ホームレス・サラリーマン(1)

homeless salaryman

ホームレス・サラリーマン(1)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×26
  • 萌6
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
59
評価数
17件
平均
3.6 / 5
神率
17.6%
著者
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784832289017

あらすじ

突然、職も家も失ったサラリーマン・各務ヶ原太一(かがみがはら たいち)は、
タバコ仲間で何かと親切な長森部長の計らいで、
オンボロ独身寮『あけぼの荘』の管理人さんに納まる。

取り壊し寸前なのに、ナゼか個性豊かすぎる男達が続々入居中。
かわいい年下リーマン後藤とは、お近付きの印に(?)
酔って寝ちゃった疑惑まで浮上。
…恋の予感しかしないけど…!!


今 市子が現代を浮き彫りにする
ワケ有(あ)リーマンBLラブコメ★待望の単行本化。
描き下ろし入り。

表題作ホームレス・サラリーマン(1)

評価・レビューする

レビュー投稿数6

引き込まれます

表題作1話から5話までと、描き下ろし「出会う理由」が収録されています。

主人公・各務ヶ原が、火事の連絡を受けた場面で物語は始まります。
火事の原因は自分の寝煙草?!
酔った勢いで初対面の男を抱いた?!
退職してあけぼの荘の管理人?!
部長に狙われている?!
と怒涛の展開に、あっという間にストーリーに引き込まれます。

1話では火事の原因が判明し、ほっとしたところへ、各務ヶ原が妻帯者だという事実が判明し、読者をぎょっとさせます。上手いです、ほんと。

2話でカメ男の林、3話で林の婚約者・斎藤、4話で柏木と次々と新しい登場人物が出てきて、5話では各務ヶ原が行方不明になります。

そこに絡んで、各務ヶ原と後藤との関係がほんとうに緩やかに徐々に進行していき、妻との謎の関係が明らかになるような感じで2巻に続きます。

「出会う理由」は、林と斎藤の出会いの話でした。カメに詳しくなります。カメとゴキブリが超絶に苦手な方にはお勧めできない作品です。

三十代サラリーマンのコミカルどたばた話が読みたい方にはお勧めです!ただ、恋愛方面はほとんど進展ありませんし、エロはな続きしも同然です。

0

今さんワールド全開

でも今さんって、昔はここまでこんがらがった感じじゃなかったと思うんだけど・・・。
ちょっと読んでてしんどいです。
そして毎度ですが、キャラの顔の安定しないことったら。特にゴッキー。
ただでさえ毎回顔が違うのに、私服でも変身させないで~(^o^;)

出てくる人みんな個性的だけど、いちばん変なのは長森部長じゃないかな。
行動が謎すぎる。大学生と関係してたのは部長なんじゃないの?なんて思ってしまう。

全編ほわほわしてて、どこからかが夢でしたなんていうオチでもおかしくないドタバタ劇。
コレ何巻まで続いて何年待たされるんだろう。
それが予想できるのに、また読んでしまった私の負け。

2

各務ヶ原と長森部長とゴッキーの、キモチ探り合いサスペンス

小説の挿絵で素敵だなと思ってた今市子さんの新刊ということで、迷わず購入。
帯には「ワケ有リーマンBLラブコメ」とありますが、ガッハッハー!(≧▽≦)な笑いではなく、
ほぉ~・・・クスッ。・・・ズズー。(←お茶を啜る音)
的な、ほんわか系。
ちょっと渋め?なテイストのこの本のお供には、お茶はほうじ茶、お茶請けは海苔巻あられあたりが浮かびます。

◆あらすじ◆

住んでいた会社の独身寮が、自分の寝タバコが原因で全焼??
責任を取って会社を自主退職した各務ヶ原(かがみがはら 32歳 表紙絵右)は、上司の長森部長の配慮で、寮のみんなが新しい部屋を見つけるまで仮設寮の管理人として雇われることに。
下心がないワケない!!と断言できそうなほどに各務ヶ原を気遣ってくれる長森部長は、一体彼をどう思ってるの?
仮設寮の住人・ゴッキーこと後藤と酔った勢いでいたしてしまったかもしれない??問題の夜の、真相は?
個性派揃いの寮の住人たちとのドタバタな触れ合いも楽しい、ほのぼのコメディです。

◆レビュー◆

寮の住人それぞれの人生を少しずつ追いながら、メインとなる、各務ヶ原と長森続き部長(=バツイチでナイスミドルの上司)・ゴッキー(=年下キレイ系営業マン)2人との、近づいていくようで一歩も前に進んでないような(いやそもそも進む類いの関係なのか)、不思議な距離感を楽しんでいく・・・今のところはそんな感じでしょうか。

長森部長とゴッキーの本心は、それ自体サスペンスか??と言いたくなるくらい、謎。
時折長森部長の頬に描かれるはじらいの色を表わす斜線は、彼の恋心の暗示なのか、それとも作者のフェイントなのか――
しかしまずそれ以前に、各務ヶ原自身の2人に対する感情も、まだまだ謎の範疇に思えます。
帯コピーには、ゴッキーに「ご執心」のように書かれている各務ヶ原ですが、彼の中にはまだまだ自分のセクシャリティーへの戸惑いのほうが大きいような?
第一彼には、別居中とは言え妻もいることですしね。

その辺の展開はとてもスローで、とても思わせぶり。
3人の気持ちを勘ぐろうと思えばどこまでも勘ぐれるし、実はちょっと親密な男同士の友人関係と言われればそれも納得できる感じで。
でも、個人的には、長森部長との関係がBL展開してほしいな。部長受けで。
ゴッキー攻めでの展開も、捨てがたいですけど。

絵はとても綺麗だし、キャラもそれぞれ個性的なんですが、コマ割りが細かいのとコマの大きさに強弱が少ないせいか、メリハリが弱い気も? ちょっと変化が欲しくなる部分もあります。
ただ、中盤からのゴッキーのキャラ変はウケた!
最初は爽やかイケメンそのものだったゴッキーが、とある事件をきっかけに突如黒ゴッキーの顔を見せ始める――ゴッキーのステレオタイプでちょっと退屈な部分が解消されて、これ以降彼がぐんとキャラ立ちし始めた気がします。
後半のゴッキーからは目が離せなくなってました(・∀・)
今回は長森部長派でしたが、次回はゴッキー派になってるかも私・・・。

3

あれこれ勘ぐるのが楽しい♪

 シリアスな日常の中に笑いがある今市子さんの作品はだいたい好きなのですが、描かれている日常が馴染みの薄いものだと難しく感じて萌えも薄まってしまう事があり、今回はどうだろうとドキドキしながら手に取りました。
 とある会社の独身寮が舞台。全寮制の男子校BLをオトナにしたような雰囲気に萌え×2でした。

 真面目に見えて意志薄弱な主人公の太一、32歳。
職を失い、家を失い、別居中の妻とは破局寸前。他人に厳しく自分に甘い、貯金はなく週に5回禁煙したと威張って見せるダメなオトナですが憎めない魅力があります。

 そんな太一に上司としての範疇を超えたお世話をしてくれる部長の本心は? あれやこれやと可愛がられ、同僚たちにも勘ぐられている2人の関係。本当のところどうなのか? 自分でも分からなくなってしまってあたふたしている太一に笑ってしまいます。

 そしてもう一人、後輩の後藤くん。酔った勢いで相互オナニー的なことをしてしまった、らしい? 目が覚めたら裸だったけど昨夜の記憶がない太一と、どこまで覚えているのか分からない後藤くん。気まずさを隠して大人な対応で接する2人の様子にも笑わされま続きした。

 1人クールな女性社員が加わりますが、9割男だらけの独身寮生活。今回は匂い系以上BL未満な感じでしたが、巻が進むにつれてBLの割合が増えていきそうで楽しみです!

3

面白かったです

今市子さんの新シリーズということで購入しましたが、楽しませていただきました♪相変わらず小さなオチや台詞がジワジワ来る‥(ジワジワどころか声だして笑いまくりでしたが)

今後のストーリーとしては後輩リーマンの後藤と恋愛関係に発展していくのだと思いますが、個人的にはあの情けない部長さんとの今後が気になります、、、ダンディな大人の男と見せかけてヘタレ?何だか人間味あふれるかわいらしいキャラクターで妙にツボってしまいました笑
同じシリーズものでも『B級グルメ倶楽部』は1巻目はよかったのですが3巻~位から少しグダってしまった感があったので、本作ではこの勢いが続いてくれればすごく好きなシリーズとなりそうです(^^)

4

わけがわからない。ネタバレあり

今さんは好きなので、一応購入。
でも、この前の連載は、途中でなにがなんだかわからなくなっちゃったのでリタイアしたんで、警戒してたんですけど、これも、やたらと話が込み入っていて、わけがわかりませんでした。

主人公はゲイじゃないし、妻帯者だけど別居中で、それでも彼に思いを寄せているらしい上司がいて、さらに若いイケメンの営業くんと酒の勢いで間違いを犯しちゃったらしいけど確証はなし。周囲は、きっとゲイだ、やっぱりゲイだと騒いでるけど、本気なのか、冷やかしなのか、そのあたりはあいまいで。

こうやって拾い上げてしまうと、おもしろそうな設定なんですけど、とにかくはんざつで、わかりづらくて、わらうところもわからない。

脇のキャラも個性的で、キャラ立ちしてるし、亀もおもしろいんだけど、巻末の書き下ろしが、この亀がらみのカップルなのは・・・・・

ここしばらく、今さんのお話は、おもしろそうなのに、なんだか、いつもわけがわからない。難解というより、詰めが甘いというか、詰めがないような? そうか、これが、つまらないということ?

カラーはきれいで好きだし、絵柄も好きだし、設定やあら続きすじは好みなんですが、読んでみると混乱するというか、それってどういう意味って首を傾げてしまうものが多くなってきて、まるで楽しめないのが残念。

大人の問題とか、とってもおもしろかったんだけど、ああいった作品はもう読めないんでしょうか。

7

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ