楽園彼岸 ~蝶の褥~

rakuen higan cho no shitone

楽園彼岸 ~蝶の褥~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神5
  • 萌×26
  • 萌6
  • 中立1
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
3
得点
68
評価数
20件
平均
3.6 / 5
神率
25%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイノベルズ(小説・リブレ)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784799715260

あらすじ

大学生の匠は、殺人犯のひそむ大型リゾート施設に閉じ込められて4日間。再会した幼馴染みで元恋人の隼人と共になんとか生き延びていたが、依然、犯人は分からず、匠の記憶も不安定なまま…。
そんな極限状態から逃れるように隼人を求め危険が迫っていると知りながら、濃密で甘い愛撫に溺れていく匠。だが、隼人への想いが増すほど、自分に執着してくる彼への疑念が湧いてきて…。
2人の愛の行方と事件の結末は!? 衝撃のミステリアスロマン!

表題作楽園彼岸 ~蝶の褥~

箕輪隼人,ネバーランドのガイドで匠の幼馴染み,24歳
大和田匠,心因性の記憶障害を患う大学生、22歳

その他の収録作品

  • きっと大丈夫

評価・レビューする

レビュー投稿数3

救済ルートはない

「楽園彼岸~溺れる劣情~」の下巻に当たる作品です。上巻よりホラー風味が強くなっていて、人がどんどん死んで行きますので要注意。

正直、実はみんな(特に匠の身内は)生きていた…というようなオチも頭の片隅にありつつ読んだのですがそんな救済ルートは用意されておらず、普通に(?)凄惨な大量殺人事件のお話でした。とはいえ、隼人の不穏な動き、匠の記憶障害の描写、徐々に明らかになる関係者の本性、そして全てをつなぐ事故の日の真実――と、最後まで緊張感のある展開で面白かったです。相変わらずエロは唐突でしたが笑

最後、なんだかラスボスが壮大な感じでびっくりしました。SF作品を見ているようでした。隼人と匠にはこれから穏やかな恋人としての日々が訪れてほしいなと思います。

0

楽園であるはずの場所が彼岸に…

ぞっとするほど残忍な犯行と再会ラブ、下巻待ってました…!!
上巻での不可解な行動や伏線が次々と解明されつつ緊迫した肉弾戦が行われ、最後までどきどきさせてもらいました。隼人がひたすら怪しかったけど匠が隼人を疑っていたように隼人も匠を疑っていたんだなぁ。
過去も克明に明かされましたが罪のない人まで巻き添えにする犯人の心理は理解できなくてやるせないし、ヤってる場合か!は上巻に引き続き思いましたが、そこはファンタジー。
内容的に死オチ覚悟でしたが少しでも救いのある終わり方でよかったです。

2

出来れば二冊一緒に読んでください

『楽園彼岸』の下巻というべき作品。
もちろんこちらだけ読んでもちんぷんかんぷんですので、『楽園彼岸〜溺れる劣情〜』からお読みくださいね。
夜光さんはミステリー仕立ての作品は多いですが、この作品はその中でもかなり先を読ませないようにさせているかなと思います。
特に前作はセンセーショナルでしたし!
その続きですからハラハラしながら読まれた方が断然面白いので、事件に関しては前巻のおさらいくらいにしておきたいと思います。

********************
カップルは前作同様です。
受けは、子供の頃に遭遇した飛行機事故により心因性の記憶障害を患う大学生の匠。

攻めはこの作品の舞台であるネバーランドのガイドで、匠の年上の幼馴染みの隼人。
********************

前作では、話題のネバーランドのプレオープンに招待され家族と共に参加した匠が、そこで七年ぶりに恋人で幼馴染みだった隼人に再会し、殺人監禁事件の渦中に放り込まれました。

とにかく前巻ではバッタバッタと人が死に、過激な事件が起こり、しかも匠は飛行機事故の後遺症で記憶が飛ぶ。
そのせ続きいで読み手にもその間の匠の行動がわからず、匠犯人ルートもありなの?というドキドキ感を味合わせてくださいました。(まあ、あからさまに怪しい人物いましたけどね)
やっぱりこの記憶が抜ける辺りがあったから、こんなに惹き込まれたのだと思います。
この記憶の欠損と、根っこにある飛行機事故と、恋人同士であった頃の隼人の態度。
この未回収であった辺りがうまいところに落ち着いていました。
しかし気持ちのベクトルが、子供時代は隼人と匠で逆向きだったというのが新鮮でしたね。
あとがきにもありますが、今巻では比較的はやくに犯人がさらされました。
匠が失っていた飛行機事故時の本当の光景や、ふたりの関係にページを割くためなのでしょうか。
本来は最初違うエンドだったということで、ビックリです。
体調が優れなかったためということで、夜光さん、元気になっていただけて良かったです(汗

お話のほとんどは匠視点の三人称です。
途中、過去の飛行機事故の全容が語られる部分は、記憶が鮮明な隼人視点。
そして最後にSSが収録されていて、これは本編で甘さが少なかったための補填かのように甘いです。

前作同様、イラストは小山田さんなのですが、なんか今回の挿絵はエロエローって感じです(笑
ただその分(?)、口絵カラーは大人しいので、書店で裏返しに出してもOKですよ。
B-BOYノベルズは口絵が裏表紙に載るのですが、あまり過激だと裏返しに出して失敗!なんてことになる危険なレーベルですからね。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ