ぞっこん ~ある日バイクに迫られて~

zokkon

ぞっこん ~ある日バイクに迫られて~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×210
  • 萌5
  • 中立4
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
69
評価数
21件
平均
3.5 / 5
神率
9.5%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
KADOKAWA
シリーズ
ルビー文庫(小説・角川書店)
発売日
価格
¥580(税抜)  ¥626(税込)
ISBN
9784041017036

あらすじ

ある日、自らを碧が中古で売り払ったバイクだと名乗る男・隼がやって来た。困惑しながらも半信半疑で話を聞こうとした碧に、隼はいきなり「貴方が好きです! 俺に跨ってください! 」と迫ってきて…! ?

表題作ぞっこん ~ある日バイクに迫られて~

隼,碧の元バイクで人間になって追いかけてきた男
四反田碧,入社四年目で出向を命じられた会社員,26

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数3

トンデモ設定がどこまでもお上手ww

擬人化、私は何にでも飛びつくわけではないのですが
あると楽しいなぁくらいだったんです。
バイクか…と思い続けてようやく読ませていただいたのですが
松雪さんの発想って斬新で
淫魔もウサギも最初は「!?」でしたが
結局違和感無く読み終えられるんですよねぇ…。
これぞセンスという感じですw

今回は“Hをしなければならない状態”では無かったけど
バイクの化身・隼のワンコ加減が愛おしくて
冷静になろうとするのにどんどん隼にほだされる碧も可愛い!!
碧がゲイだから、男同士の葛藤はありませんが
自分のバイクと!?っていう葛藤はありましたww
繰り出されるドタバタっぷりに笑い、
Hでは、自分の指と隼の指を同時に挿入して
イイトコロを教えてやるとかエロぉぉおお!!!
…でも、隼のアレ(いわゆる白濁w)が
はちみつとリンゴを混ぜたような香りってナニ!?w
油が主食でどういう原理ですかというツッコミは
碧が既にしてるしもうこまけーこたぁいいんだよになってしまうのですw

二人のラブラブ生活かと思いきや、現れた車の化身、フィッツ!!
隼とは全く違うタイプで飄々とし続きていて
こいつも悪くないと思っちゃいましたよ!
ただ、隼を怒らせたり悲しませないでおくれ…って
どうしても隼贔屓な私でした。

碧がバイクを大事に乗っていたっていうのも
隼の様子から伝わってきますし…。

健気すぎる隼との別れが…!?のシーンではきゅんきゅんしてしまいました!
いや、バイクだからね??というのが飛ぶ程に…。
コメディなのに切なさもしっかりありました!!
さすが松雪さん…満足です!!

更にですね、兼守さんのイラストも色っぽかったんですが
碧がH方さんのようでかなり俺得でした!!
隼は一見クールなのに、中身はドわんこってギャップがたまらなかったし。

とにかくフィッツのお話が楽しみでしょうがないです!!
迷わず買いますww
やば!もう発売日過ぎてたー!!;

5

擬人化精霊か付喪神か

擬人化の括りなのか付喪神系列なのか主人公である碧の特殊能力が引き起こした
コミカルラブはなかなか面白かったです。
作者のデビュー作が余りにもインパクトあり過ぎで新作をだしても1作目ほど~
などと失礼なことを思ったりもしてしまうが、今回のこのルビー作品はいいですね。

愛車のバイクが人の姿で現れ熱烈に好き好きアピールで迫り来る。
ありえない事態に遭遇しつつも、幼き日に似たような現象を体験していたという碧は
乗り物限定でそれに宿っていたであろう精霊もどきを無意識で具現化させる。
完璧な擬人化ではないので乗り物本体はそのままなのもファンタジー的で面白いかな。

大事なバイクを手放して、そのバイクの精霊が何故捨てたのかと涙ながらに現れる。
見た目もグレイドの高いイケメンバイク精霊がまるでワンコに見えるのです。
バイクと人間の種族どころか無機物が相手の恋、更にバイクが現れたと思えば車まで
ビックリ三角関係勃発かと思ったらそこまではいかない話だけど、車は車で続刊予定。
後半で話題に上る自転車がもしかしてお相手なの?
でもそれだと無機物同士だから面白くないか?ひょっとし続きて碧の転勤が終わって
売りに出される?いやいや、そんな非道なことはないだろう。
読み終わってからも次回作への期待や楽しみ妄想が膨らんでしまう作品で面白いです。

3

安定の松雪奈々作品

発売前から、「角川の擬人化BLが完全にヤバい」というネット記事を見ていて気になっていた一作。
読んでみて…そんなにヤバくはなかったです笑

読み始めて数ページでバイクに迫られ、「俺に跨がってください!」宣言が出るので少し面食らいましたが、その後は多少シュールな甘々BLでした。碧さんの気を引こうとしたり、ライバル(?)のフィッツに突っかかる隼が可愛く、人外とか置いといてガンバレ!となりました。
乗り物擬人化というネタに関しては、「淫魔に憑かれちゃった」の松雪先生らしい適度なシュールさで、読みにくくもなく、ドン引きするような要素もなく、楽しく読めました。
来月の車擬人化BLも楽しみです。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ