花鳥風月(1)

kachoufuugetsu

花鸟风月

花鳥風月(1)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神24
  • 萌×212
  • 萌4
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

99

レビュー数
5
得点
182
評価数
42件
平均
4.4 / 5
神率
57.1%
著者
作品演出・監督
蜂谷幸
音楽
海津賢
脚本
佐々美沙
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
新書館〈CD〉
収録時間
78 分
枚数
1 枚
ふろく
初回封入特典:キャストトークCD
フリートーク
なし
発売日
価格
¥3,000(税抜)  ¥3,240(税込)

あらすじ

もう二度と恋なんかしない。そう誓って俺はこの町にやってきた…。
糸川一人は、母の再婚を機に家を出て、山間の町に越してきた。
初日から風呂場で苦手な虫に遭遇し、裸のまま駆け出して隣りの家に飛び込むと、そこには、メガネで大人でとてもきれいな、一見医師が住んでいて……。

自然豊かな山間で育ったり眠ったりする3組の恋を描く、志水ゆきのストレートラブストーリー。
ドラマCDもついに開幕!

山間の町の恋物語、第一弾は、百戦錬磨の医師・一見先生×恋に臆病な青年・糸くん篇!

表題作 花鳥風月(1)

一見雅貴 → 遊佐浩二

糸川一人 → 武内健

観世大輝 → 前野智昭

黒井沢斗 → 興津和幸

その他キャラ
相良草介[佐藤拓也]/ 谷々藤緒[羽多野渉]/ 芝崎[佐藤晴男]/ 黒井円馬[山下大輝]

評価・レビューする

レビュー投稿数5

音声化したら尚、良かったです。

医者:一見雅貴(遊佐浩二さん)×町役人:糸川一人(武内健さん)です。
原作は既読でレビュー済みです。原作をそのまま音声化しただけですが、
原作も良かったけど、音声化されると尚、良いですね!!

武内さんの受けは、個人的に淫乱受けのイメージがあったのですが、糸くんみたいな普通の好青年の役もホント素晴らしかったです!!
遊佐さんは言わずとも、素晴らしかったですね!!お二方とも、とってもエロヴォイスでしたw

昨今のBLでは珍しく、まだHをしていない仲ですが早くヤッてほしいですねー。原作もまだ続いているので今後どうなるか、楽しみです。

陶芸家:観世大輝(前野智昭さん)×町役人:黒井沢斗(興津和幸さん)
1巻ではその他キャラ程度で、2巻以降何かありそうな感じの登場の仕方をしていました。
原作で知っていますが、まぁ~気になる終わり方をしてくれちゃいまして。。。次巻に期待!って感じですね!!

あと、脇キャラの声優さんが豪華でしてね!!
羽多野渉さんに佐藤拓也さんに山下大輝さん・・・正直、キャストだけで考えたら、羽多野さんと佐藤さんのキャラで新作あるんじゃないの?くら続きいの勢いですよw

関係ありませんが、最初の虫のくだりの音声・・・虫嫌いには鳥肌ものでした・・・。(私だけかなぁ?)

1

大満足です。

作品全体をみると世界観を大切にしていて原作忠実。そっと流れてくる音楽が心地よいCDでした。

【一見役・遊佐浩二さん】
原作を読んだときから遊佐さんだなと思っていたので嬉しい配役。さすが慣れているのでお上手です。純朴な少年(糸くん)を見事に誘導しておられました。

【糸くん役・武内健さん】
虫に驚いたりオーバーリアクションで周りに迷惑かけちゃう感じが武内さんの声質に合っていると思います。ただ声だけ聞いていると原作よりも幼い印象で遊佐さんと並ぶと犯罪チックです(笑)

【大輝役・前野智昭さん】
社交的で頼れるお兄さんタイプ。沢斗と2人きりになるとスイッチが入って強引に唇を奪ってました。←これがまたエロい。
音声だと前野さん演じる大輝は沢斗より年下に見えます。(原作では年齢設定がわかりません)

【沢斗役・興津和幸さん】
低音ボイスなので原作よりも男らしくて逆にそれが良かったです。他の方も言うように、とにかく色っぽい。男だけど高嶺の花のような雰囲気。これが後々ツンデレになるかと思うと萌えます。メインCPのなかでも興津さんはクセのない喋り方なので聞きやすいです。
続き
志水ゆき作品ってシリアスに見えるけど、中身は柔軟性あるコメディなんですよね。音声だとさらにメリハリが感じられました。

4

優しいS


ゆっちーがあの一見先生役だと知って原作既読の私はずっと歓喜して待ちわびていました
ゆっちーって本人は眼鏡かけてないのになんであんなに眼鏡キャラっていうか色気のある眼鏡が似合うんでしょうか・・・凛とした艶のある声だからかな・・・
ゆっちーってオラオラ系のどSやらせてもやっぱり上手なんですけど
「どうしてほしいか言ってごらん?」タイプの優しいどS役させたら右に出る人いないんじゃない?ってくらいはまり役ですよね、本人もそうだからなのか・・・笑

今回は最後までいたしてないですけどちゃんとエロさが声から伝わって糸くんとのラブラブ感も伝わってたので良かったです
気づくと遊佐さんの良さばっかりになっちゃいましたがCD全体的にもキャストばっちりで良かったと思います。

4

イメージは違ったけど、よかった♪

今回のメインの2CP(遊佐さん×武内さん・前野さん×興津さん)は、
自分がコミックを読みながらイメージしていた声とだいぶ違うなーー
正直最初はそう思ったのですが、でもこれはこれでよかったな。


しょっぱなから、
糸くん役の武内さんが虫に翻弄されてるのなんか、可愛いすぎて笑えたし☆
「ゴキ○リ―!!!」って、
モゴモゴ言って聞き取りにくくなっているけど、そのモゴモゴさが可愛すぎた~!

一番意外だったのは、
サバト役の興津さんがすごく低い声だったこと。
こんなに低い声だとは想像してなくて、最初ちょっとビックリでしたよ。
自分だけかな?
でも、何度も繰り返し聴いて、一番いいなぁと思ったのも興津さんでした。
存在感があってすごくいい、
媚びない凛とした感じがとてもサバトらしくて。
これからこのサバトがどう心を揺らすのか、改めて楽しみになりました。
あ、ボーカルとしてのサバト、
歌ってはいないですが、それがかえってガッカリにならなくて、
でも乙女達にキャーキャー言われるカリスマ性は感じられて、こちらもGOODでした☆


今回は、ヤクザさんたちは続きでてきません。
丸々カットで、
糸くんが最初に無人販売の野菜売り場で火弦に会うところもなくなってます。
色んな人がごちゃごちゃ出てくるより、すっきりでよかったんじゃないかな。
そして、
コミックの2巻の途中までこのCDでは音声化されています。
これから過去に遡って大輝とサバトの出会いが描かれるんだな…ってとこで終わり。
ドラマCDの2枚目はこの続きで、
大輝とサバトの過去編になりそうな感じですね。

ちょっと残念だったのは、
糸くんがお母さんに病院でカミングアウトするところ。
お母さんの表情が見えないのもあるし、
回想なのもあって、心の声なのか実際にカミングアウトしたのか分かりにくい。
あと、
大輝×サバトのエッチシーンも何やってるか少々分かりにくいかなぁ。
やっぱりコミックあってのCDという感じです。


でも、これから、
またどんどんメインになるキャラが出てくるので今後が楽しみだし、
コミカル要素と切ない要素、それにラブとエロがどれもちゃんと入ってて、
(遊佐さんによるフェラ音が、なかでもすごくエッチで最高でした!)
とても楽しめたので、萌え×2で☆

7

お話の序章

大好きな遊佐浩二さま出演と聞いて予約し購入!

花鳥風月は現在3巻まで発売されており、このCDはキャスト様お披露目巻とでも申しましょうか。

メインキャストは糸川一人に武内健さま。一見雅貴に遊佐浩二さま。黒井沢斗に興津和幸さま。観世大輝に前野智昭さまです。もう一組いるのですが今回は出演無しです。誰がお声をされるのかとても楽しみです。

遊佐浩二さま!ほんとに素敵ですぅ~。

サバト役の興津さま!あぁそのセクシィなお声ハンパないですぅ。

これから先が楽しみな作品デスッ!

トークCDではやはり羽多野渉さま遊佐さまにいじられておりました。

7

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ