FLESH&BLOOD TURN AROUND

flesh&blood turn around

FLESH&BLOOD TURN AROUND
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
8
評価数
2件
平均
4 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
小冊子
出版社
徳間書店
発売日
付いてきた作品(特典の場合)
ページ数
60ページ

あらすじ

キャラ文庫創刊15周年記念『FLESH&BLOOD』番外編、全員サービス小冊子。

B6判、60P、外伝『王と夜啼鳥』の後日談を収録。
フランス使節を歓迎する為の夜会に舞踏手として参加する生徒を選ぶ為の、剣技学校のダンス選考会の模様。
レオの健闘ぶり、ビセンテとヴォルタを踊るカイト、そしてその場にいない人を思うカイト……。


表題作FLESH&BLOOD TURN AROUND

評価・レビューする

レビュー投稿数1

二度と帰らぬ日々

外伝『王と夜啼鳥』の後日談を収録した番外編小冊子。
B6判、60P。
深紅の表紙に、金の文字でタイトル。

『王と夜啼鳥』でその後がどうなるかが気になった、
剣技学校のダンス選考会の模様が描かれる。

身分の低さや中途入学を理由に、理不尽な扱いを受けるレオ。
フランスの使節をもてなす夜会でダンスを踊るメンバーを選ぶ選考会にも
はなから出場させないように邪魔をする学校側や高位の貴族の子弟達。
そんな彼らを見返そうと奮闘するレオと、彼を応援するカイト、ビセンテ、アロンソ。

アロンソさまの、明るく華やかで宮廷人らしい策士ぶりがいい。
彼はものすごく魅力的なのだけれど、実在の人物なだけに
その行く末を思うとのたうちまわりたい気分になってしまう。

アロンソの金髪に、ジェフリーを思うカイト。
今では心通じあうスペインの面々を前に、揺れるカイトの思いが切ない。

ビセンテとカイトのヴォルタシーンも読めます。


*ヴォルタ(la volta)
 ルネサンス期のダンス。voltaとはイタリア語でthe turnの意。
 男性が女性を持ち上げて回転する続き踊りで、
 当時はちょっとスキャンダラスな踊りだったらしい。
 映画『エリザベス(Elizabeth)』(シェカール・カプール監督)の中で
 ケイト・ブランシェットが踊ってました!

*作中、カイトが思い出すなつかしい歌は、おそらくこれかな?
 Dead or Alive 『Turn Around and Count 2 Ten』

  So turn around and count to ten
  Before you lose the only one who really loves you
  Somebody who likes you just as you are
  Now how you might have been, oh baby


4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ