彷徨者たちの帰還 ~守護者の絆~

samayoumonotachi no kikan

彷徨者たちの帰還 ~守護者の絆~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神27
  • 萌×218
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
9
得点
222
評価数
54件
平均
4.2 / 5
神率
50%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
リンクスロマンス(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥870(税抜)  ¥940(税込)
ISBN
9784344830882

あらすじ

帝国生まれでありながら密入国集団が隠れ住む『天の国』で育ったキースは、聖獣のことも騎士のことも知らずに育った。生来の美貌のため、キースは幼い頃から性的な悪戯を受けたり襲われたりすることが多く、人間不信に陥っていた。そんな折り、成人の儀式で光り輝く繭卵を見つけ大切に保管する。数年後、孵化した聖獣に驚くキースだが〝対の絆〟という、言葉も概念も分からないまま誓約を結び、聖獣をフェンリルと名付け、育て始めるのだが――。

代償シリーズ第四弾。

前編「彷徨者たちの帰還 」、後編「守護者の絆」が収録。

表題作彷徨者たちの帰還 ~守護者の絆~

フェンリル,森で拾った繭卵から生まれた聖獣、~5歳
キース,天の国アルカ邑育ちの捨て子、14~22歳

その他の収録作品

  • 守護者の絆
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数9

綺麗な野生児と可愛い野生児

代償シリーズ4作目。
3作目までは騎士攻めでしたが、今回は聖獣攻めでした。

邑育ちの捨て子キースが、森で繭卵を拾い生まれたのがフェンリル。
それにしても聖獣に関する知識もないキースがよくフェンを育てたと思います。
初食の苦戦模様はハラハラものでした。
そしてキースが邑の若者たちに襲われている様子を泣きながら耐えているフェンが可哀想でした。

帝都に移り住んでからの二人は、社交性があり急成長するフェンと、人間不信から馴染めないキースと対局的。
そんな中でキースを孤立させないように気遣う頼もしいフェンと、他の騎士と打ち解けてきたキースに嫉妬するフェンの葛藤が良かったです。
大好きすぎて嫉妬しちゃうのは仕方ない(笑)

0

これぞワンコ!

読み残していた絆シリーズもようやくこれで終了です。
攻受逆転もいいですな。
人間側が主導じゃないと発情しない設定。
存外萌ポイントが高いと思うのです(*´▽`*)ハァハァ

さて、お話しですな。
受は対外ひどい目に合うのが世の常ですが
今回は、首都から離れての貧乏暮らし。
捨て子からの忌み子として大きくなったキース。
ずっと孤独だった。
それでも気丈にたくましく。
卵との運命の出会い、そして~から始まるお話しです。
見目は麗しく儚げに。輪姦されたりなんなり
相変わらず酷い目にあわされてはいるのですが
性格がかつての受の中でもたくましいといいますか
男らしいといいますかww
最終的にはフェンを食べさせるために身体を売ることまでする。
たくましすぎてあんまり悲壮感を感じなかったのが正直なところ。

後半。
育ててきたフェンに欲情してしまうキース。
身体を慰めるために、あんなに嫌がっていた男に抱かれるために
町に出る。
熱い胸板に抱かれる夢を見て。
そこもまたなんとも男らしいなと思ってしまいました。
たくさんの仲間に出会って、他の人と仲良くす続きるのに嫉妬する。
なんだかんだ親子だな、同じことwな場面も微笑ましくて好きでした。
いやはや、お幸せにv

0

わんわん!と尻尾が揺れる♪

表紙から想像して、黒髪の少年は儚い美人系だと思っていたんだけれど。
美人だけど野生児でした(笑)

拾われた子供、キース。
大人の勝手で蔑まれ、そして欲望の的になり、人間不信に陥ってしまいます。
そんなキースが唯一と言っていいほど心を許しているのは、偶然見つけ手探りで育てた聖獣・フェンだけ。
帝国のことや聖獣のことなんていっさい知らずに育ってきたキースと、自分が何だったかを忘れてしまっているフェンのドタバタファンタジーです。

他のお話より幾分かシリアスさが少ない気がします。
いや、十分設定はシリアスなんですけど、他のお話に比べたら、という印象。
キースのサバサバした性格のせいもあるかもしれません。
美人で一見儚げだけど、彼、強(したた)かなんです。

キースとフェンだけの状態でずっと過ごし、また陰謀渦巻く横やりが入らなかったのでこの二人の絆の強さはバッチリ。
むしろこのお話は絆の強さを語るものではなく、人として聖獣としてどう大きくなるかの成長日記みたいなもの…なんでしょうか。とくにキースの。

フェンはまさにワンコ攻めといった陽気さと朗らかさ。
キー続きスに尻尾ぶんぶん喜怒哀楽はハッキリしていて、だからこそキースもフェンにだけは心全開なのかも。対の絆を差し置いても。

『奪還の代償』での主役、リグとカイエがいい仕事をします!
この二人が一番好きなので、登場が多いと嬉しい♪
巻数を重ねるごとにこれまでの主役たちが出てくるので、それもこのシリーズの嬉しいところですね。

聖獣は発情しないので、主導権はキースが握る。
からなのか、今までのどのお話よりもエロスを感じたのは…わたしだけ?

この先着々と周囲を虜にしていくキースにやきもきしながらも、覚えたやきもちを鎮める方法を屈指するフェン。
そんな二人の今後をのぞいてみたいです。

0

野良猫のような警戒心剥き出し受

モフモフシリーズ4作目。
待ちに待った聖獣攻です。
秘境の更に奥地で育った野生児二人旅(笑)
あとがきの【思えば遠くにきたもんだ】に思わず笑ってしまいましたが、私的に森山○子の遠くへ行きたいが頭の中を……。

幸いにもその歌が現実になって、キースはフェンリルに巡り会うことが出来たのですが、ここにきてまさかのお約束が発動されるだなんて思わなかった。
もふもふシリーズは異質な存在だったので、油断してました。
油断してるところにガツンとやられましたが、いつもに比べたら大層マイルドな仕上がりな上に、肝心のキースが微妙にビッチだったというのが救いです。
(とはいえ、このキースの行動には苦いものがありますが)
フェンリルを守るため、という部分には納得ですが、自分の気持ちを認められないけど、身体のうずきは鎮めたいとかね……。
だったら男漁っとらんと、自慰でもせんかい! と思わず怒鳴ってやりたい。

キースの筋金入の人間不信には同情するところもあり、逆にそんな人間に育てられながらも性格に歪んだところなく、素直に健やかに成長したフェンリルがまた可愛い。
今までは聖獣は受と相場が続き決まってましたが、攻に転じたとしても、もふもふの可愛さは突き抜けてます。
終盤桃色シーン直前の、キースがフェンリルに誘いを掛けた時の返事に悶えました。
寝るの、とフェンリルが聞いて、頷くキースに「まだ昼間だよ、眠くない」とかね、もうどんだけ無垢なんだよ、と転げ回る。
その寝るじゃないんだよ!って思わず叫んだ(笑)

シリーズに登場する各対の絆たちも勢揃いし、眼福。
また1作目から読み直そう、といそいそと本棚開きました。

0

ご主人様大好き!ワンワン!

モフモフ史上もっとも若い主従で、いっつもくっついてる対の絆です。
シリーズ初のモフ攻めですが、フェンリルは完全にワンコ系聖獣。孵化前からキースに尻尾ブンブン振ってる感じがします。
逆にキースは極度の人間不信で猫科っぽさ全開。後半は徐々に周囲へと心を開いていきますが、幼少時代から帝都に来るまでが過酷だったぶん、幸せになってほしいなぁ。

今回は逃避行しながらの野性味あふれる育児にハラハラしたり、ここでもやっぱりオカン的立場の真面目リグトゥールにクスッとしたり、心話の便利さを再発見したり、シリーズ通して読んでる方なら「聖獣あるある」がテンコ盛り。
ただし主人公たちだけは何が起きてるのかサッパリ分かってないというのが醍醐味だと思うので、この作品を単体で読むのはあまりお勧めしません。
そしてやはり六青作品、萌えの隙間に容赦なく切ない展開をぶち込んでおります。特にモブレ描写が苦手な方はご注意を。

ともあれ1冊かけてスタート地点に着地した印象なので、これからの成長が楽しみな2人に萌×2評価です。
ところで「添い寝」について、他の騎士たちはどう言い繕ったんだろう?w

1

美人で強気な受け様に萌え♪

さまざまな迫害にもめげず、強くしたたかな受け様は、この作家さんには珍しいタイプかも。

前半はつらい場面が多いけれど、攻めの聖獣との出会いからは精神的には満たされてきて良かったね!キースちゃん。

必死に子育てする時期もあり大変そうだけど、このカップルはずっと離れず一緒にいるからこのシリーズの中ではその辺は安心して読めました。

後半の帝都に入ってからは面白くてもう一気に読んじゃいましたね。
お仲間が見つかってほんとに良かったね、キースちゃん!
なんたって葛西リカコ様の挿絵がこのお話にもバッチリ合っててバッチグーよ!あのキースちゃんの細身の身体と麗しいお顔なら男が群がってもしかたないわね。もう妄想炸裂よ~わたくし。

このシリーズ、いろんな対の絆の話ををもっと読みたいでっす!
インペリアルだけじゃなくてもね。
作者様、どうかひとつ、よろしくお願いいたします。


1

まさかの攻め?!

このシリーズで初めての聖獣攻めであります(笑)

今回はどういう出会いや過去がと思いながら読んでましたが
やはりあまり嬉しい楽しい内容ではなかったですね。
だけどお互いを守り合いながらの絆は最初から一番強く感じました。

対の絆となるキースは全く聖獣の事も知らずにフェンリルを育ててるんだけど
その為に凄く自分を犠牲にしてて自分たち以外を信じることができない。
そんな頑ななキースの心が溶け出したときは安心したよ。
でもそうなると今度はフェルリンが焼きもちやく結果になるんだけどね。

で、2人の関係なのですが…
モヤモヤしてたキースの悩みも
いままでの先輩方のお力で迎えることができました(^^;)
やっぱり身も心も繋がる絆がないとね

次作は冬のようですが、インペリアルは9騎いるから
次はどんな絆もしくは代償が読めるのか楽しみ。
それよりもギルのところが気になるよっ。
生まれ変わってから身体の絆が見れてないよ~ぅ!!

2

カイ

こんばんわ、 snowblackさま

このシリーズ好きな人がいて凄く嬉しい!!

特にギルのところが一番好きなお話なので
今回の出番は本当にちょっぴりとで悲しかったです。
でもこれは次回作に向けての事なのか?と勝手に期待してるのですが…(^^;)

同人誌のレビュー読んでから、2人のその後が待ち遠しくて!!
本編で結ばれたストーリーの時にでも最後に収録されることを願ってます。

楽しみに待ってましょうね!!
コメントありがとうございました。

snowblack

カイさま、こんばんは。
私もこのシリーズが大好きで、新刊を楽しみにしている一人です。

>それよりもギルのところが気になるよっ。
 生まれ変わってから身体の絆が見れてないよ~ぅ!!

との仰せ、真にごもっともと存じます。
今回の4作目も他2組に比べて出番が少なかったですよね?

この二人の本編より後に関しては、ピンクの同人誌
「モフモフの代償2~添い寝の絆~」に少し書かれていますが、
これは同人誌じゃなくて商業誌に再録するべき〜!と思っております。
(1の黄緑の皇帝達の方は、ちょっとした楽しい話ですので、まぁいいのですが。)

それを含めて、新刊ではあの二人のその後が読める事を私も期待しています。

代償シリーズ攻め編

代償シリーズの4作目ですが、今までとは少し違った雰囲気がありましたね。
どちらかといえば4作目と言うより番外編のような感覚を持って読みました。
聖獣が攻めになるのも大きな今までにない違いで自ら発情しない訳ですから
対の絆の人間側が襲い受けになるのかと想像しながら読み始めたら、
発情はしないけれれど、心は立派に攻めの聖獣でした。

人間だったら独占欲と束縛の強い嫉妬深い男になったかも知れませんがそこは聖獣、
もふもふ感がたっぷりありますからどんな我侭言われてもお相手のキースは
可愛くて仕方ない、後半で自分が繭から手塩に賭けて育てたわが子同然の聖獣に
欲情込みの気持ちを持ってしまうことは今までのシリーズでもありましたが、
受けとなるとまた一味違う感じがしました。

それに今回の受けになるキースはかなり可哀相な生い立ちだしフェンリルを守り
育てる為に身売りみたいなことまでしてしまうのですから聖獣への思いは深いです。
自分が育てただけでなく、キースが育った環境が余りにも苛酷で自分以外の人間を
誰一人信じられないから今まで出てきた騎士よりも互いへの執着が強いかもしれ続きない。
二人が成長し対の絆としてゆるぎない絆を深め、更に野生の獣みたいなキースが
人間を、仲間を信じられるまでを前作に登場している主役たちが脇で盛り上げて
幸せへの道を切り開いているような作品で相変わらず心惹かれました。

6

新しいパターンのシリーズ4作目!

『代償シリーズ』4作目。
あとがきで作者も触れているように、今回はタイトルに代償がつかないので
絆シリーズ、もしくはモフモフシリーズ4作目というべきか。

このシリーズは、やはり好き!!
よく練られたファンタジーの世界観も素晴らしいし、
聖獣の可愛らしさ、対の絆の互いに一途な健気さにやられ、
この作者らしい痛ましい味付けが、結ばれた後の甘さを引き立る。

個人的にはシリーズ2冊目の『誓約の代償~贖罪の絆~』が涙なくしては読めず
気高く美しくでも不器用な二人が身悶える程好みだったので、
3冊目の『奪還の代償 ~約束の絆~』は切なさにキュンとしながらも
地味!と思っていた。

表裏になっている1冊目2冊目の皇室の陰謀絡みの話は
ヴァルクートの帝位が安定した後には、もう書けないだろうし
どうしてももっと庶民的というか、規模の小さい話になるのは致し方ないのだろう。

そんな中、さて次なる4冊目は、初の聖獣攻めと予告もあったし
どうくるか?!と期待半分心配半分だったのですが、
そう来たか!というサバイバル系。
今までの選定を巡る悲劇、とは異なる展開の物語続きだった。

             :

帝都から遠くは慣れた辺境の、落人部落のような邑。
そこでテイコク人の孤児として虐げられて育った一匹狼のキースが
成人の儀式の折りに森で偶然見かけた聖獣の卵。

聖獣の事など何も知らないままに、フェンリルと名付け慈しみ育てるのだが
様々な経緯から結局邑から逃げざるをえなくなり、
苛酷なサバイバル生活を送りながら、さらに絆を深めていく。

幼いうちから「キースを守る」というフェンリルと
フェンリルの為ならどんなことでも厭わず、
自分の身を売りながら生きる糧を得る、美しいキース。

ある邑に差し掛かった時に、突然巻き込まれた魔獣との戦いで
キースは負傷し、二人は帝国軍に発見され
新たなインペリアルとして帝都に住まうようになる。



今まで描かれなかった世界や、凛と強くて美しい孤独で健気なキースのキャラに
ドキドキしながら読み進めたのだが、
残り20ページの辺りで「あれ?これってもしや前編で続き物?」と思ってしまった程、
最後が簡単にまとめられてしまっている。
個人的にはそこのところが、マイナス☆一つ。

初の聖獣攻めということで楽しみにしていたのだが、
フェンリルに欲情してしまうキースの葛藤も、
先輩達がお膳立てしてアッサリ解決(既視感が……)。
その後のHシーンもそれほど盛り上がらず(当社比ですが……)。



前作のリグとカイエが少し成長した姿で二人の世話役になっており
皇帝カップルは相変わらずのいい味、ギルとリュセも顔を見せてと
今までのキャラの登場は、シリーズのファンとしては嬉しいが、
キースの素性や、育った邑の曰くなど書き込めば面白そうなネタが
後半はそのままスルーだったし、
最後の二重新月の魔獣との戦いもちゃんとは描かれず、
この戦いを軸にこの世界観は成り立っているのに……
と些か残念だった。

続きの巻がまだ出る予定とのことなので、
帝国の現状やダイナミックな戦いぶりも、騎士と聖獣の臆面もない熱愛ぶりも
さらに描かれる事を楽しみにしたい。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【シリーズ全体についてのガイド】

この作品をより味わう為には、前三作を先に読むことをお勧めする。
どれか一冊だけでも面白く読めると思うが、特に今回は世界観が殆ど描かれず
今までの作品を読んでいないと、よく分からないことが多いように思う。

ちなみにノベルズの発刊は、「忠誠の代償」→「誓約の代償」→「奪還の代償」だが、
作品としては、「誓約の代償」が先に雑誌発表されているそうです。
「忠誠」と「誓約」は同じ事件の裏表のような関係なのだが、
個人的にはノベルスの発刊順に読むのがお勧め。


この作品世界は……
今から1500年前、突如として現れた魔獣により絶滅寸前だった人類。
それを救ったのは、クー・クルガン族(聖獣)。
獣の形をした彼らは魔獣を倒す力を持ちながらも、
この世界で生きていくことが難しく
特定の人間と絆を結ぶことによってだけ、生き延びていくことができる。

以来ラグナクルス帝国では、人と聖獣がこの特別な絆を結びながら、
共に戦い生き抜いてきた歴史がある。
聖獣はその定められた運命の相手「騎士」を、繭卵のうちに自ら見つける。

聖獣にはランクがあり、
「インペリアル(金位)」「銀位」〜「黄位」「琥珀位」「赤位」と8段階。

8

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ