描かれたかったのかは汲み取れますが、なんかこうスッキリしない、もやっとした感じが残ってしまいました。

1

耳年増な文系メガネ男子高校生の恋

10代の男の子が同性や周りの大人たちとどう距離を縮めていくのか?ちゃんと成長のお話になっているところに、ときめきました。

エロに対する知識だけは豊富で、でも実践経験はゼロなメガネ男子の目白くん。
姉に振り回されてやや性に潔癖だけど欲望を秘めている体育会系の山隈くん。
2人のやりとりがすごく素直で自然でかわいかった。

ところどころの妄想モノローグも相当ツボ。ダンス委員になっても誰とも踊らず、風船を生クリームだらけにしちゃう妄想の孤独さと、それをみてくれる人が実はいるということ、たまらんですね。

3

じわじわはまっていく感じ・・・

高校生の2人の関係は、説明のつかない体の衝動から突然始まるけれども、でもゆっくりじっくり2人の時間を温めて行く感じで、私自身もこのお話にじわじわはまっていきました。

性的接触はするのだけれども、最初はお互い恋とか愛とか意識していなくて、でも何故か一緒に居たくて・・・そんな幸せな日々が続いていくかと思いきや、途中で事件が起こります。
その話の持って行き方が意表を突くもので、話の途中で、大学生になった受け様が「あれ以来攻め様とは会っていない」・・と過去を振り返る形になっているんです。それで、あ、これは過去を振り返っている話なんだ・・・と気づかされるのですが、どうも2人に何かあって別れてしまったんだ・・・というのも分かり、なんだかそこを読んだ時には衝撃と冷たい汗が流れるような感覚に襲われました。
一瞬読むのが怖くなりました。2人が別れたままの結末だったらきついな・・・と・・・

でも、読まないわけにもいかないので読みました。
だからこそ、結構辛くて切ない話を乗り越えて、2人が幸せを掴んだ時には受け様と一緒に泣きました・・・

しかし、名島先生、ナイスアシストでした!!
続き
名島先生と受け様のおじさんのスピンオフがあるという事で、そちらも読んでみようと思います。

1

よいわ

食事するようにBLコミックを読んでますが、久々に買ってよかったーと思いました。

可愛いしね。

2

ストーリー展開良し、人物良し、で大好き!

とにかくメインの二人がとても好感がもてます。個人的には特に目白の佇まいというか、マイペースなところが好きです。周りにいろいろ言われても動じないのって、自分の信じているものがちゃんとあるからなんだろうな、と思います。でも、こんな目白でも山隈に関しては、よくわかんなくなっちゃうんですよね〜ニヤニヤ。。というギャップがまた可愛かったです。二人とも甘酸っぱいよ!!
そしてストーリー展開には、やられました…。ただのラブラブ青春漫画ではなかった…。でも読み応えたっぷりです。

表紙を見て、絵はそんなに好みではなかったのですが…ちょいちょい萌えのツボをついてくるんですよね!!!すごく丁寧に表情が書かれているので、この顔たまらん…!!というシーンが度々ありました(笑)

4

高校生なの

結局の所、この作品の何がよかったのかというと、目白と山隈が、全然すれていない高校生だったから、これに尽きるな。
目白の方は、本や映像で知識だけはいっぱいある頭でっかち、周りにいる人間の現実の体も本や映像のようにただ眺めるだけで、実際には他人にふれたことがない。
山隈はまだ高校1年生の16歳、イケメンな外見のせいで周りの人間にはリア充だと思われているが、実際には性的なことに対しては知識も認識も幼く潔癖だ。
こんな二人が、うっかり触れ合うことを覚えて、恋だの愛だのが何かよくわからないまま、「普通ではないこと」への闇雲な恐怖から、ただ「好き」、という気持ちにふたをして離れていってしまう。
そして、時間がたって、「あのとき好きだった、今でもやっぱり好きなんだ」と認められるようになる。
二人のそんな素直な気持ち。
うん、やっぱり、この二人がすれてない、素直な高校生だったっていうのが、この作品のよかったところだな。

2

わわわーこれすごく良かった~!

ギドさんの作品でいちばん好きだ。
悪人シリーズの二人と同じパターンの顔で、自分好みってこともあるんだけど、この二人の性格が可愛くてもー。

サバンナを駆けてく黒豹の夢のとこが唐突で、急に突き放された感じがまた、たまらないテクニック。参りました。
二人の気持ちが常に読み手にしっかり伝わってくるこの巧さ。

ちょいちょい出てきた名島のあのちゃらんぽらんなようで実は策士な感じ、好きだなー。スピン作品楽しみデス。
カバー下の7年後の脇役二人の変わり様が妙にリアルで笑った。

2

ソフトなイラストに対してのギャップ

ちるちるランキング買い&雨隠ギド先生初読みでした。

さっぱりとした表紙に対して中身はしっかりと熱い気持ちのこもったお話でした。
まるまる一冊じっくりと作品を楽しめたのもポイント高かったです。
ですがなんといっても一番は、キャラが可愛いかったこと。
山隈も目白も、赤くなったり動揺したり、にこ~って音が聞こえてきそうなほどの笑い方をしたり...!
読んでいて心臓が痛かったです。(ピュアすぎてw)
特に目白はどう見ても地味な草食系男子にしか見えないのに、叔父さんに任されたオシゴトをしたり、想像(妄想?)が独特でエロかったりで、ぽわわんとした見た目に反する性格が面白かったです。

ストーリーも全体的にまとまっており、話に入りやすかったかな、と。
予想はしつつも、本当にダンス委員だったことには驚きましたがwww(というか、そもそもダンス委員って必要なんですか?笑)
目立ちたくない、同性愛なんておかしいと考える目白の気持ちも、yesというしかなくなるような山隈の行動もよかったです。(刺されるつもりで行ったという潔さ!だからこそ真っ直ぐな気持ちが伝わったのだと思いました。)
続き


学生が全身全力で恋愛をする物語。
等身大の気持ちが溢れていて、微笑ましいお話でした!



3

可愛い~十代可愛い~!

あ~十代って可愛いな~!(笑)
初々しくて若さがあって、それでいて若いが故の苦さもあって、ギド先生らしい作品でした。
この独特かつ繊細な雰囲気や言い回しは、この方にしか描けないな~といつも思います。

個人的にたれ目の攻めが好きなのでそこでまず喜びました。
たれ目で押せ押せ系の年下イケメンとかツボ過ぎて!
押せ押せなんですが相手の意思を無視するわけじゃなく、それでいて最後の一歩をガッと行けない感じがリアルでよかったです。
受けは見た目はクールですがちょっと不思議ちゃんぽい感じ。こちらも好み。
ふわふわ浮ついているけど、だからこそ現実が見えていて、途中で一旦別れる展開があるのですが……。
二人の性格がでこぼこを埋めるようにぴったり合致していて、凄く萌え萌えしました。
なんというか、割れ鍋に綴じ蓋的な(笑)

ギド先生は精神的な距離感を表現するのが上手いので、距離が縮まっていったり一瞬で遠ざかったりする様子がよくわかります。
ふわっとして甘酸っぱい二人だけの世界と、鋭い現実ばかり(攻めのお姉さんの話とかも)の周囲の世界との描写が秀逸。
『犬とつばめ』の時もありま続きした、この不安定さが思春期・青春っぽくていい。
おかげで見ていてハラハラしてしまうのですが、大抵ハピエンなのでそこは安心して読めます。

エロもあるし表情とか色っぽくていいのに、二人の雰囲気ゆえかエロいのに初々しさと可愛さの方が強かったですね。
特典についてたペーパーの四コマが二人らしくて可愛かったですww

4

一人、雨隠ギド祭!!

様々なジャンルをかかれている作家さんだけあって、うまい!!

この作品はBLのみを順に拝読してきて、一番新しい作品と言うことで拝読いたしました。

もう、何度読み返したからわからない…一日一回『青年発火点』です。
主人公の柔らかで、空気のようで、可愛くて、でも「大人」な感じの雰囲気が凄く好きです。攻くんの一見大人っぽい、しっかりしてるっぽい、でも「若造」な雰囲気も、とにかく二人の相性が…う~ん、と言うか二人の器用な様で不器用な様子が『離れてほしくない』と読み手に思わせる。そんな作品です。

こんな感じの本、もっと読みたい…。素敵でした♪

3

切ないけど甘甘

この作品がギド先生初読みでした。
表紙はあまり私好みの絵ではなかったのですが、ハマってしまいましたギドワールドに笑

青春っていいなーと実感した一冊です。甘いけどほろ苦い、そんな恋。男同士だと色々周りのことを考えてしまって簡単に素直になれない。でも身体は素直。
もどかしいところですね…

さて内容はというと、見た目は完全に草食系なのにエロライターとしてバイトをしている学が同級生に絡まれていたところを山隈に助けられたことから始まります。

学はほんとにパッと見性欲とかなさそうな男子なのにエロライターとしてバイトしていて、逆に山隈は健全な男子高校生って感じなのに案外ウブでそのギャップが可愛かったです。

そして学が時折見せるデレの表情が可愛くて可愛くて…♡
普段無表情の人が赤面したり笑ったりするのってツボです……!!!

私は普通にこのまま学と山隈はくっついて恋人同士になるんだと思いながら読んでいたので突然のシリアスシーンにぽかーんとなってしまいましたw

学は真面目な分、周りの視線や自分と山隈の性格の違いを深く考え込んでしまい、友達に2人きりで倉庫にいるとこ続きろを見てしまったことを機に山隈から離れようとします。

そこから二人の距離は離れていくばかり…

ですが月日が経ち再会し、互いの想いをぶつけ合います。
なんやかんやで晴れて恋人同士になるんですが、学はわりとエロいw
山隈を無自覚で振り回してます。それがまた可愛いです♡

そして今ギド先生は青年発火点のスピンオフ作品を連載しているということで、そちらも楽しみです\( 'ω')/

もし迷っている方はぜひぜひ読んでください!!

4

赤面しました

OMG! So sweet! 作品の糖度は砂吐きレベルです。主役カップルがしょっちゅう赤面するせいで、私も赤面して読んでました。

攻は性に免疫のないイケメン。

受は空想の世界でのんびりと生きる地味っ子。

バイトでえっちな文章を書いている受はカツアゲされそうになっていたところを攻に助けられ、小説のヒーローちっくな攻にちょっぴり興味を持ちます。その後は家庭のゴタゴタがあって、遠い存在だと思っていた攻の思わぬ一面を知った受は空想の世界を抜け出して攻と肉体的な接触を持ちます。

前半はお互いが好きで好きでたまらない男子高校生がイチャイチャしています。後半は現実の恐ろしさを知った受が攻を拒絶します。攻と受はそれぞれ相手に出会うまで目を背けていたもの(攻にとっては性への嫌悪、受にとっては現実の世界)と向き合い成長していきます。

私の感覚では甘キュン80パーセント切なキュン20パーセントでした。もうちょい切なキュンが多い方が好みですが、その辺はおじさんカップルのお話が切なくなってバランスをとってくれそうな気がします(希望的観測)。

ギド先生のモノローグは相変わらず心続きに染み入ります。絵も可愛いけど、モノローグの破壊力は尋常じゃないです。

6

堅物でもなく、どじっこでもない、不思議な感じの眼鏡くん。

他のBL漫画が買いたくて書店に行ったのですが、売り切れているのかなかったので適当に購入。
雨隠さんは初読みです。
何となく自分とは合わないような気がしていましたが、そんな事なかった!
表紙だとどっちの子もあまり好みな外見じゃなかったのですが、読んでみたら二人ともとても可愛かったです。
特に先輩が!
堅物でもなく、どじっこでもない、不思議な感じの眼鏡くん。大好物です!
ダンス委員の件がとても好きです。
一人でぼんやり風船見ていて、色々考えてる所。
自分も含めて、おたくってこんなですよね。
一人で色々楽しい事考えてるのが好きなので、ぼっちが淋しいとか云ってる感覚がよく分かりません。
一人でいるのも、皆でいるのも、楽しいですよ。
皆にぼっちで浮いてると笑われてる先輩が、何か一人で別の事考えて楽しんでいるって分かったりする後輩くんの筈なのに、どうしてこんな結果になってしまったんですかね。
ほわほわ幸せな気分になっていた所で3話のラストが来たので、驚きました。
えええええ!?
なんで??
でもまあ、読後感は大変宜しいので、これから読む方はドキドキしながら読んでみて下続きさいませ。

前に装丁が好みで気になっていた漫画が雨隠さんだったのを思い出しました。あの特装版買っておけば良かったなあ。
これから読みたい作家さんが増えました。

3

同じ強さで両想い

 高校の後輩×先輩。ちょっとHでほんわか幸せな学園ラブかと思いきや、突然ストンと落とされ、しゅんとさせられ、切なくなって、最後には嬉し涙があふれました。
そして描き下ろしは嬉しいイチャ×ラブ×エロがたっぷりの12ページ!

 2人の素直で飾らない気持ちが甘酸っぱく、攻め視点で読んでも受け視点で読んでも幸せな気持ちになります。
 受けが受け身ではなく、同じ強さで両想い。神に近い萌え×2でした。

 純情で明るい野生型のイケメン・山隈と、エロい知識は豊富だけど不感症気味で人との関わりを持たない目白。
 色恋事に疎い山隈が、遠慮がちながらも本能に従って先輩に迫る様子がじっとりエロく、発火寸前でした。
「ちょっと見せて」と興味津々で匂いを嗅いでみたり舐めてみたり。

 感覚に少々ズレが見られる先輩は、襲われながらも「こいつ黒豹っぽいな…」なんて事を考えてぼんやりしております。AVなんかは見慣れていて資料としか思えないけれど、興奮している山隈を見ると興奮してしまう。何でだろう? 

 理由を考える前に、気持ちを整理する前に、居心地の良さと快楽に流されていく2人。壁が立ちは続きだかった時、まだ脆い心は簡単に砕けてしまいます。
 それ以上傷つきたくなくて、逃げてしまう弱い心。けれど諦めきれない。欲しいもの、愛するものができた時の勢いとパワーは目ざましく。

 人を好きになって強くなる。
身体だけではなく心も気持ち良くなれる、愛と成長の物語でした。

3

甘くてほろ苦い初恋

なんというか若いっていいな~。っていう感じの青くてもどかしくて胸がほんのりうずく、甘くてほろ苦いお話でした。
明るくてモテるのに鈍感で肉食「クロヒョウ」系後輩の山隈
暗くて目立たなくて草食系通り越して草っぽいのに実はバイトでエロライターやっている山隈の高校の先輩である目白
双方さぐりさぐりで触れると壊れそうな関係続けていた二人ですが、実際些細なことで壊れてしまって、離ればなれになり…

ちょいちょい小ネタ(目白の妄想?で『株で60億もうけた男が初恋の子をうんぬん』←それ「悪人を泣かせる方法」wとか、『勃起したときもっこり!ていう昔のマンガ』←これは懐かしの「シティ○ンター」ww)とかがはさんであってwクスっと笑えるポイントもありつつ、全体的にはまったりとした初々しくも甘酸っぱい初恋のお話を楽しめました。
目白が独特の感性の持ち主でおもしろかったw

脇の名島と古賀がスピンオフ感満点だなぁと思いながら読んでいたら、実際今、名島×古賀で雑誌連載中なんですねw納得!

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ